マカオカジノへの入場制限が18歳以上から21歳以上に年齢制限を変更も、入場時に年齢チェックを導入しないということは、罰金を徴収することが目的であることは容易に理解できる。

諸外国のランドカジノ(店舗型のリアルカジノ)では、年齢制限が21歳以上と足並みを揃えていましたが、この度マカオカジノも18歳以上から、21歳以上へと年齢制限を改訂する様子。





実施日は2012年11月1日からです。





この数ヶ月後からの実施というズレは、立法議会を通過し、行政長官の承認待ちとなっていることが原因ですが、改訂されるということは、マカオカジノでも色々と問題があったと言えるでしょう。





2012年11月1日からの規制なので、それまでは入場できるということになりますが、それまでは大勢が押しかけそうですね。





マカオカジノでの年齢制限法案によると、入場者のパスポート検査などを義務付けるという決まりは無いものの、21歳未満の入場がカジノ場内で発覚した場合、掛け金や受領金(賞金)の全額がマカオ政府の公庫に没収され、違反者は1000パタカから1万パタカの罰金、またカジノ側には1万パタカから50万パタカの罰金が科せられるというものです。





このニュースを知って、マカオも諸外国のカジノに合わせたか・・・と思いましたが、個人的には少々思うところもあります。





それは、【入場者のパスポート検査などを義務付けるという決まりは無い】という部分なのですが、入り口でセキュリティチェックをすれば何も問題は起こらないので、その義務を課さないということは、罰金を徴収することが目的なのでは?という部分を勘ぐってしまいます。





安全性の為にも、パスポートでなくとも、それに因んだ身分証の提示はするべきではないか?と感じましたが、皆さんはどの様に感じ取られたでしょうか。




スポンサーサイト

マカオ最大規模3863室のシェラトン・マカオホテル・コタイセントラルが開業!

マカオはカジノ雇用で5万人を超えるカジノリゾートですが、そんなカジノリゾートのコタイ地区に、マカオ最大規模のホテルがオープンしました!






客室数はカジノホテルならではの3863室





規模的から考えると、ひとつかふたつの集落全員が住めてしまうどころか、部屋は余るくらいなので、かなりの巨大ホテルですが、この規模がカジノリゾートと言えるものでしょう。





もちろんカジノも備わる訳ですが、ラスベガスのサンズグループの施設内にあるので、超巨大施設。





日本でも既に関西からのツアーが企画されているようで、豪華絢爛な建造物探検に興味を示す方も多いのではないでしょうか。




ラスベガスで有名なカジノリゾートMGMが、マカオのコタイ地区に進出決定!

MGMと言えばトム&ジェリーのライオンが吠えるトレードマーク有名ですが、MGMラスベガスの大手カジノリゾート会社のひとつです。




MGMのカジノグループも既に香港マカオには半島地区で1店舗進出を果たしていましたが、コタイ地区には店舗がありませんでした。




そのMGMがマカオのコタイ地区にカジノ建設する為、正式にマカオ政府の承認を取得した様子。





そのコタイ地区には、ラスベガスでしのぎを削り合っているヴェネチアンや、シティオブドリームサンズといった大手が既に進出しているので、MGMとしては遅ればせながら・・・といった感じででしょうか。





でも、カジノの建築物は外観にお金を惜しみなく使うので、後から建築するほうが有利でしょうね。




その理由は、現行で話題となっている建築物を上回るものを建てられるからです。





完成までは時間がかかるので、既に進出しているカジノは、今の段階でどれだけ顧客の信頼を勝ち取るかにかかっているでしょう。




カジノ施設は完成する度にとても話題になりますので、楽しみではありますね!




日本のアミューズメント施設(ゲームセンター)で馴染みのリアル競馬ゲームをマカオカジノが導入!

日本では、ギャンブル(賭博)を悪視する色が濃いにも拘わらず、非合法ならがらも合法に見せかけられているパチンコやを始めとする、合法賭博として知名度のある競馬、競艇、オートレース、競輪等が挙げられ、更にお金を賭けさえすれば立派なギャンブルとして成立しそうなコンピューターゲームがたくさんあるのですが、そのゲーム業界のなかでも、取り分けて優れた技術を以てしのぎを削っているのがアミューズメント施設(ゲームセンター)のゲーム機器と言えるでしょう。





あのゲーム達って、お金にもならないコインを集めたり、コインにお金を使ったりするだけですが、なぜか深みにハマるというか、ムキになって遊んでしまいう魅力がありますが、それはそれらのゲーム性がとても高く、お金を無駄に使わせるだけの魅力があるという事を証明しているのではないでしょうか。





そのゲームのなかでも、なぜか言葉を発することなく、黙々とプレイするユーザーが多い競馬ゲーム。





この競馬のゲームが、日本のゲーム機器としては初のカジノ業界で導入されることになりました。





軽く調べてみるだけで、競馬ゲーム40年以上の歴史を重ね、暫く見ない間にかなりの進化を遂げ続けてきたスゴイ存在。





先日も大型ショッピングセンターのゲームコーナーをショートカットしてきましたが、結構なスペースを占領してデ~ン!と居座っていました。(それだけ需要があるということでしょう)





上戸彩さんが主演していた高校教師というドラマの冒頭でも先生との出会いが競馬ゲームでコインをワンサカ出しているシーンでしたが、もともと競馬というものは、貴族の遊びでどこの国でも人気のある賭博なので、クオリティの高い競馬ゲームは人気となることでしょうが、日本のゲーム機器メーカーは賭博をさせずにお金を使わせなければならない環境で努力を重ねてきましたから、これまでの競馬ゲームには無い面白さを世界に広げてゆくことでしょう。




香港へ観光に行った友達がマカオカジノ巡りをしてみたら、あまりの混雑にズッコケそうになったらしい...

先日、友達が香港へ観光に行ってきたそうです。





本当はカジノといったらラスベガスという考え方に於いては共通するところがあるのですが、旅費の問題もあり、近年話題のマカオカジノを選んだ様子。





マカオカジノの区域には日本のパチンコ屋程度の規模から、巨大な規模まであるそうですが、評判の良いところや、新しいカジノホテル等は人がごった返していて、カジノとういう雰囲気では無く、魚市場に来て、競りを見ている様な感じだったというから、息が出来ない程笑ってしまいました。





まあ、さすが●国圏ということもあり、以前はきちんとしていたドレスコードも、今はメチャクチャでパチンコ屋と変わらないレベルにまで落ちていたというから、やはり売り上げは世界一でも品格はランク外だそう。





彼が今回の旅行で感じたのは、やりたい気持ちが先行している時に、やりたいゲームができないという苛立ちは、実際のゲームにも影響するので、こんなに混雑するのだったら自宅でインターネットオンラインカジノのライブゲームでのんびり遊んでいた方が効率良く稼げたということだそうですから、そういった部分に於いてもインターネットオンラインカジノは有利かも知れませんね。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




香港マカオカジノ産業、未だ大躍進!2013年マカオカジノの賭博業収入が3607億4900万パタカ(4兆7620億円)と前の年に比べ18.6%増加し、4年連続で過去最高を記録。これによりカジノ業界での業界推計ではアメリカ・ラスベガス全体の売り上げが約7倍の規模に拡大し、より日本への参入に魅力を感じるカジノ各大手会社。

香港マカオカジノが世界一のカジノリゾート区域として認知されてからまだ記憶に新しさを感じるものの、未だ毎年の様に収益増大の大躍進を続けていいます。





2013年マカオカジノの賭博業収入が3607億4900万パタカ(4兆7620億円)と前の年に比べ18.6%増加し、4年連続で過去最高を記録したことにより、カジノ業界での業界推計ではアメリカ・ラスベガス全体の売り上げが約倍の規模に拡大しました。





この売り上げのほとんどは、隣接する中国からの来訪からに支えられているようですが、小さな香港という特別区域が、このカジノ区域の存在によって、これだけの収益をもたらすとは脅威的ではないでしょうか。





これまで香港マカオカジノについては何度も記事として触れてきましたが、やはり雇用の拡大に繋がり、街が活気づくというのはとても大きなメリットだと思われます。





もちろんメリットがあれば、デメリットも出てくる訳ですが、活気がなく雇用が期待出来ない国や街では人口も増えず、犯罪が多くなるので、まずは第一に産業の活性化ではないでしょうか。





日本もカジノ誘致に揺れ、様々な案件を解決してゆかなければなりませんが、アジア近隣諸国にる市街地や生活区域に並ぶカジノ街のメリット・デメリットを観察して、より良いカジノ構想を打ち出して貰いたいとばかりです。




ボクシング村田諒太選手が香港・マカオカジノ、ヴェネチアン・マカオ施設内のコタイ・アリーナ・マカオで4ラウンドTKO勝利!2010年ロンドンオリンピック・ゴールドメダリストの村田選手が、プロ転向後初の海外戦で快勝!

2010年ロンドンオリンピックで、ボクシングゴールドメダリストに輝いた村田諒太選手はまだ記憶に新しいですね。





さすが大学職員をしていただけのことはある振る舞いと、ボクサーとしては異例とも言えるまともな言葉使いは誰もが知るところ。





村田選手は世界一のプロモーターと呼ばれる男の目にとまったことでも話題





日本のマスコミはプロでは通用しないなどと言っていたものの、やはり世界一のプロモーターの目は確かで、そのトレーナーは超一流





本来ならばボクシングの記事をこのブログで取り上げることはないのですが、やはりカジノ施設内で起こっているニュースなので、カジノニュースです。 (笑)





香港・マカオカジノと言えば、今や世界一の売り上げを更新し続けているコタイ地区というカジノ区域で、村田選手のプロ3戦目は、ヴェネチアン・マカオ施設内のコタイ・アリーナ・マカオで行われました。





今回村田選手は前座ではあったものの、来年には世界戦に挑戦する予定らしいので楽しみです。





昔から日本人がこのクラスで戦うのは無理があると言われていますので、このメディアが発達した現代で、美しく暴れて欲しい選手です。





カジノ施設ではスポーツブックによる賭けが行われていますので、村田選手もそのうち有名な賭けの対象者となることでしょう。





競馬の場合、賭ける者が多くなるとオッズがどんどん下がってゆきますが、ブックメーカーと呼ばれるスポーツベッティングでは、参加した時のオッズで賭けに参加できることから、とても期待できるゲームです。





ウィリアムヒルなら、日本に居ながらこのスポーツベッティングに参加でき幅の広い楽しみ方が体験できるのでオススメです。


>>>日本に居ながら合法で世界中のスポーツベッティングが行えるインターネットブックメーカーのやり方や参加の仕方を説明しています<<<



カジノ収益世界一のマカオカジノがあるマカオの人口約36万人に対して、カジノ産業労働者は5万4000人以上。労働人口の15%を占める割合で雇用に貢献するも、高等教育を受けることなく高給職に就けることで未来的な問題も懸念。

マカオの収益伸び率は年々うなぎ上りで、まだ頭打ちの気配を見せない状況です。





カジノ収益世界一となってから数年が経過し、世界一のカジノ都市という称号が定着しつつありますが、マカオカジノが盛況すればするほど雇用が必要になるのは当然のこと。





マカオカジノでカジノゲームディーラーになることができるのはマカオ市民だけなので、市民の雇用が優先される恩恵がありますが、マカオ人口約36万人に対して、カジノ産業労働者は5万4000人以上を計上し、全労働人口の15%を占める割合です。





もともとカジノが誘致されるまで雇用に不安のあった香港でしたから、職の安定が良いのはとても嬉しいことなのですが、この雇用が将来の懸念に繋がっているようです。





つまり、中学卒業程度の学歴から飛び抜けた高給職にありつけるということで、高等教育を受けることなく職を求めていることにあると言うのです。





高等教育や大学を中退してまで採用試験を受ける為、近い将来には学歴や学力の無い市民ばかりになってしまう心配が懸念されています。





カジノ職で採用されると、他の仕事をして得られる給料の5割り増し以上ということもあり、小売り店員やレストランのウエイター、ウエイトレスも従事したがる人材がいないという困ったことにもなっているそう。





まだ雇用に溢れ返っているという状態よりは良いものの、表があれば、必ず裏が存在しますので、上手く情勢修正を行って貰いたいものです。




まだまだ伸び続けるマカオカジノ産業。カジノ客を呼び込む改革を打ち立てる度に、およそ1万人規模の雇用枠を計画。

巨大なカジノ施設を運営するカジノ運営会社にとって、現場を大きくするとそれに伴うのは大幅な人材確保





人目に付く現場対応が100人増えたとしたら、交代要員を含めるだけでも500人は必要となり、管理職やマネジメントという専門知識が必要な要員を入れてゆくと、あっと言う間に数千人規模の雇用枠計画が持ち上がります。





それがカジノ産業





ただ問題は、カジノ側が欲しがる様な人材が募集で集まるか否かなので、日本のように地元採用を優先させている様では難しい経営を強いられることになるでしょう。





そこでマカオカジノのひとつであるメルコ・クラウン・エンターテインメントでは、カジノリゾートで働く8000人程度の人材採用を新たに計画し、専門分野の技術や知識を学ぶための奨学金を出し、採用後も充分な報酬を支払うという人材育成から行う雇用計画





香港マカオにとっては、巨大産業でとても雇用枠が多かったマカオカジノ区域ですが、カジノ側からすると採用枠基準に満たさない採用希望者も多い様子。





マカオカジノも、まだまだカジノ新興地域だけに慢性的な人材不足が続く状態なのかも知れないですね。




★★★◆ブログ~案内~◆★★★
CASINO-6-8-(2).png 子供のんだ経験と、単純ルールながらも白熱したおもしろさ記憶があってか、【CASINO-GAME(カジノゲーム)】をにすると、ニンマリしてしまいます。
CASINO-6-8-(1).png
こどものにはトランプテレビゲームんでいましたが、インターネットオンラインカジノで知った、本物のお金を賭けてプレイする(`・_・´)ン-【Black-Jack(ブラックジャック)】や、Roulette(ルーレット)めとする、日本からでもインターネットを介して合法べるBROWSING-CASINO-GAME(ブラウジング・カジノゲーム)を見つけてしまいました。( ̄∇ ̄*)フフフ
CASINO-6-8-(3).png
私が安心してプレイできるのも、24時間体制日本語サポートがあるからですが、とても親切対応安心できる管理体制にとても信頼を寄せています。
2016-4-11(1).jpg
やはり政府発行したライセンスを持っているインターネットオンライン仮想カジノサービス安心感うと感じます。
2016-4-11(3).jpg
2016-4-11(5).jpg
諸外国ではセレブびととして知られるCASINO-GAME(カジノ・ゲーム)しさはエレガントびであるものの、とても刺激的びとして知られていますので、VIPセレブが好むびを始めることはVIPセレブへの第一歩と言えるでしょう。
2016-4-11(2).jpg
この【世界のカジノを自宅で安全に楽しむためのニュースサイト!】で紹介しているインターネットオンラインカジノやサイトは、すべて私自身が登録している安心できるインターネットオンラインカジノサイトだったり、プレイテクニックを参考にしているサイトですから、みなさんも日本に居ながらCASINO-GAME(カジノゲーム)しむだけでなく、高額賞金っちゃってください(*^∇゜)
2016-4-11(6).jpg
さんがげてせになれば、私も同じ様にしいです(/_・)
  2016-4-11(4).jpg
また、日本のカジノ誘致する情報や、世界のカジノ情報もおしますので、合わせて参考にしてください。^^
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1704位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
85位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR