ニューヨークの摩天楼やニューヨークの街並みを再現した【Las Vegas-New York New York casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】は、アメリカに住みながらもニューヨークに行ったことが無い人でもニューヨーカー気分になれるリゾートカジノ。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート①】

今回からは暫くニューヨーク・ニューヨークというカジノホテルリポートをお届けします。





このカジノホテルは【Las Vegas-New York New York casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】というちょっと長い名前なので、今後はちょっと省略して紹介したいと思います。





Las Vegas-NY NY(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク)





ちょっとスッキリしました。





この【Las Vegas-NY NY(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク)】は、ニューヨークの摩天楼やニューヨークのシンボルである自由の女神をはじめとするニューヨークの街並みを再現したカジノリゾートホテル





この再現面積はかなりの大規模で、これだけ街のレプリカを大規模に再現しているカジノホテルの比較対象としては、前回までリポートしていた【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】くらいでしょう。





映画でも登場したり、誰もが名前だけは耳にしたことがある建物がズラリ。





有名な建造物は、エンパイアステートビルクライスラービルマンハッタンエクスプレス等がありますが、その中に溶け込む路地裏に造られた様な煉瓦造りのアパート等もありますので、なかなか面白いです。





外観はもちろん壮観ですが、やはり昼間に覧てから夜のライトアップを覧る順番がオススメ。





違和感があるとすれば、名物の建造物を寄せすぎたことくらいでしょうか(笑)





さあ、内観はどうなっているのでしょう。




スポンサーサイト

ニューヨークの街並みを再現した【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】は内観もテーマ通りの造りがなされている。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート②】

昨日は外観をすべてニューヨークをテーマにした【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】を紹介しましたが、今回はその内観リポートです。





カジノフロアはとても天井が高く、ニューヨークの街並みの一部がスッポリ入っている様な印象を受けます。





フロアにはセントラルパークがイメージされていることから木々が茂り、通路を誘導しながらも、その仕切りや壁代わりとしてスロットマシンを列べているところがこのカジノホテルならではのアイデア。





ここにはタイムズスクエアグランドセントラル駅再現されているので、カジノゲームのプレイヤー以外にも目を楽しませる工夫がなされています。





テーブルゲームも1カ所に集められておらず、散り散りに配置されていることから、混雑を避けたいプレイヤーにもプレイはしやすそう。





またフードコートの通りには、映画でよく見かける建物路地裏のマンホールから湯気が出ているシーンを再現させていますが、これを蒸気を出すことで細やかに演出。





内外ともに、ここまでニューヨークと言えば・・・思い浮かぶイメージを揃えていると、改装前に映画の撮影等で破壊シーンに用いられそうな感じがしてきます。(笑)




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】の客室シリーズ①は【Park Avenue(パーク・アベニュー)】という名が与えられた、カジノホテルならではの豪華さを盛り込んだスタンダードルーム。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート③】

カジノホテルスタンダードルームであっても全てがスイート並ながらも、日本のビジネスホテルに毛が生えた位の費用から宿泊可能であることがメリットのひとつですが、この【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】ももちろん一泊1万円台から宿泊可能。





客室のリザーブ状況に応じて宿泊費用が流動的に動くことから価格は公開されていないものの、公式ページに日付けを入力すれば費用が判るようなページが用意されています。





このPark Avenue(パーク・アベニュー)は、【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】の中ではスタンダードルームになっているものの、カジノ大手MGMが経営するカジノホテルだけあって豪華な仕様。





木調やブラウンのコントラストを基本とした一抹調の落ち着いた家具が用意された部屋には、キングサイズ、もしくはクィーン2台のベット仕様から選べる部屋であり、スタンダードルームながら大理石の浴室40インチのテレビが完備。





またインターネット環境だけならず、互換性のあるPCが完備され、電子金庫といった装備品も充実している部屋です。




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】の客室シリーズ②は【Madison Avenue Deluxe(マディソン・アベニュー・デラックス)】は、落ち着いた雰囲気の中に贅沢感を盛り込んだ部屋はキングサイズ、もしくは2クィーンサイズのベッドが用意される。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート④】

Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】の客室の中で、客室シリーズ①として紹介した【Park Avenue(パーク・アベニュー)】と今回紹介する【Madison Avenue Deluxe(マディソン・アベニュー・デラックス)】のみがスイート扱いされていない客室ながら、日本のホテル感覚では考えられない程の豪華さが備わっている客室です。





このMadison Avenue Deluxe(マディソン・アベニュー・デラックス)では、落ち着いた雰囲気の中に贅沢感を与えられた感じが伺えます。





さり気なく質感の良い雰囲気に仕上げているところを推察すると、客層としては中高年の夫婦をターゲットにしていると感じるところがあります。





バスルームには花崗岩(かこうがん)を用いられ、部屋に合わせたさり気なさを演出。





家具の中に埋め込まれた40インチテレビにワイヤレス高速インターネットが備わっているだけでなく、電源を切る度に利用歴がリセットされるノートパソコンが完備。





ビジネスと観光、どの用途でも利用用途を選ばない部屋です。




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】の客室シリーズ③は、スイートルーム。ベッドサイドにスパ用の浴槽が設置されている【Spa Suite(スパ・スイート)】は部屋が湿気たっぷりの部屋?【NY・NY・ラスヴェガス・リポート⑤】

今回は【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】の客室シリーズ③のリポートですが、ここからがスイート扱いされている部屋





まず最初のスイートはSpa Suite(スパ・スイート)





この【Spa Suite(スパ・スイート)】は、バスルームではなく部屋の中でスパを楽しむことができるという客室。





なんとくことに、ベッドサイドにスパ用の浴槽が設置されています。





もちろんベッドエリアとスパ浴槽の間に間仕切りや遮るものはないことから、気になるのは部屋中が湿気に溢れることと、使用後の水臭。





試してみたい方にはどうぞと言いたいところ。(笑)




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】客室シリーズ④は侯爵(こうしゃく)の名が与えられた【Marquis Suite(マーキス・スイート)】。ベッドサイドに4人用のジェットバスが完備された、何とも水気が好きなスイート。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート⑥】

前回紹介した客室シリーズ③では、ベッドサイドの横に間仕切りどころか遮るものがない状態でスパ浴槽が設置してある【Spa Suite(スパ・スイート)】をリポートしましたが、今回もよく似た水水しい客室です。





本来ならば瑞々しいと表現するのですが、ベッドサイドにジェットバスが設置されているという、水のニオイと湿気から逃げられない客室第二弾です。(笑)





このジェットバスは4人用の大きさで、全体的には若干のローマ感が伺えます。





バスルームはまた別で用意されており、花崗岩のバスルーム。





侯爵(こうしゃく)の名が与えられたMarquis Suite(マーキス・スイート)広さはあるスイートなので、個人的には水場は分離して欲しいとしか言いようがありませんが、使用後独特の水のニオイと湿気がお好きな方にはどうぞとしか申し上げられない部屋です。(笑)



【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】客室シリーズ⑤~カジノアクションに燃えたプレイヤーが休息する為のアップグレードルーム【Players Suite(プレイヤー・スイート)】は、友人も招待できる独立した部屋を備えるスイート。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート⑦】

カジノホテルと言えばカジノゲーム





カジノアクションに燃えたプレイヤーが休息する為のアップグレードルームとして用意された部屋が合っても良いもの。





それがPlayers Suite(プレイヤー・スイート)





カジノホテルでは、カジノ側がハイローラーと認めた客にはアップグレードプレゼントすることがあったり、またはカジノプレイで大きな勝ちを手に入れれば部屋をグレードアップしたりする。





経営が老舗の大手カジノ会社のMGMならでは、その指向性が盛り込まれています。





2台の40インチテレビミニ冷蔵庫娯楽室高速インターネット環境にノートパソコンボーズステレオシステム花崗岩のバスルーム等が完備され、友人も招待できる独立したシッティングルームも備えているので、広々としたスイートへのアップグレードにはホテル側から勧められやすいスイートかもしれません。




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】客室シリーズ⑥~広く現代的な室内に仕上げられた【1 Bedroom Luxury Suite(ワン・ベッドルーム・ラグジュアリー・スイート)】は、ビジネスとプライベートを兼ねるスイート。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート⑧】

日本の高級ホテルでスイートルームともなると、一夜の宿泊にこの金額では・・・と考えてしまうことも多いのですが、そもそもカジノホテル程の豪華さは期待できないという部分が大きいのではないでしょうか。





カジノホテルはカジノゲーム客による収益で建物や客室コストを償却しているので、日本のシティホテルに2人で泊まるくらいの費用でスイートに泊まることが可能です。





今回リポートする1 Bedroom Luxury Suite(ワン・ベッドルーム・ラグジュアリー・スイート)もそのひとつ。





日本円にして2万円そこそこの金額ながら、55インチテレビ、メンズとレディースそれぞれのクローゼット、個別のシッティングエリアウエットバー4人用ダイニングテーブルスパ浴槽に広いシャワールームダブルシンク、独立した化粧エリア電子金庫高速インターネットに起動させる度に初期化されていることから誰もが使用可能なノートパソコン等が完備





シンプルで現代的な内装ながら広々とした空間が与えられた部屋なので、ビジネス商談を兼ねたプライベート利用という使い方ができるオススメのスイートです。




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】客室シリーズ⑦~ニューヨークを再現したカジノホテルが提案するVIP生活を【Penthouse Suite(ペントハウス・スイート)】で味わう。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート⑨】

今回で【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】の客室リポート最後です。





最後を飾るのはやはりペントハウス





Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】がその部屋に与えた名は、やはりそのまま。





Penthouse Suite(ペントハウス・スイート)





ニューヨークに住む金持ちをイメージした究極のVIPルームがテーマだと言います。





人それぞれ価値観は異なるものの、金ピカにするだけが豪華という訳ではない様に感じる部屋。





ただ、カジノホテル故に多少のアメージングが欲しいと思ってしまうのは私だけではないと思われるところもあり、『とりあえず一番高い部屋』という感覚で利用する方向けの客室かも知れません。





それが本来のVIPなのでしょう。(笑)




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】のエンターテインメント①~日本でも有名なシルク・ドゥ・ソレイユ劇団が繰り広げるセクシーショーの【Zumanity(ズーマニティ)】は入場に年齢制限がありながらも男女共に人気のキャバレーショー。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート⑩】

Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】のエンターテインメントショーのひとつとして有名なのがシルク・ドゥ・ソレイユ





シルク・ドゥ・ソレイユは日本でも有名ながら、シルクドソレイユという表現浸透しています。





このシルク・ドゥ・ソレイユカナダで生まれた劇団、数々のヒット公演を世に送り出していることから世界的に有名





そして【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】でも公演されているエンターテインメントショーZumanity(ズーマニティ)





Zumanity(ズーマニティ)は動物と人間らしさという言葉を合わせた造語で、この動物と人間が合わさったテーマを用いてセクシーショーとして表現しています。





セクシーショーなので入場に年齢制限が設けられているものの、男女共に人気のあるキャバレーショーは、会場が狭い中で迫力あるアクロバットオペラダンス観覧できるとあって、迫力満点のショー。





チケット価格69ドル~125ドルの席が用意されており、コンシェルジュに依頼することで会場の一覧表を覧ながら席の価格や公演時間を確認できますからコンシェルジュを頼ると良いでしょう。




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】のエンターテインメント②~意味不明、説明不可能なパフォーマンスをディスコミュージックダンスにノッて【Blue Man Group's show(ブルーマン・グループ・ショー)】が奇想天外なコメディを展開する。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート⑪】

Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】のエンターテインメント②は、スキンヘッドにブルーペイントで登場するコメディ・ミュージック・グループ。





Blue Man Group's show(ブルーマン・グループ・ショー)





ディスコミュージックにノッて奇想天外なコメディやパフォーマンスを展開するのですが、行動が意味不明に加えて説明不能なので、チカチカした視覚と大音量の音楽でハジけたい人向けのエンターテインメント。





来場者もパフォーマンスに参加できるプランもあり、1時間程度のショーは覧ているだけでは無く参加型。





子供から大人まで参加できるとはいえ、とにかく騒がしく人がひしめき合っている状態のショーなので、静かに観覧したい方やゆったりしたい方向けではありません。




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】のナイトライフ①~アイルランドグループのバンドをナイトバーにした【Nine Fine Irishmen(ナイン・ファイン・アイリッシュ)】は、自然なアイルランド料理と音楽を楽しめる。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート⑫】

24時間稼働する眠らぬ街ラスベガスニューヨークの街ともなれば、なにが有ってもおかしくはないが、ナイトライフを楽しむバーに、アイルランドグループのバンドをバーにした店があります。





この店はNine Fine Irishmen(ナイン・ファイン・アイリッシュ)





アイリッシュはアイルランド人を表し、このアイルランドバンドのグループの音楽と自然なアイルランド料理を楽しみながらアルコールを友に夜を送る。





アイリッシュダンスとタップがチャンピオンシップ・ダンサーらによって行われている、内装の雰囲気もシックで良い感じのバーです。




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】のナイトライフ②~ニューヨークのタイムズスクエアをイメージした【Bar at Times Square(バー・アット・タイムズ・スクエア)】は、向かい合う一対のピアノセッションが人気。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート⑬】

ニューヨークテーマカジノホテル全体に模している【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】。





そのナイトライフエリアニューヨークタイムズスクエアイメージした【Bar at Times Square(バー・アット・タイムズ・スクエア)】があります。





Bar at Times Square(バー・アット・タイムズ・スクエア)は、落ち着いた雰囲気のバーながら、音楽が入ると大熱狂地帯に変化。





その理由はピアノを使ったセッション。





Bar at Times Square(バー・アット・タイムズ・スクエア)】はもちろん席も用意されていますが、奧はぐるりと取り囲むようにバーカウンターとなっています。





その中心には向かい合うピアノが一対





このピアノ熱狂する原因





このピアノを同時に演奏することで、決闘の様なピアノセッションが始まり、それに合わせてバーの客は観客に変貌。





PM8:00がピアノセッション開始時間なので、会話を楽しみながら酒を楽しみたい方は、早い時間か遅い時間にしましょう。




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】のナイトライフ②~カジノフロアの中心部に位置する【Center Bar(センター・バー)】は、スタイリッシュなサークル型で24時間265日動き続けるバー。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート⑭】



>>>日本に居ながら合法で世界中のスポーツベッティングが行えるインターネット
ブックメーカーのやり方や参加の方法を説明しています
<<<



Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】のカジノフロアの中心部にサークル型のバーがあります。





このバーはCenter Bar(センター・バー)





Center Bar(センター・バー)】はスタイリッシュなデザインで、バーの境界はランダムにウッドパネルとガラスとで仕切られ、ソファに座る客の姿はシースルー。





中心部の柱は太く、サークル下部は酒瓶の棚となり、上部はスクリーンモニターが360度取り巻く環境です。





この画面はバートップゲームとなっており、バーカウンターでスポーツイベントに参加出来る仕組み。





つまり、完全にスポーツ賭博を目的としたスポーツブックを楽しむ場所。





最先端のサラウンドシステムを完備しており、カジノゲームプレイの休憩場所として、待ち合わせの場所、スポーツブックのプレイ場所として利用されやすいバーです。




>>>日本に居ながら合法で世界中のスポーツベッティングが行えるインターネット
ブックメーカーのやり方や参加の方法を説明しています
<<<





【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】女性バーテンダー達で賑わう【Coyote Ugly(コヨーテ・アグリー)】は、ラスベガスの住人と宿泊者IDを持つ者だけが入場可能。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート⑮】

セクシースタイルの女性バーテンダー達で賑わうバー【Coyote Ugly(コヨーテ・アグリー)】。





Coyote Ugly(コヨーテ・アグリー)は世界に数店舗を持つ女性バーテンダーの店。





このバーでは、独自の映画で主演するライブバージョンやショーを楽しめたりもするが、基本は明るく楽しく酒を飲むところ。





Coyote Ugly(コヨーテ・アグリー)】では、ラスベガスの住民は毎日無料で入場可能ながら、他は【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】の宿泊IDを持つ者しか入場することはできないという入場制限があるので、利用する店としてはプレミアム感があると言えるでしょう。




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】24時間利用できるバー【Pour 24(ポール・24)】は、手作りビールの風味を高める為にアロマを使用して醸造。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート⑯】

Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】のなかで、24時間営業しているバーとして知られる【Pour 24(ポール・24)





このPour 24(ポール・24)Pourは、注ぐという意味。





つまり、24時間注がれるバーという訳。





Pour 24(ポール・24)】では、数々のクラフトビール(手作りビール)が名物で、ビール好きならば試してみたいと思う方も多いのではないでしょうか。





日本にやってくるアメリカ人に日本のビールを飲ませると、『美味すぎるという感想や、すぐに酔ってしまうという感想は定番。





あの水みたいなバドワイザー等で酔ったり美味いと言っているのだから当然と言えば当然ながら、世界中の観光客を相手にするカジノホテルのバーだから試すことも一興。





このクラフトビールは、風味を高める為に、数々のアロマを用いて醸造しているらしく、オリジナル感は高いと言えるでしょう。





使用しているアロマはボディアロマらしいので、アロマに詳しくなければ、それを飲んでも良いのかという疑問も出るのですが、大丈夫らしいです。(笑)





もしも【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】に訪れることがあり、【Pour 24(ポール・24)】を見つけたら、ビールを試してみてはいかがでしょう。




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】冷たいフローズンカクテルを専門とした【Big Chill(ビッグ・チル)】は、ヒートアップした身体や頭を冷やすのに人気のバー。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート⑰】

楽しい時は身体も頭もヒートアップすることは多いことでしょう。





カジノホテル施設アトラクションや、カジノフロアで楽しんでいるのであれば尚更。





そんなヒートアップ時にお勧めのバーがBig Chill(ビッグ・チル)





Big Chill(ビッグ・チル)は、冷たいフローズンカクテルを専門としたバーで、【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】の中や施設内の各箇所に複数あるので、便利なクールダウンバー。





フローズンの口あたりの良さと舌触りが堪らないので、お勧めです。




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】毎日スペシャルドリンクを提供する【The Lobby Bar(ザ・ロビー・バー)】は、音楽やパフォーマンスを楽しむことよりも、会話を楽しむことが好きな人向けのバーとして人気。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート⑱】

どこに行っても大騒ぎしたい方と、静かに飲みたい方に別れますが、私はどちらかというと後者。





友達と笑い語り合うのは楽しいものの、大音量の音楽の中で飲みたいとは思わないので、そういった類の方にはThe Lobby Bar(ザ・ロビー・バー)がお勧め。





このThe Lobby Bar(ザ・ロビー・バー)は、毎日スペシャルドリンクを提供するバーながら、バーテンダーと話を楽しんだり、他の客と会話が楽しむことができたりする比較的静かなバー。





喉が渇くと利用されやすいバーです。




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】カジノフロアにあるテーブルデッキバー【High Limit Bar(ハイ・リミット・バー)】は、ハイリミットげーむと会話を楽しめるカクテルバー。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート⑲】



Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】はカジノフロアに手作りカクテルを楽しめるバーテーブルを用意している。





このHigh Limit Bar(ハイ・リミット・バー)では、高い賭け金のゲームを楽しみながら、会話と共にアルコールを楽しめる、他のゲームテーブルとは異なるエリア。





もちろん他のテーブルデッキでもアルコールは楽しめるが、その場で作られるカクテルではないことと、通常のテーブルデッキではゲーム進行のペースを守らなければならないので、皆が思うほど会話ははずまない。





ゲームディーラーと共にアシスタントとなるバーテンが居るので、そこが上手く廻る様に工夫されているバーテーブルです。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】に用意されているスロットマシーンは1500台以上~人気の設置マシーンを紹介~【NY・NY・ラスヴェガス・リポート⑳】



カジノの象徴はやはりスロットマシーンと思われる方も多いことでしょう。





カジノゲームの中でも手軽なゲームということもあり、どこのカジノホテルでも人気ですが、種類や台数はそのカジノならではのカラーが伺える。





Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)はそこまでスロットマシーン特化したカジノカラーではありませんが、それでも1500台以上のスロットマシーンを取り揃えています。





今回は、その主要となっている人気の設置マシーンを紹介しましょう。





・【Wheel of Fortune(ウィール・オブ・フォーチューン)


・【Megabucks(メガバックス)


・【Jackpot Party(ジャックポット・パーティー)


・【Blazing 7's(ブレイジング・セブンズ)


・【Top Dollar(トップ・ダラー)


・【Sex & the City(セックス・アンド・ザ・シティ)


・【Monopolyモノポリー


・【Goldfish(ゴールドフィッシュ)


・【Wizard of Oz(ウィザード・オブ・オズ)





スロットファンには昔ながらのスロットマシーンを好むファンもいますが、近年ではインターネットカジノ影響もあり、ビデオスロット人気で、その中でもベラジョンカジノダントツにおめのブラウジングカジノです。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】のテーブルゲームは9種類のゲームが67テーブルで繰り広げられる。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート21】



Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】のカジノフロアでは、スロットマシーンとは別にコアなファンがテーブルゲーム9種類用意され、合計67テーブルでゲームが提供されているので、ゲームリストとして挙げてみましょう。





・【Blackjackブラックジャック


・【Craps(クラップス)


・【Rouletteルーレット


・【Mini Baccaratミニ・バカラ


・【Let It Ride(レット・イット・レイド)


・【Big Six(ビッグ・シックス)


・【Three Card Poker(スリー・カード・ポーカー)


・【Texas Hold'em Bonusテキサス・ホール・デム・ボーナス


・【Crazy 4 Poker(クレイジー・フォー・ポーカー)





現在ではインターネットオンラインカジノでこれらを含む、ネットカジノならではのゲーム性を備えた数百種類のゲームを取り揃えたおめのベラジョンカジノがありますので、実際のカジノホテルへ行けない方にはオススメです。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】でも人気のレース&スポーツブックは、これからは日本でも有名になりそうな気配ながらも、日本で活動しながら飛び抜けて高額契約選手がいないのは、この様な構図が欠けているからなのかも知れない。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート22】



>>>日本に居ながら合法で世界中のスポーツベッティングが行えるインターネット
ブックメーカーのやり方や参加の方法を説明しています
<<<



近年、日本でも有名になりつつあるスポーツベッティング





それは、サッカーテニスといった世界が注目するスポーツが賭けの対象となるスポーツ賭博のこと。

SPORTS-BET.jpg

特にテニスでは錦織選手の活躍で、スポーツベッティングでも名前が出て来ているくらいなので、より身近に感じる日も近いと考えられる。





これまでにイギリスのウィリアムヒル・スポーツというブックメーカーを紹介していますが、【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】では、どの様なスポーツベッティングが行われているのかげてみましょう。





・Proとカレッジフットボール

・Proと大学バスケットボール

・ベースボール

・プレミアリーグ、チャンピオンズリーグと国際サッカー

・ホッケー

・オートレース

・ゴルフ

・ボクシング

・総合格闘技

・女子プロバスケットボール

・グランドスラムテニス





等が挙げられますが、特にアメリカンが挙って熱狂するのが5つシリーズイベント





・スペシャルイベント

・スーパーボウル

・ワールドシリーズ

・NBAチャンピオンシップ

・スタンレーカップ





この様に賭けの対象とされることが、スター選手の高額年俸につながり、またその高額年俸の元となるスポンサー参入という構図がある訳です。





日本で活動しながら飛び抜けて高額契約選手がいないのは、こういう構図が欠けているからなのかも知れませんね。





日本に居ながら合法で賭けに参加できるウィリアムヒル・スポーツで、応援している選手達と一緒に戦ってみてはいかがでしょう。




>>>日本に居ながら合法で世界中のスポーツベッティングが行えるインターネット
ブックメーカーのやり方や参加の方法を説明しています
<<<





【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】の観光名所①~くるくる回るアクションコースターで悲鳴が飛び交う【The Big Apple Coaster & Arcade(ビッグ・アップル・コースター&アーケード)】でカジノホテルの敷地内を最高時速67マイル(107.8キロ)で高速観光。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート23】

絶叫マシンは好き嫌いがあるものの、概ね人気があるアトラクション。





Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】の観光名所のひとつとして挙げられるのが【The Big Apple Coaster & Arcade(ビッグ・アップル・コースター&アーケード)】というジェットコースター。





このThe Big Apple Coaster & Arcade(ビッグ・アップル・コースター&アーケード)は、カジノホテル内の敷地をぐるぐる廻りながら、最高時速67マイル(107.8キロ)の高速観光という高所案内が人気。





私もこの手の絶叫マシンは大好きで、三重県長島スパーランドのスティールドラゴンでも下りながら会話ができる程。





また、先のスティールドラゴンや、静岡県富士急ハイランドのドドンパらと比較すると大したことはないものの、日本では観ない景色と、その隙間を地に近い部分と高所との間を違った視点で観光できるという部分に於いてはお勧めな観光アトラクションかも知れません。




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】の観光名所②~チョコレートファンなら見逃せない!【HERSHEY'S CHOCOLATE WORLD Las Vegas (ハーシー・チョコレート・ワールド・ラス・ヴェガス)】は2階建てのチョコレート工場!【NY・NY・ラスヴェガス・リポート24】

チョコレートファンは多く、子供から大人まで多用なニーズに合わせた種類が世に出回っています。





Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】の観光名所②としてお勧めしたい場所は、チョコレート工場。





それはHERSHEY'S CHOCOLATE WORLD Las Vegas (ハーシー・チョコレート・ワールド・ラス・ヴェガス)という2階建てのチョコレート工場。





チョコレート工場というだけあって、その場でチョコレートが作られているので、製造過程から口に入るまでの過程を目撃することとができます。





もちろんこの【HERSHEY'S CHOCOLATE WORLD Las Vegas (ハーシー・チョコレート・ワールド・ラス・ヴェガス)】ならではのチョコレートも多数あるので、世界中のチョコレートファンが一度は訪れたい場所ではないでしょうか。




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】のグルメスポット①~1927年以来ニューヨークのオリジナルステーキとなっているドライ熟成ビーフが楽しめる【Gallagher's Steakhouse(ギャラガーズ・ステーキハウス)】では、最高級のドライビーフだけでなく、新鮮なシーフードも楽しめるレストラン。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート25】

アメリカンはステーキ好きなので、やはりカジノホテルのグルメリポートでも最初に紹介するレストランは最初になりやすいと言えるでしょう。





Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】のグルメスポットとして最初に紹介するレストランは【Gallagher's Steakhouse(ギャラガーズ・ステーキハウス)】。





このGallagher's Steakhouse(ギャラガーズ・ステーキハウス)では、やはりニューヨークならではの定番ステーキ。





ニューヨークならではのステーキと言うと、1927年以来ニューヨークのオリジナルステーキとして認知されているドライビーフステーキです。





その最高級の熟成したドライビーフを提供しているのが【Gallagher's Steakhouse(ギャラガーズ・ステーキハウス)】。





営業はPM4:00からAM12:00までが基本ですが、日曜日と木曜日だけはPM11:00までの営業。





Gallagher's Steakhouse(ギャラガーズ・ステーキハウス)】はステーキハウスではあるものの、新鮮なシーフードも楽しめるというウリも持っているので、肉は食べないが海産物が気になる場合はイベントマネージャーに訊ねると良いでしょう。




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】のグルメスポット②~カフェの様な雰囲気の中でイタリアンを楽しむ【Il Fornaio(イル・フォイルナイヨ)】は、朝食・昼食・夕食のメニューすべてをまかなう。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート26】

Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】でのイタリアンはニューヨークスタイル。





そのイタリアンはニューヨークスタイルということで、見た目がカフェ風。





しかも、室内にありがながもオープンカフェ風なので、行き交う人々に食べてる姿やテーブルマナーを見られるというちょっと恥ずかしいレストラン【Il Fornaio(イル・フォイルナイヨ)】。





Il Fornaio(イル・フォイルナイヨ)は北イタリア風の料理で、パンなどは囲炉裏で焼くというのが【Il Fornaio(イル・フォイルナイヨ)】のスタイル。





受賞歴のある料理人達が提供するレシピは誰もが知るイタリアンから、ちょっと変わったイタリアンまで楽しめます。





Il Fornaio(イル・フォイルナイヨ)】は朝食・昼食・夕食のメニューすべてをまかなうので、イタリアン好きはチェックしておきたいレストランです。




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】のグルメスポット③~アメリカンが好むストリートフードを揃えた【Tom's Urban(トム・アーバン)】は、誘惑の高カロリーフードがたくさん。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート27】

アメリカン・ストリート・フードの代表と言えば、ハンバーガーにホットドッグですが、そんなアメリカンのストリートフードが揃ったレストランが【Tom's Urban(トム・アーバン)





Tom's Urban(トム・アーバン)はバーを備えたレストランで、誘惑の高カロリーフードがメイン。





アジア系の料理もありますが、基本的にアメリカンナイズされた高カロリー食品化しているので、ヘルシーとは別世界。(笑)





Tom's Urban(トム・アーバン)】では、ハンバーガー、バッファローウイング、サンドウイッチが人気でボリュームもアメリカンなので、この手の食べ物でストレス発散したい方はどうぞ。




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】のグルメスポット③~ジャンクフードと呼ばせない質のバーガーでファンを増やす【Shake Shack(シェイク・シャック)】はすべて高品位なビーフを提供するバーガーハウス。【NY・NY・ラスヴェガス・リポート28】

ハンバーガー=ジャンクフードという言葉を用いたのはアメリカからですが、質の悪い食材を使って料理をしたら、どんな料理でもジャンクフード。





ハンバーガー好きなアメリカンがジャンクフードとは画するバーガーと認める内のひとつの店として有名なのが【Shake Shack(シェイク・シャック)】。





Shake Shack(シェイク・シャック)では、すべて高品位なビーフを提供しており、バーガーで使うすべての食材を高品位にすることでファンを増やしているようです。





この【Shake Shack(シェイク・シャック)】は2004年にニューヨークのマディソンスクエアパークで生まれ、ダニー・マイヤーのユニオンスクエアホスピタリティグループの一部としても知られており、2014年12月に【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】でオープンを飾った新しいバーガー店です。




【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】アメリカの雰囲気を空間に表現したレストラン【America(アメリカ)】は、アメリカ大陸の海岸から海岸までの食を体験できる【NY・NY・ラスヴェガス・リポート29】

ニューヨークを模したカジノホテルの【Las Vegas-NY NY casino(ラスヴェガス・ニューヨーク-ニューヨーク・カジノ)】ではあるものの、レストランの【America(アメリカ)】は、アメリカ大陸の海岸から海岸までの食を体験できる横断メニュー。





America(アメリカ)は天井にユニークな形でアメリカ大陸を作成し、その店のカラーを表現しています。





朝食・昼食・夕食のすべてを提供する【America(アメリカ)】では、各地域ごとのワインやビールが人気で、ドーナツやデザートも人気。





広大なアメリカで地域ごとに変わる味覚や食べ物に触れることができるレストランです。




ひとりの日本人プレイヤーが一晩で9回もの大当たりを独占で175万円の賞金を手に!ネットカジノ歴2年のビデオスロットファンが語る最高のインターネットオンラインカジノ!



2015年今年もインターネットオンラインカジノで日本人客らが大暴れ





たったひとりの日本人プレイヤーインターネットオンラインカジノビデオスロットもの大当たり独占し、175万円もの賞金





アイアンマン2(パワークラスジャックポットで543.65ドル


ハルク(エクストラパワークラスジャックポットで1488.07ドル

1593.jpg

に、このジャックポットだけではなく、ライン当選ボーナスゲームでも20万円以上高額賞金大当たり勝ち取る強運





ドルフィン・リーフ(3123.00ドル)


アイアンマン2(2400.00ドル)


アイアンマン2(2480.00ドル)


アイアンマン2(4080.00ドル)


ドルフィン・リーフ(5425.00ドル)


ドルフィン・リーフ(2160.00ドル)


ハルク(6600.00ドル)





合計15000ドル(現在の為替レートで約175万円)賞金獲得

BIG-WIN9.jpg

一撃必殺一発15000ドルにも気持ちを味わえるものの、これだけの回数大当たりを一晩で経験するのもなのではないでしょうか。





今回の大当たり根こそぎきプレイヤーは、インターネットカジノ歴2年の会社員の方ですが、インターネットカジノでもプレイしている様子。





800種類用意されたゲームはすべて人気ながらも、ベラジョンカジノ人気が高いのはビデオスロット





その人気秘密は、爆発力日本人プレイヤーととても相性の良いインターネットオンラインカジノであることはプレイ経験がある者なら誰もが理解できることでしょう

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




★★★◆ブログ~案内~◆★★★
CASINO-6-8-(2).png 子供のんだ経験と、単純ルールながらも白熱したおもしろさ記憶があってか、【CASINO-GAME(カジノゲーム)】をにすると、ニンマリしてしまいます。
CASINO-6-8-(1).png
こどものにはトランプテレビゲームんでいましたが、インターネットオンラインカジノで知った、本物のお金を賭けてプレイする(`・_・´)ン-【Black-Jack(ブラックジャック)】や、Roulette(ルーレット)めとする、日本からでもインターネットを介して合法べるBROWSING-CASINO-GAME(ブラウジング・カジノゲーム)を見つけてしまいました。( ̄∇ ̄*)フフフ
CASINO-6-8-(3).png
私が安心してプレイできるのも、24時間体制日本語サポートがあるからですが、とても親切対応安心できる管理体制にとても信頼を寄せています。
2016-4-11(1).jpg
やはり政府発行したライセンスを持っているインターネットオンライン仮想カジノサービス安心感うと感じます。
2016-4-11(3).jpg
2016-4-11(5).jpg
諸外国ではセレブびととして知られるCASINO-GAME(カジノ・ゲーム)しさはエレガントびであるものの、とても刺激的びとして知られていますので、VIPセレブが好むびを始めることはVIPセレブへの第一歩と言えるでしょう。
2016-4-11(2).jpg
この【世界のカジノを自宅で安全に楽しむためのニュースサイト!】で紹介しているインターネットオンラインカジノやサイトは、すべて私自身が登録している安心できるインターネットオンラインカジノサイトだったり、プレイテクニックを参考にしているサイトですから、みなさんも日本に居ながらCASINO-GAME(カジノゲーム)しむだけでなく、高額賞金っちゃってください(*^∇゜)
2016-4-11(6).jpg
さんがげてせになれば、私も同じ様にしいです(/_・)
  2016-4-11(4).jpg
また、日本のカジノ誘致する情報や、世界のカジノ情報もおしますので、合わせて参考にしてください。^^
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1704位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
85位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR