fc2ブログ

ラスベガス観客動員開催による井上尚也戦でボブ・アラムもニンマリ!このままラスベガスが再び営業自粛や営 業停止に舞い戻らない事を祈るばかり!

Las-Vegas(ラスベガス)】のカジノ施設営業自粛営業停止から復活して束の間、【TOP-RANK(トップ・ランク)の【Bob-Arum(ボブ・アラム)】が興業するボクシング井上尚也戦が開催されました。





前回のタイトルマッチでは無観客で行わざるをえなかった事もあり、興行主の【Bob-Arum(ボブ・アラム)】は会場でもマスクをせずに...やはり興業とはこうでなくてはならない...と言わんばかりに満面の笑みを振りまいていた。

2021-6-22(1).png

バンタム級の4団体統一を目指す井上尚也選手の相手はフィリピンの【Michae-Dasmarinas(マイケル・ダスマリナス)】選手。





Michae-Dasmarinas(マイケル・ダスマリナス)】選手はIBF団体1位の選手で、決して弱い選手ではないものの、井上尚也選手のパワー&テクニックに加えて試合中の対応力で3度のダウンを奪い、3ラウンドTKOで圧倒的な勝利!





井上尚也選手のファイトマネーが破格の1億円超と騒がれているが、それは軽量級の試合ではと言うだけであって、重量級の選手の様に数億や10億円を超えてもおかしくはない。





いや、いずれそうなるであろう選手だと感じているのは私だけではない筈。





世界一のプロモーターと言われる【Bob-Arum(ボブ・アラム)】が井上尚也選手を大絶賛しているので、今後もビッグマッチを組まれるのは間違いはないものの、また【Las-Vegas(ラスベガス)】営業自粛や営業停止に舞い戻らない事を祈るばかりです。




スポンサーサイト



ラスベガスカジノが何も無かったかの様に復活?2021年6月に入りコロナワクチン接種者はマスク無しで入場可 能営業で数万人が集まる!

新型コロナ・ウィルスによるパンデミックが世界的に報じられ、それと共に多くの施設が営業自粛や営業停止を余儀なくされ2年が過ぎました。





人を集めなければならないエンターテインメント業界は真っ先に影響を受け、【Las-Vegas(ラスベガス)】のカジノ施設も営業を停止する等の処置等を踏まえて人員整理による解雇、また【Cirque-du-Soleil(シルク・ドゥ・ソレイユ)】の倒産をお伝えした記憶のまま...今日を迎えた感じです。

2017-4-20(1).png

2021年6月に入り、アメリカ・ネバダ州の【Las-Vegas(ラスベガス)】ではロックダウン後初の通常営業を始め、コロナワクチン接種者に於いてはマスク無しで入場可能として話題を集めています。





その報道の様子ではほとんどの来場者がノーマスクで施設を歩き回っており、同時に数万人規模のイベントや展示会も行われているとか。





疑問に思う部分は、本来ワクチンとは感染しないというものではなく、もしもの感染時に重症化しないという予防薬であるのにワクチンを接種した者はノーマスクでOKという試みは...また大きな混乱へと向かいそうな予感も、直接関係の無い私としてはただ傍観するのみであるw




日本のカジノリゾート複合施設(IR)計画参入に断念した【MGM-Resorts-International(エムジーエム・リゾ ーツ・インターナショナル)】は営業再開後も客足が伸ばせず18,000人を削減へ

日本の日本のカジノリゾート複合施設(IR)計画参入に意欲を示していたアメリカの大手統合型リゾート運営会社【Las-Vegas-Sands(ラスベガス・サンズ)】や、【MGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)】が日本進出を断念した事はお伝えしましたが、【MGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)】ことグループの御大である【MGM-Resorts-International(エムジーエム・リゾーツ・インターナショナル)】は、ロックダウン解除後も客足が伸ばせず、従業員の削減を進める模様です。





削減人数は18,000人という規模とされており、コロナ・ウィルス騒動前の雇用人員から計上すると1/4以上を上回る数字と言われています。

2020-9-8(1).png

MGM-Resorts-International(エムジーエム・リゾーツ・インターナショナル)】は【MGM-GRAND(エムジーエム・グランド)】をはじめ、数多くの【LAND-CASINO(ランド・カジノ)】を運営しており、この人員削減はアメリカ全土を対象として行われる見込み。





MGM-Resorts-International(エムジーエム・リゾーツ・インターナショナル)】グループの中でも未だロックダウン解除以降も営業再開していない店舗が数店舗ある様ですので、カジノ産業全体が危機的状況と言えるでしょう。





コロナ・ウィルスによる世界的経済打撃により、日本へ参入意欲を見せていたアメリカの大手カジノ会社らは参 入を断念!

世界的にコロナ・ウィルス感染が深刻化した事由により、世界各国それぞれが被った経済的打撃は計り知れず、集客=収益に繋がる商業施設は規模が大きければ大きい程に傷も大きく、未だ更に経済的打撃は拡大中の今日。





日本では東京オリンピックも延期となり、延期となっている開催時期にも事実上無理と言わざるを得ない状況の中で、オリンピック開催と同時に盛り上がっていた日本初のカジノリゾート複合施設(IR)計画も同様にそれどころではなくなってしまいました。

2020-9-1(1).png

その雲行きは参入に意欲を見せていたアメリカの大手統合型リゾート運営会社【Las-Vegas-Sands(ラスベガス・サンズ)】や、【MGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)】も意欲を失い日本への参入を断念したことを発表しました。





HOTELを併設したIR施設では大きな雇用と経済効果が期待されていましたが、特定アジアが絡む議員への賄賂や、コロナショックにより完全に頓挫した形となりました。





世界のカジノ市場はこれまでも度々危機に見舞われてきたものの、今回の人と接する事自体が危惧される状況下は、施設という構造的収益モデルを手放さなければならない状況に追い込まれています。

2020-9-1(2).png

先にも世界的エンターテインメント【Cirque-du-Soleil(シルク・ドゥ・ソレイユ)の破綻をお伝えしましたが、今後は現実的な空間で集客するものではなく、仮想空間をいかに現実の様に見せる等を駆使したモデルを開発しなければならないでしょう。





大手カジノもここ数年はインターネットオンラインカジノを施設型の【LAND-CASINO(ランドカジノ)】以上に力注しているという事もあり、今後は更に飛躍的進化を求め、そして求められる様にしなければならないのではないでしょうか。




サーカス界のトップ・オブ・ザ・トップであるシルク・ドゥ・ソレイユがコロナ倒産で身売りという結果に...

世界中が新型コロナウィルスに翻弄される中で、エンターテインメントという形態上、観客動員による興行収入がすべての【Cirque-du-Soleil(シルク・ドゥ・ソレイユ)】の運営動向が注目されていました。





Cirque-du-Soleil(シルク・ドゥ・ソレイユ)】は事業拡大によるツケで2012年頃から財政難が始まり、リストラやトラブルが続く中で運営が続けられていましたが、トドメのコロナ騒動により今後の興業再開目途が立たず、存続自体が危ぶまれていた世界的サーカス集団の【Cirque-du-Soleil(シルク・ドゥ・ソレイユ)】が破産による身売りを決意。

2020-4-9.png

身売り先は、皮肉にもコロナウィルス発祥である国の会社...





2020年3月に解雇された4700人以上もの従業員の心中や如何に...といったところでもありますが、純粋な【Cirque-du-Soleil(シルク・ドゥ・ソレイユ)】ファンの落胆はとても大きなものでしょう。





この身売りによって更に劇団員3480人が解雇、そして負債を含む全資産が引き受けられ、事業再生に必要な費用として日本円で320億円程度が投入される形で動き出す模様ですが、周囲の誰もがモヤモヤとした心中ではないでしょうか。




世界の子供から大人まで魅了するディズニーランド・リゾートが10万人以上の従業員へ給料支払いを停止する事 態へ!

世界中の子供から大人まで魅了するディズニー映画から生まれたディズニーランド。





この【Disney-land(ディズニーランド)】は世界中に展開されており、エンターテインメントそのものと考えられている存在。

2020-4-26.png

先の記事でも新型コロナ・ウィルスの蔓延によって【Cirque-du-Soleil(シルク・ドゥ・ソレイユ)】が壊滅的な被害を受けている事をお伝えしましたが、同様の理由にてアメリカのディズニーランド・リゾートがアメリカ国内10万人以上の従業員に対して給料支払いを停止する様です。





従業員と一口に言っても様々な雇用形態があると思われますが、新型コロナ・ウィルスによる緊急事態閉園状況下によって収益が得られない中で、約半数を数える10万人程度の給料支払いを停止する事で毎月5億ドルを節約できると言う試算。





ディズニー・リゾートでは、無給休暇に置かれた従業員に対して医療給付を全額提供する提案と共に、アメリカ政府に対して給付を申請する様に促しているとの事ですが、航空業界やレジャー産業が満遍なく大打撃を受けている背景があり、企業経済への不安だけでなく、各家庭への負担も大きな問題となっています。





日本同様に終息を願うばかりです。




エンターテインメントの代表格であるシルク・ドゥ・ソレイユが従業員・契約パフォーマーを全解雇の上、この まま破産?

日本ではシルク・ド・ソレイユと言う発音で有名なミュージカル劇団【Cirque-du-Soleil(シルク・ドゥ・ソレイユ)】ですが、世界的にコロナ・ウィルス蔓延に全従業員と契約パフォーマーを解雇という処置を執りました。





サーカス劇団だった【Cirque-du-Soleil(シルク・ドゥ・ソレイユ)】はミュージカルと組み合わせることによって世界的なエンターテインメントの代表格として【Las-Vegas(ラスヴェガス)】の【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】で公演を繰り返し、常にエンターテインメントの先端を牽引してきたと言っても過言ではないでしょう。

2020-4-9.png

常に大人気で業界を牽引する世界のエンターテインメントの会社でも、暫く興業ができないとなるとカリオストロの城が崩れる様になってしまう...実に残念な出来事です。





業界のトップを歩き続けると言う事は、それだけ設備投資や卓越した技を持つパフォーマーらと契約をしないとならない訳で、いつの時代も超一流は常に...自転車操業なのかも知れませんね。。。





大きくすれば大きくする程リスクは上がる訳ですが、お金が回らなければ負債も蓄積されるので、膨らみゆく負債を食い止める為の最善と言わざるを得ないでしょう。





日々体力や技を維持向上させる為に錬磨するパフォーマーらの心中も察するところですが、何とか破産の道を免れてまたエンターテインメントの風を吹かせてほしいものです。




【BITCOIN(ビットコイン)】販売代理の(株)ビットマスターが破産するも、その破産理由がトンチンカンで 草ww

最近は【BITCOIN(ビットコイン)】どころか暗号通貨(仮想通貨)自体の話題が無くなっていましたが、【BITCOIN(ビットコイン)】販売代理を行っていた(株)ビットマスターが破産申請をしたそうです。





しかしながら、その破産理由が笑えますww

2019-11-27(1).png

その破産理由として公開されているのが、『ビットコイン相場が上昇したことにより、会員から預かったものと同数のビットコインの調達が困難となった...』という言い分です。





一般的にどの様な投資でも相場が下落して破綻なのですが、相場が上昇して破綻となると、そもそも顧客から入った注文分の【BITCOIN(ビットコイン)】を購入していなかったからという様にしか受け止められませんww





債権者は2万2,369人に対して負債総額は109億4,400万円...資本金は2,000万円だから破産すれば2,000万円以上の賠償は必要無いってか?ww





BITCOIN(ビットコイン)】で取引された儲けの行方ばかりを強化するのではなく、より規制を厳しくしなければならないのは取扱業者ではないでしょうか。




世界中が大注目したWBSSバンタム級-世界最強トーナメント勝者は井上尚也選手!お互いが鏡を相手に闘うがの 如く僅かに傾く攻防の繰り返しで勝利を掴んだのは井上尚也選手だった...

ボクシングファンならずとも世界中が注目していた【World Boxing Super Series(ワールドボクシング・スーパーシリーズWBSS】バンタム級-世界最強トーナメントの結果は井上尚也選手の判定勝利として終えました。





ボクシングファンではない方が観ると井上尚也選手による派手なKO勝利では無かった事でガッカリしている様ですが、ある意味とんでもないレベルの高い試合でしたねww





Nonito-Donaire(ノニト・ドネア)】選手はフィリピンの閃光という異名を持っている5階級を制覇したツワモノというだけでは無く、井上尚也選手が憧れ、お手本としてきた選手でもあり、井上選手が最も強敵と感じる相手として知れ渡っていました。

2019-11-7.png

時に【Nonito-Donaire(ノニト・ドネア)】選手は試合時36歳、井上尚也選手26歳...試合時と試合後に見る感想はやはり...【Nonito-Donaire(ノニト・ドネア)】選手がもっと若かったら勝っていたかも...という考え方も浮かび上がりますが、キャリアとテクニックで今日がある【Nonito-Donaire(ノニト・ドネア)】選手と、伸びしろが高くまだ天井が見えていない井上尚也選手...という事を考えると、やはり今回の勝敗は実力と考えるべきかも...





井上尚也選手のパキパキの身体と【Nonito-Donaire(ノニト・ドネア)】選手の身体を比べると、【Nonito-Donaire(ノニト・ドネア)】選手の身体は土建屋のおっさんそのものwwでしたが、一晩であんなだらしない身体にまで回復できる特異体質が【Nonito-Donaire(ノニト・ドネア)】選手の強みで、脱水症状ぎみの井上尚也選手は脚が痙攣寸前だったのか、本来の力強いパンチを繰り出す本来の動きでは無い様に感じられました。





食材殺しの異名を持つ奥方を持つことで有名な長谷川穂積-元チャンピオンも一晩で絞り込む前の身体に戻せる強みを備えていましたが、ほぼ添加物でできているファミレスの食事で戻すというだけあって、食材殺し繋がりで相性が良かったのかも知れませんねww





井上尚也選手VS【Nonito-Donaire(ノニト・ドネア)】選手-戦の息が詰まる様な攻防の原因は、やはりお互いのテクニックが凄すぎて、得意とするカウンター合戦では序盤戦で【Nonito-Donaire(ノニト・ドネア)】にやや傾き、鏡の自分と戦っているかの如くお互いが1gの分銅でも傾きそうな状態から勝ちを拾った井上尚也選手は流石というべき...





自身初の瞼のカットによって幾度となく流血する様のジャッジ心象故に、あのレバーに決まったボディ一撃でのダウンが無ければ判定勝利としては難しかったものの、瞼にカットによって終始相手が二重に見えたりぼやけたりを繰り返す状況下であの攻防をしのいだという事は、結論としてやはり井上尚也選手の勝利は間違っていないと言える。





Nonito-Donaire(ノニト・ドネア)】選手は試合後に『もう一度やりたい、もう一度やったら勝てる!』と発言している様ですが、もう一度やったら間違いなくもっと早いラウンドで井上尚也選手に敗北する事でしょう...





それは井上尚也選手がアマチュア時代から、苦戦したり敗北したいした場合、次戦では必ず対策してきたり、自分の弱点を克服してきているからで、そもそも本来ならば今回の試合、【Nonito-Donaire(ノニト・ドネア)】選手はKO負けしている。





顔を歪め、背中を見せて逃げ回った段階でダウンのカウントを取られているのが当然で、更にカウントが10をカウントされる瞬間にスゴイ勢いで立たれてもwwこれまでのどんな試合でもノックアウト負けの扱いです。





また、一人だけ1ポイント差というジャッジに加え、ダウンの際のレフリーの在り方からしてレフリーは間違いなく【Nonito-Donaire(ノニト・ドネア)】選手側で、そんな中で勝利を掴んだ井上尚也選手の勝利は見た目のみで語れる程に偶然の勝利では無かった筈。





そんな事にも文句を言わず『KOできなかったんだから仕方が無い、偉大なチャンピオンとやることに意義がある...』と考えるタイプの井上尚也選手で、イキがらない、オラつかないチャンピオンだからこそ世界から賞賛され、真のチャンピオンとして人気があるのだとも感じます。

2018-10-16.png

今回【CASINO-GAME(カジノゲーム)】側から覧る【SPORTS-BOOK(スポーツブック)のオッズでは、井上尚也選手が1.1倍、【Nonito-Donaire(ノニト・ドネア)】選手が4~5倍配当だった事から【Nonito-Donaire(ノニト・ドネア)】選手が不満に思っていたそうですが、次に再戦するとしたら...どの様なオッズになるでしょうか。






いよいよWBSSバンタム級決勝戦!井上尚也選手vsノニト・ドネア選手による世界一のバンタム級王者決定の瞬間 を世界が目撃者に!

世界中に犇めく全階級のプロボクサーさえも注目するWBSSバンタム級王者決定戦ですが、それは世界から怪物と呼ばれる井上尚也選手がいるから。





ヘビー級の選手でさえも体重当たりのパンチ力はヘビー級以上の破壊力と言わしめるそのパンチは、防御のテクニックが直接攻撃へ繋がる故に渾身の力を以て打てるからだと言われており、また相手のテクニックによる防御や攻撃テクニックを数ラウンドで攻略する観察力と対応力に長けていると評価されている井上尚也選手。

2019-11-7.png

最強じゃねーかwwって話ですが、本当にこの【World Boxing Super Series(ワールドボクシング・スーパーシリーズ、WBSS)】はボクシングファンでなくとも興味がある試合です。





どんな勝ち方をしてくれるか、どんな凄さを見せてくれるのか?そんな事ばかりが前回の【Emmanuel-Rodriguez(エマヌエル・ロドリゲス)】戦を後に頭の中で期待が膨らむばかり!





普段は録画して早送り再生で流し観し、最後の部分だけを観て消しちゃう方も、録画しながら実際に観て、また録画した試合の模様を観ちゃうのではないでしょうか?

2018-10-16.png

CASINO(カジノ)】界でも大きな注目を浴びている試合で、ブックメーカーでも井上尚也選手の勝利に対しての配当が低金利定期の様に低すぎて、それはそれで大騒ぎww




★★★◆ブログ案内◆★★★
CASINO-6-8-(2).png 子供のんだ経験と、単純ルールながらも白熱したおもしろさ記憶があってか、【CASINO-GAME(カジノゲーム)】をにすると、ニンマリしてしまいます。
CASINO-6-8-(1).png
こどものにはトランプテレビゲームんでいましたが、インターネットオンラインカジノで知った、本物のお金を賭けてプレイする(`・_・´)ン-【Black-Jack(ブラックジャック)】や、Roulette(ルーレット)めとする、日本からでもインターネットを介して合法べるBROWSING-CASINO-GAME(ブラウジング・カジノゲーム)を見つけてしまいました。( ̄∇ ̄*)フフフ
CASINO-6-8-(3).png
私が安心してプレイできるのも、24時間体制日本語サポートがあるからですが、とても親切対応安心できる管理体制にとても信頼を寄せています。
2016-4-11(1).jpg
やはり政府発行したライセンスを持っているインターネットオンライン仮想カジノサービス安心感うと感じます。
2016-4-11(3).jpg
2016-4-11(5).jpg
諸外国ではセレブびととして知られるCASINO-GAME(カジノ・ゲーム)しさはエレガントびであるものの、とても刺激的びとして知られていますので、VIPセレブが好むびを始めることはVIPセレブへの第一歩と言えるでしょう。
2016-4-11(2).jpg
この【世界のカジノ情報やカジノの仕組みが解るニュースサイト!】で紹介しているインターネットオンラインカジノやサイトは、すべて私自身が登録している安心できるインターネットオンラインカジノサイトだったり、プレイテクニックを参考にしているサイトですから、みなさんも日本に居ながらCASINO-GAME(カジノゲーム)しむだけでなく、高額賞金っちゃってください(*^∇゜)
2016-4-11(6).jpg
さんがげてせになれば、私も同じ様にしいです(/_・)
  2016-4-11(4).jpg
また、日本のカジノ誘致する情報や、世界のカジノ情報もおしますので、合わせて参考にしてください。^^
記事カテゴリ
更新カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
2551位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
173位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR