【CASINO(カジノ)】の代名詞である【Las-Vegas(ラスベガス)】という街ができたキッカケって何なの?【Las-Vegas(ラスベガス)】に【CASINO(カジノ)】街を作り、法律によって合法なギャンブルであることにしたことで世界恐慌から立ち直ったアメリカ!



宝くじ競馬競輪競艇パチンコパチスロといったギャンブルに囲まれたギャンブル大国の日本でありながら、賭け事罪悪という印象から常にれられない私達日本人の目からて、【CASINO(カジノ)】と言えば、Las-Vegas(ラスベガス)という連想【CASINO(カジノ)】代名詞ではないでしょうか。





Las-Vegas(ラスベガス)が砂漠の中にあることは多くの方が知っていることですが、つい170年前本当に何もない荒れ地だったそうな。。。





19世紀後半アメリカではゴールドラッシュと呼ばれる、一攫千金見る最中でした。

goldcoin.jpg

そのゴールドラッシュ見る者達がの途中で立ち寄る場所がLas-Vegas(ラスベガス)だったのですが、何もやることがないので飲んだくれながらカードゲームネタにわずかなお金を賭けてつぶしをしていたことが始まりのようです。

on1.jpg

アメリカでもギャンブル非合法だったのですが、国が非合法とすることでマフィアが介入して取り仕切る流れとなり、ギャングらが勢力めるなか、国の財政がしくななるいっぽう。





第一次世界大戦の後にこった世界恐慌によって悪化した景気改善するために、ギャンブル合法化することによって改善を成し遂げました。





その後はマフィア介入だけでなく、【CASINO(カジノ)】へ出入りすることも、Las-Vegas(ラスベガス)へ出入りすることもされなくなる様になったのです。





だから、さんがイメージしているギャンブルマフィアという部分は、を描いた映画のストーリーによって生まれたイメージだったんですね

スポンサーサイト

アメリカ・デトロイトの【CASINO(カジノ)】にある銀行ATMで実際に起こったおもしろ事件!~自分の預金残高とは裏腹に、無尽蔵に引き出せる事に気づいた男がとった行動と、その結末とは?!~

アメリカの自動車メーカーで有名なGMを定年退職したロナウド・ページという人物が引き起こした金融大暴れ事件の話です。





この男性がデトロイトにある【CASINO(カジノ)】のATMで現金を引き出そうとした際、自分の預金残高は数百ドル程度なのに拘わらず、何万ドル無尽蔵に引き出せてしまうことに気付いてはしゃぎ





ウルトラ・ラッキーということで、その【CASINO(カジノ)】を皮切りに、【CASINO(カジノ)】をハシゴして引き出したお金は、なんと150万ドル(【$1=100円】と仮定して1億5,000万円)





15日目銀行『なんじゃこれ?!ということで気付き、引き出されけてから15日後逮捕されたのですが、逮捕された時には全て使い切ってしまった後だったそう...。





CASINO(カジノ)】でけ果たしたようなのですが、どんな賭け方して負けたり、どんな豪遊したのかが気になるところ。





でも、の意識が働かず、ここまでできるのはある意味スゴイなぁって思います。





検察側はページ被告も悪いが、銀行にも責任があると判断しているそうです。





最初チョットってしまいましたが、よくよくえると、かにそうだ・・・と思いました。





銀行って、私達が操作ミスして損したり、トラブルっても補償はしてくれませんし、FX取引操作でも取り消してくれはしません。





なので、大切なお金を管理し、信頼セキュリティらなければならない銀行システムミスによって損害をしたとしても、それは銀行にも問題はあるという管理責任判断に私も賛成です。





に、【CASINO(カジノ)】の銀行と言ったら、世界最高峰セキュリティシステムでなければならない訳です。





結局CASINO(カジノ)】の銀行で盗んだ金で、【CASINO(カジノ)】でけて返済したということで、ギャグいオチでわった事に和んでしまいました。





日本のゲームソフトメーカー【KONAMI(コナミ)】が、アメリカ・ネバダ州・ラスベガスに海外向けのスロットマシーンをはじめとするカジノ施設向けゲーム機器の製造に力を入れ、新工場建設に着手!


あまり知られていないことではありますが、日本のゲームメーカーKONAMI(コナミ)はカジノに設置されているスロットマシーンや、カジノ施設用ゲーム機器の製造をしています。

ZC-shutterstock.jpg

その第一工場は既に、アメリカはネバダ州に属するラスベガスにあるのですが、各国のカジノ複合施設建設の流れや、日本のカジノ解禁に向けて、日本への逆輸入を見込んでのことかも知れません。






日本にはカジノ施設はありませんので、正式採用されているようなカジノ専用ゲーム機器等を目にすることはありませんが、ラスベガスのカジノ施設では既に人気があるようです。






日本企業の製品は精度や品質をはじめとする、様々なクオリティの高さがカジノ側に気に入られており、また顧客にも人気がある製品として確立されつつある中で、第一工場の隣に第二工場を新設を計り、現在の3倍程度の規模が予想されています。






この工場の完成は2015年が予定されており、工場が稼働すれば、これまでの生産能力の2倍を超えるものと予想されています。






現在ではアジア諸国にカジノ複合施設が建設されて話題になっていますが、やはりカジノと言えばラスベガスという印象は拭えませんので、ラスベガスブランドというイメージは偉大ですね。




アメリカのカジノ運営大手で知られる【ラスヴェガス・サンズ】のシェルドン・アデルソン会長が、日本でのカジノ運営に必要ならば1兆円の投資も惜しまない意向を語る。

日本のカジノ解禁も、2020年東京オリンピック誘致決定となったことにより、着々と現実的な動きを見せている訳ですが、アメリカのカジノ運営大手で知られるラスヴェガス・サンズシェルドン・アデルソン会長が、日本でのカジノ参入に必要ならば1兆円の投資も惜しまないという意向を語りました。





ラスヴェガス・サンズをご存じない方であっても、シンガポールの有名な建造物、ホテルの屋上に船が浮かんでいる様にデザインされている建物はご存じだと思われます。





あれはマリーナ・ベイ・サンズといって、ラスヴェガス・サンズが経営している総合リゾート・ホテルです。





マカオシンガポールと同様に、日本でのIR(カジノリゾート複合施設)が成功するとは断言できませんが、潤沢な資金とこれまでのノウハウを持ってすれば、これまで日本が抱えてきた問題であるホテル経営のあり方を見直すことができるやも知れません。





もちろん日本のホテルや旅館の考え方も良い部分もあるのですが、どうも新築から数年を過ぎると経営難が見え隠れする有り様が客に伝わってきますので、参考にできるところは活かしていただきたいところ。





シェルドン・アデルソン会長の考えでは、日本にカジノ施設を作るなら、これまでの参入したアジア諸国のなかで、最も話題性ある施設を築きたいらしいので、もしサンズが日本での運営権利を獲得した場合、シンガポールマカオまで行かなくても、アジアで最も凄い総合リゾート施設を体験できるかも知れません。




今、ラスヴェガスのカジノでビデオポーカーブーム到来!プロのポーカープレイヤーも驚くそのビデオポーカーマシンの正体とは?プレイヤーのブラフ(ハッタリ)に騙されて負けてくれるという、人間と対戦しているかの様な人工知能が搭載

ポーカー好きの多くは弱いハンドでブラフ(ハッタリ)をかまして、相手にゲームを降ろさせるというゲーム性を好むので、VSプレイヤーとのゲームを好みます。





対して、ビデオポーカーというマシンゲームが好きなプレイヤーというのは、ポーカーフェイスが苦手でブラフを上手く使えない方が好んだりします。





マシンゲームだとコンピュータが相手なので、コンピュータよりも強いハンドという状態でなければ勝つことはできないのですが、そんなビデオポーカーゲームに革命を起こした開発者れました。





その名はフレドリク・ダール氏。





フレドリク・ダール氏は、ノルウェー出身のエンジニア。





その彼が起こした革命とは、ビデオポーカーゲーム機に人工知能を組み込み、コンピュータ相手にブラフを使えてしまうという、まさにアメリカ人が喜びそうな機能。





しかも、この機能にはタイプの異なる人工知能を3つ備えていることが特徴で、ゲーム中にランダムでタイプが入れ替わる為に、プロのトーナメントプレイヤーでさえ夢中になってしまうと言う。





プロポーカープレイヤーいているのは、自分が今まで経験した事のない戦術をマシンが展開するで、とても勉強になることと、対プレイヤーとゲームしているかのように夢中になってしまうことにあるのだそうな。。。





慣れない間はちょっと戸惑うかも知れませんが、なかなか面白くハマッてしまいますので、ポーカー好きやポーカー入門者には試して貰いたいゲームです。^^

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




カジノ収益世界一を大きくマカオカジノに譲っているとはいえ、ラスヴェガスもアメリカのシェールガス及びシェールオイルによる好景気に押されて復活の兆し。

近年話題になっているシェールガスシェールオイルはご存じのことと思われますが、今アメリカはこのシェールガスの採掘ラッシュと、シェールオイルの採掘ラッシュ好景気に沸いています。





土地の持ち主現代のアメリカンドリームとも呼ばれるほどの億万長者ぶりですが、もちろん採掘する会社も、その現場作業員でも日本で会社を営む社長以上の高給優雅な生活を送っているそう。





そんな好景気に沸けば、ラスヴェガスが流行らない訳はないので、日に日にラスヴェガス活気づき急加速中だそうです。





カジノ収益世界一は大きくマカオカジノに譲って数年が経ちますが、ベガスファンなので、これを機に頑張って欲しいところです。





昔、アメリカで溶接工と言えば底辺の仕事とまで言われたらしいのですが、掘削したりする現場の工事では腕の良い溶接工が必要らしく、手が足りないとか・・・





アメリカでは、底辺=稼げないという公式が一般的だったので、溶接工になりたがる人もいないので減少する訳ですが、現在では腕の良い溶接工がどれだけ居ても足りないらしく、現在の溶接工に提示される年収14万ドル~15万ドルだとか。 (驚)





$1=100円と仮定して計算したとして、1,400万円~1,500万円というから、技術を持たない作業員でも高級車に乗っているらしい。 (笑)





いくらシェール層が豊富とはいえ、いつまでも続くとは思えませんが、長く経済の落ち込みが続いたアメリカにとって、雇用人材が足りないという悲鳴嬉しいことでしょう。





明るい話はやはり気持ちの良いものです。 ^^




カジノがエンターテインメントであることを実感するならば、やはり100年以上の歴史があるラスヴェガスの街で楽しむことが賢い選択と言える。

カジノと言ったらやはりラスヴェガスです。





近年はアジア新興国の盛り上がりによって影が薄くなっている様に思われていますが、ラスヴェガスラスヴェガスなりに盛り上がっています。





日本から近いと言うこともあり、カジノ遊びをするならマカオシンガポールへのカジノツアーを考えがちですが、エンターテインメントの本場はやはりラスヴェガスです。





近年はシェールオイルの採掘によってオイルマネーガスマネーが末端作業員にまで行き渡っている状況に於いて、やはりラスベガスは総合的な遊び場です。





金にモノを言わせてマナーもへったくれも無い客でひしめき合っているマカオよりも、混雑しすぎず、優雅な雰囲気で余裕を持った楽しみ方ができるというもの。





ラスヴェガスでは、高額な賭け金でプレイしない者は客ではないという考えが無いカジノが多く、庶民感覚ながらハイクラスな体験を楽しめる空間が基本。





もちろんその中で超高級なカジノホテルはあるものの、あの街全体がカジノ施設の集合体であるラスヴェガスでもその様な店は5店舗6店舗





そして、何よりもラスベガスが人気なのは、賭け事に興味の無い幼児や少年、若者が楽しめるアトラクションミュージカルといった、世界中の超一流ばかりを集めたショーを満喫できることにあります。





近郊アジア諸国のカジノが話題になっている今こそ、ラスヴェガスが最も楽しみやすいカジノ施設かも知れませんね。




エンターテインメントを求めてカジノ体験をする国を選ぶなら、6億人の来場者を記録した東京ディズニーランドと、映画アトラクションのUSJを生んだ国のラスベガスから体験するべき。

どの様な体験にもめてはあり、カジノ遊びもまた例外ではありません。





え賭け事が嫌いな方であってもしめるのがラスベガスと言えるでしょう。





誰もがという訳ではないにせよ、東京ディズニーランド訪れた経験がある方はとても多いことでしょう。





そして、そのもが感動したのではないでしょうか。





何てことのないアトラクションであっても、そこに感動がある仕掛け。





それがディズニーランドでした。





あの感動を知った多くの者がアメリカのディズニーランドへ行くことを熱望したことでしょう。





ラスベガスも同様で、カジノ=ラスヴェガス





ラスベガスアトラクションや世界中から集められた超一流のショーを楽しめるのは、やはりカジノ施設のお陰





カジノゲーム未体験の方は、何てことのないゲームの中にエンターテインメントが隠れていることを知らないことでしょう。





ただ、カジノゲームのルールも知らずにラスベガスへ言っても楽しめるものの、確実に楽しさの目減りは大きいので、日本に居ながら安全かつ合法で楽しめるインターネットオンラインカジノでゲームに慣れておくと良いでしょう。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




元オリンピック金メダリストのプロボクシング村田諒太選手が2度目となるラスベガス戦にて1ラウンド勝利! ロンドンオリンピック後にプロ転向したスーパーミドル級で11連勝を果たした村田選手は現在世界第4位!

ロンドンオリンピックのボクシングでは、トレーナーに師事することなく、自己トレーニングで金メダルを手にしたことで世界的にニュースとった村田諒太選手。




そんな村田諒太選手に世界一のプロモーターが白羽の矢を立てましたが、その後は世界一と言われる名トレーナーとのトレーニングで、プロ転向後のリングで11連勝を果たしました。





今回の舞台は2度目となるラスベガスでのノンタイトル戦。





ラスベガスで行われるボクシングショーと言えば、【MGM GRAND GARDEN ARENA(エムジーエム・グランド・ガーデン・アリーナ)】ですが、プロのリングで40戦以上のキャリアを持つ元WBC米大陸ミドル級王者である、ジョージ・タドニッパ(37歳)を、なんと1ランドでTKO。





1ラウンド目は様子見と思っていたという村田選手が放った右ストレートからの左ボディで早くもダウンを奪い、その再開後にコーナーに追い詰めた連打でレフリーストップにて勝利!





ミドル級という強者が最も揃った階級で、日本人が1ラウンド目からボディ一発でダウンを奪うことは極めて希な出来事なので、ラスベガスのスポーツブックも大荒れだったのではないでしょうか。




【Las-Vegas(ラスベガス)】で広がる駐車場有料化の流れの背景には、【CASINO(カジノ)】で遊ぶ事が目的 では無く、リゾート地として観光目的利用へシフトする利用客のニーズが運営会社の経営方針見直しをさせた様子。

アメリカのネバダ州にある【Las-Vegas(ラスベガス)】と言えば、砂漠のど真ん中にあるリゾート地。





以前は【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】利用者であれば駐車料金は無料で、利用者や【Las-Vegas(ラスベガス)】で働く地元民も昔からの習慣として当たり前の様に思って利用していた。

2017-4-20(1).png

ところが、この一年程で【Las Vegas Strip(ラスベガス・ストリップ)】地区のリゾートホテルで駐車場の有料が進み、常連客や地元民から不満が出ているとの事。





この【Las Vegas Strip(ラスベガス・ストリップ)】地区とは、通称で【Strip(ストリップ)】通りと呼ばれており、およそ6.8kmある道路の長さは【Las-Vegas(ラスベガス)】のメイン通り。





空港から直線で1.6kmという立地の良さで、有名な【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】はほとんどこの地域に集中しています。

2017-4-20.png

この立地の良さが特別感を与える事でひしめき合う様に【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】が建ち並んでいますが、これまで無料だった駐車場の有料化が進んでいる背景はいったいどういったものなのでしょうか。





それは、【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】に訪れる利用客の利用目的が大きく変わってきた事にある様です。





1990年代には【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】の収益は半数以上が【CASINO-FLOOR(カジノフロア)】をメインとするギャンブルによる収益だったものの、2000年以降その収益比率はどんどん下がり続け、2010年以降はギャンブルによる収益よりもリゾートとしてのホテル利用や、カジノ客を除いての観光収益の比率が大きく上回った事が原因。

CRAPS-game.jpg

【Las-Vegas(ラスベガス)】の収益と巨額の改装費や改築費を捻出する賭博収益が減少するとこういったところにまで収益の捻出を求めて改善化を図るのでしょうが、常連客へのサービスが悪くなるとその客はメイン通りから離れ、いつ来るか判らない観光客のみに頼らなくてはならなくなるのではないでしょうか。




やはりアメリカの賭事はユニーク!話題のメイウェザーVSマクレガーの勝敗に期待するファンの儲けどころを胴 元のブックメーカーがギャンブラーの心をくすぐる!どうして賭けの対象にジャスティン・ビーバーまで登場し てしまう?www

ボクシングをよく知らない方でもメイウェザーという名前を耳にしたことがあるのではないでしょうか。





メイウェザーは、以前にどちらが最強かという、最もファンが注目するであろうマニー・パッキャオと戦った男。

2017-8-23(1).png

そして、メイウェザーの逃げ切り戦法という、スカッとしない後味の悪い判定勝ちで終わった事も、私の中ではまだ記憶に新しい一戦...





この無敗プロボクシング5階級王者フロイド・メイウェザー・ジュニア(40歳)と、UFCという総合格闘技団体に於いて2階級王者であるコナー・マクレガー(29歳)との【異種格闘最強対決】が、いよいよ8月26日(日本時間27日)に【Las-Vegas(ラスベガス)】の【T-Mobile Arena(ティー・モービル・アリーナ)】で開催されます。(英語発音的に言うとモバイルに聞こえますので、どちらも間違いではない感じww)

2017-8-23(2).png

Las-Vegas(ラスベガス)】で行われるという事は、ブックメーカーと呼ばれるスポーツブックによる賭けの項目も、私達日本人には考えられない部分にまで賭けの対象とされています。





この一戦の勝敗を予想する最新オッズは、メイウェザーの勝利が1.25マクレガーの勝利が4、ドローは34と、圧倒的にメイウェザー有利ながら、こんなのは賭けとして普通感覚

2017-8-23(3).png
(このウィリアム・ヒルというブックメーカーは、ラスベガスカジノで行われているスポーツブックの胴元としてもテナント入りしている、イギリスの上場企業です。)


試合展開については、更に細かい賭けの対象とされる予想オッズも出されており、【判定勝利】【TKOもしくはKO】【ノックダウン】【決着ラウンド】【流血するか否か】【マクレガーがキックを出してしまう】【マクレガーが肘打ちをしてしまう】【どちらかの陣営がタオルを投入する】等にも双方の評判によるオッズがそれぞれ考慮されてギャンブルとしてもかなりの玄人向けですから、日本のギャンブラーとしても予想したくなってしまうのではないでしょうか。(スポーツブックの良いところは、賭けに参加した時点のオッズが適用され、日本の競馬の様に人気に応じてオッズが下げられないところなんです!)





でも、ココからはチョットえるんです





メイウェザーは、ジャスティン・ビーバーと親しくしていることをセレブリティファンの間では有名なので、【ジャスティン・ビーバーと共にリングに登場するか】という賭けの項目もあり、また【登場時にビーバーはメイウェザーのベルトを持つか】【登場時にビーバーはサングラスをかけているか】なんてのもあったり、【メイウェザーはTNTの帽子を被っているか】、【マクレガーは『億万長者の反り返った歩き方』で登場するか】なんて細かなリングイン時での予想項目も用意されています。www

2017-8-23(4).png
(なんと日本のサッカー予想までできてしまうwww)


にもベースボールとの比較を賭けにしていたり、フットボール競技での確率比較して賭けを予想していたりと、私達の文化では考えられない賭博が行われる模様www





日本にもカジノリゾート複合施設(IR)誕生すれば、このスポーツブックと言われる賭事提供するブックメーカーがこれまで以上に社会的認知される様になる訳ですが、現在でも日本に居ながら合法ブックメーカーでの賭けをしんでいるだけでなく、ビビンと来た賭けで賞金を手にした日本人の方もいるくらいです(宝くじよりもずっと確率高くて現実味があるよねwww)

2017-8-23(5).png




ガチガチの本命と言われるメイウェザーに、日本円にして1億3,000万円を賭けた客がいることを、大手スポーツ ブックの胴元であるブックメーカー【William-Hill(ウィリアム・ヒル)】が明かす!

世紀一戦話題になっている、無敗のプロボクシング5階級王者フロイド・メイウェザー・ジュニア(40歳)と、UFCという総合格闘技団体に於いて2階級王者であるコナー・マクレガー(29歳)の【異種格闘最強対決】が、8月26日(日本時間27日)に【Las-Vegas(ラスベガス)】の【T-Mobile Arena(ティー・モービル・アリーナ)】で開催される事は先日にも詳しくお話しました。





相変わらず両者の悪態舌戦が繰り広げられていますが、アメリカの興業は世間の話題を集めようとする手段として、こういった事がとても好きですね。

2017-8-23(2).png

当初はやらせから始まったとしても、途中から本気でり狂い、試合ではしみをぶつけ合う様になる事もしばしば。。。www





そんな世紀一戦のひとつである今回のメイウェザーVSマクレガー戦での賭けに参加したスポーツブックで、なんと本命としてガチガチのオッズであるメイウェザー120ドル(現在の為替レートで換算して約13,000万円を賭けたプレイヤーがいると、ブックメーカーの胴元として度々紹介している【William-Hill(ウィリアム・ヒル)がプレスに明かした事により話題になっています。





そのプレーヤーがメイウェザーに賭けた際のオッズは1.2だったみたいなので、もしメイウェザーが勝てば24ドル(約2,600万円の賞金を手にする計算です。

2017-8-23(3).png

競馬で言う、本命中の本命に賭けるというガチガチの賭枠なので、投資家の小遣い稼ぎといったところかも知れません。





投資家ともなると、確実1,000万円稼ぐビジネス投資なら簡単に1億円を投入しますので、そういった類いでしょうが、その辺りの感覚が無い一般観戦者傍観者には、とんでもないニュースでしょう

2017-8-23(1).png

【William-Hill(ウィリアム・ヒル)スポーツブック参加するのは、何も現地観戦しているアメリカンだけでなく、日本に居ながら合法で賭けに参加する事が可能なので、今後の参考としても知っておくと良いでしょう。




メイウェザーVSマクレガー戦はメイウェザーが10R-TKO勝利!多くの投資家らが巨額の資金を投入したメイウェ ザーへの投資は手堅く勝利金獲得で、納税滞納によって差押え寸前だったメイウェザー自身も一安心か...勝てば330億円、負けても110億円のファイトマネーに対して、観客が支払った対価は安かったとは言えない内容...

プロボクシングで5階級制覇し、49無敗で引退していた生きるレジェンドのフロイド・メイウェザー・ジュニア(40歳)は、UFCという総合格闘技団体に於いて2階級王者であるコナー・マクレガー(29歳)がSNSを通じて侮辱コメントしたキッカケで試合する流れになるも、メイウェザーも納税滞納によって差押えの危機に直面していたから好都合の様な今回の一戦。





試合前日まで繰り広げられた悪態舌戦世界中話題となり、チケットの売れ行きも振るわないながらも、カジノでは人気のゲームとなっているスポーツブックでは歴史に残る程の賭金が飛び交った世紀一戦でした。

2017-8-23(3).png

マクレガー勝利賭けた者が圧倒的に多かったものの、ボクシングルールなら間違いなくメイウェザーであると太鼓判が押されていただけあって、1.25という低い配当ながらも、投資家の一人がメイウェザー120万ドル(現在の為替レートで換算して約13,000万円賭けたというニュースも、よりこの勝負自体を盛り上げた感じ。





序盤はマクレガーが優勢と感じられる試合展開ながらも、中盤からメイウェザーが右ストレートを当て始め、9Rにはメイウェザーマクレガーを猛烈なラッシュで追い込み、10Rに入っても圧倒的なラッシュは緩まず、レフリーが試合をストップさせてメイウェザーTKO勝利に終わったという結果(賭枠のひとつとなっていた、入場の際、ジャスティン・ビーバーを引き連れてくるか?というお笑い予想は...登場しなかったですねwww)

2017-8-23(2).png

あれだけ悪態舌戦を繰り広げながらも、試合後は双方を讃え合うという、試合前の舌戦がプロレス感を漂わせたのは否めないところ。www(喧嘩だったら間違いなくマクレガーの勝ちであることは観ていた誰もが感じたでしょうが、勝ったら330億円の賞金、負けても110億円の賞金って...一般人には衝撃的な金額ですが、淡々としたビジネスファイトで観客が熱狂する試合には程遠く、残念でしたね...)





これでメイウェザー5050という記録を打ち立てて伝説の王者ロッキー・マルシアの記録を更新した訳で、メイウェザーはこれが最後の試合...と話していましたが、これまでに数百億円もの賞金を手にしていながら差押えの危機に陥っていたメイウェザー...また何らかの形で試合をする運びになると予想しているのは私だけではないはず...

BOOK-M-WHL.jpg

むしろ、また金策に困って復帰するという賭枠を用意して欲しいですよねwww




★★★◆ブログ~案内~◆★★★
CASINO-6-8-(2).png 子供のんだ経験と、単純ルールながらも白熱したおもしろさ記憶があってか、【CASINO-GAME(カジノゲーム)】をにすると、ニンマリしてしまいます。
CASINO-6-8-(1).png
こどものにはトランプテレビゲームんでいましたが、インターネットオンラインカジノで知った、本物のお金を賭けてプレイする(`・_・´)ン-【Black-Jack(ブラックジャック)】や、Roulette(ルーレット)めとする、日本からでもインターネットを介して合法べるBROWSING-CASINO-GAME(ブラウジング・カジノゲーム)を見つけてしまいました。( ̄∇ ̄*)フフフ
CASINO-6-8-(3).png
私が安心してプレイできるのも、24時間体制日本語サポートがあるからですが、とても親切対応安心できる管理体制にとても信頼を寄せています。
2016-4-11(1).jpg
やはり政府発行したライセンスを持っているインターネットオンライン仮想カジノサービス安心感うと感じます。
2016-4-11(3).jpg
2016-4-11(5).jpg
諸外国ではセレブびととして知られるCASINO-GAME(カジノ・ゲーム)しさはエレガントびであるものの、とても刺激的びとして知られていますので、VIPセレブが好むびを始めることはVIPセレブへの第一歩と言えるでしょう。
2016-4-11(2).jpg
この【世界のカジノ情報やカジノの仕組みが解るニュースサイト!】で紹介しているインターネットオンラインカジノやサイトは、すべて私自身が登録している安心できるインターネットオンラインカジノサイトだったり、プレイテクニックを参考にしているサイトですから、みなさんも日本に居ながらCASINO-GAME(カジノゲーム)しむだけでなく、高額賞金っちゃってください(*^∇゜)
2016-4-11(6).jpg
さんがげてせになれば、私も同じ様にしいです(/_・)
  2016-4-11(4).jpg
また、日本のカジノ誘致する情報や、世界のカジノ情報もおしますので、合わせて参考にしてください。^^
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
63位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR