【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】はラスベガスの一画にパリのレプリカを再現した、パリの街をテーマとしたカジノホテル。目印はやはり165mの高さを誇るエッフェル塔や凱旋門としてわかりやすい。【パリス・ラスヴェガス・リポート①】

今回からは【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】のリポートです。





このパリスとはフランスのパリのことで、ラスベガスの一画にパリの街をレプリカとして再現し、パリに居るのではないかと錯覚するレベルまで追求したテーマのカジノホテル。





外装では、165mエッフェル塔を始め、有名な凱旋門ルーブル美術館オペラ座までをも再現して人々の目を楽しませます。





つまり、パリに行ったことがない方でも、ラスヴェガスに行けば擬似体験できるということなのですが、フランスはアメリカ嫌いらしいので、この再現されたパリの街を観ると、また何か毒を吐きそうですね。





このエッフェル塔ビルの高さで例えると50階に相当し、その最上階が有料の展望台として営業。





また地上から30m上空の11階では高級フレンチレストランが営業しており、第42代アメリカ合衆国大統領だったビル・クリントンも利用したことも宣伝文句となっているようです。





エッフェル塔の土台となる脚はカジノ内に刺さっている様に造られ、優美さの中にギャグ性が感じられます。





カジノスロットは室内のカジノフロアに止まらず、屋外にも用意されているので、雨の日は大丈夫なのか?と他人事ながら心配してしまうユニークな部分が見受けられます。(笑)




スポンサーサイト

【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】は外観だけではなく、室内もパリのテイストが満載、そして夜遊びが楽しめる工夫がなされている。【パリス・ラスヴェガス・リポート②】

前回は【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)リポート①】として外観のリポートをお届けしましたが、今回は中に入った総合的な印象をお話します。





Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】は施設内に入るととても高い天井が印象的





その高い天井にはが描かれていることから、近眼の方には外のままに見えてしまうかも知れません。(笑)





そして室内もパリのテイストが満載なので、フランス文化をアメリカで体験するにはとてもオススメな環境と言える。





床にはパリのメトロを模したサインや石畳風の仕上げがなされ、初めて訪れる者であれば、上を見ても下を見ても横を見ても目を楽しませる。





スタッフの装いも雰囲気がパリながら、フランス語で押し通す気配はないので安心してください。(笑)





また全体的に観て敷地内から出ずに長期滞在で楽しめる工夫がなされており、特に夜遊びが他のカジノホテルよりも充実している感じを受ける。





次回からは暫く客室のリポートです。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)の客室シリーズ①】専用に調度されたヨーロッパの家具や豪華なファブリックでフランスを演出する【NS K Accessible Roll In(エヌエス・ケー・アクセシブル・ロール・イン)】の利用は平日がとてもお得。【パリス・ラスヴェガス・リポート③】

Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】はフランスイメージした内外装ですが、やはり客室にもそのテイストは盛り込まれています。





まず客室紹介の第一弾は専用に調度されたヨーロッパの家具や豪華なファブリックでフランスを演出する【NS K Accessible Roll In(エヌエス・ケー・アクセシブル・ロール・イン)】。





このNS K Accessible Roll In(エヌエス・ケー・アクセシブル・ロール・イン)という客室は平日では日本円にして1万円程度で利用できる客室ですが、週末ともなると300ドル、混雑時では400ドル程度を要することがあります。





このクォリティの部屋に1万円程度ともなると、本国のフランスでは泊まることが不可能なので、そこはカジノホテルならでは。





キングサイズベッドは1台の設置で、大理石のバスルームは独立したシャワールームとバスタブを備えており、シャワールームでは車椅子でも利用可能。





部屋の利便性としてはスピーカーフォンヴォイスメールビデオ・オンデマンド室内金庫等が完備





通常ではグレードアップクラスの設備が整った部屋をおな費用で利用するならば、平日の利用がおめです。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】NS-K客室の部屋をそのままに、2台のクィーンベッドを備えた【NS 2 QN Accessible Roll In(エヌエス・2クィーン・アクセシブル・ロール・イン)】は宿泊費用は1人部屋よりもお得。【パリス・ラスヴェガス・リポート④】

前回紹介した【NS K Accessible Roll In(エヌエス・ケー・アクセシブル・ロール・イン)】はキングサイズベッドを1台備えた部屋でしたが、今回紹介する客室の【NS 2 QN Accessible Roll In(エヌエス・2クィーン・アクセシブル・ロール・イン)】は、その2人部屋





NS 2 QN Accessible Roll In(エヌエス・2クィーン・アクセシブル・ロール・イン)QNクィーンを表し、そのクィーンベッドが2台設置されている部屋





に同じ価格帯ということでこちらの2人部屋のほうがお得感満載ですが、予約が混み合わない時期では日本円にして7000円程度という東横インと同等の価格帯で宿泊できる場合もあります。





大理石のバスルームは独立したシャワールームとバスタブを備えており、部屋の利便性としてはスピーカーフォンヴォイスメールビデオ・オンデマンド室内金庫等を完備





全体的に暖かい雰囲気の室内です。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】景色の見所もカジノホテルの魅力である【S K Accessible Roll In(エス・ケー・アクセシブル・ロール・イン)】はよく似た部屋でもアトラクションを眺める場所も重要なこととして人気。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑤】

【パリス・ラスヴェガス・リポート③で紹介したNS K Accessible Roll In(エヌエス・ケー・アクセシブル・ロール・イン)】比較してどこが異なるか判らない【S K Accessible Roll In(エス・ケー・アクセシブル・ロール・イン)】ですが、基本はすべて同じで部屋の場所が異なります





カジノホテルの見所はやはり景色であったり、アトラクションをどの角度で眺めることができるか・・・というところにも価値があります。





予約が少ない日ですと日本円にして1万円程度、もしくは下回ることがありますが、実際は滅多にその様なことはなく、250ドル辺りを平均として、週末やイベント時には400ドル程度の費用が必要な部屋です。





やはり騒がしく混雑した場所で景色を眺めるよりも、リラックス空間で静かに眺めることを好むのは、どこの国の方でも同じで、その価値を買うということでしょう。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】ヨーロッパの雰囲気を専用の家具で暖かみを出した【S 2 QN Accessible Roll In(エス・ツー・クィーン・アクセシブル・ロール・イン)】はクィーンベッドが2台設置された落ち着きのある部屋。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑥】

禁煙室が選択できるシリーズとして安心感がある【Accessible Roll In(アクセシブル・ロール・イン)】シリーズの客室ですが、専用に作られたヨーロッパ家具に、白を基調にゴールドとブルーの装飾があしらわれた内装も魅力。





そして大理石の洗面所や、大理石のバスルームは浴槽とシャワールームが別になっており、シャワーは車椅子のまま使用が可能という広さも自然なデザインで美しい。





このS 2 QN Accessible Roll In(エス・ツー・クィーン・アクセシブル・ロール・イン)QNクィーンを表し、2台のクィーンベッドが設置された部屋





【S K Accessible Roll In(エス・ケー・アクセシブル・ロール・イン)】2人部屋なので、この部屋も基本は同じながらも、何故か平均宿泊費用がこの2人部屋のほうが安い。





安い時は日本円にして7000円8000円で泊まれることもあり、平均で2万円以内の予算ということが多いこの客室。





もちろん予約が集中する場合は300ドルから400ドル弱の費用を要することがあるものの、混雑する場合はどの施設も混雑しているので、観光で訪れるならばやはり空いている安い時期を狙うと満喫できることは間違いありません。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】シャワールームとバスタブが別になっているだけでなく、どちらでもシャワーが使える【NS K Accessible Tub Transfer(エヌエス・ケー・アクセシブル・タブ・トランスファー)】はキングサイズベッド一台設置の部屋。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑦】

たくさんのラインアップが用意されている【Accessible(アクセシブル)】客室シリーズの中で、今回は【NS K Accessible Tub Transfer(エヌエス・ケー・アクセシブル・タブ・トランスファー)】の紹介です。





このNS K Accessible Tub Transfer(エヌエス・ケー・アクセシブル・タブ・トランスファー)という部屋は、基本が【Accessible(アクセシブル)】シリーズと同じで、バスルームに関しても同じ。





このバスルームとは、これまでに紹介してきた様に、大理石のバスルームバスタブシャワールームになっているということ。





しかも、そのシャワールームは車椅子の方でもそのまま入れる工夫がなされている広々としたシャワールーム。





更に【NS K Accessible Tub Transfer(エヌエス・ケー・アクセシブル・タブ・トランスファー)】では、シャワーがどちらでも使える部屋であることを意味しています。





キングサイズベッド一台が設置された部屋で、予約が少ない日では日本円にして7000から8000円程度で利用できることもありますが、平均して180ドル程度混雑時では300ドル程度の費用が必要です。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】部屋に合わせた贅沢なヨーロピアン家具が特徴の【Luxury 1 King Bed(ラグジュアリー・1キングベッド)】は自然なフランス感を演出。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑧】

Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】の部屋の中ではスタンダードな部屋として扱われるグレードながらも、部屋に合わせた贅沢なヨーロピアン家具が特徴の【Luxury 1 King Bed(ラグジュアリー・1キングベッド)】。





Luxury 1 King Bed(ラグジュアリー・1キングベッド)自然なフランスを演出しており、真っ白な大理石で仕上げられたバスルームも魅力。





豪華なバスルームはバスタブとシャワールームが独立しており、シャワールームでは車椅子のままで出入りと使用が可能です。





キングサイズのベッドが1台設置され、ボイスメールスピーカーフォンビデオオンデマンド室内金庫等が装備。





空いている時では宿泊費用が日本円にして7000円程度で利用できるが、混雑していると400ドル近くまで上がることもあり、平均的な宿泊費用180ドル辺りと考えておくと良いでしょう。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】白を基調とした白い内装に2台のクィーンベッドが設置された【Luxury 2 Queen Beds(ラグジュアリー・2クィーンベッド)】は日本円にして9000円程度から利用できるお得な部屋。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑨】

今回紹介する部屋は、【Luxury 1 King Bed(ラグジュアリー・1キングベッド)】ツインベッド部屋で、【Luxury 2 Queen Beds(ラグジュアリー・2クィーンベッド)】という、クィーンベッドを2台設置した部屋





Luxury 2 Queen Beds(ラグジュアリー・2クィーンベッド)は白を基調とした内装で、内装も設備も【Luxury 1 King Bed(ラグジュアリー・1キングベッド)】と同じですが、部屋が狭く感じない工夫がなされています。





予約が多い時期では350ドル程度まで高騰する部屋ながら、平均宿泊費用180ドル程度で、混み合わない日では9000程度で利用できる客室です。



【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】ホテルのシンボルであるエッフェル塔を眺められる客室【Premier(プレミア)】は、風景室内空間共にフランス感を演出。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑩】

Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】はフランスの街並みを再現した造りになっている故に、外から見ても客室から覧てもエッフェル塔のレプリカが目に入ります。





今回紹介する客室Premier(プレミア)では、ホテルのシンボルであるエッフェル塔を眺められる客室で、フランス国旗に使われている青色をジュータンに用いて、よりフランス感を漂わせています。





基本ラグジュアリールームと同じですが、よりフランス感を満喫できる様に絶景をプラスしていることが特徴と言えるでしょう。





このPremier(プレミア)の宿泊費用は、空いている時期では日本円にして12000程度で予約が可能ですが、平均価格では160ドル程で、混雑時には400ドル近くにまで上がってしまいますから、他の上級グレードの検討しながら選びたいところです。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】スイートではない部屋ながらも最上階に用意された【Red Room Luxury(レッド・ルーム・ラグジュアリー)】は、古い中に近代的に洗練された印象を与える仕様の客室。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑪】

カジノホテルでは、どこのホテルでも豪華さを演出する為に金色や赤を用いることが多い傾向が見受けられます。





このRed Room Luxury(レッド・ルーム・ラグジュアリー)は、【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】の中のレッドシリーズではスタンダードレベルながら、スイートにありがちな高層階どころか、最上階に用意された客室。





Red Room Luxury(レッド・ルーム・ラグジュアリー)】では、各所のアクセントに赤を用いていることから、古典的な中に近代的な要素で洗練された印象を与えている客室。





部屋の装備品は、これまでに紹介してきた部屋の装備品に加えて、ipod用ステレオコーヒーメーカーが追加され、42インチハイヴィジョン・プラズマテレビ設置されています。





スイートルームではない部屋ではありながらも豪華仕様の【Red Room Luxury(レッド・ルーム・ラグジュアリー)】の気になる宿泊費用は、空いている時期では日本円にし13000程度で利用可能ですが、平均価格としては220ドル程で、混雑している時期では400ドルを少し超えてきますから、宿泊する際には上手く予約したいところです。



【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】スイート扱いされていない客室ながらも最上階に配置されている【Red Room Premier(レッド・ルーム・プレミア)】は、フランスの古典的な内装に囲まれながらプールやパリスのシンボルであるエッフェル塔を一望。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑫】

スイートルームとして扱われていないながらも最上階に配置されている【Red Room Luxury(レッド・ルーム・ラグジュアリー)】を前回の記事で紹介しましたが、今回はその【Red Room Luxury(レッド・ルーム・ラグジュアリー)】よりもハイグレードクラスとして扱われている【Red Room Premier(レッド・ルーム・プレミア)】の紹介です。





シックな幾何学模様のジュータンと、古典的なフランス調デザインの部屋は、古典的ながらも近代的な仕上げで随所に用いられているが高級感を演出。





内装にが使われていることをあまり好まない私でも抵抗感を感じるどころか、高級感を感じます。





基本的な装備品は【Red Room Luxury(レッド・ルーム・ラグジュアリー)】と同じながらも、より広くより豪華な仕様が【Red Room Premier(レッド・ルーム・プレミア)】です。





Red Room Premier(レッド・ルーム・プレミア)の宿泊料金は、日本円にして16000円程度から利用できることもありますが、平均価格は270ドルあたり、予約が多い時では500ドル程度が必要となる場合があります。


【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】豪華な部屋でペットと一緒に宿泊できる【PetStay Luxury(ペットステイ・ラグジュアリー)】は2匹までが許容内として提供されている。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑬】

ペット好きとしてはなかなか旅行もままならないが、カジノホテルでは様々な要望に応えるサービスのひとつとして定番となりつつあるのがこのペットステイ





PetStay Luxury(ペットステイ・ラグジュアリー)は、豪華な部屋でペットと一緒に宿泊できる部屋で、一匹が50ポンド(22.6796185kg)未満として、2匹までが許容内として迎え入れてくれます。





但し、ペットがやったことは飼い主の責任として、滞在中に部屋へ与えたダメージ責任や、クリーニング義務に於いては受諾することを記された用紙にサインを要求されます。





部屋は白を基調としたフランス調で、部屋に合わせたヨーロッパ家具が設置。





大理石の浴室はバスタブとシャワールームに別けられており、シャワールームは車椅子のままでも利用可能なので、広さにも定評があります。





PetStay Luxury(ペットステイ・ラグジュアリー)】の宿泊利用料金は、日本円にして15000あたりから利用可能ですが、平均金額は250ドル程度、予約が詰まってくると450ドル程度にまでなってくることがるので、予約は早めのほうが良いでしょう。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】【Paris Deluxe Suites(パリ・デラックス・スイート)】【パリス・ラスヴェガス・リポート⑭】

これまでに紹介してきた客室も基本的に豪華仕様ではありましたが、【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】のスイートルームの紹介はここから。





今回そのスイートルームの紹介第一弾





Paris Deluxe Suites(パリ・デラックス・スイート)





Paris Deluxe Suites(パリ・デラックス・スイート)】は、豪華な家具にウエットバーが完備し、独立したリビングルームにキングサイズのベッド設置が最低基準





一部の【Paris Deluxe Suites(パリ・デラックス・スイート)】には、専用ドレッシングエリア、ダブルシンク、ジェットバス等が設置され、セカンドベッドルームのアップグレードも可能。





パウダールームやバスには豪華なフランス調大理石が用いられ、更に豪華さが演出されています。





Paris Deluxe Suites(パリ・デラックス・スイート)】の宿泊利用料金は、日本円にして40000程から利用できますが、平均価格は500ドルといったところで、予約が詰まってくると700ドル程にまで上がることがありますので、早めの予約か、混雑する時期を避けることをお薦めします。





スイートでない部屋でも400ドルを超えてくることもありますので、その際にはスイートグレードの検討をしたほうがお得と言えるでしょう。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】レッドルームの上位客室である【Paris Red Room Deluxe Suites(パリ・レッド・ルーム・デラックス・スイート)】は現代的な家具と調度品でフランスの雰囲気を演出。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑮】

Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】のレッドルームシリーズはこれまでに、【Red Room Luxury(レッドルーム・ラグジュアリー)】 【Red Room Premier(レッドルーム・プレミア)】を紹介していますが、今回はこのレッドルームシリーズ客室のスイートである【Paris Red Room Deluxe Suites(パリ・レッド・ルーム・デラックス・スイート)】のリポートです。





このParis Red Room Deluxe Suites(パリ・レッド・ルーム・デラックス・スイート)では、現代的な家具と調度品で現代のフランスの雰囲気を演出しています。





ソファ椅子もそれぞれバランス良く配置され、リビングにはウエットバー完備





ベッドはキングサイズベッドが1台設置され、一部の客室にはドレッシングエリアダブルシンクの洗面所ジェットバス等が完備





スイート利用での要望に見られがちなセカンドベッドルームも、アップグレードによって可能です。





Paris Red Room Deluxe Suites(パリ・レッド・ルーム・デラックス・スイート)】の宿泊利用料金は、日本円に換算して45000程度から利用できますが、平均価格は550ドル程度、予約が増えてくると700ドルを超えてくるので、利用の際は早めの予約が良いでしょう。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】現代的に洗練されたフランスの装飾が施された【Paris Luxury Suites(パリ・ラグジュアリー・スイート)】は、ベッドルームとリビングルーム共に豪華なフランス調度品が用いられている。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑯】

スイートルームが豪華なのは当然ではあるものの、日本のスイートにしか宿泊したことがない方がこの部屋を覗くと、ちょっと驚くかも知れません。





Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】のスイートでは中間に位置するスイートではあるものの、カジノホテルならではの豪華さと言えるでしょう。





今回リポートするのはParis Luxury Suites(パリ・ラグジュアリー・スイート)





この【Paris Luxury Suites(パリ・ラグジュアリー・スイート)】は、現代的に洗練されたフランスの装飾が施された客室で、ベッドルームリビングルーム共に豪華なフランス調度品が用いられています。





リビングルームバス・パウダールームは豪華。





一部の部屋にはドレッシングエリアジェットバス完備しており、セカンドベッドルームアップグレード可能です。





Paris Luxury Suites(パリ・ラグジュアリー・スイート)】の宿泊利用料金は、日本円に換算して55000円程度から利用できますが、平均価格は650ドル程度、予約が増えてきた場合や、混雑が予想されるイベント時には800ドルを超える部屋なので、旅行の際は上手く予定を考えたいものです。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】田舎のコテージを思わせる様な【Paris Nice Suite(パリ・ニース・スイート)】は、豪華さとリラックスムードを両立させたスイートルーム。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑰】

英語圏ではナイスと読んでしまうニースですが、今回は【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】の中で、ニースの名前が与えられたスイートルームのリポートです。





Paris Nice Suite(パリ・ニース・スイート)は田舎のコテージを思わせる様なイメージながら、豪華さを備えたスイートルーム。





キングサイズの1ベッドルームと、リビングルームは雰囲気が全く異なり、リビングにはウエットバーが完備で、市松模様のカーテンや、オーク材の家具が特徴に感じます。





一部の客室からは、噴水の景色を眺めることができるので、予約の際はその旨を訊ねるのもひとつの選択肢と言えるでしょう。





Paris Nice Suite(パリ・ニース・スイート)】の宿泊利用料金は、日本円に換算して55000円程度から利用可能ですが、平均価格は670ドル程度で、混雑時やイベント時には800ドルを超える客室です。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】ブルーとゴールドでデザインされたジュータンが美しい【Paris Red Room Luxury Suites(パリ・レッド・ルーム・ラグジュアリー・スイート)】は、家具のデザインも美しいスイートルームに相応しい客室。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑱】

Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】ならではのレッドルームシリーズは数々リポートしましたが、今回はレッドルームシリーズの【Paris Red Room Luxury Suites(パリ・レッド・ルーム・ラグジュアリー・スイート)】のリポートです。





Paris Red Room Luxury Suites(パリ・レッド・ルーム・ラグジュアリー・スイート)は、レッドルームシリーズスイートグレードながらも、これまでの定番であるがアクセントとして使われていないレッドルーム





しかしながら、息の呑む様な美しいブルーゴールドでデザインされたジュータンが美しく、一部の家具ではそのジュータンに用いられているデザインがそのままアクセントデザインに使われています





ベッドはキングサイズ1台、もしくはクイーンサイズベッド2台のいずれかから選択可能で、一部の部屋ではドレッシングエリアジャグジー浴槽完備





これまで紹介したスイート同様に豪華なのはもちろんのことですが、その中でも最も広い部屋。





この後にリポートしてゆく客室はもっと広いながらも、日本のスイートと比較すると考えられない広さと言えるでしょう。





ただ、ハイヴィジョンプラズマテレビの配置がベッドの足側正面ではなく、側面の壁に設置されていることから、ちょっと観にくいのではないかと個人的に思うところがあります。





Paris Red Room Luxury Suites(パリ・レッド・ルーム・ラグジュアリー・スイート)】の宿泊費用は、日本円に換算して70000程度から利用可能ですが、平均価格は800ドル程度と考えるべきで、混雑時やイベント時には1000ドルが一般的な客室です。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】シンプルながらフランスをエキゾチックに表現した【Paris St. Tropez Suite(パリ・サン・トロペ・スイート)】は、アンティークゴールドのアクセントが上手く使われた贅沢な広さを与えられたスイートルーム。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑲】

ベッドルームは近代的なデザインながら、独立したリビングルームはシンプルにフランスをエキゾチックに表現した客室が【Paris St. Tropez Suite(パリ・サン・トロペ・スイート)】。





Paris St. Tropez Suite(パリ・サン・トロペ・スイート)は、【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】がどの部屋にも基調としているゴールドを控えめなアンティークゴールドとして用いることで、近代的ながらも古臭く感じないビンテージ風を演出しています。





Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】の内側に位置するこの【Paris St. Tropez Suite(パリ・サン・トロペ・スイート)】は、エレガントなタッチで1ベッドルームの贅沢なスイートとして提供されている。





Paris St. Tropez Suite(パリ・サン・トロペ・スイート)】の宿泊費用は、日本円に換算して90000程から宿泊可能ですが、平均価格は1000ドル程度と考えておくべきで、混雑時やイベント時には1100ドル~1200ドル程度となるも、スイートの中でも満室になりやすい人気の客室です。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】結婚式やパーティを控えたカップルにお勧めとされている【Paris Marseille Suite(パリ・マルセイユ・スイート)】は、名物のエッフェル塔や、噴水アトラクションを絶景堪能、そして空港との往復リムジンサービスがセットになったスペシャルスイート。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑳】

Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】の客室の中で、マルセイユの名が与えられたスイートルームのリポートです。





Paris Marseille Suite(パリ・マルセイユ・スイート)は、マルセイユという街をイメージした現代風の内装にアンティーク調の家具を用いられた客室で、ホテル側が結婚式やパーティを控えたカップルにお勧めとしているスイートルーム。





Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】の名物と言えば、フランスの街並みラスヴェガス再現していることですが、その名物の中で最も有名な建造物がエッフェル塔





そのエッフェル塔と、アトラクションとしても有名な噴水を絶景の位置で観賞できる様に配置されたスイートは特等席





また、豪華な部屋と広々とした空間に加えて、空港との往復リムジンサービスがパッケージになっていることもこのスイートの特徴です。





Paris Marseille Suite(パリ・マルセイユ・スイート)】の宿泊費用は、日本円に換算して115000程度から宿泊可能ですが、平均価格は1200ドル程度です。





また混雑時やイベント時には1400ドル程度にまで上がることがありますので、予約状況を観察しながら旅行計画を進めると良いでしょう。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】フランス革命の時代を彷彿させる【The Louis XV Suite(ルイ15世・スイート)】は、ゴールドとレッドをアクセントに、大規模なベルサイユスタイルの2ベッドルーム・5バスが用意されたスイートルーム。【パリス・ラスヴェガス・リポート21】

Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】はフランスイメージしたホテルであるどことか、フランスの街並みをそのまま再現したと表現するに相応しいホテル





その【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】では、フランス革命の時代を彷彿させる【The Louis XV Suite(ルイ15世・スイート)】が用意されています。





このThe Louis XV Suite(ルイ15世・スイート)には、ゴールドレッドアクセントに使いながら、アンティークゴージャスベルサイユスタイル再現





つの豪華なバスルームと、2ベッドルームを備えた、まさにキング&クィーンの居城。





リビングルームには中世の映画に出て来そうな部屋に、グランドピアノウエットバー、豪華なシャンデリア完備





アンティークな造りながら、ビンテージ感が無く、まさにその時代に生きていることを思わせる再現性がより素晴らしい。





5つの豪華なバスルームはアンティークではなく、現代の技術と大理石を使ったデザイン調であるものの、これはこれで素晴らしく、風呂に浸かるだけで緊張感と優越感を同時に味わえるかも知れません。





The Louis XV Suite(ルイ15世・スイート)】の宿泊利用料金は、日本円に換算して25万程度が利用開始金額として設定されており、その金額を目安としてホテルへ直接問い合わせることで、宿泊日数やその予約状況に於いて宿泊費用が取り決められる仕組みのスイートです。





この宿泊費用には、空港との往復リムジンサービスが付与されていますので、王様気分、または女王様気分を味わいたい方にオススメなスイートルームと言えるでしょう。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】フランス革命の皇帝ナポレオンの部屋をイメージした【The Napoleon Suite(ナポレオン・スイート)】は、ベルサイユスタイルの3ベッドルームに5バスルームを備えたゴージャスなスイートルーム。【パリス・ラスヴェガス・リポート22】

Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】の客室リポートも今回で最後です。





その最後を飾るのが【The Napoleon Suite(ナポレオン・スイート)】。





このThe Napoleon Suite(ナポレオン・スイート)は、フランス革命皇帝ナポレオンの部屋をイメージしたベルサイユスタイルのゴージャススイートルーム。





コンセプトとしては、前回に紹介した【The Louis XV Suite(ルイ15世・スイート)】と同様ながら、この【The Napoleon Suite(ナポレオン・スイート)】が最上位スイートとして扱われています。





The Napoleon Suite(ナポレオン・スイート)】では、3ベッドルーム5つのバスルームが備わっており、ビンテージゴールドとレッドを基調としたクラッシク調ゴージャスな造り。





リビングウエットバーは金色に輝く印象を与え、全体的に中世のヨーロッパスタイルにみる演出がなされています。





The Napoleon Suite(ナポレオン・スイート)】の宿泊利用料金は、日本円に換算して40万円程度が利用開始費用として設定されており、その費用をスタート価格としてホテルへ直接問い合わせることで利用価格が決定される方式。





カジノホテルならではのハイローラー特典待遇が大きく関わってくるのがこのトップグレードスイート





中世の歴史好きには堪らない部屋と言えるでしょう。(笑)




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)で楽しむカジノゲームシリーズ①】カジノフロアだけならず、屋外にも展開されたスロットマシンは1700機ものスロットが展開されており、来場者の心を開放的な気持ちにさせる。【パリス・ラスヴェガス・リポート23】



カジノ=スロットマシンというイメージは未だ変わらないのではないでしょう。





このカジノホテルの中でも【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】はスロットマシンに力を入れていると感じられます。





新・旧のスロットマシンを総計1700機を至る所にちりばめ、ホテル屋外から展開されたカジノスペースはカジノフロアのみ以外にも用意されています。





に屋外に設置されたマシーン等は、雨が降ったらどうするのだろうと考えてしまう程に展開されているので、一見の価値アリ。(笑)





この【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】では、行く先々にスロットマシンが設置され、各エリアの雰囲気に同化させているレゴブロックの様です。





このスロット達には、常に最新のテーマが盛り込まれており、プレイヤー達がプログレッシヴ・メガミリオネアを狙っています。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




5連続というビデオスロット高額賞金ニュースに伝える側が衝撃を受ける!またも一撃ライン当選で100万円を超える日本人プレイヤーが手に!インターネットオンラインカジノのビデオスロット【HIGHWAY KINGS(ハイウェイ・キングス)】9ライン機種をでプレイを初めて20分程度でBET額の1万倍となる1万ドルを一瞬にして稼ぐ!



そもそも【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】のカジノフロア第一弾リポートとしてスロットマシーン記事をお届けし終わった段階から始まったインターネットオンラインカジノ高額賞金連続ニュースですが、その高額賞金今回で記事連続でお届けすることになるとは、いやはやお届けする私が衝撃を受けています





しかも、今度100万円える一撃賞金なので、やはりインターネットオンラインカジノ爆発力ハンパありません





今回HIGHWAY KINGS(ハイウェイ・キングス)9ライン機種というビデオスロットとしては印象を受ける機種なのですが、ライン当選が多く出る上に、ジャックポット機能搭載機種ということもあり、日本人プレイヤーにも人気があります。

1012000LINE.jpg

そのラインという半端ライン数ながらも、ライン当選が出やすく人気なのですが、今回のプレイヤーの方は300ドルを入金して、1ライン辺り1ドル×9ラインという1スピン9ドルBETでプレイを開始し、ライン当選やしたり目減りさせたりを繰り返しながら20分プレイしたところで、BET金額万倍となる10000ドル(当選時の為替レートで換算して約115万円)一撃ライン当選により、一瞬100万円える賞金を手にしました。





いやはや、連日賞金ばかり出ますね

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)で楽しむカジノゲームシリーズ②】パリスのテーブルゲームはそもそも環境自体が他のカジノとは大きく異なる。【パリス・ラスヴェガス・リポート25】



連続するインターネットオンラインカジノ高額賞金ニュースよって暫し中断していた【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)で楽しむカジノゲームシリーズ】ですが、今回はカジノテーブルゲームの紹介に入る前に、パリステーブルゲームについてリポートします。





そもそも【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】では、テーブルゲームを屋内屋外で楽しむことができるという環境があります。





他のカジノ施設でも、プールで楽しむことができる工夫がなされています、それらとは全く規模が異なる環境と言えるでしょう。





屋外のカジノコートでも、室内のカジノフロアと同様のテーブルにシステムを備え、屋根はありながらも、が降ってきたら明らかに降り込んでくることは予想に優しい環境ゆえに、訪れる者の側が気に掛かる演出をしています。





またそれが解放感があって良い訳なのですが、弾ける様な遊び方をするプレイヤー達にはウケが良いことは覧ているだけで感じられる空間なので、特別なカラーを出しているカジノのひとつと言えるでしょう。


【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)で楽しむカジノゲームシリーズ③】自分が主導権を握るゲームの様に感じられる瞬間が多いことで人気の【Blackjack(ブラックジャック)】を屋外野外問わずにプレイを楽しめる。【パリス・ラスヴェガス・リポート26】



カード合計【21】、もしくは【21】を目指すルールの【Blackjack(ブラックジャック)】。





その歴史は古く、1世紀どころの話ではありません。





アメリカではこの【Blackjack(ブラックジャック)】が人気





それは頭を使いながらするゲームでありながらも、ゲームルールは至ってシンプルで、更に自分がゲーム主導権を握る瞬間が多いことが人気秘密





もちろん【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】でも人気





しかも、前回の【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)で楽しむカジノゲームシリーズ②】でもリポートをお届けしたように、屋外でも屋内と変わらぬ設備で開放的にゲームを楽しめるということもあり、日本から観光で訪れるカジノプレイヤーにもお勧めです。




自宅でゆったりと、カジノの雰囲気に呑まれることなくカジノプレイするには、ベラジョンカジノがおめです。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)で楽しむカジノゲームシリーズ④】アメリカ人が大好きなサイコロゲーム【Craps(クラップス)】は、騒ぎで人集りができやすいカジノゲーム。【パリス・ラスヴェガス・リポート27】



ダイス(サイコロ)がトレードマークとなっているサイコロゲームの【Craps(クラップス)】。





Craps(クラップス)シューターと呼ばれるプレイヤーがダイスをシュートし、その出た目が賭けの対象となる単純なゲーム。





しかし、この単純なゲームがランドカジノでは人集りができたりします。

CRAPS-WD.jpg

やはりツキを呼ぶプレイヤー大歓迎で、賭けに参加していない者までもが大騒ぎしてシュートの度に歓声が上がる。





カジノゲームとはエレガントかつ白熱するゲームとしてきられることのないエンターテインメントです。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)で楽しむカジノゲームシリーズ⑤】誰もが参加しやすいカジノゲームの女王【ROULETTE(ルーレット)】は優雅さと美しさを演出された不動の人気ゲーム。【パリス・ラスヴェガス・リポート28】



ルーレットウィールレイアウトの演出で様々な豪華さを演出できるカジノゲーム女王ROULETTE(ルーレット)】。





ROULETTE(ルーレット)カジノゲームの代表であり、誰もが参加しやすいエレガントカジノゲーム





奇数】【偶数】【】【】の36数字基本として、アメリカンタイプでは【0】【00】ヨーロピアンタイプでは【0】のみを含む場所に賭けるだけという、もが理解しやすいゲーム性が不動の人気の秘密でしょう。

ZC-shutterstock_19129561-2.jpg

しかも、美しさと優雅さを備えた【ROULETTE(ルーレット)】ゲームは、カクテルドレスでの参加や、イブニングドレスでの参加もよく似合います。





ただ参加するだけでも優雅なひとときを演じてしまえそうな空間も【ROULETTE(ルーレット)】のもつ力。





Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】でも人気のテーブルなので、より有利な賭けができる様にベラジョンカジノでゲーム性を下調べしておくと良いでしょう。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)で楽しむカジノゲームシリーズ⑥】先日も日本人が2万円を1億2000万円に増やすこことに成功したスポーツベッティング!日本もカジノ解禁ともなれば、メジャーな存在となる【SPORTS BOOK&RACE BOOK(スポーツブックとレースブック)】は、世界規模の勝敗の行方を見届ける。【パリス・ラスヴェガス・リポート29】

カジノホテルは優雅で美しいアトラクションや、建造物とともに客室も用意されていますが、カジノゲームのひとつと知られる【SPORTS BOOK&RACE BOOK(スポーツブックとレースブック)】はまだまだ日本で知るのは少数派の今日。





しかしながら、この【世界のカジノを自宅で安全に楽しむためのニュースサイト!】でも度々紹介しているブックメーカーのウィリアムヒル日本人プレイヤー約2万円の軍事金を用いて2000万円に増やすこことに成功したスポーツベッティング

SPORTS-BET.jpg

このウィリアムヒルは、日本に居ながらでも世界中スポーツベッティング合法で行えることでも知る人ぞ知るブックメーカー





イギリスのロンドンでは、一部上場の企業なので、スポーツベッティングの世界ではとても有名であり、現在ではこういう大きなブックメーカー企業がテナントとしてカジノホテルに入っていることも多くなりました。

BOOK-M-WHL.jpg

Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】の【SPORTS BOOK&RACE BOOK(スポーツブックとレースブック)】では、365日必ず何かの試合やレースの勝敗予想が行われています。





日本とは異なる予想や、話題となることなら何でも賭けという形に発展させる考え方には、やはり文化の違いを感じます。(笑)




>>>日本に居ながら合法で世界中のスポーツベッティングが行えるインターネット
ブックメーカーのやり方や参加の方法を説明しています
<<<





【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)で楽しむショー①】ブロードウェイでベストミュージカルの賞賛を得たミュージカル『Jersey Boys(ジャージーボーイズ)』がパリスラスベガスで体験できる。【パリス・ラスヴェガス・リポート30】

カジノホテルでは、それぞれの施設が顧客利用を促す為の努力を行っていますが、ショービジネスもそのひとつ。





Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)で楽しむショー①】の第一弾としてリポートするのはミュージカル





Jersey Boys(ジャージーボーイズ)





Jersey Boys(ジャージーボーイズ)】は、ブロードウェイベストミュージカルの賞賛を得た人気のミュージカルですが、その人気のミュージカルをパリスラスベガスで開催。





このミュージカルは、フランキー·ヴァリフォーシーズンズの実話を元にした作品で、コメディとドラマ、音楽とダンスが融合した舞台。





彼らを知らない、または彼らの音楽を知らないとしてとしても、老若男女楽しめる様に構成されているのは流石カジノエンタテインメントといったところ。





もちろん言葉は理解できるとより楽しめるのですが、言葉が理解出来なくてもそれなりに楽しめるのがカジノショーです。




★★★◆ブログ~案内~◆★★★
CASINO-6-8-(2).png 子供のんだ経験と、単純ルールながらも白熱したおもしろさ記憶があってか、【CASINO-GAME(カジノゲーム)】をにすると、ニンマリしてしまいます。
CASINO-6-8-(1).png
こどものにはトランプテレビゲームんでいましたが、インターネットオンラインカジノで知った、本物のお金を賭けてプレイする(`・_・´)ン-【Black-Jack(ブラックジャック)】や、Roulette(ルーレット)めとする、日本からでもインターネットを介して合法べるBROWSING-CASINO-GAME(ブラウジング・カジノゲーム)を見つけてしまいました。( ̄∇ ̄*)フフフ
CASINO-6-8-(3).png
私が安心してプレイできるのも、24時間体制日本語サポートがあるからですが、とても親切対応安心できる管理体制にとても信頼を寄せています。
2016-4-11(1).jpg
やはり政府発行したライセンスを持っているインターネットオンライン仮想カジノサービス安心感うと感じます。
2016-4-11(3).jpg
2016-4-11(5).jpg
諸外国ではセレブびととして知られるCASINO-GAME(カジノ・ゲーム)しさはエレガントびであるものの、とても刺激的びとして知られていますので、VIPセレブが好むびを始めることはVIPセレブへの第一歩と言えるでしょう。
2016-4-11(2).jpg
この【世界のカジノを自宅で安全に楽しむためのニュースサイト!】で紹介しているインターネットオンラインカジノやサイトは、すべて私自身が登録している安心できるインターネットオンラインカジノサイトだったり、プレイテクニックを参考にしているサイトですから、みなさんも日本に居ながらCASINO-GAME(カジノゲーム)しむだけでなく、高額賞金っちゃってください(*^∇゜)
2016-4-11(6).jpg
さんがげてせになれば、私も同じ様にしいです(/_・)
  2016-4-11(4).jpg
また、日本のカジノ誘致する情報や、世界のカジノ情報もおしますので、合わせて参考にしてください。^^
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
909位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
44位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR