ラスベガスのベネチアンカジノは、水の都と表現されるイタリアのベニスをテーマに建造物や街並みを再現した高級リゾートカジノ。【ヴェネチアンカジノ・リポート①】

ラスベガスに居ながらイタリアに居る気分になるリゾートカジノ





それがラスヴェガスヴェネチアンカジノ





日本で言うところのラスベガスのベネチアンカジノです。





このベネチアンカジノは、ラスベガスの中にイタリアの一部を移植した様な演出をしている高級リゾート。





水の都ベニス(ヴェニス)と言えば、イタリアへ行ったことのない方でも頭に浮かぶのではないでしょうか。





このサンマルコ広場リアルト橋が忠実に再現されており、来場者の目を楽しませます。





このリアルト橋が再現されているということは、その下はもちろん水路が再現されており、この水路はホテル内に通じ、ショッピングモールらに繋がっています





この水路を私達が巡ることも可能で、有料でゴンドラに乗って廻るサービスがあります。





ベネチアンカジノは建物内に入る前に周囲を一周したくなる衝動に駆られるので、時間に余裕がある方は回ってみてはいかがでしょう。





ベネチアンカジノの外観を見る場合、ライトアップされたオススメです。




スポンサーサイト

外観でも楽しめるベネチアンカジノホテルの客室は全室がスイートながら、ジュニアスイート等の料金は、通常のホテルと大差が無いというサービスが受けられる。【ヴェネチアンカジノ・リポート②】

ラスベガスの中にイタリア水の都ベニスを再現してあるベネチアンホテルは、外観の再現だけでなく、室内にも及びます。





ヴェネチアンカジノの建物内に入ると、よりヴェニスの雰囲気が増す造りがなされており、カジノ施設特有の高い天井にはフレスコ画が描かれています。





フレスコ画は、シックながらゴージャスさと荘厳さを兼ね揃え、高級感を感じることでしょう。




客室は全室がスイートとなっており、ホテルに安っぽさを感じさせません。





しかしながら、最低ランクとも言える設定のジュニアスイートルームの料金でも通常の一般ホテル料金と大差がないことから、異常な割安感を感じるのは、これもカジノならではの演出かも知れません。





つまり、普通の人でもセレブリティ感覚を簡単に味わえてしまう演出を体験できるというもの。





客室にミニバーを完備したカジノホテルは珍しく無くなってしまいましたが、この客室にミニバーを完備したのはベネチアンカジノが最初





フロントに出向かなくても自室でコピーやFAXが使えるのも、ビジネスマンにとっては有り難く、時代と共に改装や増築を繰り返し、常に優美で新しい部屋を利用できることも魅力のひとつと言える高級カジノホテルです。




富裕層が集まりやすい様、世界中のグルメを集めることに力を注いだベネチアンカジノ。どこのカジノホテルもレストランに力を入れているのは当然ながらも、ヴェネチアンカジノは特に食事に力を入れていると言える。【ヴェネチアンカジノ・リポート③】

イタリア・ベニスを思わる建造物と、美しいフレスコ画に加えて全室がスイートの客室となったら、やはり食べ物にはこだわらないとなりません。





どんなに豪華なホテルであっても、食事がまずくてはどの様なホテルでも経営は傾くのは当然





食とは、それほど大切なもの。





日本のホテルでも、宿泊に来なくてもレストランだけは利用されているので、理解しやすいでしょう。





それがかなり割高であってもです。





このヴェネチアンカジノホテルでは、レストランが充実しています。





フレンチイタリアンは元より、オーガニックまで、世界中のグルメが知るところの名高い高級レストランが勢揃い。





ただ、カジュアルなフードコートもかなり用意されているので、食事にお金をかけない方や、若い層の客にも気配りがなされています。





現在では、高級料理が15店カジュアルな店が23店営業しているので、滞在中は誰もが全店制覇を目指したいと考えてしまうことでしょう。 (笑)




ベネチアンカジノはラスベガスの中でも指折りの高級カジノながら、庶民から大富豪まで遊べてしまう幅の広いカジノ!【ヴェネチアンカジノ・リポート④】



ラスベガスカジノホテルというと、どこのホテルでも高級ホテルカジノという先入観が入ってしまいがちではあるものの、意外にカジュアルで若者にも入りやすい店はたくさんあります。





その中でもベネチアンカジノ指折りの高級カジノで有名な施設ながら、庶民から大富豪まで遊べてしまうという、幅の広いカジノ。





一般来場者エリアでも、ブラックジャック15ドルが最低BETして設定されていますが、誰にでも親しみやすいスロットマシンは2200台揃えられており、5セントという低レートからプレイできます。





ただ、ハイローラー達が集うVIPエリアでは、より充実したフロアに仕上げられており、特別大富豪達の為にスイートルームの個室を用意しているのもヴェネチアンカジノの特徴と言えるでしょう。





高級カジノではあるものの、幅広い客層に対応したエレガントカジノと感じることでしょう。





日本でカジノゲーム安全合法覚えながら旅行費ぐならベラジョンカジノです。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




カジノと言えば賭け事を連想するが、忘れてならないのがショービジネス。オペラやミュージカル、コンサートをはじめとする世界中エンターテインメントが勢揃い。もちろんベネチアンカジノならではの個性を魅せるエンターテインメントが楽しめる。【ヴェネチアンカジノ・リポート⑤】

一般的にカジノと言えば賭け事を連想するのですが、ラスベガスエンターテインメントの街でも有名です。





つまり、ショービジネスです。





日本でもキャッツミュージカルロングラン公演が行われたりしていますが、誰もが何度も見たくなる様なレベルの高いエンターテインメントがカジノでは特別契約公演しています。





世界中で有名なアーティストのコンサートがラスベガスのカジノ等で公演されるとなると、長期契約となるので、ラスヴェガスまで足を運ばなければ観ることが出来なくなってしまう程です。





そこもカジノ側の経営戦略でもある訳ですが、このショービジネスの開催はカジノごとにカラーがなります。





このベネチアンカジノもショービジネス公演に力をいれており、周期ごとに新しいショーを企画していますが、なかなかユニークなショーを企画しています。





現在9つエンターテインメントを行っていますので、次回から1つずつ紹介してみましょう。




ラスベガス・ベネチアンカジノで公演されているミュージカル【Rock of Ages(ロック・オブ・エイジズ)】・・・それは1980年代の恋とロックミュージシャンの物語【ヴェネチアンカジノ・リポート⑥】

ラスベガスエンターテインメント集合地です。





故に、どこのカジノ施設でもショージネスの公演が盛んに行われており、子供から大人まで老若男女が楽しめる工夫がされている、とても質の高いミュージカルアトラクションコンサート等を楽しめます。





このラスヴェガス・ヴェネチアンカジノでも、数多くのエンターテインメントを扱ってきていますが、このリポートでは、現在開催されているショーを紹介します。





まず今回紹介するベネチアンカジノエンターテインメントは、ミュージカル





Rock of Ages(ロック・オブ・エイジズ)





この【Rock of Ages(ロック・オブ・エイジズ)】は中世の岩





この作品は、1980年代の物語で、夢を追いながら恋に落ちるというミュージシャンのストーリー





癖のある大きなギターの演奏や、スカッとするラブストーリーを展開しながら声量のある歌声が魅力なミュージカル。





日曜日と火曜日から金曜日はPM8:00~の公演、土曜日にはPM7:00と10:00の公演スケジュールで、場所は【Rock of Ages Theatre(中世劇場の岩)】です。




ラスベガス・ベネチアンで公演されているアクロバット・パフォーマンス【Panda!(パンダ)】音楽に乗せて繰り広げるダンスとアクロバットに物語が加わる、目が離せないショー。【ヴェネチアンカジノ・リポート⑦】

ラスベガスベネチアンカジノが提供しているショービジネス第二弾です。





第二弾Panda!(パンダ)というパフォーマンスを物語で公演しています。





このパフォーマンス中国雑伎団アクロバットパフォーマンスを行いながら物語を進めてゆきます。





音楽に乗せて繰り広げるダンスとアクロバットは、きが多く目が離すことができない仕上がり。





大規模なLED照明を背景に、夢と救助の物語を演出





Panda!(パンダ)】は金曜日~火曜日の公演で、PM19:30~【Palazzo Theatre(パラッツオ劇場)】です。




ラスベガスのベストレビュージャーナルで選ばれたモータウンショー【Smokey Robinson presents Human Nature: The Motown Show(スモーキー・ロビンソン・プレゼンス ヒューマン・ネイチャー:ザ・モータウン・ショー)】はラスベガス・ベネチアンカジノが企画たショーだった。【ヴェネチアンカジノ・リポート⑧】

ラスベガス・ベネチアンカジノホテル主催しているショーの紹介は、今回で3つ目です。





今回はSmokey Robinson presents Human Nature: The Motown Show(スモーキー・ロビンソン・プレゼンス ヒューマン・ネイチャー:ザ・モータウン・ショー)です。





文章にすると、ちょっと長いですね。^^;





このショーは、ラスベガスのベストビュージャーナルで選ばれたモータウンショーで、カジノで上客となりやすい中高年の来訪者にとても人気のあるショーです。





ショーは、フォー・トップスシュープリームステンプテーションズスモーキー・ロビンソンスティーヴィー·ワンダーといった有名なアーティストをフューチャーし、クラッシクな名曲を現代風にアレンジして、誰もが踊り出したくなる様な演出をしています。





とてもパワフルな90分に、誰もが見逃せないショーとして絶賛しているので、観ておきたいショーのひとつと言えるでしょう。





Smokey Robinson presents Human Nature: The Motown Show(スモーキー・ロビンソン・プレゼンス ヒューマン・ネイチャー:ザ・モータウン・ショー)】のスケジュールは月曜日~金曜日で、PM19:00~開演しています。





劇場は【Sands Showroom(サンズショールーム)】です。




ゴールデングローブ賞を受賞したコメディアン俳優【Tim Allen(ティム・アレン)】が、ラスベガス・ベネチアンカジノで限定のスタンド・アップ・コメディを繰り広げる。【ヴェネチアンカジノ・リポート⑨】

喜劇役者として有名なTim Allen(ティム・アレン)





彼は俳優としてゴールデングローブ賞を受賞しており、少し若い頃のトム・ハンクスを思わせる人物。





そんな【Tim Allen(ティム・アレン)】が、ラスベガス・ベネチアンカジノの企画しているショーに限定案内として出演中。





優先座席VIPパッケージの方は、ティムとのコミュニケーションチャンスが待っています。





Tim Allen(ティム・アレン)】のショーは限定案内なので、事前予約でスケジュールの確認が必要ですが、ショーが行われる場合にはPM8:00~のショーと、PM10:00からのショーが予定されます。





劇場は【Sands Showroom(サンズ・ショールーム)】です。




エミー賞とゴールデングローブ賞ノミネート歴を持つ【David Spade(デヴィッド・スペード)】がラスベガスの舞台で笑わす。テレビコメディアンとして有名な彼はと映画俳優としても人気で、ユニークなパフォーマンスで愉快な夜を!【ヴェネチアンカジノ・リポート⑩】

ラスベガスを笑わせる有名なコメディアンは数多くいるが、この【David Spade(デヴィッド・スペード)】もそのひとり。





David Spade(デヴィッド・スペード)はコメディアンとして有名で、テレビや映画俳優としても人気。





テレビではエミー賞にノミネート、映画ではゴールデングローブにもノミネートされた経験を持っています。





皮肉なジョークを放つことで有名な【David Spade(デヴィッド・スペード)】のショーは限定案内なので、事前予約でスケジュールの確認が必要ですが、ショーが行われる場合にはPM8:00~のショーと、PM10:00からのショーが予定されます。





劇場は【Sands Showroom(サンズ・ショールーム)】です。



ラスベガスのエンターテインメントショーの歴史でも、最も長く活躍し、コメディアンの重鎮と評価されている【Rita Rudner(リタ・ラドナー)】のステージは、ベネチアンカジノが最もオススメしているトークショーのひとつとして、ロングランを更新中!【ヴェネチアンカジノ・リポート⑪】

Rita Rudner(リタ・ラドナー)】という女性は、ラスベガスエンターテインメントの歴史の中でも、最も長く活躍し、そして高い評価をえて業界で成功していると評価されているコメディアンのひとりです。





マルチ賞を受賞しているRita Rudner(リタ・ラドナー)は、ラスヴェガス・ベネチアンが最もオススメしているトークショーのひとつとして、ロングランを更新しています。





彼女の人気は、彼女ならではの視点で物事を観察し、そのシャープな間とテンポの良い話し方が挙げられます。





Rita Rudner(リタ・ラドナー)】をプロデュースしているヴェネチアン・ラスヴェガスは、彼女の最高のショーを見るならサンズショールーム以外に無いと自信を持っているエンターテインメントです。





Rita Rudner(リタ・ラドナー)】のショーは限定案内なので、スケジュールの確認必要ですが、ショーが行われる場合にはPM8:30が予定されます。





劇場は【Sands Showroom(サンズ・ショールーム)】です。




ベネチアン・ラスベガスが発行する高級スタイルマガジンは世界中の一流と呼ばれるものを、地球上から集めている様な情報誌で見ただけで何を伝えたいのかが何となく解る素晴らしい雑誌【Style Magazine(スタイル・マガジン)】。【ヴェネチアンカジノ・リポート⑫】

カジノが世に送り出しているエンターテインメントショーだけではありません。





ベネチアン・ラスベガスが発行している高級スタイルマガジンはなかなか面白い存在。





出版社の経営状態やスポンサーの意向で編集される雑誌ではなく、世界中で話題になっている人物や、この世で一流と呼ばれている食や物をすべて網羅しようと探索されているかの様な雑誌なのです。





このStyle Magazine(スタイル・マガジン)の面白いところは、英語が読めない方でも楽しめるところにあります。





ページを開いたら、何を伝えたいのかが何となく解るところが素晴らしく、日本で発売されているファッション誌等に掲載されている海外ブランドのインパクトだけで何を伝えたいのか理解出来ない独りよがりなところが感じられません。





もし、機会があったら開いて欲しいスタイルマガジンの一冊です。




ベネチアン・ラスベガスで【Da Vinci The Exhibition(ダ・ヴィンチ展)】とは驚かれるかも知れないが、レオナルド・ダ・ヴィンチの生涯と作品の調査を行い、65の発明やマシンをはじめとする高度な研究を年齢問わず驚きの体験をできる様に演出。【ヴェネチアンカジノ・リポート⑬】

今更レオナルド・ダ・ヴィンチ凄さ功績を語るには足らないとは思われますが、ベネチアン・ラスベガスで【Da Vinci The Exhibition(ダ・ヴィンチ展)】か開催されています。





このDa Vinci The Exhibition(ダ・ヴィンチ展)は、私達が知っている博物館や美術館の様に退屈なところではなく、年齢を問わず驚きや興味を示す様に演出されています。





Da Vinci The Exhibition(ダ・ヴィンチ展)】では、レオナルド・ダ・ヴィンチの生涯と作品の調査を行い、65の発明やマシンをはじめとする高度な研究を体験できるように工夫しているので、これまでダ・ヴィンチに興味を持っていた方だけでなく、名前しか知らない方にもオススメできるエンターテインメントと言えるでしょう。





Da Vinci The Exhibition(ダ・ヴィンチ展)】は、日曜日以外の月曜日から土曜日までAM9:00オーブンです。





ギャラリーは【Imagine Exhibitions Gallery(想像のギャラリー展覧会)】です。




★★★◆ブログ~案内~◆★★★
CASINO-6-8-(2).png 子供のんだ経験と、単純ルールながらも白熱したおもしろさ記憶があってか、【CASINO-GAME(カジノゲーム)】をにすると、ニンマリしてしまいます。
CASINO-6-8-(1).png
こどものにはトランプテレビゲームんでいましたが、インターネットオンラインカジノで知った、本物のお金を賭けてプレイする(`・_・´)ン-【Black-Jack(ブラックジャック)】や、Roulette(ルーレット)めとする、日本からでもインターネットを介して合法べるBROWSING-CASINO-GAME(ブラウジング・カジノゲーム)を見つけてしまいました。( ̄∇ ̄*)フフフ
CASINO-6-8-(3).png
私が安心してプレイできるのも、24時間体制日本語サポートがあるからですが、とても親切対応安心できる管理体制にとても信頼を寄せています。
2016-4-11(1).jpg
やはり政府発行したライセンスを持っているインターネットオンライン仮想カジノサービス安心感うと感じます。
2016-4-11(3).jpg
2016-4-11(5).jpg
諸外国ではセレブびととして知られるCASINO-GAME(カジノ・ゲーム)しさはエレガントびであるものの、とても刺激的びとして知られていますので、VIPセレブが好むびを始めることはVIPセレブへの第一歩と言えるでしょう。
2016-4-11(2).jpg
この【世界のカジノを自宅で安全に楽しむためのニュースサイト!】で紹介しているインターネットオンラインカジノやサイトは、すべて私自身が登録している安心できるインターネットオンラインカジノサイトだったり、プレイテクニックを参考にしているサイトですから、みなさんも日本に居ながらCASINO-GAME(カジノゲーム)しむだけでなく、高額賞金っちゃってください(*^∇゜)
2016-4-11(6).jpg
さんがげてせになれば、私も同じ様にしいです(/_・)
  2016-4-11(4).jpg
また、日本のカジノ誘致する情報や、世界のカジノ情報もおしますので、合わせて参考にしてください。^^
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1704位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
85位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR