FC2ブログ

WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)という賞金争奪戦トーナメントにバンタム級で参加してい る井上 尚弥 (Naoya Inoue)戦はファイトだけでなくスポーツブックとしての賭事でも大きな話題を呼ぶこと必 至!

世界的にも強い選手として話題の相手と戦うことが多いWBAバンタム級世界王者、井上 尚弥 (Naoya Inoue)は世界中の記者をも驚かす試合が多く、勝てそうな相手を吟味しまくった挙げ句にやっと弱い相手に勝ってどんなもんじゃい!と叫いたりはしない...





これまでに最速というだけでなく、飛び級での三階級制覇を成し遂げながらも、現階級でも階級の枠を超えた破壊力を持つパンチは世界のボクシングファンだけでなく、全世界ボクシング関係者の誰もを驚かす。





そんなところへWBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)賞金争奪戦トーナメントをリチャード・シェイファーカレ・ザワーランドという米独のプロモーターらが企画し、世界の最強と評判の選手のみでトーナメント形式で井上 尚弥 (Naoya Inoue)選手も選出されて参加。

2018-10-17.png

先の試合では、ドミニカ共和国の元WBA世界バンタム級スーパー王者 Juan Carlos Payano(ファン・カルロス・パヤノ)選手と闘い1ラウンド1分10秒でのKO勝ちをした井上 尚弥 (Naoya Inoue)選手。





高いテクニックを持つことと反則スレスレのタフなファイトで知られるパヤノ選手を相手に、相手のボクシングをさせる前に撃破した瞬間は誰もが驚いたはず。





通常のVで観ると判りづらいものの、スーパースローでは左のジャブ放った段階で身体が伸びきっている状況ながら、そこから腰を入れようが無い程に身体が伸びきった状態から右のストレート(見た目はストレートと言うよりジャブww)を放ちノックアウトする様は圧巻。





パヤノを研究し、あのワンツーをかなり練習したとの事ですが、選び抜かれた世界の強豪を相手にあの様な瞬殺を目の当たりにした世界の視聴者は大興奮したのではないでしょうか。





そんな衝撃なノックアウト劇が世界中に流れたのだから、スポーツブックも大いに盛り上がること間違いなしで、ネクストラウンドの開催も大いに注目されることでしょう。

2018-10-16.png

カジノリゾート複合施設(IR)ではカジノゲームのひとつとして盛り上がるレース&スポーツブックも、日本に居ながら同様の賭けを合法で参加できるだけでなく、一緒に戦えるという楽しさがあるスポーツベットは日本語で操作が可能なのでスポーツベッティングの魅力に触れてみてはいかがでしょう。




スポンサーサイト

日本にカジノリゾート複合施設(IR)建設しても良いという事になった2018年7月20日の統合リゾート(IR)実 施法案と、その前に通過していた(IR)推進法案ってどう違うの?って感じるのは誰でも同じww

前回の記事ではとうとう2018年7月20日(金)カジノ法案(IR実施法案)が可決され、この道のりまでの反日議員の言い分から覧る矛盾点を吐き出してしまいましたが、今回のカジノ法案(IR実施法案)という法案はこの日本にカジノ施設を建設しても良いと国として許可を出した訳です。





これで日本初のカジノ施設誕生に向けての法整備がこれまでとは話にならないくらいの規模で進められる訳ですが、同時に候補地や運営事業者、建設業者の選定等を詰めてゆく事になりました。

2018-10-14.png

カジノという話題に関心がそこそこあっても勘違いしやすいのが、以前に審議通過したカジノリゾート(IR)推進法案です。





このカジノリゾート(IR)推進法案が可決された報道で多くの方はこれでカジノができる...と思いがちと言うか、そう思ってしまうのが当然なのですが、実は以前の(IR)推進法案というのは国がカジノリゾート建設を目指す方針を国会に提出して承認されたというだけだったのですねww





こういった法律案件の報道とは、報道するマスゴミ(ホントみゴミと揶揄されるだけある)のさじ加減と申しましょうか、心象操作報道ひとつなので、様々なニュースであまりにもそのマスゴミがクローズアップしている報道や反対を騒ぐ案件がありましたら、日本の為にならない...と考えるべきではないでしょうか。




長きに渡り特定野党と特定パチンコ議員らに阻まれていたカジノ法案(IR実施法案)がとうとう2018年7月20日 (金)に可決!ギャンブル依存症の助長を懸念と執拗に反対する特定野党議員らは何故これまでパチンコ産業に は何も言わなかったのか?ww

日本初のカジノリゾート複合施設(IR)実現に向けて長きに渡り議論されてきたものの、ニダパチンコ産業とズブズブの特定野党や特定議員らから意味不明な反対論に阻まれてきましたが、とうとう2018年7月20日(金)にカジノ法案(IR実施法案)が可決されました。





日本にカジノリゾートを誘致する話は元々あったものの、現実化に大きく動き出したのはシンガポールカジノの誕生で傾いていた国政がカジノ税収で再建されたことや、マカオカジノがカジノの売り上げを更新し続けた話題性が大きく影響していると言えるでしょう。

2018-7-24.png

その後はフィリピンカジノやベトナムカジノもオープンし、アジアでのカジノリゾート需要が認められたものの、特定アジアニダ!のカジノはイカサマをする上に、高額賞金が出た場合には当選金を払わない等、お国柄のお家芸も冴え渡り世界の旅行者を相手に大活躍ww





マカオカジノもカジノ雇用に頼りすぎた部分と、もはやリゾート地とは感じられない空気感、長屋の様なカジノ密集化に加えて、特アの汚職高官に対して厳罰化が進んだことで、ほとんど【Baccarat(バカラ)】ゲームの収益で売り上げを維持していた収益枠が消失し、減益を更新し続けています。





こういったネガな情報に関しては当地では周辺アジアにオープンしたカジノへ新しい物好きな客が流れてしまった...等といった苦しい言い訳をしており、日本に於いては反対派の特定野党とマスゴミが『 日本もこうなる! 』と双方ともに物事の本質を観ない、知らせない報道をしています。





日本の特定野党と特定ニダパチンコ議員らに於いては、これまでパチンコ依存症に対しては全く触れなかったものの、カジノに対しては執拗に依存症の懸念を叫び続け、関係の無い部分まで持ち出して苦し紛れの言い分をワンワン吠えていましたww





特定野党らは2020年開催予定の東京オリンピックの準備までも邪魔していますが、2020年東京オリンピックの開催に合わせてオープンさせる目標だったカジノリゾート複合施設(IR)も実現は不可能となりましたが、諸外国から日本へ訪れる観戦者らは現状のインフラでも自国と比較して驚く等、数々の感動を覚えその数年後に誕生するであろうカジノリゾート複合施設(IR)に大いなる期待を抱くことでしょう。




【Las-Vegas(ラスヴェガス)】の水不足が深刻化も...その水不足を救うのは新たなる水源では無く、なんと野 生動物ビーバーの習性に頼るものだったww

元々【Nevada-City(ネヴァダ州)】の砂漠地帯であるど真ん中に【Las-Vegas(ラスヴェガス)】が建設されている訳なので、【Las-Vegas(ラスヴェガス)】のインフラ事情に明るくない方々からしてみれば、そもそも水をどうやって確保しているのだろう...と思われることでしょう。

2018-6-13(1).png

Las-Vegas(ラスヴェガス)】自体は元々小規模ながらドライブイン程度の規模であったので、水そのものは地下水から汲み上げられていました。





しかしながら、街が徐々に拡大され様々な【CASINO(カジノ)】でアトラクションとして有名な噴水だったり、それぞれに巨大なプール、水の都【Venice(ヴェニス)】を再現した川に加えて、観光客らが水廻りで使用する水量はとても膨大であることは誰の目からでも想像に優しいでしょう。





Las-Vegas(ラスヴェガス)】は地下水の使用量を10%として、【Las-Vegas(ラスヴェガス)】から48㎞も離れた【Lake-Mead(ミード湖)】から90%の水量を引いていた訳です。





48㎞も先の湖から水を引くという工事も途方もない話ですが、この湖の水量がこれまでに無い水量にまで減っている様子。

2018-6-13(2).png

Lake-Mead(ミード湖)】は大きさにして東京23区と同じ位の大きさという、かなりの大きさ故に言葉通り湯水に如く使われていたものの、2015年には過去最低の水量にまで減少し注目されてから、減少を辿っているそう...





90%の水源として頼っている湖の枯渇を危ぶみ、【Nevada-City(ネヴァダ州)】では植物への水やりは週2回、洗車をしてはいけない等のお触れを出しているので、数日滞在の観光客はあまり致命的ではないものの、【Las-Vegas(ラスヴェガス)】で働く多くの人々にはかなりの我慢が強いられる不便な状況と言えるでしょう。





観光地なので、観光客は派手に無駄な使い方をし、【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】は集客の要のひとつである噴水ショーを続けなければならぬでしょうし、【Las-Vegas(ラスヴェガス)】で住む方々のみが我慢をする形かも知れませんね。





専門家の調査では、このままだとあと20年で湖が枯渇する...と言われれば州としてもビビッちゃうのは当然ですが、節水以外で新たなる水源を確保する案よりも話題になっているのが野生動物のビーバーに頼るという説ww

2018-6-13(3).png

ビーバーは外敵から身を守る為に木を囓って川に木を倒しダムを造る習性があるので、ビーバーに沢山ダムを造って貰えば徐々に川が氾濫して水域が広くなると言う...地質学者&生物学者の言い分ww





ビーバーがダムを造らないと、水はすべて下流へ流れてしまうことから、地質学者と生物学者の唄う【Las-Vegas(ラスヴェガス)】の未来はビーバーが握っていると力説...





しかしながら猛烈に反対しているのは周囲で暮らしている牧場主や農家達。





まぁ、当然ですよね...ビーバーが水脈を広げれば土地も水害にさらされる訳で、それでなくても現状で農作物の被害が絶えず、作物が収穫前に荒らされる害獣被害に毎年2万匹ものビーバー駆除を余儀なくされているとの事なので、平行線かと思いきや...近隣の街でも水不足に悩んでいたところ、生物博士が暫くビーバー駆除を見合わせる提案をし意見を聞き入れたら、雨が降った際に流れる人間の肩幅にも満たない水の道が徐々に幅を広げて大きな川となり、年を追う毎に水不足が解消されたらしい。

2018-6-13(4).png

現在アメリカには1,000万匹のビーバーが生息しているそうで、駆除されなければアメリカ各地で発生している水不足が解消されるとの見方が強まっているものの、同時に害獣被害の対策で頭を抱えそうですね。





Las-Vegas(ラスヴェガス)】の水不足から始まった懸念が、5万年も前からダムを造ってきたビーバーの活躍がアメリカの各地で注目されるという話でしたww




エントランスには入り口付近からロックスターにまつわるグッズがショーウィンドウに展示されている【Hard Rock Hotel & casino Las Vegas(ハード・ロック・ホテル・アンド・カジノ・ラスベガス)】に初めて訪れる ロックファンは中々足が前に進まないかもww【ハード・ロック・ホテル・アンド・カジノ・リポート②】

【GIBSON(ギブソン)】製のエレキギターを巨大化させて目印にしている【Hard Rock Hotel & casino Las Vegas(ハード・ロック・ホテル・アンド・カジノ・ラスベガス)】は日本で言うところのヘビーメタルやパンクロッカーのみの聖地と思われがちですが、幅広いアーティストが講演しており、ポップスやアイドルも講演歴がある様子。





2010年に増築されたHRH-TOWERのエントランス付近には、入り口に入る手前から【Hard Rock Hotel & casino Las Vegas(ハード・ロック・ホテル・アンド・カジノ・ラスベガス)】で講演した事があるアーティストのグッズが写真付きでショーウィンドウに飾られています。

2018-4-28(1).png

自分に興味がないアーティストであれば一瞥するだけで足を止めることなく素通りするだけでしょうが、ファンの方であれば玄関口付近で随分と時間を費やする事になるでしょうww





世界的に有名なアーティストでは【TINA-TURNER(ティナ・ターナー)】の衣装に【SEX-PISTOLS(セックス・ピストルズ)】の衣装が入って直ぐ目に入ります。





もちろん、他にもあるのですが、私があまり知らないだけだったり、知っていても興味無かったりなのですが、基本はSHOWで使われた楽器やジャケット、スカート、スーツ、ブーツ等を多く目にします。





BEYONCE(ビヨンセ)】なんかは講演回数の多さに加えて当時の人気ぶりを示す様に、至る所で目にします。





玄関付近でも少し足を進めては展示があり、また少し離れて展示がなされているので、初めて訪れるグループ客が重なると玄関口で結構な混雑が起こるかもww





そんなスターらのグッズに混じって【Hard Rock Hotel & casino Las Vegas(ハード・ロック・ホテル・アンド・カジノ・ラスベガス)】の全体をコンピューターグラフィックであしらったモニタパネルが展示され、ギターの角度と大きさが異なる部分に目がいく感じww

2018-4-28(2).png

このまま足を進めると、HOTELのFRONTに辿り着く迄にどれだけのアーティストグッズが展示されているのか、誰もが気になるのではないでしょうか。




ロックスターのLIVEやコンサート企画される度に大勢のファンで賑わう【Hard Rock Hotel & casino Las Vegas(ハード・ロック・ホテル・アンド・カジノ・ラスベガス)】は観光客には不便な場所にあるも、そこも マニアにはロックなテイスト~【ハード・ロック・ホテル・アンド・カジノ・リポート①】

Hard Rock Hotel & casino(ハード・ロック・ホテル・アンド・カジノ)】は【HARD-ROCK-CAFE(ハード・ロック・カフェ)】を展開している会社が1995年(平成7年)に初めて開業した【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】です。





有名な【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】が立ち並ぶ【STRIP(ストリップ)】通りから大きな通りを一つ挟んで3㎞程度離れていることから諸外国からの観光客向けではないものの、ホテルの名前通りに有名アーティストのコンサートが度々開催される聖地という揺るぎない位置付けがされ、アメリカ国内からの来場者で賑わうカジノリゾート地。





PARADISE-RD(パラダイス・ロード)】と【E-HARMON-AVE(イースト・ハーモン・アベニュー)】通りが交差する位置にある【Hard Rock Hotel & casino(ハード・ロック・ホテル・アンド・カジノ)】は、【Las Vegas(ラスベガス)】の中ではかなり小規模と言われているものの日本の施設から考えると充分に巨大で、2001年と2009年から2010年に1年かけて行われた改築にて増やされた客室やも、イベント時期には早期予約にて657室が満室になる事もしばしばある人気の【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】です。

2018-3-16(1).png

そんな【STRIP(ストリップ)】通りから離れた場所でも他の通りと同様、周囲にパラパラと立ち並ぶヤシの木から一際大きく聳え経つ目印はROCKには欠かせない巨大なエレキギター...正面や低い位置から【Hard Rock Hotel & casino(ハード・ロック・ホテル・アンド・カジノ)】を見渡すと奥行きがなさそうに見えるものの実際はかなりの奥行きがあって正面に円形型の【CASINO-FLOOR(カジノフロア)】、その奥と両端に客室タワーがあります。





正面から見て裏手にはとても多くのヤシの木で蔽い茂った南国をイメージした巨大なプールがあり、そこでLIVEといったイベントが開催されているので、肌を寄せ合う程の芋荒い状態になる状況も珍しくないプールですww





この【Hard Rock Hotel & casino(ハード・ロック・ホテル・アンド・カジノ)】は巨大なエレキギターが目印なのですが、通りの角にはホテルのギターではなく、【HARD-ROCK-CAFE(ハード・ロック・カフェ)】のギターの方がより大きく目立つ目印となっており、玄関の日差し屋根に突き刺さったホテルのギターはホテル自体よりも目立つので、双方抱き合わせの商業戦略としては相乗効果として成功していると言えるでしょう。

2018-3-16(4).png

玄関付近や入り口周囲には往年の【ROCK-STAR(ロック・スター)】や近代アーティストらの使用した楽器や衣装、小物がこれでもかという位に展示され、いずれは総額で数億円の値打ちがつけられてホテルの建造費を超える価値と話題になるやも知れませんねww





そんな【Hard Rock Hotel & casino(ハード・ロック・ホテル・アンド・カジノ)】はハードロッカーやちょっとアウトローな野郎達向けのホテルかと思いきや、施設内のデザインや客室はなかなかハイセンスと言うか近代的なモダンアートで美しさと清潔さが感じられるので、それぞれ順番にリポートしたいと思います。




どこのバーでもスポーツブック(ブックメーカー)がプレイできる【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリ バー・ラスベガス・カジノ)】のナイトエリア(酒場)~【エクスカリバー・ラスヴェガス・カジノ・リポート ⑬】

CASINO-HOTEL(カジノホテル)】ではロビーにも酒場があり、昼夜問わず利用されています。





近年は【CASINO-GAME(カジノゲーム)】収益が落ちているとは言え、逆にバカンスとしての利用が多くなっているというから、チェックイン・チェックアウト時の混雑解消が課題とされています。





基本的に合理的な考えをビジネスの効率化として採用し続けるのがアメリカですが、人為的なミスが全てに計画性を立ててやって来る客とのトラブルが解消されていない様に感じます。





そんな大行列を見ていれば、列ぶよりもラウンジやバーで混雑が解消されるのを待った方が良いと考えるのが大半の様です。





Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ラスベガス・カジノ)】には、【LOBBY BAR(ロビー・バー)】、【SPORTS BOOK BAR(スポーツブックバー)】、【THE LOUNGE(ラウンジ)】、【OCTANE(オクタン)】、【BEVERAGE SPECIALS(ビバレッジ・スペシャル)】、【SHERWOOD BAR(シャーウッド・バー)】といった酒場がありますが、24時間の営業は【LOBBY BAR(ロビー・バー)】、【SPORTS BOOK BAR(スポーツブックバー)】、【THE LOUNGE(ラウンジ)】、【SHERWOOD BAR(シャーウッド・バー)】の4カ所です。

2018-3-5(1).png

元々ファミリー向けの【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】なので、庶民がスーパーや酒屋で目にする安価な酒がメインなのですが、日常で安価プライスの酒がかなりの割高で提供されているのが商業戦略ミスと感じてしまうのは私だけではないでしょうねww





LIVEDJ-SHOWを提供しているナイトエリアは【OCTANE(オクタン)】と【THE LOUNGE(ラウンジ)】です。




全体的に早めの時間に終了する【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ラスベガス・カジノ)】の食 事スポットもフードコートなら24時間営業もチラホラとあります~【エクスカリバー・ラスヴェガス・カジノ・ リポート⑫】

CASINO-HOTEL(カジノホテル)】が基本的に24時間営業なのは、長年収益の要だった【CASINO-FLOOR(カジノフロア)】があったからこそなのですが、ここ近年では若者が【CASINO-GAME(カジノゲーム)】に興味を示さないという、所謂【CASINO(カジノ)】離れという現象からなのか?ホテル内でも24時間営業の店が減ってきている様です。





特にこの【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ラスベガス・カジノ)】の場合は、誰の目から見てもレストランの終了時間が早いと言います。





CASINO-FLOOR(カジノフロア)】に居る場合、時間の流れがわかりにくく、長くプレイしていると昼間なのか夜なのかも判りにくく、実は明け方だったという場合もある場所なのでwwこういった状況には食事の不便がありますね。

2018-2-25(1).png

まぁ、近隣のカジノホテルかストリップ通りに出ればいいだけの話なのですが、旅行で行く場合にはそんな事態になるとは想定していない事が多く、知らない場所への恐怖感もありますから【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ラスベガス・カジノ)】で宿を取る場合、知っておいた方が良いでしょうね。





それでもフードコートに行けば、何とか24時間営業している店もチラホラとあり、アメリカ人の国民食とも言うべきジャンクフードから、ジャンクフードに見えて実はなかなかの食材を使って手軽に食べられる様にしてあるだけの店もあったりしますので、グルッと廻ってみましょう。





少々クスッとくるのは、【Las-Vegas(ラスベガス)】ギフトショップというエリアがあって、これは...外国から来た人しか買わないだろうなぁ...と思うグッズが盛りだくさんですww

2018-2-25(2).png

何かとデザインが奇抜なので自分用として不向きなグッズが多いものの、デザインではなく日本では入手しにくいLarge-sizeのマグカップ等があるので、日本のLarge-size表示のマグカップが小さいと感じている方にはお土産にどうぞww




日本のカジノリゾート複合施設(IR)実施法案の一つとしてカジノフロアへの入場料制を導入予定

昨日はカジノ事業主に課せられるカジノ税についてお話しましたが、今回はカジノフロアへ入場する際の入場料いついてです。





政府は日本にカジノリゾート複合施設(IR)が誕生した場合、日本人と国内に居住する外国人に限り、全国一律の入場料を定める方針を発表しました。





この入場料は数千円を目途として、諸外国のカジノやエンターテインメント施設を参考にして定められる予定。

2018-2-21(1).png

この入場料は依存症対策として考えられていますが、諸外国でも自国民は入場料制が設けられているので賛成すべきところです。





この賛成すべきところと言うのは依存症対策という部分では無く、用も無いのにウロチョロされて混雑する状況を回避する対策として効果的と言えるでしょう。





これはコンビニの前に屯するグループや、揉め事誘発やイタズラ目的でゲームセンターに集まって来る迷惑対策のケースと類似しており、ゲームセンターでも大規模の施設はこれを入場料制にすることで解消しています。





依存症対策であれば、この入場料制よりもマイナンバー提示制で生活保護受給者や受給歴のある者、納税状態によって入場を制限すれは良いだけのことで、依存症対策に拘るのであれば、ホールの中にATMまで設置してあるパチンコ屋へ目を向けるべきではないでしょうか。




政府案として現在検討されているカジノ税は、経費を差し引いた利益に対してではなく、売り上げに対して運営 事業者に30%を基本として課税してゆくカジノ事業ならではの課税方式

もしも日本にカジノリゾート複合施設(IR)が誕生した場合、政府は政府案として中核のカジノ事業運営者に対して30%の課税を基本とした税制を定める方向で検討に入った様です。





世界的に覧てカジノ事業者へ課せられているカジノ税は、USA(Nevada)州の【Las-Vegas(ラスベガス)】でおよそ20%、カジノ事業で国の財政を立て直した【Singapore(シンガポール)】がおよそ30%、【Baccarat(バカラ)】GAMEの火付け役となった【MACAU(マカオ)】がおよそ40%と、その国の権力的背景が何となく解る税制となっています。

2018-2-20(1).png

日本の場合は、このカジノ税30%程度を基本として検討しているそうです。





ただ、このカジノ税は通常の税制とは異なり、経費を差し引いた利益に対して課せられるのではなく、売り上げ自体に課せられるという事なので、いわゆる税金対策なんてものは通用しない税制ww





このカジノ税を仮に30%と決定したとして、売り上げが3,000億円を超えた場合、4,000億円迄は40%に増税され、4,000億円から5,000億円の売り上げの場合には50%の課税案もでているとか。

2018-2-20(2).png

税収の分担方法や税収の利用目的も話し合われているものの、国や市町村が運営したら中小企業の様な身を削った努力は微塵もできないので(ディズニーランドみたいな人気事業でも赤字に転落させるであろうタルい経営手腕ww)、よほど優れた商才と運営能力を持った事業者でなければならない事業であることは理解できる案件ではないでしょうか。




★★★◆ブログ~案内~◆★★★
CASINO-6-8-(2).png 子供のんだ経験と、単純ルールながらも白熱したおもしろさ記憶があってか、【CASINO-GAME(カジノゲーム)】をにすると、ニンマリしてしまいます。
CASINO-6-8-(1).png
こどものにはトランプテレビゲームんでいましたが、インターネットオンラインカジノで知った、本物のお金を賭けてプレイする(`・_・´)ン-【Black-Jack(ブラックジャック)】や、Roulette(ルーレット)めとする、日本からでもインターネットを介して合法べるBROWSING-CASINO-GAME(ブラウジング・カジノゲーム)を見つけてしまいました。( ̄∇ ̄*)フフフ
CASINO-6-8-(3).png
私が安心してプレイできるのも、24時間体制日本語サポートがあるからですが、とても親切対応安心できる管理体制にとても信頼を寄せています。
2016-4-11(1).jpg
やはり政府発行したライセンスを持っているインターネットオンライン仮想カジノサービス安心感うと感じます。
2016-4-11(3).jpg
2016-4-11(5).jpg
諸外国ではセレブびととして知られるCASINO-GAME(カジノ・ゲーム)しさはエレガントびであるものの、とても刺激的びとして知られていますので、VIPセレブが好むびを始めることはVIPセレブへの第一歩と言えるでしょう。
2016-4-11(2).jpg
この【世界のカジノ情報やカジノの仕組みが解るニュースサイト!】で紹介しているインターネットオンラインカジノやサイトは、すべて私自身が登録している安心できるインターネットオンラインカジノサイトだったり、プレイテクニックを参考にしているサイトですから、みなさんも日本に居ながらCASINO-GAME(カジノゲーム)しむだけでなく、高額賞金っちゃってください(*^∇゜)
2016-4-11(6).jpg
さんがげてせになれば、私も同じ様にしいです(/_・)
  2016-4-11(4).jpg
また、日本のカジノ誘致する情報や、世界のカジノ情報もおしますので、合わせて参考にしてください。^^
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
39位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR