とてもシンプルな建物ながら、大人が求める高級感をシックに表現したラスベガスカジノホテル【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】無意味な派手さを取り除きながらも贅を尽くした最高級ホテル【ウィン・ラスヴェガス・リポート①】

今回紹介するラスベガスカジノホテルは、【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】。





Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)2005年4月28日27億ドル当時の為替レートで日本円に換算すると、実に2859億3000万円という莫大な資金を投入されて完成された高級カジノホテルです。





この【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】のオーナーは、ラスヴェガスでは知らない者はいないという程に有名なカジノホテルキングのスティーヴ・ウィン氏。





このウィン氏は、今後紹介する予定のミラージュヴェラッジオも手掛けており、それらはどれも話題を呼び、当時の流行とさえ言われたそう。





Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】の外観は、アーチを美しく表現した反射鏡の仕上げで、50階建て156mの建造物は、2005年当時世界で最も金の掛かったホテルとして有名となり9年経過した現在でもシックでエレガントながら、高級感に溢れたホテルとして、大人達に人気のカジノホテルです。




スポンサーサイト

ラスベガスのカジノホテルの中でも、高級感に加えて大人の印象を与える【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】ホテルの敷地内と豪華さは群を抜いていると誰もが感じてしまう。【ウィン・ラスヴェガス・リポート②】

前回の【ウィン・ラスヴェガス・リポート①】では、主に誕生秘話と外観について触れましたが、今回の記事ではホテルの敷地内について触れたいと思います。





まず【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】の前庭には人口の松で演出された森、40フィート(30m)もの滝や噴水を備えた湖が目を奪います。





そして何より通路が広く、その通路の周囲にはとても美しい生花に彩られ、昼と夜のどちらでも目を楽しませる工夫がエンターテインメントの街を感じさせます。





また、広大な庭にはウィン・ゴルフコースがあり、こちらは7042ヤードパー7018ホールが造られ、砂漠の真ん中のゴルフコースなのに川や滝を見ることができるので、ラスヴェガスではゴルフリゾートとしても有名であることが頷けることでしょう。




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】の1階カジノフロアは10312㎡という空間に、一般人から楽しめる賭け金を設けている。【ウィン・ラスヴェガス・リポート③】

Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】の通路は、どこも広くて動きやすく、圧迫感を感じることはありません。





カジノフロアは1階に設けられており、客室に移る為のエレベーターに向かうには、カジノフロアを抜けて行かなければならない為、経営戦略であることが理解できます。





チェックインする際に手渡されるキーは、ホテル内での飲食だけでなく、カジノメンバーズカードも兼ねているので、カジノプレイに際して新たな手続きを行う必要はありません。





この部分も、手軽にカジノプレイに敷居を作らない工夫がなされていると感じます。





このキーは、スロットマシンテーブルゲームでのプレイにも利用できるので、便利と言えば便利です。





カジノフロアは10312㎡のスペースで、大型ホテルの割に遠慮した印象を受ける規模ながら、そのクォリティは流石と言わざるをえないでしょう。





カジノフロアが忙しくなるのはやはり夜で、昼間のゆったりした環境では10ドル程度の賭け金からテーブルゲームを楽しめることから、一般の旅行者に敷居の高さを感じさせません。





フロントから客室に向かうエレベーターまでの通路にはスロットマシンがズラリと並んでおり、5セントからプレイ出来る機種も多いので、手を出しやすいと感じるでしょう。





とは言え、【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】は高級ホテルの代名詞とも言えるリゾートホテルなので、ハイローラー達が利用するハイリミットセクション充実しています。





【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】客室となる部屋は、本物を知っている大人が高級感を感じながら落ち着ける空間を静かに満喫できる。【ウィン・ラスヴェガス・リポート④】

Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】の客室は、とても高級感があります。





その高級感本物を知っている大人が感じられる高級感





そして1階がカジノフロアであることを忘れてしまう程に部屋の中は静かで、落ち着ける空間を静かに満喫することができます。





客室の番号が奇数である場合は、ストリップ側の部屋を表し、偶数がゴルフコース側とを意味しています。





どの部屋も窓が大きく長めが絶景で、部屋の中から開放的なリゾート感の演出に成功していることを感じさせます。





スタンダードルームであっても、部屋は広く豪華な造りとなっており、格の違いを見せつける様。





カジノホテルではないホテルのスイートレベルを超えているクォリティなので、驚く方はとても多いことでしょう。





この部屋の広さは3.2mの天井の高さが更に引き立てているのではないかと思われます。





ベッドはどの部屋も大きく、壁に埋め込まれているテレビは角度を調整できることから、目線の高さによる見づらさに困ることはなく、日本語放送も無料で観られることから、他のホテルに類を見ないサービスと言われた時代がありました。





部屋には現代に欠かせない通信設備が設置されているだけでなく、暗証番号式の金庫まで完備しているので便利です。





あまりにも豪華な部屋なので、外に出ずくつろぎたくなる方も多いのではないかと感じてしまうホテルなので、ラスヴェガスへの旅行を考えているならば、候補に挙げておきたいカジノリゾートです。




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わう高級料理シリーズ①【Andrea(アンドレア)】は、日本のファミリーレストランの空間をより広く、豪華にした様な高級レストラン。【ウィン・ラスヴェガス・リポート⑤】

大人が高級感を感じ、落ち着きを感じるとお伝えしてきた【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)





そんなカジノホテルには、やはり一流の料理が揃っていますが、【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わう高級料理シリーズの①として、アンドレアを紹介したいと思います。





アンドレアは、ファミリーレストランの空間をより広く、そして豪華にした高級レストラン。





料理は山葵デミグラッセニューヨークストリップステーキが有名です。





レストランの中にラウンジスペースも設けられており、世界中のアルコールを楽しめます。





レストランメニューは英語文字だけで写真はありませんので苦労するかも知れませんが、利用の際はカジノの通訳に依頼すると良いかも知れませんね。





Andreaは通常日曜日~木曜日迄のディナータイムのみの営業です。




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わう高級料理シリーズ②【BARTOLOTTA(バルトロッタ)】は2014年のフォーブス旅行ガイドで4星を受賞している地中海の魚介をメインとしたイタリアンなレストラン。【ウィン・ラスヴェガス・リポート⑥】

アメリカで最高のレストランとが出る高級レストランが【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】のレストランに名を連ねていますが、今回紹介する【BARTOLOTTA(バルトロッタ)】は2014年のフォーブス旅行ガイドで4星受賞している有名なレストランです。





このBARTOLOTTA(バルトロッタ)では、地中海の魚介をメインとしたイタリアン。





レストラン内は開放的な演出から豪華な演出まで、円形のプールの様な池を一周囲む様にデザインされています。





案内される席によっては、コテージの様に感じたり、ドルチェベルサーチが住んで居そうな空間を思わせるエリアもあったりと豪華さに目を見張るものがあります。





営業は毎晩ディナーから始まり、ディナーに終わるとか。。。





時間がハッキリしていないところまでイタリアンなのは少しえるところではないでしょうか。^^




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わう高級料理シリーズ③コロンビアの芸術家であるフェルナンド・ボテロの名にちなんで名付けられた【BOTERO(ボテロ)】はモダンな造りと古代デザインを融合させた様な室内で楽しむことも、野外で楽しむことができるシェフのメニューが人気のレストラン【ウィン・ラスヴェガス・リポート⑦】

コロンビアの芸術家であるフェルナンド・ボテロの名にちなんで名付けられた【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で楽しめる高級料理レストラン【BOTERO(ボテロ)】。





Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】のBOTERO(ボテロ)はとても有名で、中でもシェフが生み出すメニューに定評があります。





これまで【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わう高級料理シリーズとして紹介してきた【Andrea(アンドレア)】【BARTOLOTTA(バルトロッタ)】ディナーしか営業していませんが、このBOTERO(ボテロ)ではランチに加えて、一旦準備時間に入りその後ディナー営業も行っています。





この【BOTERO(ボテロ)】の人気は、ランチで舌鼓を打った客がディナーにもやってくるといったところでしょうか。





BOTERO(ボテロ)】の室内は、豊満なビーナスが横たわり、モダンなデザインと古代デザインを融合させた様な室内です。





食事は室内で楽しむことも、野外で楽しむことも選択できますが、バーラウンジもあります。





BOTERO(ボテロ)】の営業は週末の金曜日~日曜日にしか営業していませんが、ランチを楽しむことができ、ランチタイムはAM11:00~PM2:30迄、ディナータイムはPM18:00からです。




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わう高級料理シリーズ④【COUNTRY CLUB(カントリー・クラブ)】では、ランチとディナーだけでなく、ウィン・ゴルフコース18番を見下ろしながらブランチができる野外ダイニングを持つ会員制のレストラン。【ウィン・ラスヴェガス・リポート⑧】

Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】の【COUNTRY CLUB(カントリー・クラブ)】はレストランの名前ですが、このレストランはランチディナーだけでなく、ウィン・ゴルフコース18番を見下ろしながらブランチができる野外ダイニングを持つ会員制のレストランです。





ゴルフの大会ともなると、この特等席で食事をできるのは極限られたハイローラー会員のみということになるでしょう。





但し、通常は限られた会員のレストランではなく誰もが利用できる高級レストランで、2014年のフォーブス旅行ガイド4つ星アワードの勝者であるカルロス・ギアがシェフのステーキ料理が人気です。





このブランチジャズブランチとしても有名で、スイーツを楽しみながらジャズ演奏を楽しむことが出来るレストランとして当時から話題でした。





COUNTRY CLUB(カントリー・クラブ)のランチは月曜日~金曜日まで営業しており、ディナーは水曜日と土曜日のPM5:30~PM10:00迄の営業です。





重厚感あるシックなバーラウンジも人気です。




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わう高級料理シリーズ⑤【LEKESIDE SEAFOOD(レイクサイド・シーフード)】レストランは、新鮮な海の幸を魅力的な雰囲気の中で楽しむことがきる。【ウィン・ラスヴェガス・リポート⑨】

優雅な空間に石膏の胸像が数多く飾られている【LEKESIDE SEAFOOD(レイクサイド・シーフード)】レストラン。





Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で海の幸を楽しむならば、誰もが【LEKESIDE SEAFOOD(レイクサイド・シーフード)】レストランをめることでしょう。





シーフードレストランなので魚料理はもちろんですが、なかでも木製オーブンを使用してローストするロブスター料理が人気で、シェフのデビッド・ウォルゾッグの考えるユニークなメニューが有名です。





LEKESIDE SEAFOOD(レイクサイド・シーフード)は、毎晩ディナータイムのPM5:30~PM10:00迄営業しています。




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わう高級料理シリーズ⑥【MIZUMI(ミズミ)】では、神戸牛を用いた鉄板焼きや鮨を楽しむことができるレストラン。【ウィン・ラスヴェガス・リポート⑩】

Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】では、【MIZUMI(ミズミ)】というレストランで神戸牛を用いた鉄板焼きや鮨、炉端料理を楽しむことができます。





店のデザインは、日本を知らない外国人が日本風という感じを想像上で作り上げた、良く理解できない残念な仕上げになっています。





特に、壁や床のジュータンが赤なので、落ち着いた空間とは申し上げられません。





料理も日本人向けではなく、外国人の舌に合わせたアレンジ料理なので、私達にはどうか・・・という印象がありますし、日本で食べる日本の高級和食よりも遥かに高価なので日本からの観光客にはオススメという店ではありませんが、【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】では人気の様なので一応お伝えしておきます。




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わう高級料理シリーズ⑦【SINATRA(シナトラ)】レストランは、屋内と野外の両方で伝統的なイタリア料理を現代風アレンジで満喫できる空間。【ウィン・ラスヴェガス・リポート⑪】

Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】にイタリア料理は複数あっても、やはりそれぞれ違うのは当然。





Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わうで味わう高級料理シリーズ⑦として紹介する【SINATRA(シナトラ)】レストランは、伝統的なイタリア料理を現代風アレンジで味わうレストラン。





SINATRA(シナトラ)は屋内と野外の空間で料理を楽しむことができますが、アカデミー賞を受賞したフランク・シナトラの魅力にプラスされた雰囲気を伺える空間を求める来場者は少なくないようです。





SINATRA(シナトラ)】の営業は日曜日~木曜日で、PM5:30~PM10:30迄です。




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わう高級料理シリーズ⑧【SW STEAKHOUSE(SWステーキハウス)】は認定された神戸牛を提供するステーキハウスで、旅行ガイドの4星も受賞している。【ウィン・ラスヴェガス・リポート⑫】

Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】でステーキを食べるなら、もが【SW STEAKHOUSE(SWステーキハウス)】で食べるべきと言うらしいです。





その絶品の味の秘密日本の神戸牛





しかも、最高級の神戸牛であることを認定された本物だけを扱うという。





勿論、ステーキだけではなく、前菜の評価も安定して高い。





若干カジュアルなテーブルから、ゴージャスなテーブルまで用意された【SW STEAKHOUSE(SWステーキハウス)】は、装いや楽しみ方で誰もが利用できる工夫がなされていると感じます。





SW STEAKHOUSE(SWステーキハウス)の営業は、毎晩行われているので訪れた日に残念なことになることはありませんが、ディナータイムのみで、PM5:30~PM10:00迄。




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わう高級料理シリーズ⑨【TABLEAU(タブロー)】は東海岸から西海岸までをイメージした空間で朝食とランチを提供するリゾート感溢れるレストラン。【ウィン・ラスヴェガス・リポート⑬】

高級レストランというと、ディナーというイメージがあるのではないでしょうか。





しかしながら、【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】では、朝食やランチまでクォリティの高い料理を出すレストランを用意しています。





それがTABLEAU(タブロー)です。





TABLEAU(タブロー)】は空間に絵画をあしらったデザインで、東海岸から西海岸までをイメージしているらしいです。





このリゾート感覚が溢れる空間で食欲をそそる朝食と昼食を提供してくれます。





ひねりのきいたメニューが人気の【TABLEAU(タブロー)】は毎日営業しており、朝食はAM7:00~AM11:30迄、ランチはAM11:30~店の都合です。^^





Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】が厳選した朝食を体験してみてください。




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わう高級料理シリーズ⑩【WING LEI(ウイング・レイ)】は広東料理・上海料理・四川料理をミックスさせ、西洋料理との融合をエレガントに表現している料理と言われている。【ウィン・ラスヴェガス・リポート⑭】

中華と言えば食材の危険性から口にすることを避けたい料理の代名詞となっていますが、【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わうで味わう高級料理に【WING LEI(ウイング・レイ)】という中華のレストランがあります。





この【WING LEI(ウイング・レイ)】は広東料理・上海料理・四川料理をミックスさせ、西洋料理との融合をエレガントに表現している料理と言われています。





レストランのインテリアも西洋との融合が計られており、不思議な印象。





この不思議な印象とは感動的という意味ではなく、昔のハリウッド映画に見たヘンテコな日本イメージや作法の表現に似ています。





全体的にはオレンジ色や金色を基調としたレストラン内なので、明るさはあるものの、落ち着けるかどうかは利用者次第といったところ。





WING LEI(ウイング・レイ)】は毎日ディナータイムに営業しており、PM5:30~PM10:00迄です。




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わうでカジュアル料理シリーズ①【ALLEGRO(アレグロ)】は誰でも気軽に入店できるカジュアルレストランながら、イタリアの新鮮な食材を楽しめる。【ウィン・ラスヴェガス・リポート⑮】

Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】にはカジュアルなレストランもあります。





今回はそのカジュアルレストランの第一弾です。





Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】のカジュアル料理店ALLEGRO(アレグロ)は、誰もが気軽に入店できるカジュアルレストランながら、イタリアの新鮮な食材を楽しめるレストランです。





特に店構えが入店しやすい雰囲気ですが、カジュアルダイニングと言ってもそこはやはりカジノホテルが推薦するだけのことはあり、店内はなかなか豪華です。





店内は椅子が赤ということもあり赤が目立つ基調なので好き嫌いは出るでしょうが、アジアと西洋の融合感が漂っています。





ALLEGRO(アレグロ)】は毎日ディナータイムに営業開始しており、PM5:30~AM6:00迄の深夜を通して利用できることから、ショーの前の食事や、ショーが終わった後の食事先として利用され、バーもあるのでとても人気があります。




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わうでカジュアル料理シリーズ②【THE BUFFET(ザ・ビュッフェ)】はバイキング形式のレストランでありながら、賞を受賞する程にクォリティが高い肉料理、魚料理、スイーツを楽しむことができる。【ウィン・ラスヴェガス・リポート⑯】

ホテルと言えばバイキング料理が付きもの。





Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わうでカジュアル料理にもバイキング形式のレストランがあります。





それがTHE BUFFET(ザ・ビュッフェ)





ビュッフェバイキングのことであり、そのままの意味をレストラン名にしているところが親切と感じます。





つまり、世界中の来場者があるホテルとしては、言葉やマナーに戸惑う客に対しての配慮とも言えのではないでしょうか。





このTHE BUFFET(ザ・ビュッフェ)では、バイキング料理とは言え、とても質の高い肉料理や魚料理、そして誰もが手を出したがるスイーツが盛りだくさん





この質の高い料理らは給仕がないというだけで、一流の食事が楽しめ、作りたてばかりを楽しめます。





THE BUFFET(ザ・ビュッフェ)】は毎日営業しており、ランチタイムがAM8:00~PM3:00迄、ディナータイムがPM3:30~PM10:00迄です。





【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わうでカジュアル料理シリーズ③【DRUGSTORE CAFE`(ドラッグストア・カフェ)】はカジノフロアに並んで位置する24時間営業のカフェ。【ウィン・ラスヴェガス・リポート⑰】

Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】のカジノフロアに並んで位置する、様々な雰囲気を融合させながらもその融合に成功した感を漂わせるカフェ。





DRUGSTORE CAFE`(ドラッグストア・カフェ)





私達が耳にすると、薬局と思ってしまいますが、この【DRUGSTORE CAFE`(ドラッグストア・カフェ)】は貴方を元気にするカフェという意味合いかも知れません。(笑)





DRUGSTORE CAFE`(ドラッグストア・カフェ)】では朝食に利用するホテル客や、カジノ客によるエスプレッソの注文が多いカフェです。





DRUGSTORE CAFE`(ドラッグストア・カフェ)】は毎日24時間営業です。




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わうでカジュアル料理シリーズ④【LA CAVE(ラ・ケイブ)】はランチとディナーにマッチする豊富なワインリストが揃えられており、リラックスする空間で隠れ家的な空間を演出。【ウィン・ラスヴェガス・リポート⑱】

Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】では、ランチとディナーでカジュアルにワインを楽しめるレストランがあります。





それがLA CAVE(ラ・ケイブ)





LA CAVE(ラ・ケイブ)】はバリ島のコテージを豪華にした様な印象で、天井が低いことからリラックスしやすい空間を演出したカジュアルレストランです。





カジュアルレストランながら、豊富なワインリストにはワイン通も驚くことが多いようですが、本来なら高級レストラン級のメニューをカジュアルレストランアレンジにしただけなので、誰もが質の高い食事が楽しめます




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わうでカジュアル料理シリーズ⑤【RED 8(レッド・エイト)】では、タイ、インド、ベトナム、シンガポール他といったアジアの料理を楽しむことができるアジアンレストラン。【ウィン・ラスヴェガス・リポート⑲】

Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】では、カジュアルに楽しめるアジア料理として、タイインドベトナムシンガポール等の料理を楽しめます。





カジュアルアジア料理のRED 8(レッド・エイト)





店の名が【RED 8(レッド・エイト)】というだけであって、内装がを基調としているので私には向かないのですが、を好む者キチガイの気あり・・・と言われるだけあって、その気がある方には心惹かれるものがあるかも。(笑)





ちょっとどぎつい位に赤が多いことから見ているだけで落ち着かない雰囲気を感じますが、エキゾチックを演出しているそうです。^^;




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わうでカジュアル料理シリーズ⑥【SOCIETY CAFE`(スサイェリィ・カフェ)】【ウィン・ラスヴェガス・リポート⑳】

Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で楽しめるカジュアルなカフェとして位置付けをされている【SOCIETY CAFE`(スサイェリィ・カフェ)】。





SOCIETY CAFE`(スサイェリィ・カフェ)ブレックファストランチディナーの全てをビクトリア朝時代のロンドンをイメージした空間で楽しめます。





黒と白を基調としているからか、ゴスロリメイクの様な空間イメージですが、確かにカジュアルながら高級感があるカフェ・レストラン。





シェフのジェレミー・パチェコが考えるメニューは試行錯誤がなされ、訪れる者に驚きを与えると評判です。




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わうでカジュアル料理シリーズ⑦【TERRACE POINTE CAFE`(テラス・ポイント・カフェ)】は室内だけでの食事だけではなく、庭やプールを眺めながら高級アメリカ料理を楽しめるカフェレストラン。【ウィン・ラスヴェガス・リポート21】

Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】ではとても人気のあるカジュアルカフェの【TERRACE POINTE CAFE`(テラス・ポイント・カフェ)】。





TERRACE POINTE CAFE`(テラス・ポイント・カフェ)は、朝食昼食だけを提供するカジュアルダイニングカフェ





カジュアルと言っても、アメリカの高級料理をカジュアルに楽しむという趣旨に変えただけなので、レベルの高い料理が楽しめます。





そのレベルの高い料理を更に引き立てるのが空間。





TERRACE POINTE CAFE`(テラス・ポイント・カフェ)】では、美しい庭やプールを眺めながら食事を楽しめる他、落ち着いた雰囲気の室内でも楽しめるので、カフェとして考えると、とても高級感が感じられることでしょう。





TERRACE POINTE CAFE`(テラス・ポイント・カフェ)】は毎日AM6:00~PM3:00迄営業しています。




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わうでカジュアル料理シリーズ⑧【WAZUZU(ワズズ)】は中華を基本にアレンジした日本料理やインド料理、シンガポール料理、タイ料理を楽しめるレストラン。【ウィン・ラスヴェガス・リポート22】

アジア料理としては世界で幅広く認知されるようになった中華料理。





Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】では、その中華料理を基本にアレンジした日本料理やインド料理、シンガポール料理、タイ料理をカジュアルに楽しむことができるレストラン【WAZUZU(ワズズ)】。





WAZUZU(ワズズ)もアメリカの視点から想像するトンチンカンなインテリアではあるものの、27フィート(8.2m)の龍がインテリアとして目を釘付けにします。





この龍は結晶龍と呼ばれている様で、クリスタルみたいな造りがなされています。





実際にクリスタル(水晶)で造られていたら壁に等飾れない訳なので、水晶に見えるプラスチック製であることは想像に優しい。





何度も申し上げている様に、を基調としている内装は個人的に好むところではありませんが、アジア料理を新しい味で食べてみたいと思われる方には興味が出るレストランかも知れません。




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わうでカジュアル料理シリーズ⑨【ZOOZACRACKERS DELI(ズーザクラッカーズ・デリ)】で提供されるサンドウィッチは、ラスベガスで一番の投票評価を得た実績があるニューヨークスタイル・デリ。【ウィン・ラスヴェガス・リポート23】

重厚な食事を求める人々も居れば、ファストフード的な食事を好む人々も居ることでしょう。





Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】という高級カジノホテルであってもそれは例外ではありません。





ZOOZACRACKERS DELI(ズーザクラッカーズ・デリ)はニューヨークスタイルのデリ。





この【ZOOZACRACKERS DELI(ズーザクラッカーズ・デリ)】では、とても質の高いサンドウィッチを楽しめることで有名です。





そのサンドウィッチはラスベガスで一番の投票結果を得た実績がある人気のメニュー。





ルーベン・サンドウィッチからマンハッタン・クラムチャウダーまでニューヨークスタイルで味わえるデリはカジノフロアの隣にある為、カジノゲームを楽しむ客が休憩場所として訪れやすいのですが、その質の高いファストフードにくと言われています。




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で味わうでベジタリアン料理【VEGAN DINING(ビーガン・レストラン)】世の中に意外と多いベジタリアン。そのベジタリアンのオアシスとも言うべきレストラン・ビーガンは、肉の様に見える料理でも何かを代用として魔法の様に提供する。【ウィン・ラスヴェガス・リポート24】

10年20年とスパンを区切ると、ベジタリアン人口はどんどん増えていると言って良いでしょう。





このベジタリアンは日本でも随分増えたと感じがします。





しかし、このベジタリアンというのは外食するに際し、とても苦労しそうです。





これが海外旅行であったとするならば、より食事先に苦労することは火を見るよりも明らか。





そんな需要もあってか、【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】では、ベジタリアンの為のレストラン【VEGAN DINING(ビーガン・レストラン)】を迎えています。





このVEGAN DINING(ビーガン・レストラン)では、単なるベジタリアンの為のレストランではなく、が食べてもヘルシーかつ美味に感じることをテーマにしており、肉に見えて肉ではない魔法の料理を提供しています。





つまり、チキン(鶏肉)に見える料理が運ばれてきたとしてもチキンに見えるだけで、材料はチキンではないということなんです。(笑)





日本でえるところの豆腐を使ったハンバーグを想像すると解りやすいでしょう。





肉に見せて肉にあらず、そして風味を損なわず、コクも損なわず提供する為に【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】はビーガンシェフタルRonnen提携したと言われています。




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で楽しむバーラウンジ①【EAST SIDE(イースト・サイド)】では、毎晩AM1:00迄ソウルフルなジャズディションを楽しめる他、AM4:00迄営業。【ウィン・ラスヴェガス・リポート25】

カジノホテルには欠かせない酒場。





しかもそれは上品で寛げる空間が要求されます。





今回は、【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で楽しめるラウンジを紹介。





ラウンジEAST SIDE(イースト・サイド)では、毎晩AM1:00迄ソウルフルなジャズディションしめる故に、カクテルがとても軽やかに喉へ誘われることでしょう。





それぞれの席は異なるものの、部屋の様に、ホテルの部屋の様に寛げる空間です。





EAST SIDE(イースト・サイド)】はAM4:00迄営業しているラウンジです。




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で楽しむバーラウンジ②【ENCORE LOBBY BAR(アンコール・ロビー・バー)】はカフェとバーが一緒になった店で、爽やかなカクテルと質の高いオードブルが人気。【ウィン・ラスヴェガス・リポート26】

Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で楽しむバーラウンジ②では、カフェバーが一緒になったカフェ・バーを紹介します。





それはENCORE LOBBY BAR(アンコール・ロビー・バー)





ENCORE LOBBY BAR(アンコール・ロビー・バー)】では、爽やかなカクテルと質の高い美味しいオードブルが人気で、カフェとしても楽しめる店です。





室内の赤を基調とした空間は私に合いませんが、ゴールドの直立ビーナスの手や頭からそのまま木の枝が伸びているオブジェは品があり、快適な座席が用意されているカフェバーとして知られています。





ENCORE LOBBY BAR(アンコール・ロビー・バー)】は毎日AM6:00~翌AM2:00迄営業しています。




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で楽しむバーラウンジ③【PARASOL UP(パラソル・アップ)】は日傘をイメージした天井の日だまりオレンジが印象のカクテルラウンジ。【ウィン・ラスヴェガス・リポート27】

Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で楽しむバーラウンジ③は、カクテルを楽しむラウンジです。





PARASOL UP(パラソル・アップ)という店の名の通り、白い天井に複数の日傘に見える造りがなされています。





この天井の傘に見立てたデザインは、日傘が日だまりを受けてオレンジ色の光が舞い降りてきている印象を受けます。





またしてもソファーは赤色であることが残念ではありますが、やはり様々な欲を掻き立てる効果を持つと言われる色故に採用されているのでしょう。^^;





PARASOL UP(パラソル・アップ)】は日曜日~木曜日がAM11:00~翌AM4:00迄の営業で、金曜日と土曜日がAM11:00~翌AM5:00迄の営業です。




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で楽しむバーラウンジ④【PARASOL DOWN(パラソル・ダウン)】【ウィン・ラスヴェガス・リポート28】

昨日はバーラウンジ【PARASOL UP(パラソル・アップ)】を紹介しましたが、今回はユニークな発想と感じてしまう【PARASOL DOWN(パラソル・ダウン)】を紹介します。





つまり、1階PARASOL DOWN(パラソル・ダウン)で、2階【PARASOL UP(パラソル・アップ)】というバーラウンジになっています。





1階2階はまるで雰囲気なり、2階は夜を思わせる雰囲気に傘から太陽の日だまりを感じる印象があります。





1階のPARASOL DOWN(パラソル・ダウン)では、映画リトルプリンセス(公少女)で登場した魔法使いの様なインド人と、そのインテリアを思わせるユニークな傘のデザインが面白く、【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】ならではの豪華な庭の風景を眺めながら楽しむ昼間のカクテルで優雅なひとときを味わえることでしょう。





また1階から2階へ上がる階段はエスカレーターなのですが、このエスカレーターは西洋に見る城の様に廻り階段になっており、アーチを描いたエスカレーターを体験することができます。





PARASOL DOWN(パラソル・ダウン)】は、毎日AM11:00~翌AM2:00迄営業しています。




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で楽しむバーラウンジ⑤【TOWER SUITE BER(タワースイート・バー)】【ウィン・ラスヴェガス・リポート29】

今回は【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で楽しめるカフェバーの紹介です。





TOWER SUITE BER(タワースイート・バー)





TOWER SUITE BER(タワースイート・バー)】は、毎朝カフェとしても利用しやすい店ですが、なんとそのままの気分でカクテルも楽しめます。





また、夕方でもカフェとして利用できるものの、ワインやシャンパンを楽しめるバーです。





この【TOWER SUITE BER(タワースイート・バー)】の特徴としては、スイートルームがそのまま店になった様な空間でくつろぐことができることです。





イメージとしては、ヨーロッパ建築に見るお金持ちの家でプライベート空間を感じる雰囲気でカフェとして、バーとして利用できると言ったところでしょうか。




【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で楽しむバーラウンジ⑥【VDKA】はとても明るく雰囲気の良い環境で稀少なプレミアム・ウォッカを楽しめる。【ウィン・ラスヴェガス・リポート30】

Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】で楽しむバーラウンジも、こので最後の紹介となりました。





今回紹介するのはVDKAです。





VDKAは、高級料理シリーズで紹介した【Andrea(アンドレア)】に隣接しており、品揃えでは最も稀少でプレミアムなウォッカを楽しめるバーです。





VDKA】の雰囲気はとても明るく、気軽に立ち寄りやすい感じがあります。





VDKA】は毎日PM6:00から未明迄営業しています。




★★★◆ブログ~案内~◆★★★
CASINO-6-8-(2).png 子供のんだ経験と、単純ルールながらも白熱したおもしろさ記憶があってか、【CASINO-GAME(カジノゲーム)】をにすると、ニンマリしてしまいます。
CASINO-6-8-(1).png
こどものにはトランプテレビゲームんでいましたが、インターネットオンラインカジノで知った、本物のお金を賭けてプレイする(`・_・´)ン-【Black-Jack(ブラックジャック)】や、Roulette(ルーレット)めとする、日本からでもインターネットを介して合法べるBROWSING-CASINO-GAME(ブラウジング・カジノゲーム)を見つけてしまいました。( ̄∇ ̄*)フフフ
CASINO-6-8-(3).png
私が安心してプレイできるのも、24時間体制日本語サポートがあるからですが、とても親切対応安心できる管理体制にとても信頼を寄せています。
2016-4-11(1).jpg
やはり政府発行したライセンスを持っているインターネットオンライン仮想カジノサービス安心感うと感じます。
2016-4-11(3).jpg
2016-4-11(5).jpg
諸外国ではセレブびととして知られるCASINO-GAME(カジノ・ゲーム)しさはエレガントびであるものの、とても刺激的びとして知られていますので、VIPセレブが好むびを始めることはVIPセレブへの第一歩と言えるでしょう。
2016-4-11(2).jpg
この【世界のカジノを自宅で安全に楽しむためのニュースサイト!】で紹介しているインターネットオンラインカジノやサイトは、すべて私自身が登録している安心できるインターネットオンラインカジノサイトだったり、プレイテクニックを参考にしているサイトですから、みなさんも日本に居ながらCASINO-GAME(カジノゲーム)しむだけでなく、高額賞金っちゃってください(*^∇゜)
2016-4-11(6).jpg
さんがげてせになれば、私も同じ様にしいです(/_・)
  2016-4-11(4).jpg
また、日本のカジノ誘致する情報や、世界のカジノ情報もおしますので、合わせて参考にしてください。^^
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1838位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
91位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR