アメリカのカジノ運営会社が日本に進出したがっているので、カジノ誘致を加速して欲しい!

日本ではパチンコという表向きは合法賭博装った非合法賭博を容認しているにも拘わらず、世界が認めるエンターテインメントであるカジノ誘致を違法として扱っているのが解せない私ですが、皆さんはいかがお考えでしょうか。





そんななかで、アメリカのカジノ運営会社の経営者として知られるアデルソンという人物が、日本進出を宣言しました。





やはり、アメリカのカジノ産業から見ると、日本は賭博大国なのに何故カジノはダメなのか?と感じるようです。





カジノはエンターテインメントなので、複合施設ともなれば観光名所にもなりますから、雇用という観点だけではなく、国の収入源にもなりますからね・・・。





でも、日本にカジノができたとして、果たして日本人客が集まるか?という疑問がありますが、カジノはやはり外国人の利用がメインだと思います。





諸外国のカジノ好きな人って、遠くの国のカジノへ行ってエンジョイします。





ギャンブル好きっていうことを公に知られたくないという方がほとんどですから、日本人のような人の目を気にする民族の場合は、よほどの売名目的でない限り、諸外国の方々と同様に外国でのプレイが中心になるのは間違いなさそうです。




スポンサーサイト

アメリカのカジノ運営会社の中でも大手の1社として挙げられるカエサールズがインドに進出計画!

カエサールズと言えば、ローマ帝国のガイウス・ユリウス・カエサルカエサルからネーミングした会社であることはすぐに判りますが、カジノ界では世界最大規模の運営会社と知られ、カジノとその周辺施設を含めた総売上は90億ドルと言われています。





90億ドルと言ったら、現在の為替レートで日本円にして7050.52879億円、100円レートだったら軽く1兆数千億円にのぼる金額なので、1つの会社だけが売り上げる金額としてはスゴイ金額です。





とはいえ、豪華絢爛な建物の維持費や、レベルの高い従業員の雇用費用も相当な金額でしょうから、実際の利益ではありませんので、純利益に興味が向くところ。





現在のインドの状況では、ほとんどの地域で外国資本の賭博事業への直接投資を禁止していますが、一部の地域でのみインド人が経営する企業であれば、カジノを運営しても良いということになっているようです。





カエサールズがインド進出を明確にしたということは、もう問題となる政治的な部分は解決していると考えて良いのかも知れませんね。





まあ、それなりにきな臭いニオイはしないでもありませんが、アメリカの企業は利益追求やコスト問題にシビアで、その国の民族性も大切にして毛並みを逆なでしないように進めて行くので、個人的にはこの進出は成功するであろうと思われます。




シンガポールのカジノ複合施設リゾートが2年連続ベストリゾート賞を受賞!

シンガポールはとても小さな国で国政を立て直す為にカジノ複合施設の誘致をいち早く成功させ、そして国政財源を潤沢にすることを成功させた、アジアの中でもとても実現力のある国です。





治安に関しても日本の交番をそのまま導入するなど、日本のように街をキレイに保つことを目指し、外国人観光客の誘致にもとても成功しており、今度は日本がこのカジノ誘致と、そのスピードを見習わなければならないところ。





そんな勢いのあるシンガポールですが、シンガポール・セントーサ島のカジノ複合施設である、リゾート・ワールド・セントーサが、第23回TTGトラベルアワードでベスト統合リゾート賞を受賞しました。





このTTGトラベルアワードとは、アジア太平洋地域最大級の旅行業界誌であるトラベル・トレード・ガゼット・アジア(TTG)のことで、1989年頃からアジア地域の観光産業界で最も権威ある賞として認知されている賞で、雑誌社ホームページ上と雑誌上でアンケート投票を実施しておよそ6万人が投票。





そして2年連続でシンガポールのリゾート・ワールド・セントーサが受賞したことで大盛り上がり!





リゾート・ワールド・セントーサは、2年間で3000万人の利用者を誘致したそうですが、その背景には東南アジアでは唯一のユニバーサルスタジオや、魅力的なショー開催の数々、そしてカジノを初めとする6つのホテルや有名シェフ率いるレストランの質の高さがあるようです。





やはり、リゾートとは、いかにユーザー側の立場に立って楽しめるか?ということを追求してゆかねかればならないということでしょう。





また、自分の所在している地域から、いかに短時間で魅力的な施設で保養できるか?という部分も重要であると思います。





日本なども数年おきに大きなショッピングセンター等が建設されますが、ただ広いというだけで、そこにしかない店や商品というものはなく、客の質や購買層のことを考えずに、ただ来るだけの買わない来場者だけで駐車場や店内をいっぱいにする傾向があります。




これでは、実際に売り上げに貢献するであろう消費者は、物珍しい時に数度足を運んで行かなくなるだけなので、今後はもっとハイレベルな戦略が必要と言えるでしょう。





さて、シンガポールのリゾート・ワールド・セントーサでは、今年の12月には高級スパや、数々のアトラクションを始め、世界最大規模の海洋水族館マリン・ライフ・パークを開業予定しています。




ラスベガスで有名なカジノリゾートMGMが、マカオのコタイ地区に進出決定!

MGMと言えばトム&ジェリーのライオンが吠えるトレードマーク有名ですが、MGMラスベガスの大手カジノリゾート会社のひとつです。




MGMのカジノグループも既に香港マカオには半島地区で1店舗進出を果たしていましたが、コタイ地区には店舗がありませんでした。




そのMGMがマカオのコタイ地区にカジノ建設する為、正式にマカオ政府の承認を取得した様子。





そのコタイ地区には、ラスベガスでしのぎを削り合っているヴェネチアンや、シティオブドリームサンズといった大手が既に進出しているので、MGMとしては遅ればせながら・・・といった感じででしょうか。





でも、カジノの建築物は外観にお金を惜しみなく使うので、後から建築するほうが有利でしょうね。




その理由は、現行で話題となっている建築物を上回るものを建てられるからです。





完成までは時間がかかるので、既に進出しているカジノは、今の段階でどれだけ顧客の信頼を勝ち取るかにかかっているでしょう。




カジノ施設は完成する度にとても話題になりますので、楽しみではありますね!




アメリカのソーシャルゲームを運営する【Zyaga(ジンガ)】がインターネットオンラインカジノを始める意向。基本を無料ゲームとして、プラス課金制を用いたカジノゲームアプリを提供している会社が直接賭け事を仕切る胴元になることを決意!

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)】は日本でもmixiFaceBookの知名度で知られていますが、アメリカにはこのSNSを通じて遊ぶシステムを用いて交流サイト内でのゲームを提供している【Zyaga(ジンガ)】という会社があります。





そのる【Zyaga(ジンガ)】がジブラルタル政府発行のカジノライセンスを取得して、インターネットオンラインカジノに進出する様子。





進出の背景には、下火となった運営状態と、膨れあがる研究開発費用からの脱却という目論見があるようですが、基本は無料ゲームのシステムにプラスした課金制のアプリゲームに加えて、直接賭け事を仕切る胴元になることを決意した【Zyaga(ジンガ)】はより努力とアイデアを出してゆかねばならないでしょう。




日本のアミューズメント施設(ゲームセンター)で馴染みのリアル競馬ゲームをマカオカジノが導入!

日本では、ギャンブル(賭博)を悪視する色が濃いにも拘わらず、非合法ならがらも合法に見せかけられているパチンコやを始めとする、合法賭博として知名度のある競馬、競艇、オートレース、競輪等が挙げられ、更にお金を賭けさえすれば立派なギャンブルとして成立しそうなコンピューターゲームがたくさんあるのですが、そのゲーム業界のなかでも、取り分けて優れた技術を以てしのぎを削っているのがアミューズメント施設(ゲームセンター)のゲーム機器と言えるでしょう。





あのゲーム達って、お金にもならないコインを集めたり、コインにお金を使ったりするだけですが、なぜか深みにハマるというか、ムキになって遊んでしまいう魅力がありますが、それはそれらのゲーム性がとても高く、お金を無駄に使わせるだけの魅力があるという事を証明しているのではないでしょうか。





そのゲームのなかでも、なぜか言葉を発することなく、黙々とプレイするユーザーが多い競馬ゲーム。





この競馬のゲームが、日本のゲーム機器としては初のカジノ業界で導入されることになりました。





軽く調べてみるだけで、競馬ゲーム40年以上の歴史を重ね、暫く見ない間にかなりの進化を遂げ続けてきたスゴイ存在。





先日も大型ショッピングセンターのゲームコーナーをショートカットしてきましたが、結構なスペースを占領してデ~ン!と居座っていました。(それだけ需要があるということでしょう)





上戸彩さんが主演していた高校教師というドラマの冒頭でも先生との出会いが競馬ゲームでコインをワンサカ出しているシーンでしたが、もともと競馬というものは、貴族の遊びでどこの国でも人気のある賭博なので、クオリティの高い競馬ゲームは人気となることでしょうが、日本のゲーム機器メーカーは賭博をさせずにお金を使わせなければならない環境で努力を重ねてきましたから、これまでの競馬ゲームには無い面白さを世界に広げてゆくことでしょう。




★★★◆ブログ~案内~◆★★★
CASINO-6-8-(2).png 子供のんだ経験と、単純ルールながらも白熱したおもしろさ記憶があってか、【CASINO-GAME(カジノゲーム)】をにすると、ニンマリしてしまいます。
CASINO-6-8-(1).png
こどものにはトランプテレビゲームんでいましたが、インターネットオンラインカジノで知った、本物のお金を賭けてプレイする(`・_・´)ン-【Black-Jack(ブラックジャック)】や、Roulette(ルーレット)めとする、日本からでもインターネットを介して合法べるBROWSING-CASINO-GAME(ブラウジング・カジノゲーム)を見つけてしまいました。( ̄∇ ̄*)フフフ
CASINO-6-8-(3).png
私が安心してプレイできるのも、24時間体制日本語サポートがあるからですが、とても親切対応安心できる管理体制にとても信頼を寄せています。
2016-4-11(1).jpg
やはり政府発行したライセンスを持っているインターネットオンライン仮想カジノサービス安心感うと感じます。
2016-4-11(3).jpg
2016-4-11(5).jpg
諸外国ではセレブびととして知られるCASINO-GAME(カジノ・ゲーム)しさはエレガントびであるものの、とても刺激的びとして知られていますので、VIPセレブが好むびを始めることはVIPセレブへの第一歩と言えるでしょう。
2016-4-11(2).jpg
この【世界のカジノを自宅で安全に楽しむためのニュースサイト!】で紹介しているインターネットオンラインカジノやサイトは、すべて私自身が登録している安心できるインターネットオンラインカジノサイトだったり、プレイテクニックを参考にしているサイトですから、みなさんも日本に居ながらCASINO-GAME(カジノゲーム)しむだけでなく、高額賞金っちゃってください(*^∇゜)
2016-4-11(6).jpg
さんがげてせになれば、私も同じ様にしいです(/_・)
  2016-4-11(4).jpg
また、日本のカジノ誘致する情報や、世界のカジノ情報もおしますので、合わせて参考にしてください。^^
カテゴリ
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1704位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
85位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR