1968年当時は大人のみが出入りする場所として考えられていたカジノ街にいち早くファミリー向けとして登 場した【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】は老舗で古いながら も安価設定で常連客の人気を維持するカジノホテル。【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート ①】

今回から【Las Vegas(ラスベガス)】の老舗カジノホテルである【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】のリポートです。





Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)1968年誕生したカジノ施設ですが、当時宿泊施設はなく、その1972年カジノホテル進化しています。





この1968年という当時では、まだ賭博色が全面に押し出された時代だったのですが、この【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】はいち早く家族向けエンターテインメントを手懸けた先駆存在です。





運営MGMなので、様々な形をえるというえ方のカラービジネステストのひとつと言えるでしょう。





トレードマークともなっているピエロネオンサインは光の色がレトロでとても古さを感じさせるものの、子供受けの良いアドベンチャー施設として人気です。





現在の【Las Vegas(ラスベガス)】では古くて小規模カジノホテルですが、35階建ての【West Tower(ウエスト・タワー)】と、29階建ての【Skyrise Tower(スカイライズ・タワー)】と名付けられた白い宿泊施設は古いだけあってく泊まれるということもあって、大衆の子連れの家族が目立ちます。





その後しく改装された15階建ての【Casino Tower(カジノ・タワー)】も加わり、3,767室の客室が用意されています。





現代的華々しさはいものの、【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】ならではの面白さをおえしてゆきます。

スポンサーサイト

ラスベガスでキャンプができる?【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジ ノ)】の敷地内に設けられた【RV Park(アールブイ・パーク)】では、野外宿泊が快適にできる設備が整って いるキャンプエリア。【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート②】

幼少の子供達を持つ家庭では、子供達の成長を促す為に様々な形で経験をさせようと努力をしますが、キャンプといった野外生活もそのひとつと言えるでしょう。





ただ、あまりにも環境であったり、大人さえも環境対応できない様ではしようもないので、子供にとってしく経験に留めたいところ。





老舗Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】は基本的現代豪華絢爛タイプではいことから、あらゆる思考を用いて客層獲得に取り組んでいると感じられるひとつが敷地内に設けられた【RV Park(アールブイ・パーク)】でしょう。





このRV Park(アールブイ・パーク)とは、【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】に設けられたキャンプ施設で、トレーラーハウス完備





屋外用家具無料Wi-Fiサービス、ホットタブ付きのプール施設、公園の大画面テレビ電気ランドリーサービスシャワートイレ等が用意されています。





電気に関してはケーブルが用意されていないことから、延長コードは予め用意しておかなければならないものの、愛犬ケア充実していますから、家族総出びにゆけます。





この愛犬ケアとは犬の公園と犬用のプールが用意されていることに加え、犬の無料洗浄サービスが付帯していることです。





こういったカジノホテルがやっていないことを提供することで【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】が今日でも利用されている理由と言えるでしょう。




ラスベガスの中でも取り分けて老舗の【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・ カジノ)】の宿泊施設は新しくないものの、カジノホテルの中では最安値級で利用できる。【サーカス・サーカ ス・ラスヴェガス・カジノ・リポート③】

ラスベガスの中でも取り分けて老舗の【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】では、35階てのWest Tower(ウエスト・タワー)999室と、29階てのSkyrise Tower(スカイライズ・タワー)1,188室の客室にしく改装された15階てのCasino Tower(カジノ・タワー)770室の客室が用意されています。





これらの部屋にはリフレッシュを繰り返されながらも高級志向ではないことから、カジノホテルの中では最安値で利用できるのでファミリーには人気





ただ、水回りの衛生面に関しての評判はあまり良くないのが残念なところ。





部屋の装備に関しては、日本のビジネスホテル以上ですから困ることはありませんが、デラックスルームなので広さは期待できません。





West Tower(ウエスト・タワー)】、【Skyrise Tower(スカイライズ・タワー)】、【Casino Tower(カジノ・タワー)】の中ではしい【Casino Tower(カジノ・タワー)】は装備調度品レベルも上がっていますので、利用するなら【Casino Tower(カジノ・タワー)】をぶのが良いでしょう。





それぞれのデラックスルームでも、ベッドはシングルキングサイズダブルクィーン選択できます。





次回は【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】の【Suites room(スイートルーム)】リポートです。




幾何学模様が多様された【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】の 【SUITE ROOM(スイートルーム)】はパーラースイートとジャグジースイートがアップグレードしやすい。【サ ーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート④】

全体的に新しさは感じられないものの、家計に余裕がないファミリー旅行人気の【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】は様々なアイデア顧客獲得を保っています。





昨日はデラックスルームの紹介をしましたが、今回はSUITE ROOM(スイートルーム)紹介もしておきます。





Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】のスイートは、改築を繰り返して現代風を意識し続けるカジノホテルの様に新しくはありませんが、パーラースイートジャグジースイート135室が用意されています。





装備に関してはデラックスルームと同様ですが、若干グレードアップしている感じはあり、全体的に幾何学模様が多様された80年代の映画に出てくる様な内装です。





家具は角張ったデザインと、丸みを帯びたデザインの融合で、その時代の流行が感じられる印象。





一般的にスイートのレベルの高さを求めるユーザーが訪れるホテルではありませんから、アップグレードもしやすい価格帯として知られています。




高さをアピールせず、利用のしやすさをアピールする【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス ・ラスベガス・カジノ)】の【Manor Motor Lodge(マナー・モーター・ロッジ)】は、セルフ駐車場が完備さ れた3階建ての宿泊施設。【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート⑤】

カジノホテルというと、高い建物が注目を浴びますが、【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】はカジノホテル同じ土俵では戦わないところが面白さを感じます。





つまり、途中から庶民が使いやすい形にシフトしているところ。





もちろん新装には35階てと29階て、15階てのタワーホテルを建設していますが、そして【Manor Motor Lodge(マナー・モーター・ロッジ)】を設けています。





このManor Motor Lodge(マナー・モーター・ロッジ)3階てと5階てのヨーロッパ建築宿泊施設で、それを【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】から半ブロックれた所に展開しています。





感覚には日本のシティホテルみたいな感じで、アメリカでいうとモーテル豪華の様な感じ。





駐車係を設けていない駐車場は日本のスーパーを思わせ、セルフ感覚余分出費を抑えたいユーザー向けです。





部屋の内装はシックな幾何学模様にカラフルな幾何学模様をアクセントにした感じで、家具は重厚なシステム機能型に加えて、紹介してる【West Tower(ウエスト・タワー)】、【Skyrise Tower(スカイライズ・タワー)】、【Casino Tower(カジノ・タワー)】の部屋と同様の装備がありますから不便な部分はありません。





810室の客室のベッドはキングダブルキング、またはダブルクイーンから選ぶことが可能です。




なんと!トップクラスのサーカスが毎日無料観覧でできるというサービスを行っている【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】は子供を持つファミリーに大人気~エンターテイ ンメント①~【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート⑥】

本来であれば、カジノホテル紹介としては客室カジノフロアなのですが、この【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】にってはエンターテインメント紹介にしなければならないでしょう。





それは、トップクラスサーカス毎日無料観覧でできるというサービスを行っているからです。





毎日カーニバルミッドウェイのセンターステージではAM11:00から空中ブランコ高速ジャグラーアクロバットなバランス技芸術的なアクロバット等様々なトップエンターテインメントを家族でしめます。





しい現代的カジノホテルには魅力で勝負し続ける【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】は家族連れが訪れやすいカジノホテルです。




四人乗りの【 El Loco(エル・ロコ)】室内コースターで垂直落下1.5Gを楽しめる【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードー ム・テーマ・パーク)①】は室内ながら、最高27mの高さで駆け巡る【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・ カジノ・リポート⑦】

Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】は家族しめることに力を注いでいますが、子供から大人までしめるところにも目を向けており、そのひとつが【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)】の中にあるひとつの【 El Loco(エル・ロコ)】コースター。





このEl Locoエル・ロコ)コースターはイエローカラーがトレードマークで四人り。

ko1.jpg

キビキビと動き回るその小型のコースターは、最高時速72キロのスピードで最低地上高106cm最高地上高27m落差を駆け回り、垂直落下1.5Gしめるコースター。





室内なのでより速度感が高く感じられるそのコースターは72秒の道のりを滑走するのですが、【 El Loco(エル・ロコ)】は世界カ所しか設置されておらず、アメリカにはこの【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】だけということもあり、2014年にはテレビニュースにも取り上げられて存在がクローズアップされました。

ko2.jpg

そして室内に設置されてスピード感がより増した【 El Loco(エル・ロコ)】が体験できるのは世界でも今のところ【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】だけの様なので、絶叫系の乗り物が好きな方は訪れてみると良いでしょう。




左右にロッキングしながらグルグル回転する【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベ ガス・カジノ)】の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)②】にある 【Disk'O(ディスクゼロ)】は座席の位置に関係なく楽しめるスライダー【サーカス・サーカス・ラスヴェガス ・カジノ・リポート⑧】

前回は【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)】の中にある【 El Loco(エル・ロコ)】というコースター紹介しましたが、今回左右ロッキングスライドしながらグルグル回る乗り物【Disk'O(ディスクゼロ)】の紹介です。





このDisk'O(ディスクゼロ)は、どこに座ろうとも位置関係なく同じ感覚体感する事が出来る公平な乗り物で、日本には左右にロッキングする船だったり、廻りながら更に回転する乗り物の元祖コレ

SPn.jpg

Disk'O(ディスクゼロ)】に着座するには身長121cm以上を満たしていれば、子供から大人まで利用することができます。





意外に大きいスライダーよりも小さいほうがパワフルに動いて加速感があります。




4Gの加速で一瞬にして舞い上がる【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カ ジノ)】の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)③】にある【Sling Shot (スリング・ショット)】は室内ならではの加速感【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート ⑨】

雨天でも数々の絶叫マシンしめる【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)】では、まだまだアトラクションがあります。





4G加速一瞬にして舞い上がるSling Shot(スリング・ショット)

sgt1.jpg

空高く舞い上がるショットとはまたなる加速感感覚を室内の無風空間体感





身長121cm以上を満たしていれば、子供から大人まで利用することができます。




予測不可能に回りながら廻る【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジ ノ)】の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)④】にある【Chaos(ケイ オス)】は3つの動きで翻弄される!【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート⑩】

絶叫マシンも、事前に予測ができれば安心できる場合と、今から起こるであろうことに恐怖する場合がありますが、【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)】にある【Chaos(ケイオス)】は、動きを予測できないから誰もが翻弄されることでしょう。





Chaos(ケイオス)は、日本でカオスとも読まれている単語で、まだ何が起こるか判らないことを表す混沌だとか、無秩序という意味を持っています。

Cs1.jpg

このChaos(ケイオス)の名を与えられたアトラクションは、一見すると何もくことなど無さそうに見えるものの、予測不能に回りながら廻るという3つの動きで座った誰もを翻弄するマシン。





身長は121cm以上を満たしていれば、子供から大人まで利用することができます。




振り回されながらクルクル回る【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジ ノ)】の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)⑤】にある【Inverter(イ ンバーター)】は自分がどうなっているか分からなくなる。【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リ ポート⑪】

クルクル回るアトラクションが多い【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)】にある絶叫マシンですが、もうひとつ【Inverter(インバーター)】という回転アトラクションがあります。

Ivr1.jpg

このInverter(インバーター)グルグル振り回されながらクルクル回るというアトラクションで、動き出すと、自分が天地どちらを向いているのか分からなくなってしまう乗り物です。





身長は121cm以上を満たしていれば、子供から大人まで利用することができます。




【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】の室内【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)⑥】を駆け巡る【Canyon Blaster(キャニオン・ブラ スター)】は世界で唯一の室内ダブルループコースター。【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポ ート⑫】

ダブルループジェットコースターとしてはオーソドックスながら、室内ダブルループのコースターとしては世界唯一のコースターを備えている【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】の室内【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)】には、のコースターも完備しながら隙間を通り抜けて室内を駆け回る【Canyon Blaster(キャニオン・ブラスター)】があります。





このCanyon Blaster(キャニオン・ブラスター)は、最高速度88キロの速度で室内を駆け回ることから、野外とはなった感覚体験することができます。

Cnb1.jpg

雨天でも運行される屋内ならではの【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)】は、天候によって変わる光の加減魅力でもあるでしょう。





身長は121cm以上を満たしていれば、子供から大人まで利用することができます。




アトラクションの始まりはやはりラスベガス!【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラス ベガス・カジノ)】の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)⑦】にある 【Sand Pirates(サンド・パイレーツ)】は日本でもお馴染みのアレ!【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・ カジノ・リポート⑬】

日本遊園地しいアトラクション登場すると、その多くはこのラスベガスからスタートしていることが多く、老舗の【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】ではアトラクション導入や入れ替えを繰り返してきた子供の聖地





日本でお馴染みのスイングするアメリカからやって来たアトラクションですが、屋内施設という【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)】の中にもスイングする船【Sand Pirates(サンド・パイレーツ)】があります。

SdP1.jpg

このSand Pirates(サンド・パイレーツ)ラスベガス砂漠の真ん中にあるということで、砂漠海賊とい名前えられています。





一見すると、きいとよりフワッとする感覚が強いと思ってしまうのですが、実際は小さめの方がパワフル加速感もより体感できる上に、室内という本来無風状態空間られると、また違った感覚ですから乗り比べてみたいアトラクションにひとつと言えるでしょう。





身長は84cm以上を満たしていれば座れる席と、121cm以上を満たしていれば座れる席があり、、子供から大人まで利用することができます。




子供向けのショット・アトラクション【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・ カジノ)】の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)⑧】にある【Frog Hopper(フロッグ・ホッパー)】は刺激を抑えながらも子供には刺激的!【サーカス・サーカス・ラスヴェガス ・カジノ・リポート⑭】

Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)】にある4Gの加速で一瞬にして舞い上がる【Sling Shot(スリング・ショット)】子供には刺激が強すぎるショット・アトラクションですが、子供向けのショット・アトラクションも用意されています。





Frog Hopper(フロッグ・ホッパー)(かえる)ジャンプイメージした子供けのアトラクション

FHr1.jpg

ピョンピョンねるだけでも、小さな子供向けのアトラクションとしては刺激的かもしれません。





身長は90cm以上で147cm迄のジュニアが利用できますから、【Sling Shot(スリング・ショット)】に乗れる121cm以上のジュニアでも勇気が無い場合にはトライしやすいのではないでしょうか。




子供用機関車で廻る【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】の 【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)⑨】にある【Miner Mike(マイナー ・マイク)】は周囲をアレンジしたアトラクション。【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート ⑮】

Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】の中で、子供専用に用意されたアトラクションのもうひとつが【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)】の中にある【Miner Mike(マイナー・マイク)】





Miner Mike(マイナー・マイク)は、機関車トーマスの様にがある機関車で、顔はピエロ風マイク

Mm1.jpg

どちらがかと言えば、トーマスヤエモンというおじいさんだったということをえると、間違いなくラスベガスアイデア(笑)





この蒸気機関車に乗って、周囲ジャングル風アレンジした中を子供達を乗せて走ります。





両親が子供達の記念撮影をしやすいアトラクションとして知られています。





身長は84cm以上で147cm迄のジュニアが乗車できます。




親子で楽しむアトラクション【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジ ノ)】の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)⑩】にある【B.C. Bus(ビ ーシーバス)】は空飛ぶバス。【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート⑯】

大人がしむ刺激的アトラクションっていれば、小さな子供向けアトラクションっている【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)】ですが、親子しむアトラクションもあります。





このB.C. Bus(ビーシーバス)空飛ぶバスで、何かの出来事を待っています。

Bcb1.jpg

大人と同乗する場合は身長制限はありませんが、単独で乗車する場合には90cm以上の身長が必要です。




親子で好きな動物を選んでまたがる【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カ ジノ)】の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)⑪】にある【Circus Carousel(サーカス・カルーセル)】は日本で言うところのメリーゴーランド。【サーカス・サーカス・ラ スヴェガス・カジノ・リポート⑰】

日本で言うところのメリーゴーランドは、【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】では【Circus Carousel(サーカス・カルーセル)】と呼ばれています。





このカルーセルとは、カルーセル麻紀に関係あることではなく、回転木馬という意味。  (笑)

Ccl1.jpg

Circus Carousel(サーカス・カルーセル)では、子供だけではなく、親子で同乗できるアトラクションで、両親が同乗しない場合には106cm以上の身長でないと乗ることができません。





親子で同乗できるというのはファミリーアトラクションならではですね。




漂流者という名前が与えられた【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジ ノ)】の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)⑫】にある熱気球の形をし たジュニア用観覧車【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】【サー カス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート⑱】

Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】には子供用アトラクション充実していますが、室内遊園地の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)】には、ジェットコースターだけではなく、観覧車もあります。




この観覧車Drifters(ドリフターズ)と名付けられており、熱気球をしています。

drfs1.jpg

Drifters(ドリフターズ)】のDrifter(ドリフター)とは、漂流という意味を持っているので、この場合は漂流する熱気球に乗った子供達たち...といったところでしょうか。





このDrifters(ドリフターズ)は、子供向けということもあり、とても小さい観覧車なのですが、同乗するどちらかの両親と子供が、下から手を振るどちらかの両親に向けて手を振りやすい様に設計されているファミリーアトラクションならではの観覧車です。




ヒマラヤをイメージしたというアップダウンしながら廻る【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サー カス・ラスベガス・カジノ)】の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク) ⑬】の【Road Runner(ロードランナー)】はサーカステントの様なキャンバスを走り回る【サーカス・サーカ ス・ラスヴェガス・カジノ・リポート⑲】

親子で楽しむ【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)シリーズアトラクション紹介今回最後





その最後紹介するのはRoad Runner(ロードランナー)

RR1.jpg

私たち日本人想像する【Road Runner(ロードランナー)】と言えば、やはり任天堂ファミコンの【Road Runner(ロードランナー)】ですが、このアトラクションサーカステントの様なキャンバスを走り回るコースターBOX





サーカステントの様なキャンバスヒマラヤイメージしているそうですが、そのキャンバスアップダウンしながら廻ります。





Road Runner(ロードランナー)】は、両親が同乗しない場合には106cm以上の身長でないと乗車することができない制限が設けられています。




親子で体を動かしてゲット!【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジ ノ)】の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)⑭】にある【Midway(ミッ ドウェイ)】エリアはプレミアム賞品が揃うアーケードゲームエリア【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カ ジノ・リポート⑳】

日本の遊園地でも昔は良く見かけることができた、夜店で身体を使って景品をゲットする様なアーケードゲーム





Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)】にある【Midway(ミッドウェイ)エリアには、親子で遊べるアーケードゲームが各所に用意されています。





その景品は縫いぐるみが多いのですが、アメリカンサイズという言葉あるだけに大きさがどれもBIG





このMidway(ミッドウェイ)エリアの周囲では、様々なイベントが行われるという工夫もされています。




5名からの子供パーティを企画ホストする【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガ ス・カジノ)】の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)⑮】エリア 【Parties(パーティズ)】での最大対応人数はなんと5000名という規模まで!【サーカス・サーカス・ラスヴ ェガス・カジノ・リポート㉑】

Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)】は親子で遊べるテーマパークながら、基本はやはり子供を主人公にしているエリア





そのアトラクションが豊富な【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)】で子供向けのパーティ会場が用意されています。

pts1.jpg

その対応人数15名からなのですが、上限は実に1500名までという規模もがくことでしょう。





大人意識したバースディパーティ記念日パーティといった企画をホストする様は、こどもの国といった表現が似合うかも知れませんね。




投資資金が回収されやすいことで知られる【SLOT-MACHINE(スロットマシーン)】の利用者はもっぱら地元民と いうベガスの穴場【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】で楽しむ 【カジノゲームシリーズ①】~【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート㉒】

親子連れが多く、ファミリー向けの【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】ですが、カジノフロアもかなりのファミリー向け。





つまり、どのカジノゲームミニマムBET(最低賭金)がとてもく、この$0.01というミニマムBETの低さはラスベガストップと言われています。





Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】のカジノゲーム紹介トップもやはり【SLOT-MACHINE(スロットマシーン)】ですが、レトロタイプシリーズで固められています。

st2016-9-1.jpg

しかしながら$1BETのスロットでは、97.4%回収可能と【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】自体が公表しており、$1,000というめに設定されたJACKPOT結構頻度たることから、ラスベガス地元民常連客大人気という穴場です。





このJACKPOT賞金宿泊の支払いや、GAME費用、エンターテインメントのチケットにも充てられることで、人気のあるゲーム。





サーカスモチーフとなっていることから、スロットを並べるレイアウトにも日本ではメリーゴーランドで知られるカルーセルや、そのキャラクターが用いられています。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




ビデオポーカーファンにも知られる専用開発された【Aces and Eights progressive poker(エース・アンド・ エイト・プログレッシヴ・ポーカー)】は$0.25BETで$12,500のJACKPOT賞金!【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】で楽しむ【カジノゲームシリーズ②】~【サーカス・サ ーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート㉓】



JACKPOT賞金が低めに設定されていることから、レトロタイプのスロットマシーンがベガスの地元民や常連客に人気があるとお話しましたが、ビデオポーカーもなかなかの人気がある【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】です。





ビデオポーカーと言えば、対人苦手とするプレイヤーが好むGAMEではありますが、JACKPOT賞金があることで、スロットマシーン延長人気二分するところがあります。





なかでも、【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】にはオリジナル開発したと言われる【Aces and Eights progressive poker(エース・アンド・エイト・プログレッシヴ・ポーカー)】があります。

vp2016-8-30.jpg

このAces and Eights progressive poker(エース・アンド・エイト・プログレッシヴ・ポーカー)は、$0.25BET$12,500JACKPOT賞金設定されており、手頃賭金きな賞金えるところが魅力です。





$1=100円】で換算すると、$0.25BET(25円)$12,500(125万円)ですから、がどう見ても魅力のあるGAMEです。





プログレッシヴはプレイヤー達が課金した積立金ですのでカジノ側に痛みは無いことから、カジノ側はチャンス提供して通常分の上がりを売り上げにしてゆくという、どちら側からしてもGAMEと言えるでしょう。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




40台のテーブルゲームデッキを備えた【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス ・カジノ)】では、初心者の為に無料ゲームレッスンも行われ、各種カジノゲームの楽しみどころを伝えている 【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート㉔】



ファミリー向けの【CASINO-HOTEL(カジノホテル)】である【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】では、ミニマムBET(最低賭金)が【Las-Vegas(ラスベガス)】でいということは既にお伝えしましたが、カジノフロアには40台テーブルゲームデッキ完備されています。





めてカジノゲームをプレイする来場者に対してのサービス独特で、無料ゲームのレッスンを行っています。

s-r(1).jpg

もちろん、時間帯められてはいるものの、長年運営経験統計時間帯を割り出しての工夫なのでしょう。





Black-jack(ブラックジャック)】AM10:30

Roulette(ルーレット)】AM11:30

Craps(クラップス)】PM12:30

s-r(2).jpg

の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】や、スロットしみ方はPM14:00に行われ、GAMEに慣れ、しみどころを知って貰うことで顧客獲得を狙っているのでしょう。





Black-jack(ブラックジャック)】は、シングルデッキ、ダブルデッキ、シックスデッキが用意され、【Roulette(ルーレット)】と【Craps(クラップス)】では、バーチャルタイプとライヴタイプ、【 Baccarat(バカラ)】はミニバカラ、【Let it Ride(レット・イット・ライド)】のテーブルが用意されています。





インターネットオンラインカジノ普及した現在では、実際の【CASINO(カジノ)】でんでいる人はインターネットオンラインカジノでプレイしていると言われるくらいなので、無料ゲームかられてみてはいかがでしょう。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




今後は日本でもポピュラーになりつつある【SPORTS-BOOK(スポーツブック)】と呼ばれる競技の賭け事。 【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】も他のカジノ同様にスポー ツイベントのレース&ブックを提供【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート㉕】

ドッグレース競馬カーレース、そしてアメリカン熱狂するアメフトバスケットボール賭事としてしむ【SPORTS-BOOK(スポーツブック)】。





今後は日本でもポピュラーになりつつありますが、まだまだインターネット世界のみに留まっています。

wih2016-10-28.jpg

この【SPORTS-BOOK(スポーツブック)】は以外に、どの様な勝ち方であったり、点数差賭けの対象だったりするので、様々な賭け方があります。





Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】ものカジノ同様にスポーツイベントレース&ブック提供していますが、賭け方が解らない来場者にスタッフがレクチャーしたり、しみ方を説明するというサービスを行っています。

r-b-f.jpg

けの対象となる競技は、中型から大画面のモニタ103画面投影され、フロアの至る所に設置されており、けの参加には客室の廊下以外なら何処に居ても参加できる様子が窺えます。

wih2016-10-28(2).jpg


ラスベガスのカジノホテルの中で30年以上も高い評価を受け続けている【Circus Circus Las Vegas casino(サ ーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】オススメの【THE Steak House(ステーキハウス)】ではステーキ と供にロブスターもイチオシのダイニングスポット【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート ㉖】

カジノホテルでは、食事もエンターテインメントのひとつとして扱われる重要カテゴリ





カジノの中ではファミリー向けとして扱われる【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】ではありますが、ラスベガスてのカジノホテルを通して30以上ベストグルメとして評価されているステーキハウスがあります。





店の名はそのままTHE Steak House(ステーキハウス)

t-s-h-3.jpg

店内はクラッシック雰囲気重厚感を感じる雰囲気で、木の枠に布製の椅子がサーカステイストが感じられます。





高品位な中西部産の牛肉は21日間という長期間を経てガラス張りの部屋で熟成され、【THE Steak House(ステーキハウス)】ならではの拘りをアピールしています。

t-s-h-2.jpg

ステーキアメリカン定番ダイニングですが、ロブスターやタラバガニの脚人気のメニューとして有名です。





また、食事中に楽しむアルコールとは別に、各種のアルコール味わうBar完備されています。

t-s-h-1.jpg




ブランチとディナーの2部に別れたメニューで食べ放題【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカ ス・ラスベガス・カジノ)】の【Circus Buffet(サーカス・ビュッフェ)】では、4歳以下の子供の入場は両親 が同伴であれば無料サービス【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート㉗】

カジノホテルの代表レストランと言えば、【Buffet(ビュッフェ)】スタイルレストランですが、ファミリーIRコンセプトの【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】は、やはり子供にも配慮がなされた【Buffet(ビュッフェ)】です。

s-b2.jpg

Circus Buffet(サーカス・ビュッフェ)では、4歳以下の子供の入場は両親が同伴であれば無料利用可能です。





Circus Buffet(サーカス・ビュッフェ)】では、ブランチディナー2れたメニューで利用することができますが、アメリカ料理と国際的に有名な料理が基本メニューとして並べられます。

s-b1.jpg

Circus Buffet(サーカス・ビュッフェ)】の名物は、食べ放題のエビドーナツの様です。




基本ベースを元に、貴方好みのピザをカスタマイズできる【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サー カス・ラスベガス・カジノ)】で楽しめる【Pizzeria(ピッツェリア)】という店の名前はピザ屋というそのも の!【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート㉘】

【THE Steak House(ステーキハウス)もそうであった様に、【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】が提供するピザ屋の名前はそのままの【Pizzeria(ピッツェリア)





このPizzeria(ピッツェリア)では、基本ベースのピザを元に、オーダーメイド・トッピング可能で、カスタマイズピザしめます。

2017-2-6(1).jpg

まずはベース生地となるクラストの厚さや大きさから始まり、数十種類のトッピングの中からび抜いてゆきます。





もちろん、ソースべる上に、ベジタリアンにも対応しています。

2017-2-6(2).jpg

チキンソーセージ充実しており、サラダも複数カスタマイズが用意されているカスタマイズしむ志向ピザ屋と言えるでしょう。




滞在中にありがちなチョットした小腹が空いた際にいつでも利用できる【WESTSIDE DELI(ウエストサイド・デ リ)】は【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】のファストグリル ~【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート㉙】

CASINO-HOTEL(カジノホテル)】と言えば、高級志向ながら幅広い客層に対応している特徴がありますが、こと【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】の場合にはよりファミリー向けに振っているコンセプトなので、に一般ユーザーの痒い所に手が届くレストランがあります。





このレストランはWESTSIDE DELI(ウエストサイド・デリ)という名前で、24時間営業のファストグリル。

2017-3-3(1).jpg

店のウリとしては、24時間新鮮スープ野菜が用意され、サンドウィッチホットドッグハンバーガーフライドポテトチキン料理を提供しています。





また、ドーナツカットフルーツも用意されながら、ヘビーに食べたいユーザーにも対応しているアメリカンシェフのグリルです。

2017-3-3(2).jpg

客の少ない時間帯は薄暗くなっており、店員の姿が見えない時がありますがキチンと営業しています。




メキシカン・ファストフード【Blue Iguana Authentic Mexican Cuisine(ブルーイグアナ・オーセンテック・ メキシカン・クジーン)】は本場のメキシコ料理が楽しめる【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サ ーカス・ラスベガス・カジノ)】のファストキッチン~【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポー ト㉚】

メキシカン・ファストフードと言えばタコスナチョス





Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】のファストキッチンとして本場メキシコ料理手軽にという【Blue Iguana Authentic Mexican Cuisine(ブルーイグアナ・オーセンテック・メキシカン・クジーン)】があります。

2017-3-14(1).jpg

日本人感覚からすると紙で包んでクレープの様に頬張るイメージがあるタコスですが、盛り付けのダイナミックさと、そのでその食べ方は無理





豚肉鶏肉豆類海鮮類野菜が組み合わされたメニューが多く、胃にかき込みたい方向けのキッチンです。

2017-3-14(2).jpg

盛り付けの美観繊細な味を求める方の場合はけるべきかも。




★★★◆ブログ~案内~◆★★★
CASINO-6-8-(2).png 子供のんだ経験と、単純ルールながらも白熱したおもしろさ記憶があってか、【CASINO-GAME(カジノゲーム)】をにすると、ニンマリしてしまいます。
CASINO-6-8-(1).png
こどものにはトランプテレビゲームんでいましたが、インターネットオンラインカジノで知った、本物のお金を賭けてプレイする(`・_・´)ン-【Black-Jack(ブラックジャック)】や、Roulette(ルーレット)めとする、日本からでもインターネットを介して合法べるBROWSING-CASINO-GAME(ブラウジング・カジノゲーム)を見つけてしまいました。( ̄∇ ̄*)フフフ
CASINO-6-8-(3).png
私が安心してプレイできるのも、24時間体制日本語サポートがあるからですが、とても親切対応安心できる管理体制にとても信頼を寄せています。
2016-4-11(1).jpg
やはり政府発行したライセンスを持っているインターネットオンライン仮想カジノサービス安心感うと感じます。
2016-4-11(3).jpg
2016-4-11(5).jpg
諸外国ではセレブびととして知られるCASINO-GAME(カジノ・ゲーム)しさはエレガントびであるものの、とても刺激的びとして知られていますので、VIPセレブが好むびを始めることはVIPセレブへの第一歩と言えるでしょう。
2016-4-11(2).jpg
この【世界のカジノを自宅で安全に楽しむためのニュースサイト!】で紹介しているインターネットオンラインカジノやサイトは、すべて私自身が登録している安心できるインターネットオンラインカジノサイトだったり、プレイテクニックを参考にしているサイトですから、みなさんも日本に居ながらCASINO-GAME(カジノゲーム)しむだけでなく、高額賞金っちゃってください(*^∇゜)
2016-4-11(6).jpg
さんがげてせになれば、私も同じ様にしいです(/_・)
  2016-4-11(4).jpg
また、日本のカジノ誘致する情報や、世界のカジノ情報もおしますので、合わせて参考にしてください。^^
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
909位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
44位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR