カジノと併設されているホテルの場合、サポート部門が設けられ、全てが敏速に対処対応できる様に数々の部門に別けられ、それらの部門のからも専門的に分課されている。

カジノ施設の場合は、まずカジノとホテルが併設されているのが基本ですから、それらが一丸となって円滑に管理運営できるように経営工夫がなされています。

6547755.jpg

サポートに関する各部門が設けられているのは当然のことながら、大きく別けることができます。


人事部


マーケティング部


カジノ部


メンテナンス部


財務部


警備部



といった部門が挙げられます。





ここからもの凄い数に分課されていく訳ですが、各部門共にそれぞれ5,6段階の責任者を用意し、監督責任を担っています。





人事部門メンテナンス部門マーケティング部門等の場合は、日本の一般企業と同様に、誰もが思い浮かぶ案件を担っていますが、やはりカジノ施設ならではの仕事内容はカジノ部財務部警備部はカジノならではの特殊性があります。





カジノ部では日本にカジノがないことから把握できないと思われますし、財務部にしてもカジノ級の金銭管理が複雑なのも日本には類似がありません。





この財務部に関しては、細かく分課することで不正対策にもなっている構造が伺えます。





警備部の場合では、以前の記事でお話した様に、カジノ施設内の職員と職務に関する会話だけでなく、個人的な付き合いも制限される部門ですので、とても特殊と言えるでしょう。





次回は、カジノ部門から順にお話ししてゆく予定です。




スポンサーサイト

最も長い歴史の長いカジノ部門のテーブル管理課。5段階のポジションに別けられた管理職の末端はブラックシャックやバカラゲームの進行を行うディーラー。一般的に末端の職業は稼げないイメージが付いて回るものの、カジノディーラーの年収は優秀であれば1000万円を超え、人気ディーラーともなれば数千万円の年収を稼ぐ花形商売!

カジノ部門のひとつに挙げられる中で、最も歴史が長いのがテーブル管理課





何故、最も長い歴史なのかは、ゲームがアナログであるが故に、起源を遡るととても長い年月を経ていることからも伺える。





このテーブルゲームでは、ブラックジャックバカラ等が楽しまれる訳ですが、このゲームを取り仕切るのがディーラーと呼ばれるカジノ側の人間です。





このカジノ部門テーブル課という管理課は、段階のポジションに別けられており、その監督責任としてトップの肩書を持っている者が【ゲームマネージャー】と呼ばれるポストに就いています。


【ゲームマネージャー】
     ↓
【シフトマネージャー】
     ↓
【ピットマネージャー】
     ↓
【フロアパーソン】
     ↓
【ゲームディーラー】



この順番でテーブル課が成り立っています。





文字で表すと段階ですが、カジノという大規模な施設であることと、24時間体勢の運営を行っている賭場ですから、とても少人数では稼働できません。





その中で最も多いのがゲーム進行役を担うゲームディーラーなのですが、この【ゲームディーラー】は1日3交代制で、自分の担当するテーブルが決められ、そのテーブル内のゲームを円滑に進めるだけでなく、ゲームルールを正しく守り、更にミスを起こさず見逃さず、適切なスピードで行いながら、クライアントを楽しませるという接客行為を同時にこなします。





ここまでで解ることは、ゲームスキルは当然ながら、とても記憶力に優れ、尚かつ管理能力人を惹き付ける人間性が要求されるということです。





このゲームディーラーになるには、カジノ会社の技能試験と面接に合格することで採用されますが、他のカジノで経験を積んだ者を採用して総合力を高めようとするのが一般的です。





ゲームディーラーになるのも簡単では無いことはここまでで充分に理解できると思われますが、末端の現場仕事とはいえ、優秀であれば日本円にして年収1,000万円をえる仕事です。





カジノディーラー年収は誰もが気になるところですが、これだけのスキルを要求されるとなれば、当然と言えるでしょう。





ただ、この年収1,000万円程度の所得ですと、有名なカジノリゾートで店が盛況であれば普通というレベルで、この上がいます。





ゲームディーラーでも、ぐ者は数千万円の者も存在します。





つまり、スキル以上のモノを持っているゲームディーラーであり、人をき付けるスターを持っている人物に他なりません。





こういったゲームディーラーれて【ディーラー】を目指す者も少なくなく、日本人ディーラーも海外で活躍しているようです。





次回は【ゲームディーラー】を監督している【フロアパーソン】のお話しをしましょう。




カジノ部門のテーブル課という管理課のフロアパーソンとは、ブラックジャックやバカラを取り仕切るディーラーの上司にあたる役職。この【フロアパーソン】(別名=スーパーバイザー)の役割や立場を説明します。さて、【ディーラー】から昇格すると、どれくらい年収がアップすると思いきや・・・あれ?_| ̄|○ il||li

新ネタニュースで急遽2記事飛びましたが、前回は【ディーラー】のお話しをしました。


ゲームマネージャー
    ↓
シフトマネージャー
    ↓
ピットマネージャー
    ↓
フロアパーソン
    ↓
ゲームディーラー



今回は、カジノのゲームを取り仕切る【ゲームディーラー】の上司となる、フロアパーソン役割立場のお話しをします。





フロアパーソンは、別名スーパーバイザー】と呼ばれる場合もあるようですが、一般的にカジノ業界で通じる役職名フロアパーソンです。





このフロアパーソンは、【ゲームディーラー】が取り仕切る複数のテーブルを全て同時に管理する管理職ですが、平均で4デッキから8デッキ1人フロアパーソンで受け持つのが一般的です。





この役職も【ゲームディーラー】と同様に3交代制で職務に就きます。





フロアパーソンは自分の受け持つテーブルを見渡し、【ディーラー】や【プレイヤー】を監視することが仕事ですが、その監視には不正を監視するだけでなく、適正なサービスを提供できているか各テーブルの平均賭け金の把握や、プレイヤー個々のプレイ時間等もチェックしています。





フロアパーソンは【ディーラー】がプレイヤーの接客中に手を避けない部分の接客対応をする為、接客能力に長けた人物でなければならず、【ディーラー経験者ではない他業種の者が抜擢されることや、採用されることはありません。





おおよそ、【ディーラー】からの昇進という形で話があるのが通常で、【ディーラー】の年収はプレイヤーからのチップがプラスされてより多い年収となっている為、若い間は断り続ける場合も珍しくはありません。





カジノによっては、【ディーラー】が受け取ったチップを最後に集計し、【フロアパーソン】を含めて配分することもあるようですがこの【フロアパーソン】の平均年収はラスベガスのカジノで400万円程度という統計が出ているようです。





ディーラー】職と比べて年収が半分以下になるのであれば、なりたがらないのは当然なのですが、それ以上の役職になるとまた一気に年収が上がるので、早い内に通っておかないと出世枠が無くなってしまいます。





次回は、【フロアパーソン】を監督している【ピットマネージャー】のお話しです。




カジノ部門・テーブルゲーム課の【ピットマネージャー】とは?【カジノディーラー】の上司である【フロアパーソン】を監督する管理職であり、【フロアパーソン】を班長として考えると、主任レベルの位置付け。日本でいう主任レベルの役職肩書の場合はとても少人数の上に立つことが多いが、24時間稼働するカジノ施設での主任はかなりの人数の上に立つ役職なので、それなりの業務スキルや責任を要求される。

これまでカジノ部門のテーブルゲーム課の組織図を下から【カジノディーラー】【フロアパーソン】を紹介してきましたが、今回はその【フロアパーソン】の上に立つ監督管理者であるピットマネージャーのお話しをします。





ピットマネージャーとは、【カジノディーラー】の上司として管理監督している【フロアパーソン】を監督する管理職であり、【フロアパーソン】を班長として考えると、ピットマネージャー主任レベルの位置付けにあたる存在です。





えば、日本の工場等で主任レベルの役職肩書を持つ場合では、とても少人数の上に立つことが多いのですが、24時間稼働するカジノ施設での主任はかなりの人数の上に立つ3交代勤務の役職なので、それなりの業務スキルや責任を要求されます。





ピットマネージャー各テーブルゲームのBETリミットで区分けされた1グループとして考え、そのグループを数グループ同時に監督管理する役職です。





もちろん直の部下である【フロアパーソン】の情報を元注意する区画テーブルを見回ったり、報告通りの状況であるかの確認見回りを行います。





ピットマネージャーのポジションとしては、状況を確認して廻る度に上司である【シフトマネージャー】に報告しなければなりません。





フロアパーソン】が報告してきたことを常に把握し、そして現状を自分の目で確認しながら善処する役割です。





ピットマネージャーともなると、運営管理のスキルやカジノ内の規則応対方法に長けていなくてはならず、また不正に関する知識や問題、会計に関する高度なスキルを必要としますので、有能な【フロアパーソン】から採用されることが一般的です。





カジノゲームをプレイすると、プレイヤーのコンプポイントという、日本で言うポイントカードのポイントのポイントが貯まるのですが、この換算や特典付与の案内役割ピットマネージャーが行い、賭け金の総額に応じてレストランの無料招待券を贈ったり、他の案内をすることで、更なるプレイ意欲を上手く引き出し、気持ち良くゲームを楽しんで貰うという接客の役割も担います。





このコンプポイントは、に関わらずまるので、勝ち続けていてもBETした金額をポイント計算したり、ゲーム時間で貯まるので、プレイヤーにとってはとてもサービスです。





に丁寧な案内や接客を受けることは、貴方が今後も利用していただきたい顧客として見られている証拠なので、ここを目指したいですね。





次回は【ピットマネージャー】を監督している【シフトマネージャー】のお話しです。





カジノ部門・テーブルゲーム課の【シフトマネージャー】とは?テーブルゲーム10数台を1グループとしたグループを数グループ管理する【ピットマネージャー】の監督管理職であり、3交代勤務が必須であるカジノ施設運営のシフト内8時間を監督する現場責任者。

【カジノディーラー】
     ↓
【フロアパーソン】
     ↓
【ピットマネージャー】



この様な順でカジノ部門・テーブルゲーム課の組織図を紹介してきましたが、今回の記事では【ピットマネージャー】の上司である監督管理職シフトマネージャーの仕事内容や立場についてお話しします。





シフトマネージャーは、日本の会社で言うところの係長レベルのポストですが、カジノ自体の規模が大きいことから、普通の会社ですとかなり上役というレベルであり、実際に束ねる人数も中小企業以上の数です。





シフトマネージャーでは、テーブルゲーム10数台を1グループとしたグループを、数グループ管理する【ピットマネージャー】の監督管理職なので、かなりの管理能力を要求される立場です。





どの役職も不正管理や会計管理、接客といった重要な管理を任されますが、更にスキルを要し、部下が助けを求めて来た接客トラブルの収束を行い、顧客満足度の向上に努めなければなりません。





このシフトマネージャーも他のスタッフと同様に、3交代勤務が必須であるカジノ施設運営のシフト内8時間を監督する現場責任者です。





つまり、次の8時間を監督するシフトマネージャー引き継ぐまで管理監督し、それまでの運営状態を後任に把握できるように伝えなければなりません。





もちろん、バトンタッチする迄にテーブル課の長である【ゲームマネージャー】への管理状態や、これまで起こった案件を報告し、更にその途中経過や現状・結果を報告しなければなりません。





文字通りやることはたくさんあるのですが、このシフトマネージャー顧客対応の最終責任者という役職なので、接客に関しては百戦錬磨でなければならず、顧客への交渉力や人間性も要求されます。





これだけの専門職なのですから、非常に長いカジノ施設での現場経験と知識を必要とされ、業種からの転職は不可能な役職です。





一般的に、このシフトマネージャーという役職に収まるのは、有能な【ピットマネージャー】から抜擢されるか、他のカジノ会社からリクルートされる場合です。





次回は【シフトマネージャー】の上司である、カジノ部門・テーブルゲーム課の長となる【ゲームマネージャー】のお話しです。




カジノ部門・テーブルゲーム課で4つの管理職を束ねる一課の長、【ゲームマネージャー】とは?テーブルゲーム全ての種類を運営管理する責任者であり、テーブルゲーム課の従業員全ての教育責任者として、スケジュール管理からゲームルール適用までの決定権を持っている役職。

今回でカジノ部門・テーブルゲーム課で紹介する役職では最後です。


【カジノディーラー】
     ↓
【フロアパーソン】
     ↓
【ピットマネージャー】
     ↓
【シフトマネージャー】



ここまでお話ししてきましたが、今回は、この【シフトマネージャー】の上司であり、このカジノ部門・テーブルゲーム課を取り纏める一課の長ゲームマネージャーというポストのお話しです。





これまでお話ししてきたカジノ部門・テーブルゲーム課の記事を順にお読みいただければ、この組織図の中にはもの凄い数の部下がいることが伺えますが、このゲームマネージャーというポストは、日本の会社で言うところの課長ではあるものの、中小企業の社長レベルと言える統括能力を必要とされます。





ですから、カジノ管理職もここまでのポストとなれば、平均月収が軽く1,000万円を超えます。





これまでのカジノ職務という積み重ねの土台がないと着くことができないポストではありますが、要領が良く、同時に案件管理解決してゆける人物でなければなりません。





ゲームマネージャーとは、テーブルゲーム全ての種類を運営管理する責任者であり、テーブルゲーム課の従業員全ての教育責任者として、スケジュール管理からゲームルール適用までの決定権を持っている役職です。





この様な内情から、カジノならではの特別ルールが設けられている場合、このゲームマネージャーが考案したり、各テーブルのBETリミットを設定しているのはこの役職であることが伺えます。





現在ではVIPルームの存在が広く知れ渡り、高額BETプレイは別室で行われていますが、昔はプレイヤーが一時的に賭け金の上限を交渉して勝負する場合、この【ゲームマネージャー】に職員が許可を求め、決定を下していました。





現在でも注目されているテーブルでは、客寄せとして使われることはありますが、基本的に誰でも入れるホール内でのテーブルで100ドル以上を賭けるプレイヤーはいません。





ゲームマネージャーの部下でもあらゆる知識を要求されますが、このテーブル課の長ともなると、運営管理でかでなく、国が定める法律から州が独自に制定している法律や規律にいたるまで把握していなければなりません。





それ故に、どの知識経験が欠けていることもされない立場なので、下位ポストである【シフトマネージャー】からの昇進か、他のカジノ会社からの引き抜き以外で【ゲームマネージャー】のポストに就くことはありえません。




カジノ部門に設けられた特別専門部署【スロット課】とは?どんなところで何を管理し、どの様な組織となっているのか?ということは意外に知られていない。最も簡単にプレイできるカジノゲームというだけあって、カジノ店舗の中でもフロア面積を占領する為、意外と多くの管理職と人員を要することが伺えるスロット課。

前回までのこのカテゴリのお話では、カジノ部門のテーブル課について数記事に別けてお話ししてきましたが、今回からはカジノ部門に設けられている特別専門部署のスロット課のお話です。





カジノゲームを経験していない方々にとって、とても身近に感じるのは、スロットマシーンだと思われます。





これは、日本の闇産業であるパチスロの原点カジノのスロットマシーンだからです。





スロット課というのは、このスロットマシーンだったり、近代のビデオスロット、独りで黙々とプレイができるビデオポーカー等を専門に扱っているマシーン部署です。





ラスベガスでは、比較的このスロットマシーンが人気で、このスロットマシーンに力を入れている店舗が多いと言えます。

8564878.jpg

このスロットマシーンは、カジノでのプレイが初めての方でも、見様見真似ででもプレイができる簡単ゲームとして幅広い層のプレイヤーをめることができるので、安定した収益を産むゲームとして考えられています。





このスロット課では、スロットマネージャーを課のトップとして4段階の営業職と、またそれとは別のラインでスロットマネージャーをトップとし、3段階のシステム保守管理技術職で構成された課です。


【スロット課営業組織】

【スロットマネージャー】
     ↓
【シフトマネージャー】
     ↓
【フロアパーソン】
     ↓
【チェンジパーソン】




【スロット課システム保守管理技術組織】

【スロットマネージャー】
      ↓
【シニアテクニシャン】
      ↓
【スロットテクニシャン】



この様に、スロットマネージャーとトップとして、二股に別れた分課で構成されています。





次回からは、【スロット課営業組織】の【チェンジパーソン】のお話から始めてゆきます。




カジノ部門【スロット課】の現場接客担当として役割を果たす【チェンジパーソン】の仕事内容とは?近年のカジノ事情から覧るカジノシステムの変化や、今後の方向性を探る。

今回からカジノ部門に属する【スロット課営業組織班】の紹介を始めます。


【スロット課営業組織】

【スロットマネージャー】
     ↓
【シフトマネージャー】
     ↓
【フロアパーソン】
     ↓
【チェンジパーソン】



今回は最も現場で活躍する立場のチェンジパーソンのお話です。





チェンジパーソンとは、カジノ施設内のスロットマシーンを設置されているブース内を巡回するサービス要員のことで、主にゲーム中のプレイヤーに対しての両替サービス(高額紙幣から小額紙幣への交換であり、為替サービスではない)や、現金からコインへの交換を行っています。





ただ、近年に於いてはコイン・レスが主流となり、コイン投入機種はなくなりましたので、現金からコインへの交換サービスは過去のものとなりました。





現在の主流では、紙幣を挿入してプレイする機種が一般的で、プレイを終えた後に残金が残っている場合や賞金を獲得した場合にはバーコード印刷されたチケットが発行されます。





このバーコードが印刷されたチケットを顧客が精算機を利用して現金化する払い戻しシステムが主流となって来ていることから、チェンジパーソンの人数を削減したり、チェンジパーソンの巡回そのものを採用していないカジノも増加傾向にあります。





現在進行形しく建設されているアジア諸国のカジノでは、日本の企業が社員に首にぶらさげる様に指示しているIDカードの様に、プレイヤーカードを持ち歩き、自分のスロット機に差し込みながらプレイする場面も見かけます。





ただ、犬がスロットマシーンに繋がれている様にも見えることから、あまり評判は良くありません。





そもそもこのストラップが採り入れられた経緯は、取り出しを忘れるプレイヤーが多く、紛失騒動が多かったことにあります。





このプレイヤーカードは、ポイントカードも兼ねており、カジノ内で動く為の情報や、プレイ履歴すべてが入っている為、紛失すると大変です。





カジノによっては、金額をチャージさせてから利用するタイプと、カジノ内から出る際に支払うというタイプがありますが、私は貧乏性なので、チャージさせてからというタイプでないと、落ち着いてプレイできません。(笑)





次回は、【スロット課営業組織】の【フロアパーソン】のお話です。




カジノ部門の【スロット課営業組織】に属する【フロアパーソン】とは?スロットマシーンをはじめとするマシーンゲームのエリア管理者であり、ゲームのルールやプレイのコツを説明したりもする接客係。カジノ内の規則だけでなく、国の法令や地域の法令にも詳しくなければならないので、意外と幅広いスキルを要するポストと言える。

前回は【スロット課】の【チェンジパーソン】という職務についてお話しましたが、今回はその上のポストであるフロアパーソンについてお話してみましょう。





フロアパーソンとは、カジノ内で最も広いスペースを用意されているスロットマシーンエリアの接客係のことで、きちんと自分のエリアを区画割当てが与えられているマシーンゲームを専門とした管理者です。





このフロアパーソンの仕事は、プレイヤーの苦情や質問の対応や、ゲームのやり方や楽しみ方、そのマシーンで遊ぶ為のコツをアドバイスしたりする接客がメインの仕事です。





もちろん、苦情質問対応的確にこなさなければならないということもあり、カジノ内の規則をはじめ、国の法令地域の法令にも詳しくなければならず意外スキル要求される役職と言えるでしょう。





前回の【チェンジパーソン】の記事でもお話しましたが、現在主流チェック方法は賞金額残金記録されたバーコード表示式のチケットなので、カジノ内で定められた一定額以上の払い戻しには接客対応を行います。





精算の操作方法が解らないプレイヤーに関してはシステムの説明を行い、高額当選の払い戻しの場合には手続きと共に今後もカジノを利用して貰える様優良情報える等しながら接客を行います。





ランドカジノの場合ですと、プレイヤーが勝ち取った賞金はそのカジノ施設内で落として貰える様なサービスを心がけるので、なかなかセールストークを要求されます。





スロットマシーン等で一攫千金を勝ち取ったプレイヤーの多くは、興奮して覚め止まぬ気分を酒や食事で鎮め、またって来るパターンも多いので、カジノ側が部屋のグレードアップをプレゼントしたりすれば宿泊を延長して連泊して遊んで貰えるという訳です。





カジノ側が大盤振る舞いをした様に見せ、高額賞金を手にしたプレイヤーを王様扱いしたり、女王様扱いすることで、カジノのにしてしまうというですよね。(笑)





このフロアパーソンの役目は、いかに気持ち良くプレイさせて、また来店したいと思わせなければならないので、接客に長けた人物だったり、ある一定期間のトレーニングを経た上でないとスタッフとして採用されることはありません。





次回は、【スロット課営業組織】の【シフトマネージャー】のお話です。




カジノ部門の【スロット課営業組織】に属する【シフトマネージャー】とは?カジノ施設のマシーンゲームフロアの顧客対応最終責任者であり、複数の【フロアパーソン】を統括する現場管理者。幅広い専門知識が要求される故に、長期の現場経験と最新の知識を要求され続ける重要なポスト。

24時間稼働し続けるカジノ施設に於いて、基本としてプレイヤーの相手を機械がしてくれるということもあり、現場の管理者が【テーブル課】よりも少なそうに考えられやすいですが、マシーンゲームに割くフロア面積の割合がとても多いことから、それなりに人員を要します。





クォリティの高いサービスが要求されるカジノであることと、賞金配当が高額であるスロットならではの不正監視、管理体制はとても重要です。





今回紹介している、カジノ部門の【スロット課営業組織班】に属するシフトマネージャーとは、【チェンジパーソン】を束ねる【フロアパーソン】監督管理職であり、【スロット課営業組織班】現場最終責任者です。





シフトマネージャーは、効率良くフロア稼働させることと、顧客満足度を向上維持させることに務めなければなりませんが、国の法令地域の法令により詳しくなければならず、ゲーム共に規則の最新情報を常に把握していなければなりません。





部下である【フロアパーソン】が処理しきれないクレーム対応にもあたりますが、【フロアパーソン】自身が受けたクレーム内容や処理内容の報告管理も把握していなければならず、長期の現場経験と豊富な専門知識を要求されることから、シフトマネージャーというポストには【フロアパーソン】から昇進採用されることが一般的です。





次回は、【スロット課営業組織】の【スロットマネージャー】のお話です。


カジノ部門の【スロット課営業組織班】と【スロット課システム保守管理技術組織班】を統括するポスト【スロットマネージャー】は、スロットマシーンが設置されたフロア全体を総合管理するだけではなく、【スロット課】に属するすべての従業員の勤務スケジュールから教育責任者として陣頭を取る役職。

今回は、カジノ施設で最も広いエリアを任されているスロットマシーン設置エリアを統括担当するスロットマネージャーの仕事についてお話します。





スロットマネージャーという役職は、日本の企業でいうところの課長というポストです。





スロットマネージャーでは、これまでお話してきました、部下からの報告だけでなく、部下の監督を務める立場としてエリアの活性化とスタッフレベルの向上に努めなければなりません。





このスロットマネージャーという立場ともなると、スロットマシーンを設置するレイアウトや、設置する機種の選定を任されています。





ですから、そのカジノでのり上げに貢献する機種を把握することも重要な仕事の内なので、新機種の情報や性能についても詳しく調べ上げます。





もちろん、部下よりも国の法令や地域の法令に詳しくなければならず、カジノ内に於ける規則にも理解を要求されます。





故に、スロットマネージャーというポストに就くには、【シフトマネージャー】から昇進であることが一般的です。





次回は、【スロット課】から二分課している【スロット課システム保守管理技術組織班】の【スロットテクニシャン】のお話です。




カジノ部門【スロット課】に属する【スロット課システム保守管理技術組織班】の【スロットテクニシャン】とは?【スロット課営業組織班】はプレイヤーと接する営業スタッフなら、管理技術部スタッフはスロットマシーンの整備やシステムメインテナンスが仕事。

前回までは、【スロット課】に属する【スロット課営業組織班】のお話をしてきましたが、今回からは同【スロット課】に属する別ラインスロット課システム保守管理技術組織班についてお話します。





この別ラインというのは、同じ【スロット課】であり、【スロット課】を統括する【スロットマネージャー】の部下であったとしても、営業班とはなる部署ということです。





今回の記事では、その【スロット課システム保守管理技術組織班】スロットテクニシャンという仕事について話を進めます。


【スロット課】

【スロットマネージャー】
      ↓
【スロット課システム保守管理技術組織班】
      ↓
【シニアテクニシャン】
      ↓
【スロットテクニシャン】



スロットテクニシャンとは、スロットマシーンビデオスロットビデオポーカーといった、機械ゲームの整備担当であり、保守管理メインテナンスを受け持つチームです。





日々の機器点検からシステム管理点検、【スロットマネージャー】の指示で機器移動やレイアウト変更等で必要となる配線作業も行いますから、機械的な知識だけではなく、ゲーム自体の知識も必要とされます。





このスロットテクニシャンもどの部署とも同様に3交代勤務24時間体勢なのですが、24時間営業という運営上、人知れず人目に触れず整備点検という訳にはいかない難点がありますので、整備点検は客が少なめの時間帯やスポットを狙うことで対処されています。





システム管理や整備担当ということで接客は全く無いかと言えばそうでもなく、紙幣の詰まりでフロアに呼び出された場合には、最低限の接客対応も必要です。





場内を典型的な作業着で歩くと目立つ上に、カジノの雰囲気が壊れることを懸念して、作業着に見えない、または目立ちにくい服装で職務に就かせるカジノもあります。





スロットテクニシャンは、大学でも機械ゲーム技術コース等もあるくらいなので、その種の卒業生から採用されることもありますが、一般的には他のカジノでの経験者から採用されることが多いと言える職業です。





次回は、【スロット課システム保守管理技術組織班】の【シニアテクニシャン】のお話です。




カジノ部門の【スロット課システム保守管理技術組織班】【シニアテクニシャン】とは?スロットマシーンをはじめとするマシーンゲームの保守点検管理を行う【スロットテクニシャン】をまとめるチームリーダーであり、技能教育も行うので、技術が優れた人物が選ばれるポスト。

前回は【スロットテクニシャン】のお話をしました。





今回は、その【スロットテクニシャン】をまとめるチームリーダーであるシニアテクニシャンのお話です。





シニアテクニシャンは、【スロット課システム保守管理技術組織班】としては最高位のポストで、このシニアテクニシャンの上司は、【スロット課】を束ねる、【スロットマネージャー】です。





このシニアテクニシャンでは、技術のリーダーなので、【スロットテクニシャン】の現場配置や、勤務スケジュールの決定を行っています。





また、従業員教育も行う立場でもあります。





シニアテクニシャンでは、誰よりも機械ゲームに詳しく豊富な知識を要求され、法令として定められたゲーム基準や技術基準に関する知識も求められます。





シニアテクニシャンへの昇格は、【スロットテクニシャン】からの昇進が一般的なのですが、稀にゲームメーカー出身の技術者が入ってくる場合もあるようです。





次回は、カジノ部門の【キノ課】のお話をします。




カジノ部門【キノ課】とは?【キノ】とは、【KENO(キノ)】であり、ビンゴゲームと似た感じのゲームとして知られています。カジノ施設内だけでなく、バーラウンジやレストランに居ても参加が出来る宝くじの様な扱いを受けている、カジノゲーム初心者や高齢者に人気があるチケット購入式くじゲーム。

KENO(キノ)は、KENO(ケノ)と読んでしまいそうですが、【KENO(キノ)】であり、【キーノー】という感じで発音されるカジノゲームです。





この【KENO(キノ)】というカジノゲームは、ビンゴゲームに似たゲームで、宝くじの様にチケット購入式でカジノ施設内だけでなく、バーラウンジやレストランに居ても参加が出来るくじゲームです。

KENO-2-25.jpg

上の【KENO(キノ)】は、インターネットオンラインカジノにある【KENO(キノ)】のひとつで、オーソドックスなタイプです。

この【KENO(キノ)】の場合では、80数字の中から数字を選ぶのですが、選ぶ数字が増えれば増える程配当率が落ちることになります。

そして投票が始まると、80数字の内20数字が埋まっていきますので、その20数字のなかに選んだ数字が入っていれば当たりです。

この場合、私は2数字に賭けており、2数字という少ない数字で全数字当たっていますので、9倍の配当を受けています。

因みに、1数字の当たりであった場合には1の配当なので、賭け金がまるまる戻って来るということになります。






バーラウンジやレストランでこの【KENO(キノ)】のチケットを購入する場合には、【キノランナー】と呼ばれる売り子を通してゲームに参加する為のチケットを購入します。





キノ課】では、【キノ・マネージャー】をトップに、【キノ・シフトマネージャー】、その下に同ポストの【キノライター】と【キノランナー】というポストが設けられています。


カジノ部門・キノ課

【キノ・マネージャー】
      ↓
【キノ・シフトマネージャー】
      ↓
【キノライター】【キノランナー】



次回は、【カジノ部門・キノ課】の【キノランナー】のお話をします。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




カジノ部門の【キノ課】で活躍する【キノランナー】とは?【KENO(キノ)】というビンゴ風の宝くじチケット(投票用紙)をバーラウンジやレストランを巡回し、くじ券発行の代行手続きをする役回りで、専門知識よりも接客能力を要求される仕事。

前回の記事では、【KENO(キノ)】というビンゴ風の宝くじがカジノ施設にはあることや、【KENO(キノ)】というものがどんなゲームなのか?ということをお話しました。





今回の記事では、キノランナーという【KENO(キノ)】くじ抽選投票権の注文を受け付ける代行役についてお話します。





カジノゲームは基本的にカジノ施設内のみで楽しむものですが、【KENO(キノ)】というビンゴ風の宝くじについては、カジノに併設されたバーラウンジレストランに居ながらでも参加することができます。

POP-BINGO-1-2-80.jpg

前回の記事で紹介した【KENO(キノ)は、定番の【KENO(キノ)】ですが、今回の【KENO(キノ)】はインターネットオンラインカジノにLINE-UPさていている、また異なる【KENO(キノ)】です。

この【KENO(キノ)】の場合は、予め用意されているカードを選ぶか、引き直してカードを選び、90個の数字から抽選が行われます。

ポップコーンが弾けると同時に数字が現れ、90数字に到達する迄の間に、どれだけ早く数字を揃えられるかを抽選としています。

上の画像では私がプレイしたものをキャプチャしていますが、1ドルを賭けて2ドルの賞金が出ているゲームです。

この抽選では、80個のポップコーンを弾けさせてクリアしているので、賞金が出ていますし、差し引き1ドル勝っていることになります。

これが、40個までにカードの数字が埋まれば1万ドル($1=100円で換算したとして100万円)の賞金で、45個までに埋まれば1000ドル($1=100円で換算したとして10万円)の賞金が払い戻されます。

この【KENO(キノ)】の場合はロトくじの様な感じながらも、当選がその場でハッキリするということもあり、手軽で簡単に参加できるカジノゲームなので、トライしていただきたいゲームのひとつと言えるでしょう。

POP-BINGO-1-2-80-S.jpg



キノランナーとは、このバーラウンジレストランに居る客にも投票できるように巡回しているスタッフです。





キノランナーは直接抽選投票権を売る仕事ではなく、注文を受け付ける代行であり、受けた注文を抽選投票権発行カウンターに行って発行されたチケットを客に渡すまでが仕事です。





カジノ施設にはあらゆる場所にモニターが設置されていますので、当選情報が判りますし、また次の抽選がいつであるかも判ります。





キノランナーは【KENO(キノ)】の運営に関わるルールに最低限把握する必要はありますが、専門知識よりも接客能力のほうが重要されます。





日本でいうと、気さくなおばちゃんを思い浮かべますね。





このキノランナーというポジションでは、専門知識よりも接客能力を重視することから、カジノ以外の業種からでも採用されることが多い雇用事情があります。





次回は、【カジノ部門・キノ課】の【キノライター】のお話をします。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




カジノ部門の【キノ課】に配備れている【キノライター】とは?【KENO(キノ)】の抽選投票権チケットを発行するカウンターで働くスタッフのことであり、同ラインの【キノランナー】がバーラウンジやレストランで【KENO(キノ)】抽選の参加者を募ってきた申し込みを処理したりもする役目を果たしている。

前回は、カジノ部門の【キノ課】の【キノランナー】についてお話しましたが、今回のキノライターとは同レベルのポストで、協力し合っている間柄の仕事です。





キノライターとは、【KENO(キノ)】の抽選投票権チケットを発行するカウンターで働くスタッフのことであり、日本で例えるところの宝くじ販売所であったり、プレイガイド、インフォメーションセンターの様な場所です。

FOR-TUNE-KENO-2-0.jpg

上の【KENO(キノ)】は、インターネットオンラインカジノならではの【KENO(キノ)】ですが、この【KENO(キノ)】では、占い師が水晶玉から数字を出しながら抽選を開始していく模様です。





さて、日本での例えをお話したものの、何でも案内所ではなく、【KENO(キノ)】の抽選投票権チケットを発行するカウンターなので、直接【KENO(キノ)】のチケットを購入する場所です。





このカウンターに、前回お話した【キノ課】の【キノランナー】がやって来て、バーラウンジレストランを巡回して代行で受けた【KENO(キノ)】の抽選投票権を発行して顧客の元へ戻ります。





キノライターも【キノランナー】同様に、【KENO(キノ)】に関する運営知識や規則の知識は必要ですが、他のカジノゲームの様な複雑さやスキルの高さは要求されないポストなので、カジノ関係経験者よりも接客業経験者を採用することが多く、他業種からでも採用されています。





次回は、【カジノ部門・キノ課】の【キノ・シフトマネージャー】のお話をします。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




カジノ部門の【キノ課】管理職【キノ・シフトマネージャー】とは?【キノライター】と【キノランナー】を監督しながら、顧客対応の現場最終責任者としてシフト内の管理を任されている役職。

今回は、KENO(キノ)課【キノライター】【キノランナー】を監督する役職である、キノ・シフトマネージャーのお話です。





キノライター】と【キノランナー】は現場に出るまでにトレーニングを積んでいますが、もともとカジノ施設に関わりのない職業からの採用ということもあり、国の法令や地域の法令に従い、更に社内規定を満たしている状態で任務に就いているかという部分に監視する必要があります。





キノ・シフトマネージャーは、この監視役を行っています。





カジノ施設は24時間営業なので、キノ・シフトマネージャー8時間のシフト内をきちんと次のシフト管理者へ引き継げる様に整理する必要があります。





また、キノ・シフトマネージャーは、【キノ課】の顧客対応最終責任者として任されているので、【キノライター】と【キノランナー】が対応しきれなかった案件や、顧客とのトラブルを解決する役目でもあります。





キノライターキノランナー他種の接客業から採用されることが多いももの、キノ・シフトマネージャーへの昇進は、ベテランの【キノライター】からキノ運営の知識と経験に長けた人物が選出されており、異種業からの採用はありません。





次回は、【カジノ部門・キノ課】の【キノ・マネージャー】のお話をします。




カジノ部門【スポーツ&レース課】とは?世の中で起こっているスポーツ競技を賭けの対象にして楽しむ場所であり、いわゆる【スポーツブック】【ブックメーカー】【スポーツベッティング】【レースブック】と呼ばれている賭け事のことであり、国や州から認可を受けた地域であれば、ランドカジノ(店舗型のカジノ施設)でも合法で楽しまれている。

前回までは【カジノ部門】【キノ課】の組織やそれぞれの役割についてお話してきましたが、今回からはスポーツ&レース課という分署のお話をします。





あまりカジノという分野に興味を持たれない方々にとっては、今回のスポーツ&レース課という分野はあまり馴染みの無い言葉かも知れませんね。





映画に出てくる酒場で、テレビを観ながらカウンターの客同士が『オレはヤンキースに20ドルだ!』だとか、『オレはレンジャーズに30ドルだ!』なんてやっているのは非合法賭博なのですが、それを公共の場で合法賭博として行う様にしているのが、カジノ施設内でのスポーツ&レース課です。





カジノと言えば歴史の長いアメリカのネバダ州・ラスベガスが有名なので、ラスヴェガスでお話をしますが、アメリカの中で合法的にこの【スポーツブック】【ブックメーカー】【スポーツベッティング】【レースブック】とも言われているスポーツ賭博を認可されている州は、ネバダ州のラスベガスを含めてえる程度です。





故に、アメリカの各地から、この【スポーツベッティング】を目当てにやってきます。



>>>日本に居ながら合法で世界中のスポーツベッティングが行えるインターネットブックメーカーのやり方や参加の仕方を説明しています<<<


スポーツ&レース課では、全米で大人気【NFL】【MLB】【NBA】といった、プロスポーツ・リーグの試合結果から、評判になっている選手個々のプレイ成績に対してオッズを設定して賭けの受付をしているスポーツブック





そして、自動車レース競馬レース結果に対してオッズを設定して賭けの受付をしているレースブックに二分されていますが、この2つをスポーツ&レース課という分署で取り扱っています。





以前は、カジノ施設を所有している事業者がこの【スポーツ&レース・ベッティング運営ライセンスを持っているのが主流で、運営自体も独自運営でしたが、時代と共にこれらも色々と形を変えてきました。





運営ライセンスを取得してスポーツ&レース課を運営しているカジノ事業者でも、オッズの決定やその他ゲームの情報に関しては、専門の【ブックメーカー】に委託することが多くなってきました。





また、運営ライセンス取得していないカジノ施設の場合では、運営ライセンスを取得している外部事業者をテナントとして誘致している場合もあります。


   【カジノ部門】
      ↓
【スポーツ&レース課】
      ↓
【スポーツ&レースブック・マネージャー】
      ↓
【シフトマネージャー】
      ↓
【ライター】【キャッシャー】【ターミナルオペレータ】



スポーツ&レース課は、この様な組織図となっており、現場の【ライター】【キャッシャー】【ターミナルオペレータ】という仕事は、【キノ課】に似ている感じがしますね。





次回は、【カジノ部門・スポーツ&レース課】の【ライター】のお話をします。







カジノ部門の【スポーツ&レース課】で【スポーツブック・ライター】【レースブック・ライター】とは?カジノ施設内で取り扱っているスポーツベッティング(ブックメーカー)ゲームへの参加を受付けてチケットを発行するのが仕事であり、日本で例えるところの宝くじ売り場の様な存在。

前回は、カジノ部門の【スポーツ&レース課】の存在や、その組織についてお話しました。





今回の記事では、そのスポーツ&レース課】でスポーツベッティング(ブックメーカー)ゲームへの参加を受付けてチケットを発行する【スポーツブック・ライター】【レースブック・ライター】の役割や仕事に関わるお話をします。





一般的にこのスポーツ&レース課】では、【スポーツブック・ライター】【レースブック・ライター】のことを、ライターと呼んでいるので、ここからはライターとしてお話することにしましょう。



ライターは、カジノ内で提供している賭けの対象となる【スポーツブック】【レースブック】の判定予想を受付け、参加チケットを発行するのが主な業務です。





通常であれば、記入用紙を利用した受付をしており、必要な情報がもれなく記入されているかどうかを確認して端末入力を行いますが、口頭での受付をして注文を受けることもあります。





この場合、間違いの無い様に確認しながら発行しますが、本来なら記入用紙を使いますので、参加内容に間違いがあったというトラブルがあった場合、客側の自己責任です。





この口頭注文の場合、客が記入用紙への記入を嫌がったり、解らない等といった理由への対処サービスであり、発行前の確認と、発行したチケットの内容を対面で確認しているからです。





ライターは、一般職からカジノ職務に入れるポストの数少ない入り口なので、【キノ課】の【キノランナー】【キノライター】同様に接客が得意でありながら【スポーツブック】や【レースブック】の知識を吸収できる人物が採用されます。





ライターには、短期間の研修期間が設けられているので、研修期間内基準クリアできなければ採用枠からされることになります。





これは、他のカジノゲームと比較して、高等知識を必要としないレベルの研修なので、理解できないようであれば、スタッフとして役目を果たすことができないからです。





次回は、【カジノ部門・スポーツ&レース課】の【キャッシャー】のお話をします。


>>>日本に居ながら合法で世界中のスポーツベッティングが行えるインターネットブックメーカーのやり方や参加の仕方を説明しています<<<




カジノ部門の【スポーツ&レース課】に属している、【キャッシャー】とは?【スポーツブック】【レースブック】なるスポーツベッティング(ブックメーカー)ゲームに参加し、予想を的中した場合の換金カウンターであり、予想ゲームの当選チケットに対して払い戻しを行う業務。

スポーツブック】【レースブックなるスポーツベッティング(ブックメーカー)ゲームに参加した場合、楽しみは何といっても、その予想が当たって予想ゲームの当選チケットに対して払い戻しを受ける瞬間ではないでしょうか。





カジノ施設内で生中継のアメリカンフットボールや、バスケットボールを観戦しながら、ポイントゲッターが何点入れるかどちらが勝つか何点対何点で勝負が終わるか等を予想する訳ですから、その難易度によってオッズが決まります。

SPORTS-BET.jpg

面白いのは、引き分けに賭けている場合や、失格なんていう選択肢なんかもある訳ですが、乱闘の泥仕合が多いアイスホッケー等の場合は、その乱闘が何回あるか・・・なんてことも予想されたりするという面白い賭け事がスポーツベッティング(ブックメーカー)ゲームです。





キャッシャーは、何層ものセキュリティが配備された換金カウンターに配属され、当選チケットに対しての現金払い戻しを行うのが主な仕事です。





当然ながら、キャッシャー当選チケットを取り扱う業務なので、【スポーツブック】【レースブック】運営に関する正確な知識を頭に入れていなければならず、最新の規約や法律の元で働きます。





キャッシャーはお金を扱いながらの接客作業ということもあって、接客経験や現金取扱業務の経験者からも多く採用される仕事です。





次回は、【カジノ部門・スポーツ&レース課】の【ターミナル・オペレータ】のお話をします。




カジノ部門の【スポーツ&レース課】で【スポーツブック】【レースブック】の専門職として活躍する【ターミナル・オペレータ】とは?【ライター】や【キャッシャー】と同ラインレベルながら、格としては最も高位な【ターミナル・オペレータ】は、専用端末を使用して、正確かつ効率的にすべての賭け要望を受け付ける技術スタッフ。

スポーツファンって、自分ができないのに罵倒する能力だけは超一流だと感心しますが・・・(;¬_¬) よくあれだけエキサイトできるものだと、いつも失笑しています。





カジノ施設内でも血気盛んな賭けが行われています。


>>>日本に居ながら合法で世界中のスポーツベッティングが行えるインターネットブックメーカーのやり方や参加の仕方を説明しています<<<


今回は、カジノ部門スポーツ&レース課で【スポーツブック】【レースブック】の専門職として活躍するターミナル・オペレータについてお話します。





ターミナル・オペレータでは、【スポーツ&レース課】に関わっているすべての賭けを管理している場所で、人それぞれ異なる賭け方や、賭けの対象を専用の端末を用いて、正確かつ効率的にすべての賭けの要望を受け付けている技術スタッフです。





このターミナル・オペレータは、【ライター】や【キャッシャー】と同ラインレベルながら専門技術職として扱われ、【スポーツブック】【レースブック】なるスポーツベッティング(ブックメーカー)に関する知識が必要なポジションである為、【ライター】や【キャッシャー】の様に一般の職業からの転職といった採用はありません

SPORTS-BET.jpg

一般的に他のカジノ会社からの転職が多い様ですが、誰にでも最初はありますので、【ライター】や【キャッシャー】の中で有能なスタッフが採用枠に入ることもあるかも知れませんね。





次回は、【カジノ部門・スポーツ&レース課】の【スポーツ&レース課シフトマネージャー】のお話をします。



カジノ部門【スポーツ&レース課】で【ライター】【キャッシャー】【ターミナル・オペレータ】という3つのポジションを部下に持つ【スポーツブック&レースブック課シフトマネージャー】とは?スポーツベッティング(ブックメーカー)の運営管理とレース情報やオッズ表示の正確性をチェックすることが主要任務。

幅広い客層や、異なる価値観を持って集まってくるスポーツファン。



そんなスポーツ愛好家が熱狂するのは、カジノ施設内合法的にスポーツ賭博が行えるという部分も大きな要因と言えるでしょう。





ここまでカジノ部門の【スポーツ&レース課】としては、【ライター】【キャッシャー】【ターミナル・オペレータ】というポジション紹介してきましたが、今回はこのライターキャッシャーターミナル・オペレータ3つのポジションに従事している従業員を監督しているスポーツブック&レースブック課シフトマネージャーのお話です。





スポーツブック&レースブック課シフトマネージャー役割は、担当している8時間の勤務内に提供しているゲームのレース情報や、オッズ表示の正確性をチェックすることが主要任務です。



他には部下が法令や社内規定に準じてサービスを提供しているかどうかをチェックしながら、ゲーム進行やゲーム状態を把握し続けています。





スポーツブック&レースブック課シフトマネージャーは、スポーツブック、レースブックといったスポーツベッティング(ブックメーカー)知識や国の法令、地域の法令に深く理解している必要がある為、他業種から抜擢されることはなく、経験を積んだ有能ライターからの昇進が一般的です。





次回は、【カジノ部門・スポーツ&レース課】の【スポーツ&レース課マネージャー】のお話をします。



>>>日本に居ながら合法で世界中のスポーツベッティングが行えるインターネットブックメーカーのやり方や参加の仕方を説明しています<<<

カジノ部門【スポーツ&レース課】の最終責任者である【スポーツブック&レースブック課マネージャー】の管理責任と役割とは?従業員の労務管理から社員教育、スポーツベッティング(ブックメーカー)売り上げの最大化を図る経営戦略を要求される重要な管理責任者。

今回は数記事に渡ってお話してきました、カジノ部門【スポーツ&レース課】最終責任者である
スポーツブック&レースブック課マネージャーのお話です。



   【カジノ部門】
      ↓
【スポーツ&レース課】
      ↓
【スポーツブック&レースブック・マネージャー】
      ↓
【シフトマネージャー】
      ↓
【ライター】【キャッシャー】【ターミナルオペレータ】



スポーツ&レース課】は、この様な組織図になっていますが、この組織図は【スポーツ&レース課】という部署がカジノにはあるとお話した時に解説しているので、見覚えがあると思われます。





スポーツブック&レースブック・マネージャーは、【スポーツ&レース課】を統括するトップであり、課の従業員全員を教育したり、労務管理を行い、【スポーツブック】【レースブック】として行われているスポーツベッティング(ブックメーカー)売り上げ最大化を図る経営戦略を構想し、その決定権を持っています。

SPORTS-BET.jpg

各種行われるであろう予定のゲームスケジュールを効率良く組み立て、注目されている数多くのゲームを提供することが要求される立場ですから、いかに世の中の感心を上手く賭けに持ち込むかというアイデアも必要です。




>>>日本に居ながら合法で世界中のスポーツベッティングが行えるインターネットブックメーカーのやり方や参加の仕方を説明しています<<<



また、新たな発想の賭け方を顧客の要望から取り入れながらも、国の法令と地域の法令に沿った運営基準たさなければならないので、課の中で最も法律や規律に詳しく理解が深くなければなりません。





スポーツブック&レースブック・マネージャーというポストは【スポーツ&レース課】のトップですから、他業種からの採用は不可能で、部下の【シフトマネージャー】から有能な人物から抜擢されるのが一般的です。





次回は、カジノ部門ポーカー課】のお話をします。



カジノ部門【ポーカー課】他のカジノゲームとは異なり、独立した部門の様な扱いをされている、通称ポーカールーム。これは収益を生む構造が日本で馴染みのある麻雀荘に似ていることにあり、ポーカーマネージャーをトップにスッキリとした業務担当で運営されている。

これまで日本ではポーカーが面白いという評判や噂はありませんでした。





それは、日本に伝わっているポーカーが、ドローポーカー(5カードポーカー)という、この世で最も面白くないポーカーであることが原因と言えるでしょう。





この私も子供の頃に教わったポーカーに何の魅力も感じませんでした。





しかし、このインターネット時代になり、徐々に本当のポーカーが伝わりはじめ、今日では日本でも年々ポーカーファンが増え続けている状況です。





このポーカーは、カジノ部門の中でも独立した部門の様に扱われています。





それは、賭博の胴元であるカジノディーラーとの勝負ではなく、麻雀の様にプレイヤー同士が勝負をするゲーム故に、カジノ部門ポーカー課では、場所代をはじめとする手数料が主な収益です。





そんなポーカー課ではポーカー・マネージャートップに、僅かなポストで運営されています。


カジノ部門・ポーカー課

ポーカー・マネージャー
       ↓
シフト・マネージャー
       ↓
ディーラー】【キャッシャー



この様に、【キノ課】や【スポーツブック・レースブック課】の様に組織体系がシンプルです。





ポーカーに詳しくない方々にとってしてみれば、カジノゲームのなかで最も複雑なゲームでありながら、最もシンプルな組織図というは不思議かも知れませんね。





次回は【カジノ部門・ポーカー課】の【ポーカー・ディーラー】のお話をします。




カジノ部門【ポーカー課】で活躍するカジノ職員【ポーカー・ディーラー】とは?仲間内のポーカーなら、麻雀同様に親(ディーラー)を順番にこなしてゆくのが決まりながら、カジノ施設内のポーカールームでは、公平な立場で正確な知識を提供する【ポーカー課】の最前線で活躍する接客要員。

カジノ部門の中でも【ポーカー課】は他のカジノゲーム課とは異なる課であることは前回の記事でお話しました。





通常ならば、カジノ部門テーブルゲーム課に入っててもおかしくないのに、別のカテゴリで考えられているのは、その特殊なゲーム性故であると言えるでしょう。





この様にお伝えしても、ポーカーゲームのルールをご存じない方には(?_?)といったところですが、手札の強い弱いはあるものの、手札が強い者が勝つとは限らないゲームでもあるからです。





こういった幾つかの特殊性を踏まえて、ポーカーはスキルゲームだと言われています。





日本では近年ポーカーファンが増加傾向にありますが、ある一定の愛好家層を持つ麻雀で例えたら判りやすいかも知れません。





麻雀も最初の配牌という運はあるものの、スキルってゆくゲームで知られていますし、親が有利であるからこそ、親が順番で回ります。





本来はポーカーも仲間内やルールに応じて、1ゲームごとにプレイヤーが順番に親(ディーラー)を行うというルールがあります。





それは、(ディーラー)有利だからです。





この親は有利なのですが、全員のプレイを監視していなければならず、どの局面でも公平な考え方と正確な知識を持っていなければならないので、これをカジノ側が提供しようということで、スキル&レベルの高いポーカーディーラーを提供しています。





これがポーカーでのポーカー課が得られる収入源のひとつです。





そして、もうひとつは席料、またはポーカールームへの入場料という名目でチャージが入りますので、麻雀荘と同じ収益形態と言えるでしょう。





ポーカー・ディーラーは、担当を受け持つテーブルで、ポーカーゲームの円滑進行と、公正で公平なジャッジを行います。





ポーカー・ディーラーはカードを扱うので、優れたカードディーリング技術(カードさばき)も求められますが、やはりカジノ職員ということで、カジノに相応しい接客能力を求められます。





ポーカー・ディーラーとしてカジノ側に採用されるには、他のカジノでの経験者が一般的なのですが、もちろん新人や若い者を採用してゆかなければ人材不足となってしまいます。





カジノ施設では店に見合った規則を踏まえた新人研修はあるものの、【ポーカー・ディーラー】の育成は行っていない為、【ポーカー・ディーラー養成学校】や訓練学校でテクニックや知識を身につけ、採用試験を受けてカジノ側に評価されれば採用されるということもあります。





これをカジノ業界では技術面接試験と呼んでおり、常にスターディーラーとなる人材を捜しています。





次回は【カジノ部門・ポーカー課】の【ポーカールーム・キャッシャー】のお話をします。




カジノ部門【ポーカー課】の【ポーカールーム・キャッシャー】とは?カジノ内のポーカールームと呼ばれるポーカーエリア内で現金とポーカー・チップを交換する場所であり、その【ポーカールーム・キャッシャー】で働く職員は計算力と接客能力が要求されるポジション。

前回は【カジノ部門】【ポーカー課】の【ポーカー・ディーラー】のお話をしました。





今回は、同ラインのポジションとして接客担当する、ポーカールーム・キャッシャーのお話です。





ポーカールーム・キャッシャーとは、ポーカーエリアであるポーカールーム内設置されている、ポーカーチップ専用のキャッシャーです。





同じカジノ内にありながら、他のカジノゲームで使用されるチップと、ポーカーで使用されているチップでは異なるのかと思われるでしょうが、これはなります。





故にポーカーチップと言われています。





ポーカーチップだけが置き列べられていた場合ではチップと呼ばれるでしょうが、チェックと呼ばれるタイプや、デノミネーションと呼ばれるタイプがあります。





基本的にポーカーチップはとても高額なチップまであります。





私が目にしたことがあるポーカーチップでは、1枚で10万ドルという金額です。
( ̄□ ̄;)





1枚のチップが【$1=100円】であるとして計算した場合の日本円で1,000万円もの金額ですから、とても高額です。





ルーレットブラックジャックバカラ等ではこのような高額チップは基本的に扱われません。





ポーカールーム・キャッシャーでは、現金とポーカーチップとの交換業務故に、それなりの計算能力を要求されますが、直接の接客係としてもある程度のスキルが必要で、顧客からの満足度を高める努力を要求されます。





このポーカールーム・キャッシャーとして働くには、ポーカーチップの取扱いルールや換金計算能力を備え、スムーズな換金処理ができる、人柄の良い接客が望ましいと考えられていることから、一般の職業からでも採用試験と面接を経て採用されている枠でもあります。





次回は【カジノ部門・ポーカー課】の【ポーカー・シフトマネージャー】のお話をします。




カジノ部門【ポーカー課】の管理職【ポーカー課シフトマネージャー】とは?ポーカールームの現場責任者として、プレイヤーだけでなく、ディーラーの不正に関する知識も必要なポストで、ポーカールールや法令・社内規定・顧客対応のスペシャリストが務める重要な管理ポスト。

ここまで、【カジノ部門】【ポーカー課】の【ポーカー・ディーラー】と、【ポーカールーム・キャッシャー】のお話をしました。





今回は、これまでに紹介した【ポーカー・ディーラー】と、【ポーカールーム・キャッシャー】の上司を務める、ポーカー課シフトマネージャーのお話です。





ポーカー課シフトマネージャーは、これまでお話してきた【カジノ部門のテーブル課】と同様に重要なポストであり、特に国の法令や、地域の法令、社内規定に基づいたゲームを提供し続ける様に管理する責任があり、ポーカーゲームのルールに誰よりも詳しく、そして経験で培った対応能力を要求されます。





ポーカー課シフトマネージャーは、ポーカールームの現場責任者として、プレイヤーだけでなく、ディーラーの不正監視能力も必要なポストなので、常に自分が担当するエリアのテーブルを管理下に置かねばならず、次のシフトを担当するシフトマネージャーに引き継がねばなりません。





ポーカー課シフトマネージャーには、ポーカーというゲーム全てに於いての知識と適正な判断を下すことができる人物でなくてはならず、優れた接客能力も必要であることから、ポーカーディーラーの中でも特に優秀な人物から抜擢されるのが一般的で、他業種の管理職経験者から採用されることはまずありません。





次回は【カジノ部門・ポーカー課】の【ポーカー・マネージャー】のお話をします。




カジノ部門【ポーカー課】の【ポーカー・マネージャー】とは?ポーカー課を取り仕切る一課の長として、ポーカールームを取り仕切るだけでなく、ポーカー大会の開催企画や、ポーカートーナメントの指揮権を持つことから、カジノ施設のアピールに大きく貢献するポストと言える。

今回は、【カジノ部門】のトップであるポーカー・マネージャー役割をお話します。





近年日本でもポーカーファンが増え、数年前と比較すると、お話にならない程の人気ですが、それは日本だけの話であって、世界ではここ数十年ずっと大人気です。 (笑)





ここまで、【ポーカー・ディーラー】、【ポーカールーム・キャッシャー】、【ポーカー課シフトマネージャー】を紹介してきましたが、このポジションすべてを統括しているのがポーカー・マネージャーです。





ポーカー・マネージャーは、ポーカールームすべての運営管理に対して責任を負う管理職で、この上にはこれまで紹介してきました、【テーブルゲーム課】【スロット課】【キノ課】【スポーツブック&レースブック課】すべてを統括している【カジノ部門のカジノ事業部長】、その上の【総支配人】という役職しかありませんので、事実上ポーカールームのすべてを任されています。





どの課でも課のトップは管理能力を問われますが、このポーカー課世界大会トーナメントまで企画して世界中から注目を集めることとなりますので、その企画権限指揮権を持つポーカー・マネージャーカジノ施設の知名度を高めるアピールに大きく貢献する最重要ポストであると言えるでしょう。





ポーカー・マネージャーポーカールーム全体の職員の労務管理を行いながら、ポーカールーム運営指揮を執るので、ポーカーに関わるすべての知識と運営法律、顧客対応に長けていなければなりません。





故に、ポーカー・マネージャーのポストに就く人物は、他業種から抜擢されることはなく、部下の【ポーカー・シフト・マネージャーの中から、より抜きの人物が指名されるのが一般的です。





今後は日本でも、ポーカートーナメントが開催されてゆくことでしょう。





次回は、【カジノ部門・カジノマーケティング課】のお話をします。




カジノ部門の企画担当と経営戦略を担う【カジノマーケティング課】とは?ハイローラーと呼ばれる大口顧客の趣味・嗜好を把握しながら、役割分担された担当がそれぞれ営業接待するホスト役のチーム

カジノ施設カジノ部門には、ゲームを管理する課だけではなく、カジノ施設を利用して貰う為に接待する課が存在します。





それがカジノマーケティング課です。





このカジノマーケティング課では、ハイローラーと呼ばれる大口顧客に度々来場して貰う為に、顧客の趣味・嗜好を調べ、特典を付けることでついで遊びとしてお金を落として貰う算段、つまり経営戦略を立てます。





カジノ施設でのプレイは、プレイヤーポイントだったり、プレイコンプと呼ばれるポイント加算制であることは知られていますが、このプレイヤーポイントのデータだけでも多くの情報が得られると言われています。





どれだけプレイしているというデータだけではなく、どのタイプの賭けを好むのかであったり、賭け方から見る人物タイプカジノゲーム以外の施設利用によって趣味・嗜好を把握することができるからです。





挙げればたくさんありますが、カジノ側が飛行機の往復チケットや、滞在費まで負担しても招待したいと判断すれば、ありとあらゆる特典を提示して招くこと。





これがカジノ施設の接待です。





このカジノマーケティング課では、【カジノマーケティング・マネージャー】をトップとして、5つのポジションに別けてあらゆる層のカジノ客を呼び込もうと企画を立てています。


【カジノ部・カジノマーケティング課】

【カジノマーケティング・マネージャー】
      ↓
【テレマーケティング担当】
【トーナメント担当】
【イベント担当】
【各営業所スタッフ】
【カジノホスト】



この様に【カジノマーケティング・マネージャー】の部下には、5つのポジションが設けられていますが、これら5つのポジションは横並びのポジションであるのが一般的です。





それぞれのポジションが専門とする役割を果たし、連携しながら顧客誘致の戦略を完成させてゆきます。





次回は、【カジノ部・カジノマーケティング課】全体で行われている業務をお話します。




カジノ部門の【カジノ部・カジノマーケティング課】は、あらゆる層の顧客を誘致する為の経営戦略部署であり、それぞれのポジションが専門のデータを集めて顧客にとって魅力と感じる企画やイベントを提供することで度々足を運ばせるプロフェッショナル!

カジノ施設では、プレイヤーポイントが用意され、プレイヤーのゲーム履歴や利用施設の履歴、買い物の履歴、宿泊利用レベルの履歴等がすべて把握されています。

6547755.jpg

これらの利用ポイントが貯まると、レストランの無料招待や、アトラクションや有名アーティストのコンサートが無料招待されるサービスが受けられます。





家族で遊びに来ることが多ければ、家族が喜びそうな企画サービスを無料提供することで、カジノへの旅行を決断させる戦略が用いられています。





ハイローラーと呼ばれる顧客ともなると、どこのカジノでも引っ張りだこな訳ですから、プレイ実績から見る見込み利用祖利益を算出し、ファーストクラスの往復チケットプレゼントに加え、スペシャル・スイート10日無料宿泊、滞在中の飲食費無料、家族へはガイド付きの観光案内、入手困難なコンサート招待等をエサに迎え入れようとレベルに応じた接待を提示します。





付いて回る役目はカジノホストと呼ばれる役回りで、接客係兼ガイド役として役目を果たしますので、語学が堪能で人間的魅力に溢れた人物が高給優遇かつ採用に有利です。





カジノ部・カジノマーケティング課は、【カジノマーケティング・マネージャー】をトップとして、【テレマーケティング担当】【トーナメント担当】【イベント担当】【各営業所スタッフ】【カジノホスト】のポジションが設けられていますが、どのポジションでも共通している部分は、優れた接客能力と交渉力、人間的魅力なので、カジノ施設での勤務経験がなくても採用される部署のポジションです。





ハイローラーVIP待遇は受けてみたいものの、一度の来店で数億から数十億をバラ撒く豪遊プレイヤー達でないとハイローラーとは呼ばれない様なので、世界は広しです。( ̄□ ̄;)




★★★◆ブログ~案内~◆★★★
CASINO-6-8-(2).png 子供のんだ経験と、単純ルールながらも白熱したおもしろさ記憶があってか、【CASINO-GAME(カジノゲーム)】をにすると、ニンマリしてしまいます。
CASINO-6-8-(1).png
こどものにはトランプテレビゲームんでいましたが、インターネットオンラインカジノで知った、本物のお金を賭けてプレイする(`・_・´)ン-【Black-Jack(ブラックジャック)】や、Roulette(ルーレット)めとする、日本からでもインターネットを介して合法べるBROWSING-CASINO-GAME(ブラウジング・カジノゲーム)を見つけてしまいました。( ̄∇ ̄*)フフフ
CASINO-6-8-(3).png
私が安心してプレイできるのも、24時間体制日本語サポートがあるからですが、とても親切対応安心できる管理体制にとても信頼を寄せています。
2016-4-11(1).jpg
やはり政府発行したライセンスを持っているインターネットオンライン仮想カジノサービス安心感うと感じます。
2016-4-11(3).jpg
2016-4-11(5).jpg
諸外国ではセレブびととして知られるCASINO-GAME(カジノ・ゲーム)しさはエレガントびであるものの、とても刺激的びとして知られていますので、VIPセレブが好むびを始めることはVIPセレブへの第一歩と言えるでしょう。
2016-4-11(2).jpg
この【世界のカジノを自宅で安全に楽しむためのニュースサイト!】で紹介しているインターネットオンラインカジノやサイトは、すべて私自身が登録している安心できるインターネットオンラインカジノサイトだったり、プレイテクニックを参考にしているサイトですから、みなさんも日本に居ながらCASINO-GAME(カジノゲーム)しむだけでなく、高額賞金っちゃってください(*^∇゜)
2016-4-11(6).jpg
さんがげてせになれば、私も同じ様にしいです(/_・)
  2016-4-11(4).jpg
また、日本のカジノ誘致する情報や、世界のカジノ情報もおしますので、合わせて参考にしてください。^^
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1704位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
85位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR