ドラクエファンなら名前を耳にするだけでチョットわくわくする【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバ ー・ラスベガス・カジノ)】の【Fun Dungeon(ファン・ダンジョン)】は最新のアーケードゲームが揃ったゲ ームセンターエリア【エクスカリバー・ラスヴェガス・カジノ・リポート④】

【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)に次いでファミリー向けの【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】ということもあり、家族や仲間と楽しむGAMEがだだっ広いスペースに余裕を持ったレイアウトで設置されています。





そのゲームセンターエリアは、ドラクエファンなら名前を耳にするだけでチョットわくわくするであろう【Fun Dungeon(ファン・ダンジョン)】という名で、【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ラスベガス・カジノ)】の中に入って中央付近に進み、下階に降りるとあります。

2017-6-30(1).png

Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ラスベガス・カジノ)】のアーケードゲームは世界的に有名らしいのですが、アメリカから渡ってきたのであろう懐かしのGAMEを目にするだけでなく、日本独自のGAMEの朴李も多く、日本のGAME機メーカーの機種もかなり覧られます。www





ただ、身体を使って遊ぶアーケードゲームはとても充実しているのと、日本ではもう見かける事は無くなった古い機種のGAMEもまだ新しい状態で揃えられている等、老若男女で大騒ぎして盛り上がれることでしょう。




スポンサーサイト

幻想的な演出の中で行われる中世劇エンターテインメント【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ラ スベガス・カジノ)】の【Tournament・of・Kings(トーナメント・オブ・キングス)】は長きに渡り上演されて いるライブアクション【エクスカリバー・ラスヴェガス・カジノ・リポート③】

アーサー王の物語をライブアクション上演している【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ラスベガス・カジノ)





幻想的な演出の中で行われる中世劇エンターテインメント【Tournament・of・Kings(トーナメント・オブ・キングス)】は長きに渡り上演されています。

2017-6-29(1).png

900シアター・イン・ザ・ラウンドアリーナでは、観客が取り巻く中でファイアーアクションや騎士が馬で駆け回ってリアリティ演出した物語を展開。





3コースのディナー・ライブとして利用される場合が多く、ディナーで観覧する場合には割高サービス必要となるので、コンシェルジュに訊ねたほうが良いでしょう。




カジノリゾート複合施設(IR)推進会議により、カジノ事業者の財務状況や役員の交友関係などを審査する免許 制に加えて、一定期間毎に更新を義務付~年内にもIR実施法案として国会に提出へ

2017年5月31日に開かれたカジノリゾート複合施設(IR)推進会議で、カジノ運営を含むリゾート複合施設(IR)の事業者らに対する規制方針案が検討されました。





(IR)推進会議での大きな話題は、財務状況や役員の交友関係などを審査する免許制と定め、一定期間毎に更新を義務付けするというものです。





この義務付けをでは、事業者の大株主についても国の認可を必要とする等、更に幅広い規制の数々設けて、暴力団等の反社会的勢力排除を図る目的がある様子。





これらの規制方針案は、既にカジノ運営で参入規制を実施しているアメリカのラスベガス(ネヴァダ州)やシンガポール等を参考にしたそうで、事業者役員らの犯罪歴や資産情報、事業者の子会社も調査対象として、事業者が行う取引も認可制とする方針。





これらは、所謂ガラス張りと呼ばれるもので、調査時に透明性を確保し、これまで巧妙な手口によって行われてきた不正等を抑止・摘発するものと思われますが、これだと経理パチンコ産業は事実上参入不可ではないでしょうか。www





審査や調査は内閣府の外局であるカジノ管理委員会が担当するそうですが、これらの規制方針案は、年内にもIR実施法案として国会に提出される予定だとか。




見た目がお城というファミリー向けホテルの【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ラスベガス・カ ジノ)】は日本のビジネスホテル程度の料金から宿泊できるファミリーリゾート【エクスカリバー・ラ スヴェガス・カジノ・リポート②】

有名アーサー王をテーマとして、HOTEL外観がアーサー王の居城として知られるキャメロット城に仕立てた、メルヘンファミリー向け【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】の【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ラスベガス・カジノ)





メルヘンと言っても、【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】程ではなく、外観メルヘンさは中に入るとかなり控えめで普通に近い感じです。

2017-5-11(1).png

キャメロット城風建物の両脇に建っているくの字型の【Royal-Tower(ロイヤル・タワー)】と【Resort-Tower(リゾート・タワー)】の客室数は3,981を備え、日本のビジネスホテル程度の費用から宿泊できる安価な設定が魅力で、日本からの観光でも利用される事が多い【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】です。





故にチェックイン時の手続きでフロントに長蛇の列ができる事でも知られ、その混雑理由のひとつとして熱心に勧めてくる部屋のアップグレード説明が挙げられるのは間違いないでしょう。

2017-5-11(2).png

安価でお得なスイートが数千円で泊まれるという事もあって誰もが乗り気になってしまいますが、景色が良いと言われてもソコは信じないほうが無難です。www





しかしながら、僅か数千円を足すだけでスイートに泊まれるのは魅力なので、騙されても良いかも知れませんね。

2017-5-11(3).png

スタンダードな部屋は現代的ですが、グレードが高い部屋になればなるほど中世のテイストが高まり、部屋の快適装備も増やされます。





一般的なヘアドライヤーやアイロンをはじめとする装備や大きなバスルームが完備されているものの、リクエストしないとまず装備されてこない冷蔵庫に関しては要注意

2017-5-11(4).png

リクエストしないと冷蔵庫がある部屋に案内されない事がですが、www総合的には庶民から評判の良い【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】です。




変わりつつある【LasVegas-CASINO(ラスベガス・カジノ)】でのサービスに戸惑う常連客たち~伝統となって いるサービスが失われ利用者から不満の声が高まる【Las Vegas Strip(ラスベガス・ストリップ)】通りのカ ジノ事情~

前回の記事では、【Las Vegas Strip(ラスベガス・ストリップ)】地区に集結する【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】の駐車場有料が進んでいるお話をしましたが、今回もソコソコ残念なお話。





【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】の【CASINO-FLOOR(カジノフロア)】には無料ドリンクが配られるサービスが馴染みとなっており、それはビデオゲームが設置されているBarでも同様のサービスで知られています。

2017-4-26.png

しかしながら、このところ場所によってはこの無料ドリンク廃止されつつある様です。





常連客がBarで【VIDEO-POKER(ビデオポーカー)】を楽しんでいたところ、ゲーム機の裏にが変わるランプに気付き、注意深く観察していたところ、そのランプの色によって無料ドリンクが出されていた事に気づいたとか。





以前は誰でもどんな状況でも無料ドリンクが振る舞われていたものの、無料ドリンクを提供するに値する賭金を投入しているかどうかをゲーム機の背面にあるランプで見分ける様になっていたそう。

2017-4-20(1).png

SPORTSの勝敗を予想する【SPORTS-BOOK(スポーツ・ブック)でも、以前は先着無料で座れたものの、今はイベントで混雑する時期にはスイートに泊まれる位の席料をチャージされるというのだから、常連客らにとってはたまったものではないでしょう。





変わりつつある【LasVegas-CASINO(ラスベガス・カジノ)】でのサービスに戸惑う常連客たちは、今後どの様な事に不満を募らせるのでしょう。




【Las-Vegas(ラスベガス)】で広がる駐車場有料化の流れの背景には、【CASINO(カジノ)】で遊ぶ事が目的 では無く、リゾート地として観光目的利用へシフトする利用客のニーズが運営会社の経営方針見直しをさせた様子。

アメリカのネバダ州にある【Las-Vegas(ラスベガス)】と言えば、砂漠のど真ん中にあるリゾート地。





以前は【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】利用者であれば駐車料金は無料で、利用者や【Las-Vegas(ラスベガス)】で働く地元民も昔からの習慣として当たり前の様に思って利用していた。

2017-4-20(1).png

ところが、この一年程で【Las Vegas Strip(ラスベガス・ストリップ)】地区のリゾートホテルで駐車場の有料が進み、常連客や地元民から不満が出ているとの事。





この【Las Vegas Strip(ラスベガス・ストリップ)】地区とは、通称で【Strip(ストリップ)】通りと呼ばれており、およそ6.8kmある道路の長さは【Las-Vegas(ラスベガス)】のメイン通り。





空港から直線で1.6kmという立地の良さで、有名な【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】はほとんどこの地域に集中しています。

2017-4-20.png

この立地の良さが特別感を与える事でひしめき合う様に【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】が建ち並んでいますが、これまで無料だった駐車場の有料化が進んでいる背景はいったいどういったものなのでしょうか。





それは、【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】に訪れる利用客の利用目的が大きく変わってきた事にある様です。





1990年代には【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】の収益は半数以上が【CASINO-FLOOR(カジノフロア)】をメインとするギャンブルによる収益だったものの、2000年以降その収益比率はどんどん下がり続け、2010年以降はギャンブルによる収益よりもリゾートとしてのホテル利用や、カジノ客を除いての観光収益の比率が大きく上回った事が原因。

CRAPS-game.jpg

【Las-Vegas(ラスベガス)】の収益と巨額の改装費や改築費を捻出する賭博収益が減少するとこういったところにまで収益の捻出を求めて改善化を図るのでしょうが、常連客へのサービスが悪くなるとその客はメイン通りから離れ、いつ来るか判らない観光客のみに頼らなくてはならなくなるのではないでしょうか。




アーサー王をテーマにしたキャメロット城を外観に仕立てた【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ ラスベガス・カジノ)】は子供連れファミリー向けのカジノホテルで安価な設定が人気!【エクスカリバー・ラ スヴェガス・カジノ・リポート①】

前回までは、【 Las Vegas casino(ラスベガス・カジノ)】の中でも、安価設定がなされたファミリー向けの【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】のリポートをしてきましたが、今回からは【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ラスベガス・カジノ)】のリポートです。





この【Excalibur Hotel & Casino(エクスカリバー・ホテル・アンド・カジノ)】は、映画化されている伝説としても有名アーサー王テーマに、HOTEL外観アーサー王の居城であったキャメロット城にしてしまったという、メルヘンファミリー向け【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】。

2017-4-8(1).png

アーサー王と言えば円卓の騎士らが有名ですが、これらのテーマレストランアトラクション反映されています。





この【Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ラスベガス・カジノ)】は1990年現在の【MGM Resorts International(エムジーエム・リゾート・インターナショナル)】が開業させました。





キャメロット城を真ん中に置き、両サイドにの字の状態んだ客室3,981え、2000年2007年改築をする顧客利用率さがえます。

2017-4-8(2).png

Excalibur Las Vegas casino(エクスカリバー・ラスベガス・カジノ)】は系列店である【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)安価設定がなされているというもあり家族連れに人気なのですが、正面玄関から向かって左側【LUXOR-CASINO(ルクソール・カジノ)右側【NEW-YORK・NEW-YORK-CASINO(ニューヨーク・ニューヨーク・カジノ)があるので、左側スフィンクスピラミッドドカン右側自由の女神ドカン居座るという、なんともシュール構図になっています。





この立地の良さと安価設定人気秘密でもあるのですが、同系列HOTELだけあって、【LUXOR-CASINO(ルクソール・カジノ)【NEW-YORK・NEW-YORK-CASINO(ニューヨーク・ニューヨーク・カジノ)へは無料モノレール廊下がっており、宿泊を【Excalibur Hotel & Casino(エクスカリバー・ホテル・アンド・カジノ)】で、びは周辺CASINO(カジノ)施設でもと、ばしやすい利便性好評な【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】です。




バーガーからステーキまで【Vince Neil's(ヴィンス・ニールズ)】はアメリカンスタイルで気軽に楽しむ 【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】のダイニングキッチン~ 【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート㉛】

アメリカンファストフードと言えばハンバーガーホットドッグ代表的ですが、ハンバーガーからステーキまでチョイスできるダイニングキッチンとして、【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】に【Vince Neil's(ヴィンス・ニールズ)】があります。





Vince Neil's(ヴィンス・ニールズ)縦長基調としたハードロックわせる店内SHOWステージけ、チョッパーバイクファイヤーカラーボンネットバスディスプレイ

2017-3-25(1).jpg

メニューバーガーを出す店としては豊富で、ヘビーステーキえてステーキサラダ等もあり、メニュー数としてはかなり充実しています。





てのメニューカロリーじさせるのも、アウトローイメージしたハードロック意識したのかも。

2017-3-25(2).jpg

カーテンで囲われたエリアVIPルームの様で、GOLDられたソファーシャンパンが似合いそうです。




メキシカン・ファストフード【Blue Iguana Authentic Mexican Cuisine(ブルーイグアナ・オーセンテック・ メキシカン・クジーン)】は本場のメキシコ料理が楽しめる【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サ ーカス・ラスベガス・カジノ)】のファストキッチン~【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポー ト㉚】

メキシカン・ファストフードと言えばタコスナチョス





Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】のファストキッチンとして本場メキシコ料理手軽にという【Blue Iguana Authentic Mexican Cuisine(ブルーイグアナ・オーセンテック・メキシカン・クジーン)】があります。

2017-3-14(1).jpg

日本人感覚からすると紙で包んでクレープの様に頬張るイメージがあるタコスですが、盛り付けのダイナミックさと、そのでその食べ方は無理





豚肉鶏肉豆類海鮮類野菜が組み合わされたメニューが多く、胃にかき込みたい方向けのキッチンです。

2017-3-14(2).jpg

盛り付けの美観繊細な味を求める方の場合はけるべきかも。




滞在中にありがちなチョットした小腹が空いた際にいつでも利用できる【WESTSIDE DELI(ウエストサイド・デ リ)】は【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】のファストグリル ~【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート㉙】

CASINO-HOTEL(カジノホテル)】と言えば、高級志向ながら幅広い客層に対応している特徴がありますが、こと【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】の場合にはよりファミリー向けに振っているコンセプトなので、に一般ユーザーの痒い所に手が届くレストランがあります。





このレストランはWESTSIDE DELI(ウエストサイド・デリ)という名前で、24時間営業のファストグリル。

2017-3-3(1).jpg

店のウリとしては、24時間新鮮スープ野菜が用意され、サンドウィッチホットドッグハンバーガーフライドポテトチキン料理を提供しています。





また、ドーナツカットフルーツも用意されながら、ヘビーに食べたいユーザーにも対応しているアメリカンシェフのグリルです。

2017-3-3(2).jpg

客の少ない時間帯は薄暗くなっており、店員の姿が見えない時がありますがキチンと営業しています。




★★★◆ブログ~案内~◆★★★
CASINO-6-8-(2).png 子供のんだ経験と、単純ルールながらも白熱したおもしろさ記憶があってか、【CASINO-GAME(カジノゲーム)】をにすると、ニンマリしてしまいます。
CASINO-6-8-(1).png
こどものにはトランプテレビゲームんでいましたが、インターネットオンラインカジノで知った、本物のお金を賭けてプレイする(`・_・´)ン-【Black-Jack(ブラックジャック)】や、Roulette(ルーレット)めとする、日本からでもインターネットを介して合法べるBROWSING-CASINO-GAME(ブラウジング・カジノゲーム)を見つけてしまいました。( ̄∇ ̄*)フフフ
CASINO-6-8-(3).png
私が安心してプレイできるのも、24時間体制日本語サポートがあるからですが、とても親切対応安心できる管理体制にとても信頼を寄せています。
2016-4-11(1).jpg
やはり政府発行したライセンスを持っているインターネットオンライン仮想カジノサービス安心感うと感じます。
2016-4-11(3).jpg
2016-4-11(5).jpg
諸外国ではセレブびととして知られるCASINO-GAME(カジノ・ゲーム)しさはエレガントびであるものの、とても刺激的びとして知られていますので、VIPセレブが好むびを始めることはVIPセレブへの第一歩と言えるでしょう。
2016-4-11(2).jpg
この【世界のカジノを自宅で安全に楽しむためのニュースサイト!】で紹介しているインターネットオンラインカジノやサイトは、すべて私自身が登録している安心できるインターネットオンラインカジノサイトだったり、プレイテクニックを参考にしているサイトですから、みなさんも日本に居ながらCASINO-GAME(カジノゲーム)しむだけでなく、高額賞金っちゃってください(*^∇゜)
2016-4-11(6).jpg
さんがげてせになれば、私も同じ様にしいです(/_・)
  2016-4-11(4).jpg
また、日本のカジノ誘致する情報や、世界のカジノ情報もおしますので、合わせて参考にしてください。^^
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
715位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
30位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR