アメリカの宝くじで有名なパワーボールで史上3番目の高額当選3億3700万ドル(日本円に換算して264億円)の当選者現る!

アメリカの宝くじってスゴイ当選金額になるのは、多くの皆さんがご存じのはず。





そのアメリカの宝くじのひとつとして有名なパワーボールで史上3番目の高額当選を果たし、3億3700万ドルをゲットしたのは、44歳のミシガン州在住のドナルド・ローソンさん。





3億3700万ドルって書くと3億3700万円と勘違いしやすいですが、日本円に換算すると約264億円です。





まあ...日本の宝くじとはエライ違いですね。。。





これでローソンさんは億万長者になりましたが、ステーキやロブスターは好きではないらしく、質素にマクドナルドに行くと言っているそうです。





でも、仕事は辞め家族の面倒は見て、旅行に行ったり、家は購入するらしいですね。





ローソンさんは宝くじの当選金額を一括払いで所望した為に、受取額は税込で2億4060万ドル(約176億円)になるそうです。





なんと、70億円も目減り!





アメリカは宝くじでも税金がかかる様ですね。





とりあえず、ローソンさんは『この程度の金額は計画的に使わないとすぐに無くなってしまう、たいした金額ではない。』と冗談を言って笑わせたそうです。





日本でも宝くじを当てた人のほとんどの方が5年後くらいに破産したり、生きることをリタイアすると言いますから、いろいろなところから狂わされていくのかも知れませんね。





ローソンさんのめでたい話はさておき、日本の宝くじの売り上げが落ちているらしく、一等の賞金額を増やそうとしているようですが、一等の賞金を増やすよりも、当選数を増やせ!っつーの!





増やしたところで、100億や200億の話をした後で、2億や3億の話をしても盛り上がりませんが、そもそも官僚の天下り先として高額給与捻出していなければ、もっと当選金は還元できるのではないでしょうか。





スポンサーサイト

大型ショッピングセンターのアミューズメントエリア(ゲームセンター)での光景にチョットした笑いアリ

本日、所用がありまして、大型ショッピングセンターへ出かけました。





所用が済んでWCを探していたら、ゲームフロアが目の前にあった訳です。





インターネットオンラインカジノでプレイしている私にとって、お金を捨てるだけのゲームにどんな客層がいるのか興味があったので、ぐるっと廻って覧ることにしました。





入り口辺りが外周付近に人は見あたらず、『まぁ~そうだよなぁ~(;¬_¬)』って思っていたら、中心付近には結構な人数で遊んでいる姿を発見!





そのGAME機はJACKPOT搭載のメダル落としGAMEです。





そのメダル落としの巨大GAME機は、中心付近に寄せられて設置されていたのですが、プレイヤーは全員女性。





しかも...





全員40代後半辺りから60代くらいの女性でシートを埋めていました。





へぇ~って感じでした。





しばらく様子を覧ていると、メダルを買い足している方もいたりする訳ですが、『もうチョットで落ちそうだからやめられんねー(;¬_¬)...これ人に落とされたら気分悪い・・・( ̄Θ ̄;) 』なんて呟いていました。





また別の方は、『これがお金に替わったらいいのにねー(;¬_¬)』なんて言っていました。





私も昔お同じ様に感じていたので、『思うことはやはりみんな同じなんだなぁ~』って、ダンボの様に聞き耳を立てていました。





人間模様を覧ていると、暇つぶしの方から通い詰めている様な方もいらっしゃいましたが、『金にもならないメダルを貯めてどうするのかなぁ~』と、ずっと考えていたものの、答えは見つかりませんでした。





でも、捨てるだけのゲームに金を使ってでも『メダルを獲りたい!』という気持ちを持っている方には、インターネットオンラインカジノの楽しさと、安全性を教えてあげたい気持ちにもなりましたが、実際にカジノが建設されたら、この人達は老人クラブ等の旅行パックで必ず行くのではないでしょうか。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




マイアミのカジノで巨大水槽が破損し、店内は水浸しで休業へ。

ランドカジノと言えば、視覚もエンターテインメントであることから、目に入る物には全てお金をかけていますが、マイアミのカジノで巨大水槽のガラスが大砲の様な音とともにヒビが入ったと思ったら、おそろしい勢いで水が漏れ出したとか。





巨大な円柱型水槽は誰もがアクリル性と思っていたみたいですが、ガラス製だったのですね。。。





ガラスの場合、建物の振動といった歪みやたわみで人的な力を加えなくても突然割れることがあるくらいですから、常に何トンもの水圧が掛かったの圧力をガラスが受け続けるので危険です。





こういった場合にはアクリル板を用いるのが好ましいのですが、アクリルは向こう側が歪んで見えたり、指でなぞるだけでも薄い傷が入りますし、タオルで拭けばタオルの繊維傷が簡単に入りますから、美観性から判断すして厚みのあるガラスを選択したのかも知れませんね。





水槽の中を泳いでいた100匹以上の魚たちも無事に救出されたそうですが、高価なカーペットや一部のスロットマシーンは交換しなければならないということで、数日の休業は避けられない様子。





この休業には相当なダメージを被るようで、カジノマネージャーも今後は水槽は置くことはないだろう・・・と言っているそうです。




カジノ運営会社の大手、ラスベガス・サンズが、スペインのマドリードに巨大カジノ施設を建設すると発表!

ランドカジノ(店舗型)と言えばラスベガスをイメージしますが、カジノ運営会社の大手ラスベガス・サンズ社が、スペインの首都であるマドリードに巨大カジノ施設を建設すると発表しました。





しかも、その建設費用は日本円にして1兆8000億円という、小国の国家予算を超える程の巨額資金を投入して行われます。





このカジノ施設は、リゾート施設やホテル施設を含めて行われます。





予定では、カジノ施設が6店舗、ゴルフコース3箇所、3万6000室を備えたホテルを12店舗という広大な土地を要する計画で、これらは10年がかりで行われるらしいです。





なんとも規模の大きな計画ですね。





現在ではどこの国でも深刻な経済危機により、失業率が高いことから、実際にカジノ施設が建設されれば25万人の雇用が見込めるそうです。





25万人もの人がカジノで働くってスゴイことですが、25万人の枠に入れない方というのは、やはりカジノという厳格な取扱いが多い場所での雇用には向かないということでしょう。





一般的に不景気にカジノを作ってもどうなのか?という意見もありますが、観光客や富裕層はどこの国でもいるので、優れたリゾートだったら必ず集まります。





ただ、諸外国の場合、景気が悪いと盗む、奪う、暴れるということを起こしやすいので、観光客の安全も考えてあげないと観光客は集まらなくなりますから、スペインの治安政策にも課題が残るところです。




【宝くじロト6】の2等賞金が5万7100円って、買っていなくても、当たっていなくてもどうかと思う・・・

宝くじのロト62等賞金がなんと、5万7100円という、何ともお粗末な結果が発表されました。





普通という言い方はおかしいですが、本来ロト6の2等賞金と言えば、2千万円程度が相場なのですが、この2012年9月6日(木)に行われた抽選結果では、何と2等が3470口も出てしまい、考えられない低額賞金となってしまったようです。





私の知っている限りの記憶では、2等の賞金が1等の賞金を上回ったことが過去に2度ありましたが、今回の賞金額の低さには驚きを隠せません。





当たった方が最もショックだったと思われますが、どれだけの方が笑いに変えられるでしょう。





その落胆もあってか、9月10日(火)抽選のロト6売り上げが7億以上も減ったそうな。





その前の抽選では1等当選が無かったということもあり、キャリーオーバーしていたので、購入者は誰もが期待をしたことでしょう・・・




65歳以上でギャンブル好きは長生きする?

研究者らの報告会にも思われるホンマでっかTVで、ギャンブル好きは長生きするという話がありました。





これは65歳以上である場合に限られ、若いギャンブル好きには該当しないそうです。





ただ、日本のギャンブル好きな人って、あまり良い生活を送っていないので、それで長生きしてもどうかなぁなんて思いますが、その辺りは個人の考え方でしょうね。





日本のギャンブルは基本的に勝ち続けられないものばかりなので、やはりカジノゲームの様な投資術にも通じるようなゲームは必要ですね。





日本の場合、妙なことに制限を設けてしまうので、実際にカジノができたとしても、諸外国のカジノと同様な運営方法が摂られるかどうかは判りませんが、カジノ建設にはライセンスが必要で公平さに欠けるような制限ですと運営許可証は剥奪される可能性もありますから、この辺りのことは問題無いことを祈るばかりです。




マカオ最大規模3863室のシェラトン・マカオホテル・コタイセントラルが開業!

マカオはカジノ雇用で5万人を超えるカジノリゾートですが、そんなカジノリゾートのコタイ地区に、マカオ最大規模のホテルがオープンしました!






客室数はカジノホテルならではの3863室





規模的から考えると、ひとつかふたつの集落全員が住めてしまうどころか、部屋は余るくらいなので、かなりの巨大ホテルですが、この規模がカジノリゾートと言えるものでしょう。





もちろんカジノも備わる訳ですが、ラスベガスのサンズグループの施設内にあるので、超巨大施設。





日本でも既に関西からのツアーが企画されているようで、豪華絢爛な建造物探検に興味を示す方も多いのではないでしょうか。




★★★◆ブログ~案内~◆★★★
CASINO-6-8-(2).png 子供のんだ経験と、単純ルールながらも白熱したおもしろさ記憶があってか、【CASINO-GAME(カジノゲーム)】をにすると、ニンマリしてしまいます。
CASINO-6-8-(1).png
こどものにはトランプテレビゲームんでいましたが、インターネットオンラインカジノで知った、本物のお金を賭けてプレイする(`・_・´)ン-【Black-Jack(ブラックジャック)】や、Roulette(ルーレット)めとする、日本からでもインターネットを介して合法べるBROWSING-CASINO-GAME(ブラウジング・カジノゲーム)を見つけてしまいました。( ̄∇ ̄*)フフフ
CASINO-6-8-(3).png
私が安心してプレイできるのも、24時間体制日本語サポートがあるからですが、とても親切対応安心できる管理体制にとても信頼を寄せています。
2016-4-11(1).jpg
やはり政府発行したライセンスを持っているインターネットオンライン仮想カジノサービス安心感うと感じます。
2016-4-11(3).jpg
2016-4-11(5).jpg
諸外国ではセレブびととして知られるCASINO-GAME(カジノ・ゲーム)しさはエレガントびであるものの、とても刺激的びとして知られていますので、VIPセレブが好むびを始めることはVIPセレブへの第一歩と言えるでしょう。
2016-4-11(2).jpg
この【世界のカジノを自宅で安全に楽しむためのニュースサイト!】で紹介しているインターネットオンラインカジノやサイトは、すべて私自身が登録している安心できるインターネットオンラインカジノサイトだったり、プレイテクニックを参考にしているサイトですから、みなさんも日本に居ながらCASINO-GAME(カジノゲーム)しむだけでなく、高額賞金っちゃってください(*^∇゜)
2016-4-11(6).jpg
さんがげてせになれば、私も同じ様にしいです(/_・)
  2016-4-11(4).jpg
また、日本のカジノ誘致する情報や、世界のカジノ情報もおしますので、合わせて参考にしてください。^^
カテゴリ
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1838位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
91位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR