スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロックスターのLIVEやコンサート企画される度に大勢のファンで賑わう【Hard Rock Hotel & casino Las Vegas(ハード・ロック・ホテル・アンド・カジノ・ラスベガス)】は観光客には不便な場所にあるも、そこも マニアにはロックなテイスト~【ハード・ロック・ホテル・アンド・カジノ・リポート①】

Hard Rock Hotel & casino(ハード・ロック・ホテル・アンド・カジノ)】は【HARD-ROCK-CAFE(ハード・ロック・カフェ)】を展開している会社が1995年(平成7年)に初めて開業した【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】です。





有名な【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】が立ち並ぶ【STRIP(ストリップ)】通りから大きな通りを一つ挟んで3㎞程度離れていることから諸外国からの観光客向けではないものの、ホテルの名前通りに有名アーティストのコンサートが度々開催される聖地という揺るぎない位置付けがされ、アメリカ国内からの来場者で賑わうカジノリゾート地。





PARADISE-RD(パラダイス・ロード)】と【E-HARMON-AVE(イースト・ハーモン・アベニュー)】通りが交差する位置にある【Hard Rock Hotel & casino(ハード・ロック・ホテル・アンド・カジノ)】は、【Las Vegas(ラスベガス)】の中ではかなり小規模と言われているものの日本の施設から考えると充分に巨大で、2001年と2009年から2010年に1年かけて行われた改築にて増やされた客室やも、イベント時期には早期予約にて657室が満室になる事もしばしばある人気の【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】です。

2018-3-16(1).png

そんな【STRIP(ストリップ)】通りから離れた場所でも他の通りと同様、周囲にパラパラと立ち並ぶヤシの木から一際大きく聳え経つ目印はROCKには欠かせない巨大なエレキギター...正面や低い位置から【Hard Rock Hotel & casino(ハード・ロック・ホテル・アンド・カジノ)】を見渡すと奥行きがなさそうに見えるものの実際はかなりの奥行きがあって正面に円形型の【CASINO-FLOOR(カジノフロア)】、その奥と両端に客室タワーがあります。





正面から見て裏手にはとても多くのヤシの木で蔽い茂った南国をイメージした巨大なプールがあり、そこでLIVEといったイベントが開催されているので、肌を寄せ合う程の芋荒い状態になる状況も珍しくないプールですww





この【Hard Rock Hotel & casino(ハード・ロック・ホテル・アンド・カジノ)】は巨大なエレキギターが目印なのですが、通りの角にはホテルのギターではなく、【HARD-ROCK-CAFE(ハード・ロック・カフェ)】のギターの方がより大きく目立つ目印となっており、玄関の日差し屋根に突き刺さったホテルのギターはホテル自体よりも目立つので、双方抱き合わせの商業戦略としては相乗効果として成功していると言えるでしょう。

2018-3-16(4).png

玄関付近や入り口周囲には往年の【ROCK-STAR(ロック・スター)】や近代アーティストらの使用した楽器や衣装、小物がこれでもかという位に展示され、いずれは総額で数億円の値打ちがつけられてホテルの建造費を超える価値と話題になるやも知れませんねww





そんな【Hard Rock Hotel & casino(ハード・ロック・ホテル・アンド・カジノ)】はハードロッカーやちょっとアウトローな野郎達向けのホテルかと思いきや、施設内のデザインや客室はなかなかハイセンスと言うか近代的なモダンアートで美しさと清潔さが感じられるので、それぞれ順番にリポートしたいと思います。




スポンサーサイト

どこのバーでもスポーツブック(ブックメーカー)がプレイできる【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリ バー・ラスベガス・カジノ)】のナイトエリア(酒場)~【エクスカリバー・ラスヴェガス・カジノ・リポート ⑬】

CASINO-HOTEL(カジノホテル)】ではロビーにも酒場があり、昼夜問わず利用されています。





近年は【CASINO-GAME(カジノゲーム)】収益が落ちているとは言え、逆にバカンスとしての利用が多くなっているというから、チェックイン・チェックアウト時の混雑解消が課題とされています。





基本的に合理的な考えをビジネスの効率化として採用し続けるのがアメリカですが、人為的なミスが全てに計画性を立ててやって来る客とのトラブルが解消されていない様に感じます。





そんな大行列を見ていれば、列ぶよりもラウンジやバーで混雑が解消されるのを待った方が良いと考えるのが大半の様です。





Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ラスベガス・カジノ)】には、【LOBBY BAR(ロビー・バー)】、【SPORTS BOOK BAR(スポーツブックバー)】、【THE LOUNGE(ラウンジ)】、【OCTANE(オクタン)】、【BEVERAGE SPECIALS(ビバレッジ・スペシャル)】、【SHERWOOD BAR(シャーウッド・バー)】といった酒場がありますが、24時間の営業は【LOBBY BAR(ロビー・バー)】、【SPORTS BOOK BAR(スポーツブックバー)】、【THE LOUNGE(ラウンジ)】、【SHERWOOD BAR(シャーウッド・バー)】の4カ所です。

2018-3-5(1).png

元々ファミリー向けの【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】なので、庶民がスーパーや酒屋で目にする安価な酒がメインなのですが、日常で安価プライスの酒がかなりの割高で提供されているのが商業戦略ミスと感じてしまうのは私だけではないでしょうねww





LIVEDJ-SHOWを提供しているナイトエリアは【OCTANE(オクタン)】と【THE LOUNGE(ラウンジ)】です。




全体的に早めの時間に終了する【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ラスベガス・カジノ)】の食 事スポットもフードコートなら24時間営業もチラホラとあります~【エクスカリバー・ラスヴェガス・カジノ・ リポート⑫】

CASINO-HOTEL(カジノホテル)】が基本的に24時間営業なのは、長年収益の要だった【CASINO-FLOOR(カジノフロア)】があったからこそなのですが、ここ近年では若者が【CASINO-GAME(カジノゲーム)】に興味を示さないという、所謂【CASINO(カジノ)】離れという現象からなのか?ホテル内でも24時間営業の店が減ってきている様です。





特にこの【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ラスベガス・カジノ)】の場合は、誰の目から見てもレストランの終了時間が早いと言います。





CASINO-FLOOR(カジノフロア)】に居る場合、時間の流れがわかりにくく、長くプレイしていると昼間なのか夜なのかも判りにくく、実は明け方だったという場合もある場所なのでwwこういった状況には食事の不便がありますね。

2018-2-25(1).png

まぁ、近隣のカジノホテルかストリップ通りに出ればいいだけの話なのですが、旅行で行く場合にはそんな事態になるとは想定していない事が多く、知らない場所への恐怖感もありますから【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ラスベガス・カジノ)】で宿を取る場合、知っておいた方が良いでしょうね。





それでもフードコートに行けば、何とか24時間営業している店もチラホラとあり、アメリカ人の国民食とも言うべきジャンクフードから、ジャンクフードに見えて実はなかなかの食材を使って手軽に食べられる様にしてあるだけの店もあったりしますので、グルッと廻ってみましょう。





少々クスッとくるのは、【Las-Vegas(ラスベガス)】ギフトショップというエリアがあって、これは...外国から来た人しか買わないだろうなぁ...と思うグッズが盛りだくさんですww

2018-2-25(2).png

何かとデザインが奇抜なので自分用として不向きなグッズが多いものの、デザインではなく日本では入手しにくいLarge-sizeのマグカップ等があるので、日本のLarge-size表示のマグカップが小さいと感じている方にはお土産にどうぞww




日本のカジノリゾート複合施設(IR)実施法案の一つとしてカジノフロアへの入場料制を導入予定

昨日はカジノ事業主に課せられるカジノ税についてお話しましたが、今回はカジノフロアへ入場する際の入場料いついてです。





政府は日本にカジノリゾート複合施設(IR)が誕生した場合、日本人と国内に居住する外国人に限り、全国一律の入場料を定める方針を発表しました。





この入場料は数千円を目途として、諸外国のカジノやエンターテインメント施設を参考にして定められる予定。

2018-2-21(1).png

この入場料は依存症対策として考えられていますが、諸外国でも自国民は入場料制が設けられているので賛成すべきところです。





この賛成すべきところと言うのは依存症対策という部分では無く、用も無いのにウロチョロされて混雑する状況を回避する対策として効果的と言えるでしょう。





これはコンビニの前に屯するグループや、揉め事誘発やイタズラ目的でゲームセンターに集まって来る迷惑対策のケースと類似しており、ゲームセンターでも大規模の施設はこれを入場料制にすることで解消しています。





依存症対策であれば、この入場料制よりもマイナンバー提示制で生活保護受給者や受給歴のある者、納税状態によって入場を制限すれは良いだけのことで、依存症対策に拘るのであれば、ホールの中にATMまで設置してあるパチンコ屋へ目を向けるべきではないでしょうか。




政府案として現在検討されているカジノ税は、経費を差し引いた利益に対してではなく、売り上げに対して運営 事業者に30%を基本として課税してゆくカジノ事業ならではの課税方式

もしも日本にカジノリゾート複合施設(IR)が誕生した場合、政府は政府案として中核のカジノ事業運営者に対して30%の課税を基本とした税制を定める方向で検討に入った様です。





世界的に覧てカジノ事業者へ課せられているカジノ税は、USA(Nevada)州の【Las-Vegas(ラスベガス)】でおよそ20%、カジノ事業で国の財政を立て直した【Singapore(シンガポール)】がおよそ30%、【Baccarat(バカラ)】GAMEの火付け役となった【MACAU(マカオ)】がおよそ40%と、その国の権力的背景が何となく解る税制となっています。

2018-2-20(1).png

日本の場合は、このカジノ税30%程度を基本として検討しているそうです。





ただ、このカジノ税は通常の税制とは異なり、経費を差し引いた利益に対して課せられるのではなく、売り上げ自体に課せられるという事なので、いわゆる税金対策なんてものは通用しない税制ww





このカジノ税を仮に30%と決定したとして、売り上げが3,000億円を超えた場合、4,000億円迄は40%に増税され、4,000億円から5,000億円の売り上げの場合には50%の課税案もでているとか。

2018-2-20(2).png

税収の分担方法や税収の利用目的も話し合われているものの、国や市町村が運営したら中小企業の様な身を削った努力は微塵もできないので(ディズニーランドみたいな人気事業でも赤字に転落させるであろうタルい経営手腕ww)、よほど優れた商才と運営能力を持った事業者でなければならない事業であることは理解できる案件ではないでしょうか。




アメリカのカジノリゾート複合施設(IR)運営会社大手のひとつMGMが、日本独自のカジノリゾート(IR)とし て大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)を最有力候補地として考えていることを発表!

アメリカのカジノリゾート複合施設(IR)の大手として名高いMGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)リゾーツ・インターナショナルの【James J. Murren(ジェームズ・J・ムーレン)】会長兼最高経営責任者(CEO)は日本へのカジノ進出として、大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)を最有力候補地として考えていることを発表。





ジェームズ氏は日本人の美意識や感性に理解を示し、また豊かな伝統や芸術、食文化にも尊重しているという考えを述べました。

2018-1-2-7.png

また大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)を最有力候補地として考えていることの理由として、大阪には空港が2カ所あることや、カジノリゾートへ訪れた客は京都や奈良、神戸、瀬戸内海にも足を運びやすく、経済効果に関する貢献度合い等も語り、事業の進め方に於いては日本の企業が主導するコンソーシアムで進める意向も打ち明けました。





総工費の分担による負担軽減を考えてか、日本の複数の企業と共同で運営する方針でもあるようです。





因みに、カジノフロア面積はIR全体の2%以下である予定も含めて話したことから、MGM首脳陣側の大阪構想はかなり真面目に考えているみたいですね。




イタリアのファミリーパーティの様な雰囲気でイタリア料理を楽しむ演出がなされた【Buc di Beppo(ブガ・デ ィ・ビッポ)】は大家族やグループ向けの大盛りレストラン【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ ラスベガス・カジノ)】で楽しむグルメ③~【エクスカリバー・ラスヴェガス・カジノ・リポート⑪】

基本的に大盛りの度を超えているとアメリカンサイズなんて表現がされたりしますが、【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ラスベガス・カジノ)】の中にあるイタリアンレストラン【Buc di Beppo(ブガ・ディ・ビッポ)】はファミリーパーティの様な利用ができるイタリア料理店です。





ワインを手軽に楽しみながら、親族全員で集まる食事はイタリアでは日常的な風景の様ですが、そんな状況を再現できるテーブルや料理を提供しています。

2018-2-2(1).png

レトロな雰囲気に額入りの古い写真やポスターといったグッズが壁や天井を占領し、ワインが所狭しと飾られているので雰囲気に馴染めない場合があるものの、手軽に食べてワイワイ騒ぐ向けのレストランです。(そもそもイタリア人は騒々しいですからね...)






赤白チェックのテーブルクロスで統一されたテーブルもキングサイズがメインですが、とにかく料理もファミリーサイズなのか、大盛りというよりも特盛りの更に上をゆく量のスパゲッティは観るだけで胸焼けがしそうですww

2018-1-2(2).png
(これで一番小さいサイズで、大盛りはこの3倍くらいww)

ただ、税金とチップを除いて更に$30が利用料として必要の様で、大勢で楽しむなら良いかも知れませんが、カジュアルフードで一人か二人だったら他のイタリアンを選択した方が良いでしょう。




1ヶ月の電気代使用量として電力会社から322億円という途方も無い巨額請求をされた女性の使用用途とは?

アメリカのペンシルベニア州ではこのXmasに記録更新をする大雪となった模様ですが、ある一般家庭の電気代でも途方も無い記録的請求金額があった様です。





58歳の女性が電気代をオンラインで確認したところ、28440ドル(約322億円)という目を疑う請求金額であったそうな。ww





冷静に考えれば原発を電気で動かしてもここまでの金額にはならないでしょうから何かの間違いだと確信があるでしょうが、ちょうどXmasシーズン飾り付けの電球が問題になっていたのでは?と心配になったそうです。

2018-1-3(1).png

電力会社へ問い合わせ電力会社が調査をしたところ、原因不明のエラーで間違いであり修正後の金額は284.46ドル(約36,000円)という金額になった。





しかしながら、日本で考えると一般家庭の電気代で36,000という金額は考えられない程高額ですから、私としてはコレでもきですww





LED電球を使っていれば、かなり豪邸の飾り付けを行っても1ヶ月に2,000を超えないと言われているので、未だに豆電球の飾り付けなのかも知れませんね。




一日の食事のサイクルに合わせて手軽に利用できるエクスカリバーの【THE BUFFET(ビュッフェ)】はフードコ ートの雰囲気を持ったファストレストラン【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ラスベガス・カジ ノ)】で楽しむグルメ②~【エクスカリバー・ラスヴェガス・カジノ・リポート⑩】

CASINO-HOTEL(カジノホテル)】のビュッフェはどこも人気のファストレストランですが、ファストながら給仕をされないだけでなかなかの料理を提供していることでも知られています。





その多くはビュッフェスタイルとは言えレストラン風であることが多いものの、【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ラスベガス・カジノ)】の【THE BUFFET(ビュッフェ)】は日本のショッピングセンターに覧られるフードコートの様な空間です。

2017-12-27(1).png

まあ日本が真似をしたのでしょうが、混雑する状況が多いからこそ空間解放的な造りになったのでしょう。





この【THE BUFFET(ビュッフェ)】では朝食・昼食・夕食にそれぞれの食事に合わせたデザートや、イベントに合わせた限定料理も提供されています。

2017-12-27(2).png

CASINO-HOTEL(カジノホテル)】の多くは24時間営業している場合が多いビュッフェですが、この【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ラスベガス・カジノ)】の【THE BUFFET(ビュッフェ)】ではAM7:00~PM10:00の営業ということもあって、旅行中には最もおなかが空きやすい夜中に営業されていないのが残念です。




ラスベガスのストリップ通りでも特に評価の高い【CAMELOT STEAKHOUSE(キャメロット・ステーキハウス)】は 分厚いステーキを最高級の品質で楽しめることで知られている~【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバ ー・ラスベガス・カジノ)】で楽しむグルメ①~【エクスカリバー・ラスヴェガス・カジノ・リポート⑨】

どこの【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】でもグルメとして筆頭に挙げているのは、やはりステーキハウス。





この揺るぎない人気は国柄もあるのでしょうが、【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)に次いでメルヘンチックかつ、ファミリー向けという安価思考の【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】ながら、【Las-Vegas(ラスベガス)】のストリップ通りでもトップクラスに評価の高いステーキハウスが【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ラスベガス・カジノ)】にあります。

2017-10-30(1).png

CAMELOT STEAKHOUSE(キャメロット・ステーキハウス)





カジュアルで入店できるステーキハウスながら、タキシード&ドレスで入店しても似合うレストランで、2015年には【Trip-Advisor(トリップ・アドバイザー)】賞という有名な賞を受賞しており、オススメの候補として挙げられやすいレストラン。

2017-10-30(2).png

自分の顔ほどもある大きく分厚いステーキも提供されますが、品質に関しても高評価です。





また、シーフードやワインにも定評がありますので、食事場所の候補としては外せないでしょう。




★★★◆ブログ~案内~◆★★★
CASINO-6-8-(2).png 子供のんだ経験と、単純ルールながらも白熱したおもしろさ記憶があってか、【CASINO-GAME(カジノゲーム)】をにすると、ニンマリしてしまいます。
CASINO-6-8-(1).png
こどものにはトランプテレビゲームんでいましたが、インターネットオンラインカジノで知った、本物のお金を賭けてプレイする(`・_・´)ン-【Black-Jack(ブラックジャック)】や、Roulette(ルーレット)めとする、日本からでもインターネットを介して合法べるBROWSING-CASINO-GAME(ブラウジング・カジノゲーム)を見つけてしまいました。( ̄∇ ̄*)フフフ
CASINO-6-8-(3).png
私が安心してプレイできるのも、24時間体制日本語サポートがあるからですが、とても親切対応安心できる管理体制にとても信頼を寄せています。
2016-4-11(1).jpg
やはり政府発行したライセンスを持っているインターネットオンライン仮想カジノサービス安心感うと感じます。
2016-4-11(3).jpg
2016-4-11(5).jpg
諸外国ではセレブびととして知られるCASINO-GAME(カジノ・ゲーム)しさはエレガントびであるものの、とても刺激的びとして知られていますので、VIPセレブが好むびを始めることはVIPセレブへの第一歩と言えるでしょう。
2016-4-11(2).jpg
この【世界のカジノ情報やカジノの仕組みが解るニュースサイト!】で紹介しているインターネットオンラインカジノやサイトは、すべて私自身が登録している安心できるインターネットオンラインカジノサイトだったり、プレイテクニックを参考にしているサイトですから、みなさんも日本に居ながらCASINO-GAME(カジノゲーム)しむだけでなく、高額賞金っちゃってください(*^∇゜)
2016-4-11(6).jpg
さんがげてせになれば、私も同じ様にしいです(/_・)
  2016-4-11(4).jpg
また、日本のカジノ誘致する情報や、世界のカジノ情報もおしますので、合わせて参考にしてください。^^
カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1576位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
89位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。