世界の嫌われ者とアダ名が付けられた迷惑な国が、マカオカジノに言いがかりをふっかけた!

世界の嫌われ者として名高い言いがかりをつける国が、マカオカジノカジノブローカーに一方的な言いがかりをつけました。





カジノは基本的に富裕層を相手とする社交の場で、そこを中核として幅広い層の来場者に対してエンターテインメントを提供する訳ですが、カジノにはハイローラーと呼ばれるというVIP客がいます。





このハイローラー達はカジノ側にとっては上客なので、ファーストクラスの往復や、ホテルの飲食代や宿泊費といった滞在費を負担してまでカジノ側が誘致エスコートするだけの価値がある上客。





もちろん勝つ時も大きいですが、負ける時も大きい訳なので、賭け金に困った時に資金を提供するカジノブローカーに頼ります。





今回話題になっている言いがかりというのは、世界の嫌われ者がこのハイローラー達を拘束するという悪しきニュース。





つまりマカオカジノで賭けをしている客のほとんどは、世界の嫌われ者の高官達で、その元となっている賭け金は汚職で貯め込んだ資金だったり、横領したお金、もしくは不正を重ねて富豪となった者達のお金だから、そのような者達に資金提供するのは違法と言い出して、国内だけでなく、国外にまで出向いて拘束しているそうな・・・。





もちろん建前的にはもっともらしい言い分を列べている訳ですが、共産主義の考え方はどの国でも例外なく派閥勢力による闘争や権利奪還したいだけなので、やってることは同じ。





資金の越境流動行為と称して、カジノに併設されているホテル側にも情報提示をマカオ警察を通じて要求していると言うのですが、もっと根本的な考え方や体制を正さないと意味がないということに気づいてもらいたいところです。




スポンサーサイト

ベトナムのシェラトン・サイゴン・ホテルのカジノ運営会社【ダイズオン】が、電子スロットで5554万ドル(日本円に換算して約49億円)当選させたプレイヤーに対して、『機械の故障だから支払うことはできない』と拒否していた。

これまで、世界中のランドカジノ(店舗型のリアルカジノ)のジャックポット賞金世界最高賞金は4000万ドルとして記録されていましたが、2009年にベトナムのシェラトン・サイゴン・ホテルのカジノ運営会社【ダイズオン】で5554万ドルという大幅な高額賞金の当選記録更新がありました。





しかしながら、こともあろう事に【ダイズオン】は『機械の故障だから支払うことはできない』と一蹴していたことが、ニュースとなり2009年10月に大きな話題となりました。





この記録的なジャックポット抽選を当選させたのは、ベトナム系米国人のリー・サムさん60歳。





サムさんは300ドル程度を電子スロットでゲームに投入した辺りでジャックポット当選し、スロットマシーンに【$55,542,251.7】(5554万2251ドル7セント)と表示され、当時の日本円換算レートで49億円の大金をゲットしたかに見えました。





しかしながら、カジノ側から思いもよらぬ対応と態度を受け、裁判所に提訴。





裁判所では、サムさんが証拠として提出した、マシンに表示された当選金額を証拠として採用し、カジノ側に全額を支払うように命令しました。





ここで、また更にカジノ側は恥の上塗りを行うような発言。





『スロットマシーンの最高賞金額は5万ドルに設定している』として控訴。






その国々によって色々考え方はあるものの、私の知りたいこととして、果たしてそのスロットエリアに最高賞金は5万ドルであると表示されていたのか?ということが挙げられます。





また、気前よく賞金を支払っておけば、その賞金額が話題となって客足の伸びも期待できたり、プレイヤーの誘致にも拍車が掛かると思うのですが、政府機関の認可を得て運営しているカジノがそんな逃げ方をしていては、『あそこのカジノは賞金を支払ってくれない可能性があるからやめておこう』とプレイがーが考えるのは当然のことで、今後どのように経営努力を尽くしても盛況する道は歩めないでしょう。





このことで、ベトナムではシェラトンの名前も失墜してしまったことでしょう。




変わりつつある【LasVegas-CASINO(ラスベガス・カジノ)】でのサービスに戸惑う常連客たち~伝統となって いるサービスが失われ利用者から不満の声が高まる【Las Vegas Strip(ラスベガス・ストリップ)】通りのカ ジノ事情~

前回の記事では、【Las Vegas Strip(ラスベガス・ストリップ)】地区に集結する【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】の駐車場有料が進んでいるお話をしましたが、今回もソコソコ残念なお話。





【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】の【CASINO-FLOOR(カジノフロア)】には無料ドリンクが配られるサービスが馴染みとなっており、それはビデオゲームが設置されているBarでも同様のサービスで知られています。

2017-4-26.png

しかしながら、このところ場所によってはこの無料ドリンク廃止されつつある様です。





常連客がBarで【VIDEO-POKER(ビデオポーカー)】を楽しんでいたところ、ゲーム機の裏にが変わるランプに気付き、注意深く観察していたところ、そのランプの色によって無料ドリンクが出されていた事に気づいたとか。





以前は誰でもどんな状況でも無料ドリンクが振る舞われていたものの、無料ドリンクを提供するに値する賭金を投入しているかどうかをゲーム機の背面にあるランプで見分ける様になっていたそう。

2017-4-20(1).png

SPORTSの勝敗を予想する【SPORTS-BOOK(スポーツ・ブック)でも、以前は先着無料で座れたものの、今はイベントで混雑する時期にはスイートに泊まれる位の席料をチャージされるというのだから、常連客らにとってはたまったものではないでしょう。





変わりつつある【LasVegas-CASINO(ラスベガス・カジノ)】でのサービスに戸惑う常連客たちは、今後どの様な事に不満を募らせるのでしょう。




★★★◆ブログ~案内~◆★★★
CASINO-6-8-(2).png 子供のんだ経験と、単純ルールながらも白熱したおもしろさ記憶があってか、【CASINO-GAME(カジノゲーム)】をにすると、ニンマリしてしまいます。
CASINO-6-8-(1).png
こどものにはトランプテレビゲームんでいましたが、インターネットオンラインカジノで知った、本物のお金を賭けてプレイする(`・_・´)ン-【Black-Jack(ブラックジャック)】や、Roulette(ルーレット)めとする、日本からでもインターネットを介して合法べるBROWSING-CASINO-GAME(ブラウジング・カジノゲーム)を見つけてしまいました。( ̄∇ ̄*)フフフ
CASINO-6-8-(3).png
私が安心してプレイできるのも、24時間体制日本語サポートがあるからですが、とても親切対応安心できる管理体制にとても信頼を寄せています。
2016-4-11(1).jpg
やはり政府発行したライセンスを持っているインターネットオンライン仮想カジノサービス安心感うと感じます。
2016-4-11(3).jpg
2016-4-11(5).jpg
諸外国ではセレブびととして知られるCASINO-GAME(カジノ・ゲーム)しさはエレガントびであるものの、とても刺激的びとして知られていますので、VIPセレブが好むびを始めることはVIPセレブへの第一歩と言えるでしょう。
2016-4-11(2).jpg
この【世界のカジノ情報やカジノの仕組みが解るニュースサイト!】で紹介しているインターネットオンラインカジノやサイトは、すべて私自身が登録している安心できるインターネットオンラインカジノサイトだったり、プレイテクニックを参考にしているサイトですから、みなさんも日本に居ながらCASINO-GAME(カジノゲーム)しむだけでなく、高額賞金っちゃってください(*^∇゜)
2016-4-11(6).jpg
さんがげてせになれば、私も同じ様にしいです(/_・)
  2016-4-11(4).jpg
また、日本のカジノ誘致する情報や、世界のカジノ情報もおしますので、合わせて参考にしてください。^^
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
63位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR