ようやく現実的に動き出したカジノ法案!自民党・日本維新の会・生活の党の3党が揃って、2013年12月5日に、カジノを含んだカジノ複合リゾート施設の整備を、推進法案として衆議院に提出!でもまた、パチンコ議員達が意味不明の言いがかりと邪魔をするんだろうなぁwwwww

これまで、とても長い道のりを経てカジノ法案について触れて参りましたが、この度、2013年12月5日、ようやく現実的にカジノ法案が動き出しました。





このカジノ法案を提出したのは、これまで日本にカジノ施設を誘致することが国益に繋がると提唱していた自民党・日本維新の会・生活の党の3党です。





実際問題、推進法案として衆議院に提出だけで、ここからがより大変なのですが、とりあえず2020年東京オリンピックの開催決定の余波を借りてやっとここまで来ましたね!(笑)





来年に国会で議論される訳ですが、パチンコ議員達が意味不明の難癖をつけて、幼稚園児みたいなケンカを繰り広げることでしょう。wwwwwwwwwww




スポンサーサイト

2020年東京オリンピック開催に後押しされた形で急速に動き始めたカジノ法案。2013年12月にカジノ法案が衆議院に提出され、来年の2014年から協議されますが、短期間に実施法は実現可能なのでしょうか?

2020年のオリンピック開催地東京まったことにより、諸外国の人々がうことの観光収入源として、宿泊施設だけでなくそのままカジノ複合施設を建設しようという考え方が急加速した形となり、早々に衆議院へカジノ推進法案提出されました。






そのカジノ推進法は来年の2014から協議されることとなりましたが、たして短期間実施法実現するのでしょうか






自民党日本維新の会生活の党3党が合同で推し進める計画は、本来という期間を目途に法整備を含めて、調査、準備、検討を考えていた様ですが、この2020年東京オリンピック開催までのという期間内に建設開業迄済ませるとなると、2014年の内に議論を収束させる必要があると思われます。φ(.. )






いつの時代でも、やり因縁を付ける議員は、改善意見提示することなく、ただただ反対するこじつけ材料を見つけることに必死だとも感じますね。(笑)






カジノ法案が可決された場合、基礎となっている法整備の煮詰めや、見落としの見直し、追加の議論項目も含めて、2ヶ月以内に政府組織が立ち上がり、前向きな議論を繰り返して行けば2014年内にまとまる見通しもあるでしょう。






これだけの議員数の頭を揃えながら・・・という考え方もありますが、カジノの運営ライセンスは国際ライセンス故に、日本だけの問題でも無いことに加え、これまで日本に存在する賭博業界や風営法の問題がとても難題なようです。ヾ( ̄o ̄;)






なんせ、悪徳パチンコ業界が操る売国議員関係なくたくさんおりますからのうwwwwww




日本で初のカジノ施設計画・・・実はもう13年も前から検討や議論が繰り返されていた!カジノ施設は国際基準故に、経営そのものが鏡張り!カジノ建設の障害になっているものとは?

多くの方々は、マカオカジノシンガポールカジノといったアジア圏カジノ複合施設に見る経済効果により、国が大きくったという話を、メディアをはじめとする記事でご存じのことと思われます。





シンガポールでは、国土も狭く、資源も無い国でありながら、カジノ誘致による複合施設の建設によって、いていた国の財政もの内に潤いに潤う黒字財政となり、アジア圏でカジノが無い国は日本だけとなってしまう程、エンターテインメントが遅れた国となってしまいました。





マカオカジノにしろ、シンガポールカジノにしろ、カジノり上げ兆円、兆円い、活気づく現象こっているのに、日本では数十年りのさばる、表向合法に見せかけている非合法パチンコ業界の年間売り上げは、20兆円以上です。





本来、国の国庫に入るはずである・・・国が潤うレベルの税収はいったいどこへ  マンガで簡単説明しているエプロン通信で事実を知っておこう>>>





現在は、『時間の無駄、金の無駄』『もっと楽しい遊びがある』理解している、娯楽らない若者世代によって『パチンコれ』が深刻と言われていますが、若者はそもそもれる経験してない・・・と言えるので、日本国民をける時代もわりに近づいていると感じます。





また、カジノ施設の誕生によって、不正犯罪増加青少年への悪影響懸念している等と言われていますが、カジノパチンコ屋レベルでもセキュリティく入れる低俗な施設ではありません。





カジノ施設である以上、来場者だけならず、職員もカメラで監視される規則であり、どこの国のカジノでもガードマンなるセキュリティが常に不審人物を見張りをしているのが普通です。





アトランティックシティのカジノに挙げますと、警察官カジノ内に常駐しており、カジノ内でこるての事件・犯罪は、どんなに小さな犯罪であってもカジノ運営側が処理することをされていません





カジノ法案を反対するということ、それらの資料に目を通した上で反対している訳ですから、より管理体制が甘く、鏡張りではないパチンコ業界不法賭博として取り締まらなければならないという矛盾が生まれるので、売国パチンコ議員さん達の発言や行動にも注目です。





「パチンコ議員」検索すると、くことはとても多く、が国民に舌を出しているのかもりやすいので、興味のある方は検索なさると良いでしょう。




カジノ複合施設と空港の関係~空港は経営・・・世界に誇れる気遣いができる日本人スタッフのレベルと、清潔感溢れる環境スペースを、世界の社交場に利用しないのは不利益以外の何ものでもない。φ(.. )カジノ複合施設の可能性を空港経営に取り入れることも日本にとって有益と考える!

日本では、まだ映画や旅行、インターネットオンラインカジノでしか知ることができない環境であるが故に、カジノというものを今ひとつしみがい状況ですが、世界ではエンターテインメントであったり、ゲーミングとして認知されています。





日本で蔓延っている、合法に見せかけたパチンコ産業こそ非合法賭博ですし、国会議員がそこを突つかないのは、いわゆるパチンコマネーと言われる金が政治世界に流れ込み、そのパチンコ議員と言われる議員達の資金源となっているからこそ、うやむやに庇護されてきた背景、または第三国の存在があります。

>>>何を言ってるのか?理解ができない方は、まんがで理解するエプロン通信がおすすめ。





そのなかで、カジノを楽しむ場所というものは世界中セレブリティが通いう社交の場であり、バカンス先でカジノ複合施設があれば、必ず拠点をこの複合施設内に置くのは目に見えています。





つまり、ハイローラーと呼ばれるカジノにとって上客達には、旅費滞在費をすべてカジノ側で負担する等をして招き入れる商業戦略がVIP待遇というものです。





もちろんガイドも付きますし、顧客がカジノプレイをしている間に、家族が●●に行きたいともなれば、カジノ側が用意したガイドとともに観光へ安全に案内されたりまします。





日本での空港運営はとてもしい状況と言われていますが、私からみれば、日本の空港は何処の国よりも親切で、清潔環境供している、世界れる施設のひとつと言えます。





近年、近隣諸国の成りすまし日本人によって、荒れる地域や、キチガイ行動によって衝撃を受けることも多々見受けられる様になってきた日本ではありますが、それでも自民党安倍政権によって、欧米諸国に沿ったガイドラインも含めて対応されつつあると思われます。





この世界れる空港スタッフレベルと、空港スペースをカジノ複合施設の一部利用しないのは損害以外の何ものでもなく、また企業が本来望むであろう富裕層顧客獲得容易になることでしょう。




高度医療を必要とする、諸外国の富裕層が来日する場合、IRなるカジノ複合施設の中に医療施設を盛り込むことも1つの案と思われる。プレイヤーがカジノゲーム中に体調を崩した場合や、家族の高度医療検査や治療を目的とした来日であっても、その施設内にカジノやホテルがあれば、必然と収入源につながるのではないか。

日本の医療では、まだまだ法律的に認可されない医療技術行為が覧られますが、総合的に見て、安心できる医療サービスとしては、世界水準であると思われます。





IRなるカジノ複合施設は、エンターテインメントだけでなく、レジャー施設も充実しているのが一般的であるので、ハイローラーと呼ばれる賭け事にお金を湯水の如く使う富裕層も珍しくはありません。





このハイローラーは、に若年層がいるものの、その多くは40代以降が圧倒的に多く、健康不安のある世代が中心です。





そんな湯水の如くお金を使うことができる富裕層が、広大なカジノ施設内で体調を崩したりすることもある訳で、高度な検査医療や治療を受けられる病院が目と鼻の先にあったとしたら・・・そして、世界先端水準の検査医療を受けられるとしたら、家族の検査とともに、旅行がてら同行してくることは充分に考えられることです。





巨大な観光地となることは必定なカジノ複合施設。





世界で行われている施設を、同じ様に真似をするだけでなく、高度医療を売りとできる環境にすることで、カジノ施設内で働く多くの人々にも有益な職場となるのではないでしょうか。




2020年東京オリンピック誘致のプレゼンでクローズアップされた、滝川クリステルさんが語る『お・も・て・な・し』の心を、カジノ複合施設に取り入れるとしたら・・・どういう形態となるのか?これまでの日本のレジャー施設や、テーマパークの考え方を前面に出しているようでは、行く末は同じになってしまう。

日本では、大型ショッピングセンターテーマパークを見渡しても、がるのは最初だけという特徴があります。





これは、経済主義が全面的に出ている結果であると分析されており、観光政策自体が科学的に分析された上で実施されていないことが原因であると、専門家が指摘しています。





2020年東京オリンピック誘致プレゼンテーションの際、滝川クリステルさんが日本には『お・も・て・な・し』の心があり、それが実に素晴らしいという印象世界に与えました。





この『お・も・て・な・し』の心に関しては、私としても同感であり、とても素晴らしい文化であると思い、祖父母や両親にもその様に伝え育てられました。





しかしながら、オリンピックでの観光化一瞬の出来事であり、継続するものではありませんから、これまでの日本のやり方でも良いとは思われますが、ことカジノに関しては、これまでの日本人感覚商業戦略であったり、怠い考えの自治体や、自分達に都合の良いやり方のみを考える官僚のやり方では、数年運営危機ゴーストタウンになってしまうことは想像しいのではないでしょうか。





外資である東京ディズニーランド(実際は東京に無いけれどね)は、一向に人気えることなく盛況ですが、これは視覚的にも経営的にも科学的調査や、理論が持ち込まれているからです。





土産物といった売り物でも一貫されていますが、日本のテーマパークですと、その地域土着のガラの悪そうなテキ屋露店(やくざのしのぎ)が入っていたり、道の駅等にして取っても、地元地域の作物を売るのが当然でありながら、に取ってみると毒入りと判っている中国産韓国産べられていたりする。





私の友人にこう呟いた者がいます。





『この時勢に、中国産や韓国産を店に列べて売ることは、テロに等しい。』





中国産や韓国産の食べ物を贈り物として相手に贈ることは大変な侮辱行為であり、相手の不健康っているようにも受け取れます。





思わず吹き出しながらも、妙に納得したのが記憶に新しく、それからというもの、贈る際にとても気を配り、相手からやってくる物で今後の付き合いを計る様になりました。





もちろん、貰った物が中国産であったり、韓国産の物であれば、その場でお断りし、送られて来た物であれば、着払いで送り返します。(笑)





そもそも、貰えるものは何でも貰うなんていう考えは日本人の考えではありません。





相手の好みに合わせたり、自分の好物を食べて貰いたかったり、自分がされて嬉しいような気遣いを考えたり、相手の心を察するのが日本古来から伝えられた心の『もてなし』ではないでしょうか。





カジノ施設の場合は、外国人観光客を自然に誘致し、そして『もてなし』満足継続維持、もしくは向上に努めなければならず、カジノ経営に長けた外資企業の協力なくして成立はしないでしょう。





このカジノ計画は、国の事業として、大変なビッグプロジェクトなので、国自体が科学的な経営戦略や経営方針を取り入れることを願っています。




日本にとってカジノは必要なものであるものの、あれば良いというものではない。日本地方各自治体の考えに構想されているカジノ複合施設計画のあり方や、誘致必要性の考え方が、カジノ施設だけで住民の雇用依存を考えている以上は、そのカジノは繁栄しない。

日本にとって、カジノを誘致し、そのカジノを取り囲むようにリゾート化することで、複合施設として展開し、成功へ導くことは国家プロジェクトと言えるでしょう。





現在、日本地方各自治体の意向もあり、全国で10カ所あまりの地域にカジノ計画が持ち上がっているようです。





カジノと言えば煌びやかなヨーロッパ建築であったり、この世の贅を尽くしたかの造りの建造物がシンボルではないでしょうか。





日本で初となるカジノ施設であったり、2番目、3番目に着手されるカジノ施設はそれで良いとしても、それ以降のカジノ施設は日本ならではの建造物であったり、『和』を思わせる様な志向必要と思われます。





つまり、カジノ施設は外国人メインであっても、日本各地にヨーロッパ建築があると、それぞれの地方カジノ施設に行く意味も観光性もなくなるからです。





日本の水田文化は四季によって様々な風景演出し、そこに見えない苦労と努力が隠されている美しさが心を癒します。





その田畑の真ん中や、衰退したゴルフ場を再建などという安易な考え方で風景や地域性を無視した建造物を建てても外国人は悦びません。





調和が取れないからです。





まさしく、日本に来た意味がないのです。





また、これは大手企業等に多く見られる光景ですが、新卒者募集の際、地方から採用する条件である場合、とても優秀な成績を修めた学年5位までや、10位までであったりするものの、地元採用ではどこにも採用されないような者が採用され、それを必要枠としています。





もちろん仕事ができるものは転職するし、独立したりもする。





そして残って居座るのは、地元採用という煮ても焼いても食えない企業にとっての不良債権。





もちろん、会社の役に立つ方も多くいらっしゃる訳ですが、この手の話は最も耳に入ってくる話題です。





本場アメリカのカジノで働くには、それはもうとんでもない努力スキル必要とされるので、そんな縁故採用や地元採用を企んでいる様な地域でのカジノ施設は、その辺のショッピングセンターやテーマパークの様にゴーストタウン化してしまうことは目に見えています。





つまり、そんなことをやっていては、一流になれないのです。





カジノはエンターテインメントです。





身なりも振る舞いも一流でなければなりません。





一流の顧客を集めるには、ドレスコードや振る舞いを規制し、スタッフが一流でなければならないので、誘致を考える今の段階からスタッフが専門スキルを身につける環境必要です。





えば、私の家に営業マンがやってきたとしましょう。





茶髪や金髪の営業マンだったら、話も聞かないまま帰っていただきます。





その風体で来られた段階で、私はバカにされた訳ですし、その営業マンを送り出した会社の上司や社長の人間性、サービスレベル、何かあった時の対応レベルが判るからです。





身なり風体を整えることは、相手を思いやることであり、仕事への姿勢のではないでしょうか。




ヨーロッパ型カジノに覧るカジノ複合施設のあり方は、その地域の民族性を把握した戦略や、人気のイベントを積極的に行うことにより、持続的な発展経営を歩んでいる。毎ナンバー制が導入されれば、入場時の提示を義務づけることにより、未成年の入場を阻止することもできる上に、生活保護受給者や逮捕歴がある者の入場制限が可能にする。

日本人は温泉は大好きな民族ですが、ヨーロッパ型のカジノも、【カジノ+温泉】【カジノ+庭園】【カジノ+観光スポットとして有名な自然】を組み合わせるなどして、順調な経営を続けています。





日本でも、広大な庭園を入場料制で入園するテーマパーク等が存在し、自治体経営していなければ黒字経営であることがいですね。(民間企業の様な努力や危機感の無さが問題)





日本は高齢化社会が深刻であると危惧されていますが、その様な心配はどこの国でも同じと言えることであり、日本だけのことではありません。





温泉街にしても、温泉は良いのですが、とにかく娯楽がなく退屈。





もともとのんびりしている高齢者が温泉街に行っても、温泉に浸かることと食事以外は風景を眺めるだけで、日常ののんびりした時間をより長く体感するだけ。





探して歩いても怪しい飲み屋くらいで、その先の楽しさなんてロクなものが無い。





考えるのは、入ってボッタくられて揉め事が起こりそうという不安ぐらいではないでしょうか。。。





夕食も早い時間に始まるので、夜中に小腹が空いても何も無い・・・なんて経験がリピートへの足が遠のくひとつと言えるかも知れないですね。





そんな時にカジノという施設があったら、どれだけありがたいでしょう。





ヨーロッパ型に覧るカジノ複合施設では、カジノゲームをプレイしない層にまでサービスが行き届いており、質の高いコンサートやイベントを開催しています。





カジノを提供しているからこそ、質の高いサービスが提供できるというところにも注目しなければなりません。





日本では生活保護受給者によるギャンブル依存が心配などとふざけたことを言ってカジノ法案に反対し続けるパチンコ議員もいますが、パチンコはセキュリティ無しで入れる故に管理ができていない事には危惧していません。





マイナンバー導入されれば、入場時の提示を義務づけることにより、未成年の入場を阻止することもできる上に、生活保護受給者逮捕歴がある者の入場制限可能です。





これらは日本の合法賭博とやらに於いても同様の処置を執ることができるでしょう。





どの様な法案条例も、民主党社民共産反対するということは、日本にとって有益証拠であり、日本人の生活を安全に守る法律であることが伺えるので、とても参考になります。




もし日本にカジノがあったとしたら・・・『ぜひ食文化の評判を体験を兼ねて行ってみたい』と答える諸外国のカジノ施設利用経験者達。日本にも映画館やレジャー施設があっても違和感が無いように、既にカジノ複合施設を持つ国では総合エンターテインメント施設として認知されているので、いずれは日本でも同様の感覚となることでしょう。

日本での娯楽と言えば、映画、ボウリング、コンサートホール、演劇場等が挙げられますが、これらの施設があって違和感があるでしょうか?





諸外国のカジノ複合施設とは、その様な娯楽施設が集まりながら、カジノ施設とともに宿泊施設が一括りとなっています。





故に、諸外国の方々は、カジノゲームを楽しまない方であっても、年に何度か足を運ぶのが通常で、何の違和感も感じていません。





また、各施設が豪華で最新の設備を保ち続けることができるのは、カジノ運営の収益の恩恵があり、その地域だけでなく、日本でいうところの県であったり、国の財政にも大きな潤いを与えます。





カジノ施設には、その国のトップクラスのシェフ達や、外国から招いたシェフらが最高の料理を提供することもあり、海外からの観光客達は、高額ながらも質の高い食事を体験できます。





もちろん、い=おししいということばかりではないのが世の中ですが、カジノは食べ物もエンターテインメントとして考えますので、ある一定のアンケート結果比率を上回るとカジノ施設自体の信用やイメージも落ちることを危惧して、その店は総入れ替えが実施されます。





今や、日本料理は世界的に人気で、和食の無形文化遺産登録がなされたことにより、更に人気です。





カジノ施設を何らかの形で利用したことがある外国の方々は、日本にカジノがあったとしたら・・・
『ぜひ食文化評判の体験を兼ねて行ってみたい』と答えます。






早く日本にもIRが完成し、諸外国の観光客の皆さん達に、『これが本当の日本食です』というような料理を体験していただきたいです。




流行るカジノは歴史という有名格付けランキングだけではなく、また最新の設備だからでもない。カジノは接客業であり、私達が行き付けのブティックであったり、贔屓にしているデパートと同じであるということ。つまり、人に会いに行っていることと同様であることが伺える。



皆さんは、日常で贔屓にしている食料品店や、ブティック、デパート等があるのではないでしょうか。





そもそも人は、店の名前から印象を計るものですが、建物の印象もしかりです。





ただ、決定的なのはなのではないでしょうか。





どの様な職業であっても、人との付き合いをくして商業成立されることは不可能です。





機械化されようとも、デジタル化されようとも、考案したのも人間、作るのも人間、採用するのも人間、そして使うのも人間であることが前提です。





カジノも近代化され、どんどんデジタル化してきていますが、やはり馴染みのスタッフと話したり、自分と馬が合うカジノディーラーならばその人物が仕切るテーブルに着くものです。





カジノでアナログ部門と言えばカードゲームですが、人付き合いが基本な世の中でアナログな部分を無くすことは致命的と言えるでしょう。





それがインターネットを介して行うオンラインカジノであっても、スタッフとのやり取りは当然ある訳で、その対応というのはとても重要です。





私の利用しているベラジョンカジノでは、日本人スタッフ常駐しているので、するサービスにはとても安心感を感じるものがあります。





今後日本にカジノ施設が誕生し普及するにしても、今から始まるカジノ事業なので、現在の水準や時代の流れに沿った運営や接客を目指す、日本ならではの安心感ある運営を期待しています。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




諸外国に於けるカジノ内での職員規律には驚くことがたくさんあるが、日本の行政でもカジノ経営に採用されている管理体制を導入して欲しいと感じる部分が随所に見られる。

お金を扱う場所には不正があるとはよく言ったもので、それはどの様な金融関係でも歴史が証明していいます。





そもそも金銭取引が大きくなるにつれて大変になるのが金銭管理。





それは金額の大小に関わらずとても重要です。





経営戦略や、科学的理論をとても重要視する欧米諸国でのカジノ内では、責任あるポストに対して破格の年俸を用意する訳ですが、アメと同時にムチという代償も忘れてはいません。





セキュリティ金銭を扱う部署等に所属する者は、同じカジノの職員同士でも部署の職員との職務に関する会話及び、個人的な付き合いも禁止されています。





これは管理状況を他部署に把握されないことや、数字を他部署と調整することを防ぐ為。





正直なところ、このことを知った時には、日本の行政もこうあって欲しいと感じました。





他部署で起こっている異常事態であったり、数字の操作ぐことや、どこでどの様なミスをしたかという点がハッキリするので、処分解決い。





官僚にしても、各官僚が意味不明のプライドばかりをちらつかせ、各省庁との派閥を見事に作りながらも、口先だけの連携解決したい等とせかけのやる気と、悪い結果での形でしか表すことができないのは残念なことです。





国会答弁でも官僚が用意した原稿ではなく、自分自身の言葉でハッキリと話す議員でなければ答弁できないという決まりがあったら面白いかもしれないですね。 (笑)




2020年東京オリンピック開催地として決定したことにより、急加速し続ける日本初のIR(カジノ複合施設リゾート)計画に、横浜市までもが名乗り出た。これまではお台場・大阪・沖縄・長崎・宮崎といった地域がカジノ誘致地として候補が挙がっていたところへ、新たなる誘致希望が名乗りを挙げた。。。名乗り上げるだけなら今後も増えるであろうカジノ複合施設の誘致先やいかに。

これまで日本へのカジノ誘致が期待されながらも、様々な矛盾した不安材料を並べ立てて邪魔立てしてきた売国議員のトンチンカンな言い分も、2020年東京オリンピック開催地として決定したことにより、最も会場と近い東京周辺にIR(カジノリゾート複合施設)を建設することが好ましいという考え方になってきています。





これまでは大阪・沖縄・長崎・宮崎といった地域が積極的にカジノ誘致を望んでいましたが、東京でオリンピックが開催されるということもあり、宿泊施設を含む環境を整えるなら、同時にカジノ施設を東京にしたほうが合理的であると、誰もが思うところとなり、お台場が最有力候補に挙がっていました。





そこへこの度、横浜が名乗りを挙げました。





横浜市の林文子市長は、香港マカオカジノの経済恩恵や、ジンガポールの国政経済安定の成功例に、横浜市の財政不足を解消したい考えを示し、臨海部の観光都市としての魅力を向上させる計画の中に、カジノを除けばリゾート施設の成立はしないという旨を会見で発表しました。





林市長自身はカジノにまったく関心はないものの、アメリカのラスベガスに覧る街の雰囲気やエンターテインメント性は好きだと話した上で、健全で品格あるカジノを目指したいとし、治安悪化やギャンブル依存症等の懸念についても対策を検討をするそうです。





う~ん、横浜ですか・・・





東京からの位置関係として悪くはないと思うのですが、地域的に昔から治安の良くないところなので、あれ以上悪くなったら問題ですね。。。(笑)





ギャンブル依存症についての懸念も、これまでパチンコ依存症について何も問題してこなかったにも拘わらず、カジノに限ってその考え方を持ち込むことに意味が解らないところです。




世界最大規模のカジノ、香港マカオカジノ・ヴェネチアンマカオで700ゲームテーブル、シンガポールの同規模カジノでも500ゲームテーブルが設置されている中で、日本に登場するであろうカジノはどれほどのゲームテーブルが設置されるのか。

今、日本では私達のしらないところで机上のカジノ整備が進んでいることでしょう。





その規模が一体どの程度になるのかは誰もが興味深いところ。





これまでに香港マカオカジノシンガポールカジノといった多くの人々に知られているアジアでのカジノ事業成功を元に規模を解りやすい数字で考えて見ましょう。





マカオには世界最大規模のカジノと言われるザ・ヴェネチアン・マカオが有名ですが、このヴェネチアンマカオで700デッキのゲームテーブルが設置されています。





また、シンガポールではこの同規模と考えられるカジノ500デッキのゲームテーブルが設置されています。





ゲームデッキは意外に大きく、スペースは余裕をもって設置されていますので、途方もない広さを必要とします。





マカオカジノでは、その規模でも1時間待ちや2時間待ちという現象が起きていることは珍しくはありませんので、どれだけのニーズがあるのかは未知数と考えられている日本。





どの程度の規模になるか、こんなのも賭けになるかも知れないのがウィリアムヒルです。





カジノに興味がある方は、日本にはない考え方の賭けに関しても知っておくことがブームの先取りと言えるでしょう。



>>>日本に居ながら合法で世界中のスポーツベッティングが行えるインターネットブックメーカーのやり方や参加の仕方を説明しています<<<



日本のカジノ構想に持ち出されるマカオカジノやシンガポールカジノはゲームデッキが700デッキや500デッキが設置されているが、日本のカジノ施設にも同レベルのカジノフロアが用意された場合、どの程度のカジノディーラー人員を要するのか。

今回の記事は昨日の記事と繋がっていますので、昨日の記事をお読みでない方は、まず前回の記事をお読みになってからのほうが理解しやすいかも知れません。





カジノ施設ともなると総合リゾート施設というこもあり、規模の大きさはこれまで日本国内で計画されてきたプロジェクトの中でも最大規模となることが予想されます。





マカオカジノではルーレットブラックジャックバカラポーカー等のゲームテーブルデッキ700デッキも設置されており、シンガポールでも最大規模では500デッキものゲームデッキが設置されています。





今回は、そのゲームデッキ1台に対して、カジノディーラーと呼ばれるゲームディーラー人数のお話です。





これまでのにお伝えしてきている【カジノ施設内部の部署や組織の仕組みと役割カテゴリでも触れていますが、カジノは24時間営業ですから3交代8時間勤務が欠かせません。





3交代をこなす段階でゲームデッキ1台に付き3名は必ず必要であることが理解できますが、休憩が多い仕事でもあるので休憩交代要員として更に1名が必要となり、ゲームデッキ1台に対して4名が必要です。





これをマカオカジノ700デッキ規模として考えると、ゲームディーラーだけで2,800名必要であり、シンガポールカジノ500デッキ規模として考えた場合ではカジノディーラー2,000名必要です。





これらの数字から伺えるだけでもとてつもない雇用枠なのですが、この雇用枠を外国人が手にする様では日本のカジノ計画の一部は失敗と言えるかも知れません。





カジノフロアだけで考えても数万人規模の雇用枠が望める訳ですから、これをどうにかして日本人の雇用枠で埋めたいところですが、2020年までに人材育成にも目を向けて欲しいところです。




カジノのゲームディーラーは年齢制限が定められていないことから、定年を迎える前にカジノディーラーの勉強をして、2020年を目途に開発されるであろう日本のカジノ複合施設でのカジノディーラー職に就くことも可能と言える。

昔の50代と言えば見た目も老人でしたが、ここ10数年の50代60代を見ると、とても若々しい風体をしている方々が多く見られる様になり、そのほとんどの方が人生経験も豊かで働く意欲のある人材が多い様に見受けられます。





特に高齢化社会を危惧されている日本では、高年齢層の職探しはとても厳しいと言えるのではないでしょうか。





しかしながら、手に職を持っている者はいつの時代でも有利で、問題は活かす場を見つけることができるか、そうでないかというところや、時代が要求する技能であるかでしょう。





日本では2020年の東京オリンピック開催決定を機にカジノ誘致話が急加速で進んでいますが、この予定をただ指を咥えて見ている方は、やはりこれまで時代の波に乗れなかった時と同じ事の繰り返しを辿るだけかも知れません。





つまり、カジノで働いているカジノゲームディーラーは定年というものがありません。





もちろん、ごく一般的な健康に不安がある70歳が素人から頑張れる世界でもありませんし、知力体力もなければならないことは言うまでも無いことでしょう。





もし貴方が50代から60代の方で、この先の仕事先に投資しようとしているのであれば、カジノディーラーという勉強への投資はとても有意義な自己投資と言えるでしょう。




カジノゲームディーラーに男女差はないと言われている。むしろ7割のカジノディーラーが女性であることを考えると、女性に有利な世界なのかも知れない。技能職で定年制度もなくシフト制だから諸外国でも子育てしながらの女性も多い。

カジノへ訪れると女性ディーラーが目立つのは偶然なのでしょうか。





カジノ業界の調査で出された数字でもカジノゲームディーラー7割女性であるといいます。





カジノゲームディーラー技能職定年制度もありませんシフト制の仕事ですから、諸外国では子育てをしながらの女性にも人気のある職業です。





しかも、男女差なく稼げる職業というところも魅力





日本にカジノ施設が建設されたとしても、カジノ運営のノウハウを何も持っていない日本では、外資のノウハウやシステムが導入されることは間違いないと考えられるので、グローバル感覚の職場で働くことができるチャンスと言えるでしょう。





もちろん女性管理職も多く存在しますが、やはり諸外国でも女性管理職となる人物は男性の目から見ても人格者の様です。



>>>カジノディーラーの記事





日本にカジノが誕生したとして、私達が認識しやすい日本企業の規模で例えるなら、どれくらいの経済が動く産業となるのかを想定すると、自動車会社の日産自動車の営業利益程度となるらしい。

昨日の記事でシンガポールカジノのGDP(国内総生産)5.3%に達したことをお話しましたが、このシンガポールカジノでの数字日本に置き換えたら、どのくらいの規模の産業となるのでしょう。





もちろん、日本にカジノが誕生したとして考える訳ですが、今回のシンガポールのカジノ産業収益を、これを日本で置き換えると、自動車会社の日産自動車の営業利益になるらしいです。





これは、ただ売り上げや営業利益を上げるだけではなく、雇用も1つのカジノ複合施設で何万人の雇用を必要とすることから、すべてに於いて期待が持てる産業です。





カジノ施設では働きたい人がすべて働ける場所ではありませんが、自分のスキルを付けることや自分を成長させる為にお金を出せる感覚の方達にとっては、魅力的で大きな雇用枠と言えるでしょう。





2020年東京オリンピック開催決定という明るいニュースによって、大きく動き出したカジノ計画に期待です。




カジノディーラーの資格を取得しても、初めてゲームディーラーとして起用される場合、身辺調査や身上調査が行われるのが常識の世界。これは日本でカジノ施設が誕生しても同様でなければ信用される職業にはならない。

カジノ産業は働く側にとっても高給待遇故にカジノ内で即戦力となる様、専門の学校があったりします。





カジノゲームフロアでゲームを取り仕切るカジノゲームディーラー等は最もとして挙げやすい専門職と言えるでしょう。





それらの学校を卒業すれば、卒業証書技術認定書等を発行して貰えるのですが、そもそもその学校自体がカジノ会社に信頼されていなければ役には立ちません。





しかしながら、技術認定書を持っていても採用試験はあるので、そこをクリアすればその技術認定書は役に立つ訳です。





もちろん厳しい身辺調査や身上調査が行われますが、後ろめたいことをしていない方であれば全く問題のないことです。





ただ、同じカジノの世界でも店が変わると、経験者でも店を移る経緯や以前の職場での働きぶりやキャリアを調べられるのはもちろん、軽い身辺調査や身上調査が行われるので、やはりカジノゲームディーラー=信用の職業と言えるのではないでしょうか。




まだ見ぬ日本のカジノ施設。日本にカジノが誕生するとしたら、どれくらいの規模なのだろうか?諸外国の大規模なカジノ施設であれば、一歩もカジノ施設を出ることなく一年以上もの期間を暮らすことも可能なのだから、セレブリティを気取る利用客の落とすお金は計り知れない。

日本は、かれこれ十数年以上も前からカジノ構想を模索しながらも、事実上は何も進めることができなかったに等しかった状態でした。





2020年オリンピック開催地が東京に決定したことで、これが一気にカジノリゾート施設建設を急加速させたことはこれまでにもお話してきました。





各国から観戦にやってきた選手の家族らがカジノ施設に滞在することや、世界のVIP達がお金をバラ撒く場所として、移動に便利な場所にカジノリゾート施設を利用しない手は無いからです。





日本のカジノ計画に参加している訳ではないので、どの程度の規模が考えられているのかは何とも申し上げようがありませんが、どうせ建造するならば世界的に見ても中規模以上でなければならないと考えています。





これまでに見るカジノを持つ国々を見渡すと、大規模なカジノ施設であれば1年以上もの期間、カジノ施設から一歩も出ることなく暮らすことも可能で、しかも実際にそういったセレブリティが存在するというからカジノという総合施設が存在する意義は大きいと言えるでしょう。





規模が大きければ大きい程、世界中のセレブリティが訪れる機会は多くなり、またそれらの影響で群がるセレブリティを気取る利用客の落とすお金は計り知れないのではないでしょうか。





カジノは世界中の一流を集めた集合体として考えられており、世界中で人気のある有名レストランブティックシアターイベントミュージアムプールジムスパブックストアカフェ等がすべて指向を変えて複数楽しめます。





現代に於ける、世界中の何処にいても仕事が出来るスタイルを構築したノマドなセレブリティ達をどの様に誘致するのかも考えた方が良いかも知れないですね。




日本のカジノ解禁についての議論はまだまだこれからながらも、動き出した段階で大きな雇用枠が生まれる可能性が考えられる。

昨日の記事で、マカオカジノが未だに慢性的な人材不足であることをお話しました。





カジノ誘致計画に大きく動きだしたとはいえ、まだ日本ではカジノ解禁についての議論はこれからです。





しかしながら、どの段階から人材育成を伴った雇用枠を検討するのかが気になる所





近郊アジアでのカジノ産業の成功により、多くを学ばなければならない日本ですが、やはりオープンに際して、日本人スタッフで来場者を迎えてこそ日本の為に存在するカジノと言えるのではないでしょうか。





マカオカジノに参入しているカジノ会社では、専門分野の技術や知識を学ぶための奨学金を出し、採用後も充分な報酬を支払うという人材育成から行う雇用計画を発表しましたが、これまでにカジノ経営経験を持たない幾つかの企業が共同で日本での運営権を持ったところで、この様な気の利いた運営戦略と、潤沢な資金を持ち合わせない企業では難しいのではないでしょうか。




日本にカジノが誕生する際、運営者側が最も注力を注がなければならないことは、監視体制のサーベイランスと言える。

これまでに【カジノ施設内部の部署や組織の仕組みと役割】をお話した中で、サーベイランスという部署を紹介しました。





このサーベイランスという部署はカジノ施設内外を監視管理する目的があり外敵や職員の不正からプレイヤーの不正を監視する部署です。





アメリカやヨーロッパのカジノ施設では、このサーベイランス課という部署がとても整備されて効率良く稼働していると言われている一方で、アジア諸国のカジノではまだまだこのサーベイランスが完全では無いと言われています。





に、カジノでは現金の代わりにチップが扱われており、このチップの中には高額な1万ドルものチップ等もあります。





このチップは1枚で1万ドルであり、日本円に換算すると、およそ100万円という金額なのだから、掌に隠せる1万ドルをきちんと守らなければなりません。





考えたくはないものの、職員と客が組んでしまえば容易いことと言われている不正だけあって、日本にカジノが誕生した際には、最初からこのサーベイランス課の稼働を充実させなければならないのではないでしょうか。




安倍首相がシンガポールカジノ視察へ・・・2020年開催決定の東京オリンピックとの相乗効果が期待出来る東京近郊でのカジノ施設建設に加速を予感。

安倍内閣が発足してからというものの、安倍首相は日本再建に目覚ましい働きを続けています。





そんな安倍首相は世界各国で疾風の如く重要案件をまとめ上げてきていますが、この度シンガポールカジノの視察も行われました。





やはり、今国会で決議されることがリミットと言われているカジノ法案の通過を視野に入れてのことだろうことは理解に優しいのではないでしょうか。





シンガポールカジノに関しては何度も記事として触れていますが、資源も無く領土も狭く、観光収入だけに頼らなければならなかったにせよ、実際はマーライオン位しか観光スポットは無かったに等しいシンガポール。





しかしながら、2010年にカジノ施設が誕生して以来、傾いていた国政が一気に立ち直ったことは有名な話であり、現在も良好な伸び率を見せていることが注目するところ。





シンガポールにカジノ施設が誕生した年と、前年度の観光客誘致数6割り増しとなり、観光収入8割り増しに増えたことも即効性経済対策といって間違いありません。





今回、カジノ法案通過のリミットと言われているのは、2020年東京オリンピック開催に乗じた外国人観光客に宿泊施設提供を兼ねたカジノ複合施設建設ということで、全体的なインフラ整備の準備や、それらに伴う様々な対策であることを意味しているからです。




カジノ法案、今国会での成立見送りとは?カジノ法案が頓挫した訳ではなく、6月22日迄の国会会期を延長しないことを目的としているに他ならない。

世の中ではカジノ法案が頓挫した形で受け止められていますが、これは報道のされ方がその様になされているからです。





この今国会での成立見送りというこであって、カジノ法案が頓挫という意味ではありません。





つまり、今最も急を要する案件集団的自衛権という問題であり、この審議通過最重要であることは、日本を愛する国民にとってはもが理解していることでしょう。





そもそもこの集団的自衛権を反対するということは、日本の転覆を願っていることがバレるというものだから面白い。(笑)





日本人として生まれてきて良かったと思う愛国者の私にとっては、カジノ法案を反対する日教組に対しても疑問で、パチンコに対して何も言わないのは何故なのかを問いたいところ。





ゆとり教育という教育方針も、日本の若者の学力を弱体化させるのが目的であったということ等は既にバレているので、カジノ法案に首を突っ込むくらいならば、歴史教育の強化と道徳心を養う教育方針に取り組むべきではないでしょうか。




安倍内閣が推進する成長戦略のひとつである日本再興のカジノ法案審議入りは、最短で18日に行われる見通しに!

6月16日に開かれた安倍首相が議長を務める産業競争力会議で、成長戦略のひとつである日本再興を早めるカジノ誘致問題が挙がった様子。





カジノを中心とした統合型複合施設審議入りに重点を置かれ、これまでカジノ法案について遅延していた審議は最短で18日に行われる見通し





カジノ誘致による治安悪化ギャンブル依存症についてしつこく触れられていいますが、反対派がパチンコによる影響に対して一切触れず反対していることの疑問もが感じていることでしょう。




安倍首相率いる自民党のカジノ計画は、秋の臨時国会で成立を視野に!カジノ計画頓挫なんてことはありえない。



6月の国会議論では見送られた形となったカジノ法案成立





ところが政府は6月18日趣旨説明と質疑を行い審議入りすることを決め、秋の臨時国会で成立を視野に持ち込む考えが明らかに





インフラ整備を考えるとカジノ法案成立リミット6月の国会議論と囁かれていた訳ですが、2014年度の国会議論は6月で終わりな訳では無い





しかも、法案が成立したところで様々な問題を解決しなければならないことは当然あることから、それまでにあらゆる角度から思案考慮した内容を期待できることと信じたいですね。




日本のカジノ解禁を視野に、アメリカ大手のカジノ運営会社シーザーズ・エンターテインメントの最高経営責任者で知られるゲーリー・ラブマンは、最低50億ドル(日本円に換算して5083億円)の投資を考えていると発表。

日本人ならばもが反対等しない集団自衛権の法案が成立して間もありませんが、安倍内閣がその次に力を入れているのがカジノ法案の成立





この安倍内閣躍進諸外国評価していますが、アメリカ大手のカジノ運営会社シーザーズ・エンターテインメントの最高経営責任者で知られるゲーリー・ラブマンもその中のひとり。





CEOゲーリー・ラブマン日本のカジノ計画に於いて、最低50億ドル(日本円に換算して5083億円)の投資を考えていることを発表。





以前にもお伝えしたラスヴェガス・サンズに到っては日本事務所を開設して1兆円を投資する準備があるというから日本市場への期待は計り知れないといったところでしょう。





安倍首相の描いているカジノ構想がどの様に仕上がるかを期待したいですね。




カジノ運営会社としては世界最大級として名高いアメリカのMGMが、日本のカジノ解禁された場合には地域ごとに1億ドル(約1兆400億円)の投資用意のある計画を明かす。

今ちょうど【BALLY’S Las Vegas(バリーズ・ラスヴェガス)】のリポートをお届けしている流れの中で、カジノ運営会社としては世界最大級として名高いアメリカのMGMが、日本のカジノ解禁された場合には地域ごと1億ドル(約1兆400億円)の投資用意のある計画を明かした様子がニュースになっていましたので話題にしました。





はMGMグランドだったバリーズ。





そのMGMは企業名として今でも世界的に有名なまま残っています。





そのMGM最高経営責任者ジェームス・ムーレンが、日本のカジノ解禁を待っている状況です。





安倍政権は、2020年までに3カ所にのカジノリゾートを開業する目標方針があるなかで、MGMはそのそれぞれに1億ドル(約1兆400億円)づつの投資用意があることをインタビューで語った様子。





ジェームス・ムーレンCEOは、ラスヴェガスシンガポールのカジノをそのまま持ってくるのではなく、日本ならではの独自性のある魅力を引き出せる新しいカジノリゾートを作りたい様子で、これまでにカジノ経営を成功させてきた会社としての感性が伺える提案として感じました





その国々にしかないカジノを目指してこそ、他国からの利用者が訪れたいと考えるのは間違いないことだと思われるので、その様なカジノリゾートが誕生して欲しいものです。




日本国内でのカジノ運営に備え、大阪商業大学が15年度春よりカジノビジネス関わる人材育成を目的として大学院修士過程を新設する意向を発表。

何かと賛成派と反対派が水面下で動きを見せるカジノ法案ですが、各主要都市の自治体がカジノ誘致の為に活発な動きを見せています。





2020年東京オリンピック開催決定にともなって東京周辺地域でのカジノリゾート誘致が濃厚になってはいるものの、大阪も当初から名乗りを挙げていることから現在も積極的な誘致決定に向けて活動しています。





仮に日本のカジノリゾート第一号が東京周辺に決定したとしても、第2、第3の候補地が考えられるのは当然であることから、大阪の積極的なカジノ誘致活動は納得できるところ。





その大阪は東大阪の大阪商業大学が日本国内でのカジノ運営に備え、15年度春よりカジノビジネスに関わる人材育成を目的とした大学院修士課程を新設する意向を発表。





『何でカジノで大学院と思われる方も多いところでしょうが、アメリカではカジノ業界の人材育成をビジネスマーケットとして考え、各大学に技術者やマネジメント人材を育成する課程が長きに渡り存在している事実があります。
>>>カジノ施設内部の部署や組織の仕組みと役割カテゴリ参照





カジノディーラーを育成するならば大学院は必要無いものの、ある程度の社会経験や一定の英語能力を必要とするカジノ施設ならではの条件を基準として、大阪商業大学マネジメント課程の新設を決定した様子。





日本国内でIR(カジノ複合施設)を展開する場合、管理者を自国内で選任できないと雇用問題に於いて誘致する意味がないことから、日本では珍しい大阪商業大学の決断に期待したいですね。


日本のカジノ法案通過遅延によってアメリカのカジノ会社株価が値下がり・・・ここへ来て更に衆院議員解散で更なる下落か?

日本のカジノ法案成立は、意外に世界に影響していると言える状態です。





日本のカジノ法案通過を期待していたトレーダー達の焦りなのか、アメリカのカジノ会社らの株価が値下がりを続けている様子。





もちろん、大手カジノ会社はすべてアメリカなので、進出してくることは明白。





しかしながら、ここへ来て衆院議員解散による選挙という流れの今、更に法案通過に遅れるということもあり、カジノ関連の株価値下がりは避けられないところでしょう。





まあ、私には関係のない話ではありますが、トレーダー達にとっては些細な情報も株価に反映させて、上がり下がりをさせて儲けに繋げることを目的にしている訳ですから仕方のないこと。





解散してもしなくてもどっちに転んだとしても全く痛みのない安倍政権ですので、ここは色々な意味で楽しみが詰まっていますから、皆で安倍政権を応援しましょう。




カジノ法案通過の遅れに東京オリンピック開催と合わせたカジノ施設開業に暗雲なるも、IR(カジノ複合リゾート施設)がオリンピック後の経済を支える可能性。

昨日の記事では、日本のカジノ法案通過遅延に伴い、アメリカのカジノ会社らの株価が軒並み下落しているお話をしましたが、日本経済の行方としては東京オリンピック開催による経済効果がピークを迎え、そしてその経済効果が終わった後、何で経済効果を継続するか・・・という部分が問題です。





これだけカジノ法案通過が遅れると、もが東京オリンピックには間に合わないのではと考えてしまうでしょうが、私はその様に思いません。





全て完成させる必要は無いからです。





諸外国のIR(カジノ複合リゾート施設)も規模の大きさ故に10年計画は当たり前で、主要部分を完成させて営業を行いながら工事を進めています。





この様な視点から覧ればまだまだチャンスは残っていると考えられますし、カジノ施設とカジノホテルさえあれば、オリンピック後の経済を支える可能性は充分にあるでしょう。





それは、完成されていないが故に、新しい施設ができる度に話題となるから。





そして増設として建設されたものらは、一巡して古くなった施設の改装や改築が行いやすいというメリットもあることから、一概にすべてをオールインワンで考える必要はないのではないでしょうか。





★★★◆ブログ~案内~◆★★★
CASINO-6-8-(2).png 子供のんだ経験と、単純ルールながらも白熱したおもしろさ記憶があってか、【CASINO-GAME(カジノゲーム)】をにすると、ニンマリしてしまいます。
CASINO-6-8-(1).png
こどものにはトランプテレビゲームんでいましたが、インターネットオンラインカジノで知った、本物のお金を賭けてプレイする(`・_・´)ン-【Black-Jack(ブラックジャック)】や、Roulette(ルーレット)めとする、日本からでもインターネットを介して合法べるBROWSING-CASINO-GAME(ブラウジング・カジノゲーム)を見つけてしまいました。( ̄∇ ̄*)フフフ
CASINO-6-8-(3).png
私が安心してプレイできるのも、24時間体制日本語サポートがあるからですが、とても親切対応安心できる管理体制にとても信頼を寄せています。
2016-4-11(1).jpg
やはり政府発行したライセンスを持っているインターネットオンライン仮想カジノサービス安心感うと感じます。
2016-4-11(3).jpg
2016-4-11(5).jpg
諸外国ではセレブびととして知られるCASINO-GAME(カジノ・ゲーム)しさはエレガントびであるものの、とても刺激的びとして知られていますので、VIPセレブが好むびを始めることはVIPセレブへの第一歩と言えるでしょう。
2016-4-11(2).jpg
この【世界のカジノ情報やカジノの仕組みが解るニュースサイト!】で紹介しているインターネットオンラインカジノやサイトは、すべて私自身が登録している安心できるインターネットオンラインカジノサイトだったり、プレイテクニックを参考にしているサイトですから、みなさんも日本に居ながらCASINO-GAME(カジノゲーム)しむだけでなく、高額賞金っちゃってください(*^∇゜)
2016-4-11(6).jpg
さんがげてせになれば、私も同じ様にしいです(/_・)
  2016-4-11(4).jpg
また、日本のカジノ誘致する情報や、世界のカジノ情報もおしますので、合わせて参考にしてください。^^
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
63位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR