【SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)】の存在を世界中に広めた【Facebook(フェイスブック)】が、イギリスでビンゴゲームのインターネットギャンブルを始めました!

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)】の存在を世界中に広めた【Facebook(フェイスブック)】が加入者を対象に、イギリスの賭博企業と提携してビンゴゲームのギャンブルサービスを開始しました。





これはイギリス国内のみに該当する話です。





ただ、私にとってはこのニュース、少々驚きでした。





Facebook(フェイスブック)】って、もっと堅いイメージがあったので・・・





ただ【Facebook(フェイスブック)】の路線から離れた感があると感じたのは私だけではないはずですし、大きくなりすぎた会社で、頭打ち状態の経営にやむを得ず・・・という感想も多く出るやも知れませんね。




スポンサーサイト

千葉県成田市がカジノ誘致の為の独自調査を開始!~カジノ誘致の邪魔をしているのは、やはりイメージの悪さを植え付けたパチンコに全てが集約されていると言っても過言では無い。

IR(カジノ複合施設)建設には考えられない程消極的だった成田市の小泉一成市長が今月の8月21日、県とは関係なく成田市独自で調査に着手考えを明らかにしました。





市長の発言では、『現時点で違法のカジノ誘致を言いづらいが・・・』と発言しているようですが、この考えの切り替わり様を見るだけで、その内必ずカジノはできる!と言うことを公言しているに等しいのではないでしょうか。





これは私の思うところですが、どうせできるんなら成田市に誘致したい!いや、誘致しなければ市の財源確保を見す見す逃すことになる!と考えてのことだと想像しています。





経済波及効果問題をよく取り上げますが、そんなことは諸外国を見れば判ることで、今さら考える部分でもないのでは?とも感じます。(これを邪魔しているのはパチンコ産業と、政治資金をパチンコ産業に頼っているパチンコ議員であるのは明らかなので闇は深い...)





個人的には、セキュリティを厳重化することで、暴力団関係者や、犯罪歴がある者は入場できないチェックシステムであったり、生活保護を受けている者や、自己破産歴のある者の入場は制限される等の部分を省いてはならないと考えます。





この辺りの意見は大きく別れるかと思われますが、パチンコ店や地方競馬の客層の劣悪度合いを見れば判ることで、周囲には消費者金融が建ち並び、銀行やATMまで便乗してギャンブル破産を促進させています。





これらを改善するには、入場制限するしかありません。





この入場制限することが、カジノの格を損なうこともなく、一人一人がマナーを気遣う客層を誘致させることだと思います。





例えば、違う視点から視てみましょう。





10年以上前、D&G(ドルチェ・アンド・ガッバーナ=ドルガバ)が30代~40代の間でとても流行ました。





そしてその後、10代・20代の世代が背伸びをしてステイタスを求め、大人気となりました。





でも、それ以前に購入していた30代、40代の世代は買わなくなってしまったのです。





それはD&Gはガキの着る物というふうに位置づけられてしまったことと、子供が買える服ということでブランド価値が大きく損なわれたからと言われています。





これはどのような分野にでも言えることだと思いますが、カジノが印象の悪い賭博場の印象を与えているのは、間違いなくパチンコ店(パチンコは非合法)や競馬場、競艇場といった認可された賭博なのに厳しく管理されていない現状にあると言えます。





イメージはとても大切なので、敷居が高く、入れるだけでステイタスを感じる様な場所作りを考えることが大切なのではないでしょうか。




人口54万人のマカオに於いて、マカオカジノでの労働者は5万人以上にも上るという雇用状況!

カジノがひしめき合う様に立ち並んでいる香港のマカオ





そのマカオ内のカジノ施設で働いている人の数が5万人を超えたそうです。(約53000人)





人口54万人のマカオで5万人もの人々がカジノでの雇用を受けているということは、10人に1人はカジノで働いているという計算です。





カジノディーラーだけでも2万3000人以上存在するという考えられない数字ですが、事務員だけで数えても、およそ4万人というから一大産業的な規模。





性別に関しては、ほぼ半々に近い数字なのですが、女性のほうが2000人程度上回っており、女性の働く場所が拡大しているようです。





カジノでの雇用枠は誰でも入り込めるという訳ではありませんが、現代では日本でも就職難なので、日本にカジノができたら色々なことが変化するのではないでしょうか。




千葉県成田市が、IR(カジノ複合施設)誘致に向けた独自調査を開始後、推進協議会が成田市に対して要望書を提出!パチンコの様な表向きは合法イメージを植え付けた非合法賭博を全国に展開させながら、カジノを非合法としているのは矛盾以外の何物でも無い...

日本のIR(カジノ複合施設建設)に向けて、千葉県成田市の小泉一成市長が、県とは関係なくカジノ誘致の為の調査を独自で進める方針を明らかにしたというニュースを以前にお話しましたが、その件に対してカジノ誘致を目指す経済関係団体などで構成する【IR(カジノ複合施設)誘致推進協議会(会長・諸岡孝昭成田商工会議所会頭)】が成田市市役所を訪問し、独自に調査を行う意向を発表していた小泉一成市長に対して調査・研究を求める要望書を提出しました。





この要望書では、カジノ誘致の為に市が部署横断型のプロジェクトチームを立ち上げることや、関連法令の成立に向けて国へ働きかけることを求める旨や、市議会の宇都宮高明議長にも議会に特別委員会を設置することを要請しました。





この要望書に対して、小泉一成市長は『市としても、市民の意向を調べる必要性は感じている・・・違法なので、行政が『やる!』と言うのは苦しい』とも発言したようです。





う~ん・・・こういう状況を表現するとしたら、矛盾と闘う板ばさみとでも申しあげましょうか。





日本はこれだけの賭博大国であるにも拘わらず、なぜカジノにだけに悪視し続け、表向きは合法のイメージを植え付けている非合法賭博のパチンコ産業には寛大なのかが理解できませんが、やはりこの悪いイメージはパチンコ店のイメージが大きいでしょう。





カジノの様に入場制限を設ければ、パチンコ店にありがちな問題も解決できるでしょうし、何といっても諸外国の経済効果を視れば一目瞭然です。





大凡どこの国でも、カジノ建設によって財源に苦しんでいた国が数年で生まれ変わるほど潤うという状況ですが、日本特有の賭博という運営方法や管理体制に問題があることは間違いありません。





なぜパチンコ業界だけで年間20兆円以上もの売り上げがありながら国が潤わないのか?どこの地域にも溢れながら市町村が潤わないのか?が疑問です。





やはりお金の管理体制が緩く、お金の流れが明確にできない賭博業界に変わって、管理体制の厳しいカジノに切り替えるべきではないでしょうか。




マイアミのカジノで巨大水槽が破損し、店内は水浸しで休業へ。

ランドカジノと言えば、視覚もエンターテインメントであることから、目に入る物には全てお金をかけていますが、マイアミのカジノで巨大水槽のガラスが大砲の様な音とともにヒビが入ったと思ったら、おそろしい勢いで水が漏れ出したとか。





巨大な円柱型水槽は誰もがアクリル性と思っていたみたいですが、ガラス製だったのですね。。。





ガラスの場合、建物の振動といった歪みやたわみで人的な力を加えなくても突然割れることがあるくらいですから、常に何トンもの水圧が掛かったの圧力をガラスが受け続けるので危険です。





こういった場合にはアクリル板を用いるのが好ましいのですが、アクリルは向こう側が歪んで見えたり、指でなぞるだけでも薄い傷が入りますし、タオルで拭けばタオルの繊維傷が簡単に入りますから、美観性から判断すして厚みのあるガラスを選択したのかも知れませんね。





水槽の中を泳いでいた100匹以上の魚たちも無事に救出されたそうですが、高価なカーペットや一部のスロットマシーンは交換しなければならないということで、数日の休業は避けられない様子。





この休業には相当なダメージを被るようで、カジノマネージャーも今後は水槽は置くことはないだろう・・・と言っているそうです。




カジノ運営会社の大手、ラスベガス・サンズが、スペインのマドリードに巨大カジノ施設を建設すると発表!

ランドカジノ(店舗型)と言えばラスベガスをイメージしますが、カジノ運営会社の大手ラスベガス・サンズ社が、スペインの首都であるマドリードに巨大カジノ施設を建設すると発表しました。





しかも、その建設費用は日本円にして1兆8000億円という、小国の国家予算を超える程の巨額資金を投入して行われます。





このカジノ施設は、リゾート施設やホテル施設を含めて行われます。





予定では、カジノ施設が6店舗、ゴルフコース3箇所、3万6000室を備えたホテルを12店舗という広大な土地を要する計画で、これらは10年がかりで行われるらしいです。





なんとも規模の大きな計画ですね。





現在ではどこの国でも深刻な経済危機により、失業率が高いことから、実際にカジノ施設が建設されれば25万人の雇用が見込めるそうです。





25万人もの人がカジノで働くってスゴイことですが、25万人の枠に入れない方というのは、やはりカジノという厳格な取扱いが多い場所での雇用には向かないということでしょう。





一般的に不景気にカジノを作ってもどうなのか?という意見もありますが、観光客や富裕層はどこの国でもいるので、優れたリゾートだったら必ず集まります。





ただ、諸外国の場合、景気が悪いと盗む、奪う、暴れるということを起こしやすいので、観光客の安全も考えてあげないと観光客は集まらなくなりますから、スペインの治安政策にも課題が残るところです。




アメリカのカジノ運営会社が日本に進出したがっているので、カジノ誘致を加速して欲しい!

日本ではパチンコという表向きは合法賭博装った非合法賭博を容認しているにも拘わらず、世界が認めるエンターテインメントであるカジノ誘致を違法として扱っているのが解せない私ですが、皆さんはいかがお考えでしょうか。





そんななかで、アメリカのカジノ運営会社の経営者として知られるアデルソンという人物が、日本進出を宣言しました。





やはり、アメリカのカジノ産業から見ると、日本は賭博大国なのに何故カジノはダメなのか?と感じるようです。





カジノはエンターテインメントなので、複合施設ともなれば観光名所にもなりますから、雇用という観点だけではなく、国の収入源にもなりますからね・・・。





でも、日本にカジノができたとして、果たして日本人客が集まるか?という疑問がありますが、カジノはやはり外国人の利用がメインだと思います。





諸外国のカジノ好きな人って、遠くの国のカジノへ行ってエンジョイします。





ギャンブル好きっていうことを公に知られたくないという方がほとんどですから、日本人のような人の目を気にする民族の場合は、よほどの売名目的でない限り、諸外国の方々と同様に外国でのプレイが中心になるのは間違いなさそうです。




アメリカのカジノ運営会社の中でも大手の1社として挙げられるカエサールズがインドに進出計画!

カエサールズと言えば、ローマ帝国のガイウス・ユリウス・カエサルカエサルからネーミングした会社であることはすぐに判りますが、カジノ界では世界最大規模の運営会社と知られ、カジノとその周辺施設を含めた総売上は90億ドルと言われています。





90億ドルと言ったら、現在の為替レートで日本円にして7050.52879億円、100円レートだったら軽く1兆数千億円にのぼる金額なので、1つの会社だけが売り上げる金額としてはスゴイ金額です。





とはいえ、豪華絢爛な建物の維持費や、レベルの高い従業員の雇用費用も相当な金額でしょうから、実際の利益ではありませんので、純利益に興味が向くところ。





現在のインドの状況では、ほとんどの地域で外国資本の賭博事業への直接投資を禁止していますが、一部の地域でのみインド人が経営する企業であれば、カジノを運営しても良いということになっているようです。





カエサールズがインド進出を明確にしたということは、もう問題となる政治的な部分は解決していると考えて良いのかも知れませんね。





まあ、それなりにきな臭いニオイはしないでもありませんが、アメリカの企業は利益追求やコスト問題にシビアで、その国の民族性も大切にして毛並みを逆なでしないように進めて行くので、個人的にはこの進出は成功するであろうと思われます。




アメリカのソーシャルゲームを運営する【Zyaga(ジンガ)】がインターネットオンラインカジノを始める意向。基本を無料ゲームとして、プラス課金制を用いたカジノゲームアプリを提供している会社が直接賭け事を仕切る胴元になることを決意!

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)】は日本でもmixiFaceBookの知名度で知られていますが、アメリカにはこのSNSを通じて遊ぶシステムを用いて交流サイト内でのゲームを提供している【Zyaga(ジンガ)】という会社があります。





そのる【Zyaga(ジンガ)】がジブラルタル政府発行のカジノライセンスを取得して、インターネットオンラインカジノに進出する様子。





進出の背景には、下火となった運営状態と、膨れあがる研究開発費用からの脱却という目論見があるようですが、基本は無料ゲームのシステムにプラスした課金制のアプリゲームに加えて、直接賭け事を仕切る胴元になることを決意した【Zyaga(ジンガ)】はより努力とアイデアを出してゆかねばならないでしょう。




イギリスの巨大企業としてヨーロッパを始めとするカジノ業界でスポーツベッティングのブックメーカーとして有名な【William-Hill(ウィリアム・ヒル)】の売り上げが上半期に急上昇!世間の関心事や話題性のある事なら何でも賭けの対象にしてしまうブックメーカーはカジノ遊びの一つであるレース&スポーツブックと同様のシステムの範囲を大きくした総合ギャンブル!

以前にも取り上げたことがあるイギリスの巨大企業としてヨーロッパを始めとするカジノ業界では有名な【William-Hill(ウィリアムヒル)】の上半期の売り上げがとても良かったようです。





まあ、オリンピックもあったし、パラリンピックもあったし、アメリカ大統領選もあったことだし・・・と考えてしまうのは私だけではありませんが、【William-Hill(ウィリアムヒル)】側に言わせると、それらが要因ではないと言います。





では、何が原因なんだって話ですが、その要因とやらは発表されていません。w





やはり、【William-Hill(ウィリアムヒル)】はスポーツベッティングを取り仕切るブックメーカーのひとつではあるものの、知名度世界的に広まったことによって利用者が増えたからだ・・・ということを言いたかったのではないでしょうか。





日本は世界的に覧てもトップランクに入る賭博大国でありながら、ギャンブルをとても悪視する傾向が強いですが、合法でスポーツ賭博をできるという【William-Hill(ウィリアムヒル)】は、日本に居ながら賭けに参加できる合法賭博の胴元なので、もうすぐ開催される【WBC(ワールドベースボールクラッシック)】の勝敗の賭けにも参加することが可能です。

>>>William-Hill(ウィリアムヒル)】の公式ページ


>>>William-Hill(ウィリアムヒル)】ってこんなの  William-Hill(ウィリアムヒル)】を解りやすく解説した紹介ページ




Bodog88の社長がベトナムの市場に目を付けて、スポーツベッティング(スポーツ賭博の事)とカジノを展開!

Bodog88の社長であるロバート・グスタフソンは、経済成長期にあるベトナム市場に目を付けて、スポーツベッティング(スポーツ賭博)とカジノの展開を開始しました。





インターネットオンラインポーカーは年末までに開始する予定らしく、アジアを中心としたプレイヤーをターゲットにしている様です。





Bodog88という会社が優良企業であるという情報は私の耳に入ってこないというか、情報はダークっぽいので皆さんにお勧めしている訳ではありませんが、こういうカジノ参入情報をキャッチすると、『日本はどんどん遅れていくなぁ~(;¬_¬)』と考えてしまいます。





カジノゲームにしろ、スポーツベッティングにしろ、インターネットオンラインカジノの普及で日本でもかなりポピュラーになることは必定ですが、ランドカジノ(店舗型のカジノ)の登場までは道のりが長そうです。




秋田県でカジノ複合施設(IR)誘致による地域活性化のシンポジウムが開催されるも、障害となる案件は数知れず。

秋田県の商工会議所がカジノ複合施設(IR)誘致による地域活性化のシンポジウムを開きました。





このシンポジウムでは、少子高齢化が進む日本の中で、更に深刻な過疎化に向かう地域秋田県の地域活性化や雇用を生むと同時に、財政源の可能性について議論されたようです。





小国で資源の無いシンガポールのカジノ建設による成功例等を踏まえて、観光振興分野で国際的な遅れをとっている日本の現状や、カジノ建設と言っても、施設内の占有パーセンテージの低さを押し出した説得体勢のシンポジウム。





この段階で何となく判ることは、意識の低さを感じると同時に、温度差がありすぎる感が否めないということです。





だいたい何処の地域でも、こういったシンポジウムに集まる面子は・・・出来ない理由ばかりを並べ立てて前に進ませない様にする勢力と、利権がらみで儲けを企もうとする勢力がほとんどを占めることから、開催された事実作り感が否めません。





もしもすぐに進展するならば、予め裏で進行していたということなので、どちらに転ぶかがその証明となるところですが、どちらにしろ開催されないよりはされたほうがカジノ建設賛成派の私達にはめでたいことです。





よくギャンブルに依存することを懸念した意見が取り挙げられますが、ではパチンコや競馬、競艇、オートレース、競輪はどうなんだ?ということで、にその近隣には銀行や消費者金融が立ち並んでいるだけでなく、キャッシュディスペンサーが至る所に設置されていますが、一体誰が許可して促進しるような環境を整えたのでしょうか...矛盾だらけの議論がどの様に進むかは時代のニーズにのみかかっているのかも知れませんね。




大阪府が市と共同で、大阪湾岸の人工島で知られる夢洲(ゆめしま)へカジノ複合施設の誘致を検討

日本各地でカジノ誘致を巡ってカジノ複合施設の計画を検討していますが、大阪府の松井一郎知事も大阪市此花区と共同でカジノ複合施設の計画をしていると発表しました。





候補として、大阪湾岸の人工島で知られる夢洲(ゆめしま)で、ベイエリアの新たな観光拠点として、大阪の経済成長の起爆剤としたい考えを明かし、府市共同で調査費を新年度予算に計上するようです。





大阪市の橋下徹市長は、元々カジノ誘致に最も早く発言していた人物なので、今後の進み具合が楽しみではあるところ。





カジノ建設は現段階で違法な為、法整備にどれだけの年月が無駄に費やされるというところが問題ですが、橋下市長の手腕に注目されています。




ベトナムのカジノが税収の重要株となり、ベトナム政府も規制や法規を強化の兆し。

昨日はベトナムのシェラトン・サイゴン・ホテルのカジノ運営会社【ダイズオン】の悪評ネタをお届けしましたが、教は引き続きベトナムのカジノ情勢の話題です。





現在ベトナムには外国人向けのカジノが50カ所も乱立状態で運営されています。





乱立された状態でも合計200億円(現在の日本円に換算して、およそ213億円)程度の売上高を上げ、ベトナム政府が徴収する納税額も日本円で63億8000万円に上ります。





売り上げ213億円に対して約64億円の税収ともなれば、政府としてはこんなにおいしい財源はかつてないことから、小規模店舗の乱立でカジノ複合施設と位置付けられる規模の観光誘致リゾートがないことに気がつき、大幅な整備を模索する動きが出てきました。





現在のベトナムでは、ベトナム人がカジノに入場することはできない決まりでありながらも、ベトナム人が出入りして摘発を受けたり、カジノ施設の運営管理や法規の規制が杜撰すぎる点を改善する足取りです。





今のベトナムのカジノ事情は、日本のパチンコ業界にみるあやふやな管理体制と、日本の税収に何ひとつ貢献した形跡を残さないあり方とよく似ています。





特に、金銭の流れを管理する体制は脱税のし放題というパチンコ業界は、日本の膿と言うだけでは物足りないものがあります。





このベトナムのカジノ情勢を見て、ラスベガスカジノの大手サンズ社がおよそ5300億円もの巨額資金を投じて、ハノイ市とホーチミン市にカジノリゾート施設を建設する意向を発表しましたが、欲を見せだしたベトナム政府との間で何かと問題も出てきそうです。




日本維新の会が、カジノを誘致する為に必要不可欠な法整備を整える議員連盟を設立!

日本にもカジノを誘致しなければならないと再三公言してきた人物で知られる橋下徹氏ですが、この度日本維新の会がカジノを誘致する為に必要不可欠な法整備を整える議員連盟を設立しました。






今までは市が独自で動く形でしたが、今回の総会でおよそ40人が出席し、法制化に向けた調査を行う方針を確認した模様です。






徐々に大きな波になりつつあるカジノ誘致ですが、日本維新は自党だけではなく、他党にも協力を呼びかけているようです。






ここ最近では中国本土にカジノを建設する動きや、台湾でもカジノリゾート建設の動きがあり、日本の動きが懸念されていましたが、やっと大きな力で漕ぎ出しそうです。






度々課題として取りだたされる法整備という言葉ですが、賭博という部分だけではなく、酒や接客、ショーも絡んでくることから、風営法の問題や、新たに問題となるであろう事に対しても対応してゆかなければならないので、議論だけが相当長いことが予想されます。






今までの日本の議員と言えば、自分の考えに沿わなければ言いがかりをつけまくったり、邪魔することに精魂を使い果たす傾向が強かったので、(特に与党批判しかできない野党(夜盗))こればかりは邪魔しないで貰いたいところ。





政治家は、有権者に対してよく『頑張ってやっています!』と言いますが、実際にやっていても具現化現実化されなければ庶民はやっていないと評価します。





何故ならば、サラリーマンの営業などは、働いていても実際は売り上げを上げないと働いていないと評価されるからです。





これはサラリーマンでも自営業でも同じですが、最も危機感がないのは公務員全般です。





態度とプライドだけは超一流で、入り込めば生活安泰という大人のママゴト考えは捨てて欲しいです。(特に市役所員...お前らは法に則って許可を出すだけなのに、何故権力を手に入れたと勘違いして態度がデカくなる?成りすまし日本人だからか?)





橋下徹氏は元々弁護士故に法律問題には才能を発揮していただけそうなのですが、途中で反日行為に転ばないことを願うばかりです。




待ちに待った日本のカジノ合法化法案の提出が、いよいよ今年2013年秋頃か?

これまで、日本のカジノ合法化という話題では、前向きな姿勢・・・姿勢・・・という流れでありながらも、何か大きな進展を感じられない様子がありましたが、とうとう今年の2013年秋頃にカジノ合法化法案提出というところまで来たようです。





これまで日本は、世界的に見ても賭博大国であるにも拘わらず、カジノ誘致には腰が重すぎる傾向がありました。





橋下徹氏の勢いから始まりここまで辿り着いた訳ですが、現在では安倍首相をはじめ、麻生副総理兼財務大臣、日本維新の会の共同代表である石原代表という、議員達約40名の意気込みに期待です。





いろいろ売国議員達の邪魔もあるでしょうが、頑張っていただきたいところです




日本のカジノ誘致への第一歩が動き出した!やっと衆院へカジノ法案提出へ!

これまで諸外国のカジノ建設による経済効果数値を見せつけられながらも、牛歩の様に進むことが無かったカジノ法案の通過ですが、ようやく衆院通過させるまでの法整備提案が整ったようで、いよいよ提出までこぎつけたようです。





日本には23兆円市場のパチンコという合法に見せかけた非合法賭博産業があるわけですが、ガラス張りのカジノ経営では兆円の売り上げを上げると国が潤うと言います。





じゃあ、日本で40年も50年もパチンコという悪徳賭博を容認しておいて、何故国が潤わなかったのか?ということですが、これは不透明すぎる経営と、税金を払っているフリして払っていない背景にあります。





パチンコ議員なんて嫌みを言われる政治家もいますが、何故彼らがパチンコ廃止に反対するのか?そしてパチンコ業界に贔屓するのか?なんてことは考えてみれば解ります。





Google検索エンジンで、【売国議員】【パチンコ議員】で調べてみれば、何故この国が潤わず、生粋の日本人達が苦しめられているのかが理解出来ます。





まんがで読みたい方は、エプロン通信がオススメ!





もうすぐ参院選ですが、自分の地域から【なりすまし日本人の売国議員】を無くさなければ、私達の生活はどんどん苦しくなります。





カジノ法案だけでなく、日本を取り戻す為に歪曲された報道や隠滅された事実が明るみに出る時代に突入した様です。




カジノの本場アメリカのカジノ事情にも新しい風?なんとニューヨーク州にカジノ複合施設を建設予定!

カジノと言えば、ラスベガスを連想するほど、ラスベガスの印象は強いものですが、またアメリカに新たなカジノ複合施設が建設される模様です。





なんと、その地域はアメリカのなかでも大都会のニューヨーク!





でも、あんな密集した地区に建設するはずも無く、建設予定が進んでいるのは、ニューヨーク州の北部。





地図で見るとニューヨークも小さい訳ですが、都会の密集地域としてなっている場所からはかなり離れているので、都会の外れのカジノ・リゾートといったところでしょうか。





経済の停滞を活性化させるという目的で、ニューヨーク州知事、州会共に合意に達しており、経済成長率の伸び悩みと失業率の改善に期待しているようです。





北部とはいえ、全体的に都会というイメージが強いニューヨーク州にカジノ複合施設ができるということは、隣州のニュージャージーに既存するアトランティックシティカジノと顧客獲得の激化が予想されますね。




任天堂のゲーム機ソフトや、ソニーのゲーム機ソフトを開発しているゲームソフトメーカー【KONAMI(コナミ)】が、アメリカ・ラスベガスで開催された、カジノ業界最大級の展示会【Global Gaming Expo (G2E)2013】に出展!

任天堂と言えば、家庭用ゲーム機のファミリーコンピューターを世に出したことで、日本のゲーム市場を大きく動かし、SONY(ソニー)もプレイステーションシリーズのゲーム機でリアリティの高いゲームを可能にした功績がありますが、やはり忘れてならないのは、優れたゲームソフトを世に送り出したゲームソフトメーカーの存在です。






有名所と言えば【CAPKOM(カプコン)】、【KONAMI(コナミ)】、【KOEI(コーエー)】等が挙げられますが、その【KONAMI(コナミ)】が日本という枠を超えて、アメリカ・ラスベガスで開催されたカジノ業界最大級の展示会【Global Gaming Expo (G2E)2013】にビデオスロットに搭載する技術システムと、カジノマネジングシステムを出品しました。






2020年には東京オリンピックが開催されるということで、東京にカジノ複合施設を誘致するという動きも見られ、そしてその動きが加速しそうな風向きに先の一手を放ったというところでしょうか。







今後は日本でも非合法賭博のパチンコ産業を撲滅して、ガラス張りのカジノ施設を推奨する動きになりそうですし、世界基準のシステムの開発に眼を向けるということは、ゲーミング業界だけではなく、まだカジノゲームの魅力を知らない方達にも明るいニュースかも知れませんね。




カジノリゾート会社で知られるラスベガス・サンズ社は、アジア諸国のカジノリゾート施設にも進出していることから、アジア諸国のカジノ複合施設の成功により、2013年・第三四半期の予想を上回る利益を計上し、日本のカジノ解禁を見越した参入意欲をみせる

カジノリゾート会社として広く認知されているラスベガス・サンズ社は、香港・マカオカジノの盛況や、シンガポールカジノといったアジア諸国のカジノリゾート施設にも進出して盛況していることから、アジア諸国のカジノ複合施設の成功により、2013年・第三四半期の予想を上回る利益を計上しました。






これまで手つかずだったアジア諸国でも、シンガポールといった限られた国土の上に、資源に頼れない国であってもカジノ複合施設の成功により国益が上がり、国が潤うという例を見せつけられては興味を持たない国はないでしょう。





ここにきて日本のカジノ解禁に加速しつつあるなかで、日本に興味を示さないカジノ関連会社は無い訳です。






カジノの代名詞と言ったらラスベガスですが、例えラスベガスでの売り上げが頭打ちでも、財力とカジノ運営のノウハウを持った会社は手つかずの諸外国に進出することで業績を期待できることでしょう。






ラスベガス・サンズの社長であるマイケル・リーベンは、『日本は明らかに私たちが今まで単一のプロパティの観点から作られた中で最も高価な投資になるだろう』と語っており、日本がカジノ解禁へ向かっている状況を見て、並々ならぬ参入意欲をみせています。




東京オリンピック開催が決定したことで、牛歩の様にしか進まなかったカジノ法案の通過どころか、2020年迄に日本初のカジノ複合施設が急ピッチで誕生に向かう可能性が濃厚に!

日本にもシンガポールやマカオに続いて、カジノ誘致による国益活性化を目指す動きが見られますが、これまでは反対勢力の妨害もあり、なかなか進んできませんでした。





しかしながら、2020年のオリンピックが東京で開催されるということもあり、このカジノ法案の通過見通しどころか、カジノ複合施設建設まで急ピッチで事が運びそうな動きとなってきました。





近代のオリンピックと言えば、とにかく国際社会をイメージしたカラーが強いですが、オリンピック観戦は元より、昼間の観光だけでなく、宿泊施設や、大人が楽しめる娯楽施設(カジノ施設)を充実させることが、オリンピックマネー効果をより倍増させる方法であることは誰でも気が付く筈です。





G8の中で、まだカジノを持っていないのは日本だけで、諸外国に視るカジノ効果は国益にとって必需とも言える状態です。





まだ何処にカジノ複合施設ができるか定かではありませんが、東京でオリンピックを開催する訳ですから、東京近郊・・・20分~30分程度の移動で到着する地域に建設されることは間違いないでしょう。




アメリカの宝くじ【メガミリオンズ】で、史上2番目の高額当選!6億4800万ドル(現在の為替レートで日本円に換算して約675億円)2013年12月18日に宝くじ運営当局が発表。当選者は2名で、この賞金を半分にして配当金が支払われる模様φ(.. )ロト6と同じ6つの数字を揃えて675億円・・・なんかおかしい【画像有り】

アメリカの宝くじは、賞金額がとても巨額で、から日本でも話題でした。





日本の宝くじと比べれば、あまりにも規模が違いすぎてお話になりませんが、日本の宝くじの場合、1賞金の金額を減らし、当選本数を増やしたほうが良いのではないか・・・という声もチラホラ耳にします。





まあ、1枚づつ買うことが出来ない上に、10枚セット3000円という額に対して、プラマイゼロに持ち込むことが難しい日本の宝くじですから、ムリもありません。





に、ロト6たりそうでたらなくて1口200円で、キャリーオーバーでもたった最高4億円までの設定です。





メガミリオンズ数字てるのですが、ロト6との賞金えます。

MEGA8141720397.jpg

今回のメガミリオンズでは、史上番目高額当選ということもあり、とても大きな話題となっていますが、アメリカドルで、4800万ドル(現在の為替レートで日本円に換算して約675億円)という巨額な賞金です。





その当選者おり、その1人は56歳の女性ということです。





また、もう1人はまだ当選者が名乗り出ていないそうなので、まだ当選発表を見ていないようですね。




カナダ・カルガリーで起こった宝くじ珍事件!4000万カナダドル(39億1400万円ものロトくじ賞金を、『お金は必要無いからいらない・・・』と言いだした当選者に誰もが驚き世界的な話題に・・・\(\o-)キリストに似た名前の方が買った宝くじは、神が買わせて神が導いた数字の様に思わせるその結末とは?

カナダカルガリー州で、宝くじの高額当選による事件こりました。





日本のロトくじカナダからのパクリなのですが、その本家であるカナダ4,000カナダドル当選者がでました。

20056547.jpg

昨日の記事でお伝えしたアメリカの【メガミリオン】で675億円という途方もない金額で、日本のロトくじ賞金が『寸志』と思う印象を受けられたことと思われます。





今日の事件はカナダドルで4,000ドル(日本円ではおよそ39億1400万円)という、こちらも日本の『寸志』と比べたら破格賞金なのですが、当選したTom Crist(トム・クリスト)さんは、なかなか名乗りでないでいたのです。





どうすればいいのからなかった・・・そうなのですが、この理由が、『お金は必要無いからいらない・・・』という意味らない発言をした訳です。





これはでも思うことでしょうが、『じゃあ、なんで宝くじ買ったのってなりませんか (笑)

2009654774.jpg

この男性は、今年の9月まで家電卸売りの会社の社長を務めていたらしく、『私は44年間1つの会社で勤め上げ、十分な幸運にも恵まれてきました。自分や子供達の暮らしを支えるだけの貯金もあり、子どもたちの将来にも心配はありません。ですから当選金は私に必要ないお金です。』とテレビの取材で答えたそう。





宝くじを買っても一向に当たる気配のない購入者達からすれば、を言ってるのか意味らないでしょうね。 ((爆))





ロトくじたったことは、子供達にも内密にしていた様なのですが、今は子供達とも相談して、吟味した慈善団体一定額づつを寄付する計画をしているそうです。





が買わせて、が数字を導いた訳ですね。





名前がTom Crist(トム・クリスト)だけあって、キリストが降臨





くれぐれも、日本ユニセフみたいな慈善名乗った悪徳商法団体には渡らないように気をつけていただきたいと願うばかりです。





検索していただければると思われますが、日本ユニセフユニセフ関係い団体です。





想像えた内容を知ることとなるので、血圧の高い方は【AED】の側で閲覧なさることをおめいたします。
AED-souti.jpg
この画像をクリックしても作動しませんので、悪しからず。




カジノ業界最大手であるアメリカのラスベガス・サンズがスペインのカジノリゾート計画を白紙にし、アジア諸国への業務注力に転化!当初のスペインカジノ展開計画では日本円にして1兆8000億円の予算だったが、その後3兆1275億円もの予算に増額するものだった。その3兆1275億円もの予算が日本を含むアジア諸国に向けられる展開に。。。2020年東京オリンピック開催に関係か?

2012-09-11にカジノ界の大手、ラスベガス・サンズが、スペインのマドリードに巨大カジノ施設を建設すると発表!という記事を書きましたが、どうやらこの案件に大きな変化がありました。





なんと、計画が白紙にされたのです。





当時は建設費用が日本円にして1兆8000億円でしたが、その後3兆1275億円もの予算に増額するというまでの大計画に発展しながらも、スペイン政府と税率や禁煙問題で折り合いがつかなかったらしく、資金は潤沢だけれど頓挫した形です。





スペインと言えば、若年失業率が57というとても深刻な経済情勢だったことから、このIR(カジノ複合施設リゾート)の誘致により経済活性と共に、雇用安定期待がされていましたが、現実のものとはなりませんでした。





スペインの経済情勢から見る税収恩恵や、雇用の安定というメリットがありながら、サンズ側が提示した条件を飲めないということは、よほどサンズ側の条件が不条理だったとしか考えられない訳ですが、この辺りは想像ですね。





ただ、サンズ側はスペインで続く交渉難航に痺れを切らした可能性もあります。





ラスベガス・サンズは、マカオカジノシンガポールカジノで、カジノリゾート計画成功させており、本国のカジノ収益よりもアジア諸国で収益の大半を得ているので、折り合いの付けやすいアジア展開を更に進める方が企業利益となると考えたのかも知れません。





サンズ側は日本への進出も望んでいることから、2020年東京オリンピックに向けたカジノリゾート計画に乗り込んで来る可能性濃厚と言えるでしょう。




ソチオリンピックで日本代表を応援するなら、もっと盛り上がるスポーツベッティング!応援する選手に賭けて楽しもう!政府発行のライセンスを取得保持しているウィリアムヒル合法スポーツベッティング(ブックメーカー)で、日本に居ながらカジノ感覚スポーツブックが楽しめる!諸外国で楽しまれているオリンピックの様に、私達も楽しみの幅を広げて、オリンピックを盛り上げよう!

ソチオリンピック(ソチ五輪)は盛り上がっていますが、皆さんは誰を応援していますか





やはり、日本代表さんには、これまでの努力るようにっておりますが、どうせ応援するならtotoくじの様に賭けて、よりソチオリンピックを楽しみたいと考える方も多いことでしょう。

SPORTS-BET.jpg

数記事に渡ってカジノ部門の【スポーツブック&レースブック課】を紹介して来たことにより、スポーツベッティング(ブックメーカー)カジノゲームの一種であることをご存じのはず。





本来ならカジノ施設に訪れないといけないのですが、日本に居てもこのスポーツベッティング(ブックメーカー)に参加することができます。





これは、政府ライセンス発行合法賭博であり、インターネットを介して参加する賭け事なので、私達は日本に居ながらスポーツベッティングに参加することができるんです。





えば、ラスヴェガスのカジノはアメリカです。

6547755.jpg

私達がアメリカへ旅行に行って、ラスベガスカジノゲームで遊んでも合法ですよね





それと同様に、イギリス政府発行のライセンスを取得保持しているウィリアムヒル合法スポーツベッティング(ブックメーカー)が管理している賭けに参加することができます。

BOOK-M-WHL.jpg

しかも、様々な賭け方から選ぶことができ、日本でもかなり人気急上昇中です。





ウィリアムヒルは、ロンドン一部上場企業で、銀行レベル信頼されている巨大企業です。





日本のユーザーも増えて来たので、日本語表示もされる部分がどんどん多くなり、更に使いやすくなってきました。





解りやすく説明したページを用意しましたので、是非ご覧ください。





初心者でもすぐに参加できて、このブログから登録すると、今ならプレゼント付きです。



>>>日本に居ながら合法で世界中のスポーツベッティングが行えるインターネットブックメーカーのやり方や参加の仕方を説明しています<<<




からやり方をえたとしても参加方法簡単なので、気軽にスポーツベッティングしめます。





諸外国しまれているオリンピックの様に、私達もしみのを広げましょう




いよいよ2014年サッカーワールドカップが開催!どこが勝つ?点差は?自宅に居ながら勝敗予想でスポーツベッティングができるウィリアムヒルにトライするチャンス!

さあ、2014年ワールドカップ開催されました。





サッカーファンにはしいイベント





世界中が熱狂するイベントだけに、とても注目されている・・・ということは、もちろんウィリアムヒルでもこのサッカーワールドカップ勝敗予想賭けが行われている訳ですが、私達も日本に居ながらこのスポーツベッティングに参加することができます。


>>>日本に居ながら合法で世界中のスポーツベッティングが行えるインターネットブックメーカーのやり方や参加の方法を説明しています<<<

このスポーツベッティングとは、カジノで行われている賭けと同じであり、私達がその国のカジノ施設へ出向いて賭けに参加するのと同じですから、合法賭けることができるゲームです。





しかも、その賭け方はとても多くの種類があり、どこが勝つ点差はだけでなく、誰がだとか、どのような勝ち方・・・といったユニーク予想が可能です。





日本で馴染みのある競馬では、人気の馬券はオッズが下がってゆきますが、このウィリアムヒルスポーツベッティングでは、貴方が賭けに参加した時点のオッズで賭けに参加できるので、配当金が下がることなんてありません。





しかも、その予想たれば、とても大きな賞金を手にすることが可能です


>>>日本に居ながら合法で世界中のスポーツベッティングが行えるインターネットブックメーカーのやり方や参加の方法を説明しています<<<




サッカー予想で約1000万円の賞金獲得!予想しやすいサッカー試合だけにピンポイントで賭けることができるウィリアムヒル・スポーツで予想した日本のスポーツブック・プレイヤーが921万円の予想的中賞金を獲得!


>>>日本に居ながら合法で世界中のスポーツベッティングが行えるインターネット
ブックメーカーのやり方や参加の方法を説明しています
<<<



これまでカジノホテルスポーツ&レースブックという幅広いスポーツベッティングが楽しめるブックメーカーという賭け事を紹介していますが、それとともにこれまでもウィリアムヒル・スポーツで遊んでみる提案もしてきました。





なかには1億円を的中させた日本人プレイヤーも誕生させたウィリアムヒルですが、今回もサッカー予想1000万円近い予想的中賞金獲得した日本のスポーツブック・プレイヤーウィリアムヒルで誕生しました。

SPORTS-BET.jpg

日本ではサッカーくじtoto認知されていますが、どうも自分で予想できないということに不満が多いのが難点。





しかしながら、ウィリアムヒルでは、予想しやすい試合だけをピックアップして、その試合の予想をすることができるので、これが人気秘密





このおよそ1000万円予想勝利金獲得したプレイヤーの方は、ウィリアムヒルのなかで予想しやすい試合を選んでマルチベットという賭け方をして921万円的中させました。

BOOK-M-WHL.jpg

【バルサvsソシエダード】→ソシエダードの90分勝利

【デポルVSビルバオ】→デポルの90分勝利

【ヘタフェvs ラーヨ】→ラーヨの90分勝利




サッカーくじtotoを購入しても、自分が予想する勝敗なら簡単に勝てたのに・・・と思う事もあった方は、予想しやすい試合のみの賭けにのみ絞って賭けに参加できるウィリアムヒルでプレイしてみることをオススメします。



>>>日本に居ながら合法で世界中のスポーツベッティングが行えるインターネット
ブックメーカーのやり方や参加の方法を説明しています
<<<





ハリウッドスターらがカジノ遊びに興じている背景を演出としたシャネルのファッションショー?フランスで開催中の2015年秋冬ものオートクチュールコレクションで【CHANEL(シャネル)】がフランスの1930年代に覧るカジノを再現し、ハリウッドスターらをエキストラとした豪華なファッションショーをお披露目。



ヨーロッパでは、経済危機が諸国を脅かし、景気の良い話が無い。





それとは逆に日本では安倍政権の政策により建設ラッシュや、MADE IN JAPANの製品を安価な製品から高価な製品までところどころで目にする様になった。





その実感が無い方は、売国党やマスゴミの情報操作によって悪しき洗脳にかかっているか、反日企業にお勤めの方であろうことと思われる。





フランスパリと言えばファッションの都。





1930年のフランスは好景気に沸き、スターの影響もとても強かった時代。





その1930年代の好景気に沸いたカジノを演出用のセットとし、エキストラとしてハリウッドスターらを起用。





そのハリウッドスターらが、カジノゲームに興じる姿を背景に、2015年秋冬ものオートクチュールコレクションが行われた。





デッキは4台で、スターらは総勢21人という豪勢な顔ぶれ。





『トワイライト』シリーズのベラ・スワン役や『パニック・ルーム』有名な【Kristen Stewart(クリステン・スチュワート)】、現在では『ハンガーゲーム』アルマ・コイン首相でお馴染みのベテラン女優【Julianne Moore(ジュリアン・ムーア)】、フランスの歌手で女優でもある【Vanessa Paradis(バネッサ・パラディ)】ら総勢21人カジノゲームエキストラとして興じた。





これらのショーに出品されたオートクチュールコレクションは顧客向けで、セレブリティが興味を持つ演出と言えるでしょう。




日本国内でカジノゲームしむと言ったら、やはりおめは日本人プレイヤーとの相性が良く、高額賞金獲得で話題のベラジョンカジノです。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




44億円の賞金を獲得したはずが、何故かステーキという商品に変わってしまったヒドイ話!ニューヨークのカジ ノでスロットマシーンをプレイしていたシングルマザーが大喜びするも、当選は機械の不具合による間違いだと 告げらる...



CASINO(カジノ)】で当選金支払われないというはこれまでニュースにならないものまで含めると、とても多いと思われますが、今回の規模はプレイヤー達全てに失望けることでしょう。





アメリカニューヨーククイーンズカジノスロットマシーンをプレイしていたカトリーナ・ブックマンさんというシングルマザーの女性が、$4,2949,672.76(日本円にして44億円賞金を引き当て、喜びの余り画面の賞金額と供に自撮りもしていたそうです。





この賞金額アメリカ国内のスロットマシーン賞金としては史上最高額で、大変ニュースとなるだったのが、意味大変ニュース





なんとカジノから賞金表示機械不具合によるものだ言われ、無効にされてしまいました。(カジノの名前を知りたい...)





しかも、44億円賞金たったステーキディナーにされてしまったという、何とも可哀想な話。
(当然こんな対応には納得できない訳で、『当たる度に間違いだと言い逃れするのか?』と激怒のご様子)






カジノからげられた実際賞金額$2.25らしく、ニューヨーク州の賭博規制当局による調べでもカトリーナさんが使っていたスロットマシーンは不具合こしていたという判断





アメリカではスロットマシーンをプレイする客層50より上ばかりとなり、若い年代層によるプレイヤーが減少していることでカジノにとってみの大きな種となっている様ですが、こんな落胆をさせられるなら、よりプレイヤーの獲得困難める事となりそうです。





10年程からインターネットオンラインカジノに客をわれて店舗を持つカジノでさえオンラインカジノ進出してきていますが、そんなに規模きくなくとも現実賞金獲得しやすいインターネットオンラインカジノへ客がれることは避けられないのではないでしょうか。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




★★★◆ブログ~案内~◆★★★
CASINO-6-8-(2).png 子供のんだ経験と、単純ルールながらも白熱したおもしろさ記憶があってか、【CASINO-GAME(カジノゲーム)】をにすると、ニンマリしてしまいます。
CASINO-6-8-(1).png
こどものにはトランプテレビゲームんでいましたが、インターネットオンラインカジノで知った、本物のお金を賭けてプレイする(`・_・´)ン-【Black-Jack(ブラックジャック)】や、Roulette(ルーレット)めとする、日本からでもインターネットを介して合法べるBROWSING-CASINO-GAME(ブラウジング・カジノゲーム)を見つけてしまいました。( ̄∇ ̄*)フフフ
CASINO-6-8-(3).png
私が安心してプレイできるのも、24時間体制日本語サポートがあるからですが、とても親切対応安心できる管理体制にとても信頼を寄せています。
2016-4-11(1).jpg
やはり政府発行したライセンスを持っているインターネットオンライン仮想カジノサービス安心感うと感じます。
2016-4-11(3).jpg
2016-4-11(5).jpg
諸外国ではセレブびととして知られるCASINO-GAME(カジノ・ゲーム)しさはエレガントびであるものの、とても刺激的びとして知られていますので、VIPセレブが好むびを始めることはVIPセレブへの第一歩と言えるでしょう。
2016-4-11(2).jpg
この【世界のカジノを自宅で安全に楽しむためのニュースサイト!】で紹介しているインターネットオンラインカジノやサイトは、すべて私自身が登録している安心できるインターネットオンラインカジノサイトだったり、プレイテクニックを参考にしているサイトですから、みなさんも日本に居ながらCASINO-GAME(カジノゲーム)しむだけでなく、高額賞金っちゃってください(*^∇゜)
2016-4-11(6).jpg
さんがげてせになれば、私も同じ様にしいです(/_・)
  2016-4-11(4).jpg
また、日本のカジノ誘致する情報や、世界のカジノ情報もおしますので、合わせて参考にしてください。^^
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1704位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
85位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR