カジノ施設を自国に持つ国の多くは、カジノ利用を外国人に限定している傾向が強い中、ベトナムのカジノでは試験的に自国民の遊技可能を処置を考えた理由がなかなかの失笑。

自国にカジノ施設を持つ多くの国が、外国人からの外貨獲得目当てであり、自国民のプレイを禁じていることが目立つカジノ事情





これはアジア圏が多く、インフラ整備が悪く、国民の生活レベルが良くない特徴が見られます。





現在、ベトナムはとても経済成長の上昇気流にありますが、やはりベトナムのカジノも外貨を獲得する手段としてカジノ誘致を行いました。





これまでのベトナムカジノでは、外国籍を有して合法的に入国した者のみの入場を認可してカジノ運営を行って来ましたが、何処の国でも富裕層は必ず存在するもの。





この富裕層が、カンボジアシンガポールカジノ目的で旅行へ訪れ、資金流出の原因となっていると言います。 (笑)





外貨を獲得する為に自国民のカジノ遊技を禁止した訳ですが、この様な事になることは考えていなかったベトナム政府は、試験的に自国民の遊技可能を考えたらしいです。





それは、政府管理の下、本人確認によって身元収入といったチェックを満たした国民にも遊技資格を与えるというもの。





こういった先人の問題や考えはとても参考になり、日本のカジノ誘致問題でも取り入れるべきではないでしょうか。




スポンサーサイト

ベトナム初の大型カジノリゾート計画の10年構想。東京ドーム35個分という途方もない広大な敷地面積を用いて、最終的には9000室の客室を持つ2つのホテルという計画の一部であるザ・グランド・ホートラム。

ベトナムにはこれまでにも小規模なカジノはありましたが、10年構想を立てられている大型カジノリゾート計画のカジノは既に運営されています。





このベトナム初の大型カジノリゾートの名はザ・グランド・ホートラム





現在、このカジノの規模は541室の客室を持つ5つ星ホテルと、90台のゲーミングテーブル614台のマシンゲームが設置されたカジノで運営されています。





このリゾートは稼働していながらも常に工事が行われ、8年から10年を要して完成する予定





その完成時には、9000室の客室を備えたホテルと、2000台のカジノゲーミングを完備する予定とか。





敷地面積164ヘクタールという広大な土地には、2014年開業のワールドチャンピオンシップ・ゴルフコースや、その他様々な計画が盛り込まれています。





敷地面積164ヘクタールと言われてもピンと来ないかも知れないので、東京ドーム何個分かでお話すると、なんと35個分です。 (笑)





この大きさを知ってしまうと、10年構想も頷ける訳ですが、現在の状態でベトナム市民2000人が雇用されていることから、10年後には軽く数万人規模の雇用が期待されています。





この雇用されているベトナム市民達は、2年に渡りMGM社のトレーニングを受けており、少なくともこの2000人は世界基準の応対能力を身につけていると考えて良いでしょう。




東京ドーム35個分という途方もない広大な敷地面積を用いてカジノ複合施設を完成させるベトナムカジノの完成は、日本で開催される東京オリンピックと同じくして2020年の予定。

2020年





東京オリンピックが開催される年として、誰もが記憶している数字。





このベトナムの話題としてはもうひとつ挙げられることがあるとすれば、人口です。





2020年には日本の人口とベトナムの人口が同じになる瞬間があるらしいです。





日本は人口が減り続けていると言われ、ベトナムでは増加傾向と言われています。





東京ドーム35個分という途方もない広大な敷地面積を用いてカジノ複合施設を完成させるベトナムカジノが完成するのは日本で開催される東京オリンピックと同じくして2020年の予定





合計9000室という、客室係で何名の従業員が必要なのかという程巨大なホテルが完成し、180台のライブゲームテーブルと、2000台のゲームマシンが揃う2つのカジノが完成する予定





現在のザ・グランド・ホートラムでは、一般向けカジノエリアには35台のゲームテーブルが用意されており、一般エリアでは5ドル~20ドルというミニマムベットとなっていることから、高額ベットで緊張感とピリピリした勝負を楽しむよりも、ゲームを楽しむエリアとしての指向性





現在の一般向けカジノでは、バカラ19デッキプログレッシヴジャックポットポーカーデッキブラックジャックデッキルーレットデッキシックボーデッキ35デッキ





現在のマシンゲーム614台の内、565台がスロットマシンで、後はビッグウィールクラップス等。





もちろん、VIPエリアは別にあるので、次回お話しましょう。




ベトナム最大のカジノ、『ザ・グランド・ホートラム』。東京ドーム35個分という想像に難しい敷地面積の中で10年計画中のカジノながら、やはりVIPエリアは稼働中。

昨日の記事で、ベトナム最大のカジノ『ザ・グランド・ホートラム』で営業している一般向けカジノエリアのお話をしましたが、今日はVIPエリアのお話です。





『ザ・グランド・ホートラム』のVIPエリアでは、専用ラウンジが用意されており、そのラウンジを囲む様に5つのゲーミングルームが用意されています。





このVIPルームのゲーミングはバカラが主流で、現在のところは5000ドルのバイインが設定されています。





このバイインとは5000ドルの持ち込み提示をしないとVIPルームへの入場が認められないというもの。





マカオのVIPルーム利用ではバイインではなく、2万ドルや3万ドルを支払って入場権利を買い、更に1ハンド500ドル以下はプレイ不可という決まりがあったりするので、このベトナムカジノの規約はVIPエリアとしては敷居が低いと感じてしまうことでしょう。





VIPルームには10人のパーソナルスタッフが常駐しており、VIPゲストのリクエストに応対。





カジノ全体としてでは、5人のスタッフが日本語に対応できる様で、少なからず日本からの客を意識していると言えるでしょう。





ベトナムカジノは、カジノ建造物に見られがちな贅を尽くした絢爛豪華な作りではないものの、緑との調和を考えられたリゾートカジノなので、静寂な空間と解放感を求めるユーザー向けと言えるでしょう。




★★★◆ブログ~案内~◆★★★
CASINO-6-8-(2).png 子供のんだ経験と、単純ルールながらも白熱したおもしろさ記憶があってか、【CASINO-GAME(カジノゲーム)】をにすると、ニンマリしてしまいます。
CASINO-6-8-(1).png
こどものにはトランプテレビゲームんでいましたが、インターネットオンラインカジノで知った、本物のお金を賭けてプレイする(`・_・´)ン-【Black-Jack(ブラックジャック)】や、Roulette(ルーレット)めとする、日本からでもインターネットを介して合法べるBROWSING-CASINO-GAME(ブラウジング・カジノゲーム)を見つけてしまいました。( ̄∇ ̄*)フフフ
CASINO-6-8-(3).png
私が安心してプレイできるのも、24時間体制日本語サポートがあるからですが、とても親切対応安心できる管理体制にとても信頼を寄せています。
2016-4-11(1).jpg
やはり政府発行したライセンスを持っているインターネットオンライン仮想カジノサービス安心感うと感じます。
2016-4-11(3).jpg
2016-4-11(5).jpg
諸外国ではセレブびととして知られるCASINO-GAME(カジノ・ゲーム)しさはエレガントびであるものの、とても刺激的びとして知られていますので、VIPセレブが好むびを始めることはVIPセレブへの第一歩と言えるでしょう。
2016-4-11(2).jpg
この【世界のカジノを自宅で安全に楽しむためのニュースサイト!】で紹介しているインターネットオンラインカジノやサイトは、すべて私自身が登録している安心できるインターネットオンラインカジノサイトだったり、プレイテクニックを参考にしているサイトですから、みなさんも日本に居ながらCASINO-GAME(カジノゲーム)しむだけでなく、高額賞金っちゃってください(*^∇゜)
2016-4-11(6).jpg
さんがげてせになれば、私も同じ様にしいです(/_・)
  2016-4-11(4).jpg
また、日本のカジノ誘致する情報や、世界のカジノ情報もおしますので、合わせて参考にしてください。^^
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1704位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
85位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR