カジノ施設内【財務部門】の【ケージ課】に属する【ハードカウントクラーク】とは?カジノフロアに設置されているマシーンゲームで利用されたコイン(貨幣)を専門に回収し、集計記録を行うポスト。

カジノ施設では、カジノ施設内で使用された紙幣を回収集計する専門の役回りを【ソフトカウントクラーク】と呼ばれていますが、コイン(貨幣)を専門に回収して集計するポストハードカウントクラークと呼びます。





このハードカウントクラークは、カジノフロアのあらゆる場所に設置されているマシーンゲームで使用されたコイン(貨幣)を専門に回収するだけでなく、【ハードカウントクラーク・ルーム】という貨幣を専門に集計記録する部屋に持ち込んで作業を行います。





マシーンゲームとは、スロットマシーンやビデオポーカーゲーム機のことですが、これらのマシーンもコインレス化が進んでいるので、姿を消しつつあるポストと言われています。





次回はカジノ施設財務部門・ケージ課】の【ハードカウントクラーク・ルーム】を管理している【ハードカウント・マネージャー】のお話をします。




スポンサーサイト

カジノ施設【財務部門・ケージ課】の【ハードカウントクラーク・ルーム】を管理している【ハードカウント・マネージャー】とは?コイン(貨幣)のみの集計記録をする部屋の管理職であり、コインに関する現場責任者。

前回、【ハードカウントクラーク】がカジノフロアに設置されているマシーンゲーム(スロットマシーンやビデオポーカー)で使用されたコイン(貨幣)を専門に回収して廻り、【ハードカウントクラーク・ルーム】で集計記録するとお話しました。





今回は、この【ハードカウントクラーク・ルーム】を管理監督する管理職ハードカウント・マネージャーのお話です。





ハードカウント・マネージャーは、この部屋の責任者で、部下が行った集計データのチェックを行い、上司への報告書を作成するのが主な仕事ですが、【ハードカウント・マネージャー】として領域権限を規制されたデータ端末入力も行っています。





コイン(貨幣)をとても利用されていた際にはとても重要な部屋だったようですが、カジノ施設内でのコインレス化によって無くなりつつある【ハードカウントクラーク】とハードカウント・マネージャーですが、どのような仕事内容やポストに変わってゆくのでしょうか。





次回は、カジノ施設【財務部門・ケージ課】の【ピットクラーク】、【ケージ課キャッシャー】、【ケージ課シフトマネージャー】、【ソフトカウントクラーク】、【ソフトカウント・マネージャー】、【ハードカウントクラーク】、【ハードカウント・マネージャー】を束ねる課の長、【ケージ課マネージャー】のお話をします。




カジノ施設【財務部門・ケージ課】のトップ【ケージ課マネージャー】とは?カジノ施設内の現金やカジノチップ、小切手等を管理するケージ課の最終責任者であり、ケージ課従業員の教育や労務管理を行うポスト。



今回は【財務部門】の【ケージ課】でトップを務めるケージ課マネージャーのお話です。





ケージ課マネージャーは、【ピットクラーク】、【ケージ課キャッシャー】、【ケージ課シフトマネージャー】、【ソフトカウントクラーク】、【ソフトカウント・マネージャー】、【ハードカウントクラーク】、【ハードカウント・マネージャー】を束ねる課の長であり、これらのポジションとして働いている従業員の教育や労務管理を行っています。





また、【ケージ課】の会計管理が国の法令や地域の法令に準じて行われているかを常にチェックすることも重要な仕事です。





カジノ施設内では、様々な変化が起こり、流動してゆくので、ケージ運営に関するルールを設定する役割と権限を持っています。





カジノ会計は特殊会計故に、企業会計経験者では対応することができず、このケージ課マネージャーのポストへは、【ケージ課シフトマネージャー】からの抜擢で昇進するのが一般的です。





次回は【財務部門】の【カジノクレジット課】のお話です。




カジノ施設内の【財務部門】に属する【カジノクレジット課】とは?諸外国で一般化されている小切手以上に普及しているクレジットカードを専門に取り扱っている課であり、高額消費プレイヤーに対する与信枠を設定管理している。

カジノ施設内の【財務部門】には、カジノクレジット課という課があります。





にアメリカに於いては、小切手が一般に普及していますが、クレジットカードはより普及している国だと言えるでしょう。





日本では現在でもクレジットカードを嫌う方がとても多いですが、インターネットショッピングの普及が加速した特にこの10年で、クレジットカードへの不安感も薄れつつあると言えるまでになりました。





カジノを利用するプレイヤーの場合では、高額消費プレイヤーが多いので、クレジットカード利用客の利用経歴や返済状況を調査する必要があります。





日本の場合では、基本として一括払いを選択することができますが、アメリカではリボ払いという恐ろしい落とし穴がスタンダードなので、外部の与信調査会社を通じて、債務返済実績を把握する必要があるのです。





ここでリボ払いについての詳しい説明は割愛しますが、リボ払いで買い物をすると、元金が減らない仕組みになっており、たった10万円程度の返済に2~3年要してしまう上に、20万円や30万円も支払わなくなってしまいますので、個人的にお勧めはできません。





よい子の皆さんは、自分の支払える範囲内の買い物を一括払いで行い、ポイントを貯めましょう。(笑)





カジノがある国の多くで利用されているクレジットカードの形態がリボ払いであることから、口座に残金が無い者でも一発当てようと見栄を張る輩も想定し、カジノ側としては過去のプレイ実績や外部の与信調査会社を介して調査を行い、プレイヤーがカジノ施設内で利用するクレジットカードの与信枠を設定する必要があるのです。





次回は【財務部門】の【カジノクレジット課】に属する【クレジットクラーク】のお話です。




カジノ施設内の【財務部門】【カジノクレジット課】に属する【クレジットクラーク】とは?カジノ施設内でのカジノチップ交換の際、クレジットカード決済を利用する顧客の利用限度額をカジノ施設独自の信用調査で与信枠を取得する役目。

カジノ施設内でのクレジットカードの利用数がとても多いことは、カジノへ訪れたことがない方でも想像に優しいところ。





ただ、日本の様に一括払いで利用設定されているケースは外国ではとても少ないと言えるでしょう。





つまり、基本的に一括決済ではなく、どれだけ利用しても最大の支払いが1万円だとか、3万円だとか、月内支払い枠が取り決めされているからです。





これはリボ払いという恐ろしい支払い設定なのですが、どんどん支払いが貯まる一方で、借金は膨れるばかりという悪循環を作り上げ、最終的には利用限度枠を超えてしまうという蟻地獄です。





何故この様な説明から入ったかと申し上げますと、日本のクレジットカード利用者は一括払いが好まれ分割払いやリボ払いは滅多に利用されないからです。





クレジットカードを利用しても一括払いでは金利は付かず、利用ポイントだけが付いてきます。





だから、計画性のある日本人の場合は、このカジノ内で調査されるという支払い履歴の信用調査与信枠という意味がいまひとつ腑に落ちない点であるからです。





さて、クレジットクラークとは、与信調査会社に依頼し、顧客照合を行い、与信枠の設定に役立つ信用情報を入手するのが仕事です。





クレジットクラークとして従事するには、カジノ業界の与信行為に関する知識が必要ですが、一般の与信会社での実務経験者から採用されることが多い様です。





次回は【財務部門】の【カジノクレジット課】に属する【クレジットマネージャー】のお話です。




カジノ施設内の【財務部門】【カジノクレジット課】のトップである【クレジットマネージャー】とは?部下が情報収集して提出した顧客の信用調査に基づき、クレジットカードの与信枠を決定する権限を持つ管理職。

クレジットマネージャーは【カジノクレジット課】のトップで、部下は前回の記事でお話しした【クレジットクラーク】です。





クレジットマネージャーの部下である【クレジットクラーク】達が情報収集した顧客の信用調査に基づき、カジノに訪れた顧客のクレジットカード与信枠を決定しています。





もちろん、該当する店舗のカジノでの利用実績も加味されますが、カジノクレジットに関係する方針を策定するとともに、その方針通りに与信行為が行われているかもクレジットマネージャーが管理しています。





また、クレジット課の労務管理も行っています。





クレジットマネージャーのポストでは、カジノ顧客特有の与信知識が求められることから、通常は【クレジットクラーク】から採用されるのが一般的ですが、カジノ関係以外の与信業務経験者から優秀な人材がリクルートされることもあります。





次回は、【財務部門】の【カジノ会計監査課】のお話です。



パチスロとは別次元のビデオスロット【X-MEN(エックス・メン)】25ライン機種で5689.84ドル(当日のの為替レートで約58万円)エクストラパワークラスのジャックポット当選!4つのランクが設定された最高ランクでジャックポットが出れば数千万円は当たり前のマーベルシリーズ・ビデオスロットなら、やはりインターネットオンラインカジノ!



相変わらず人気のあるマーベルシリーズビデオスロットですが、そのマーベルシリーズビデオスロットダントツ人気





今回のJACKPOTは、X-MEN(エックス・メン)25ライン機種です。

1907583.jpg


当選金額5,689.84ドル(当日のの為替レートで約58万円)です。





テレビ新聞Yahoo!ニュースになる様なニュースですと、数億円数十億円という規模だと思われますが、このマーベルシリーズインターネットカジノでプレイ出来るとても手軽な遊びで、4ランクジャックポットが用意されています。

1593.jpg


①【パワー】300~500ドル(平均3万円~5万円)

②【エクストラパワー】1,000ドル前後(平均10万円前後)

③【スーパーパワー】4~5万ドル(平均~400万円~500万円~)

④【アルティメットパワー】40万~70万ドル~(平均4,000万円~7,000万円~)






これらは世界中プレイヤー獲得している賞金の平均額なのですが、今回の様に平均賞金額6倍相当する賞金額から考えると、アルティメットパワークラスでの賞金も軽く億を超す可能性がある訳です。





このマーベル機種は、ジャックポットのみに頼らずともボーナスゲームで稼げる機種で、ボーナスゲームの賞金ジャックポット賞金を上回ることだってしくありません。





パチスロとは別次元のビデオスロットはお勧めですが、初心者が初めてプレイしたり、安心してプレイするならベラジョンカジノにおめです。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




カジノ施設内【財務部門】に属する【カジノ会計監査課】とは?カジノ施設内に於ける会計情報が集まる課であり、各課から集計された会計情報のミスや従業員の不正を内部監査する一課。

これまでお話ししてきた【財務部門】もあらゆる課が設置されているのは、それだけ大きな規模であることと、
巨額なお金が動いていることが伺えます。





この【財務部門】に属する一課、カジノ会計監査課は、カジノ施設内に於ける会計情報が集結する課です。





このカジノ会計監査課は、【会計監査マネージャー】をトップに、部下の【会計監査人】で構成されている部署です。





カジノ会計監査課の主な役目として、カジノ施設内の各課から集計された会計情報の業務報告ミスや、従業員の不正を内部監査することにあります。





従業員の業務報告ミスが発見された場合、修正を促し再発を抑止する訳ですが、重大なミスが発見された場合には、従業員の再教育が実施されます。





また、悪質な不正と判断された場合には、制裁処置の必要性を【財務部門】を統括する財務部長に報告書を提出します。





カジノで不正を働いた場合、どのカテゴリの仕事であれ、カジノ関係の仕事だけでなく、世の中に信頼されている金融関連の職には就くことができなくなるので、不正を働く方が割に合いません。





次回は、【財務部門】の【カジノ会計監査課】に属する【会計監査人】のお話です。



カジノ施設【財務部門】【カジノ会計監査課】の【会計監査人】とは?カジノ施設内のあらゆる部課署から集計報告された会計情報を監査する役目のポジション。

カジノ施設は、その規模と24時間営業ということもあり、とても多くの人員と部課署が設置されていますが、【財務部門】の【カジノ会計監査課】が、カジノ施設内のあらゆる部課署から集計報告された会計情報を監査しています。





この監査を行っているのが【カジノ会計監査課】の会計監査人です。





会計監査人は、カジノ会計情報が従業員のミスがないかをチェックしたり、従業員による不正行為を監督しています。





会計監査人という呼ばれ方をしていますが、第三機関調査部ではなく、カジノ内であらゆる立場の責務を何重もの監視で不正を抑止しようとするポジションとして与えられた任務を遂行しています。





カジノ施設内会計監査人というだけあって、とても高度な仕事内容であると考えてしまいがちですが、これまで私がお話ししてきた部署ほど特殊性がありませんので、他業界で会計業務の経験を積んだ人材が多少のトレーニングを受けて採用されるポジションです。





次回は、【財務部門】の【カジノ会計監査課】【会計監査人】を監督する【会計監査マネージャー】のお話です。




カジノ施設内の【財務部門】でカジノ内の収益監査を行う、【カジノ会計監査課】のトップ【会計監査マネージャー】とは?日々の業績報告書から月次報告書の作成といった収益報告書発行責任者としてだけでなく、カジノ管理委員会への会計報告も担っている課のトップ。

財務部門】でカジノ内の収益監査を行っているのは【カジノ会計監査課】という課ですが、その監査記録をチェックしているのが前回の記事でお話しした【会計監査人】上司会計監査マネージャーです。





この会計監査マネージャーは、部下の【会計監査人】がチェックし終わった会計報告書をまとめ上げ、毎日の業績報告書作成、月次の業績報告書作成、年次業績報告書作成を行ったり、カジノ管理委員会への会計報告の任務も担当しています。





正確性と管理能力のスキルだけでなく、会社側から信頼される人間性も備わっていなければならないことから、会計監査マネージャーというポストは他業界から採用されることはなく、長年の信用と実績を積んだ会計監査人】から選出されるポストです。





次回は、【財務部門】に属する【カジノ債権回収課】のお話です。




カジノ経営に覧る【財務部門】【カジノ債権回収課】とは?カジノ常連客に設けた信用貸し付け与信枠を元に貸し出していた資金の未回収分を回収する専門部署~このサービがギャンブル依存症の原因を作っているかも知れない。

カジノクレジット課】でも既にお話しましたが、日本と諸外国ではお金の扱われ方や、支払い方が異なることから戸惑うことがあります。





今回の【財務部門】に属するカジノ債権回収課も、私達日本人には、ちょっと馴染みが無いシステムと言えるでしょう。





カジノクレジット課】では、カジノ常連客に対して設けた信用貸し付け与信枠を元に、カジノプレイで用いる資金を貸し出しています。





もちろん個々にマーカーが設定されていますが、信用貸し出しの上に1ヶ月程度は無金利で貸し出されるというサービスなので、これがちょっと問題なのかも知れません。





つまり、誰も負けるつもりで来てはいないので、計画性の無い者であれば、与信枠を目一杯使って賭けに臨むかも知れないということです。。





日本にカジノが誕生した際には、効率の良いシステムや、学ぶべきシステムは取り入れるべきだと思いますが、この与信枠を利用した貸し出しはやっていることがサラ金と同じなので、見合わせた方が良い様にも感じられます。





このカジノ債権回収課では、利用から1ヶ月程度を経過したマーカー未償還分を回収する専門の課で、【債権回収人】と課のトップである【債権回収マネージャー】というポジションで構成されています。





次回は、【カジノ債権回収課】に属する【債権回収人】のお話です。




日本はやはりカジノがやってくるのを待ちわびている?サッカーくじで知られるtotoの2013年度売り上げが1000億円を突破!賞金金額以外に魅力を感じない日本のサッカーくじにこれだけ殺到するのは、魅力的な遊びに飢えている証拠かも知れない。

現在日本にはカジノ施設はないものの、日本はやはりカジノが黒船の様にやってくるのを待ちわびているのではないかと思わせる発表があったので記事にしてみました。





サッカーくじはサッカーに興味がある方であればご存じだと思われますが、そのサッカーくじで知られるtoto2013年度売り上げが1,000億円を突破したそうです。





一等賞金が10億2円という、ちょっと二度見してしまう様な数字が話題性を呼んだことも要因なのでしょうが、このtotoの売り上げが一気に増えたのは、ファン層が厚い海外リーグへの参加が可能となったことが挙げられるでしょう。





とはいえ、サッカーの海外リーグで賭けに参加しようとすると、BIGという方式でしか参加できません。





このBIGとは、購入者である本人が勝敗を予想してクジに参加するのではなく、コンピュータの予想を購入するというものです。





サッカーには興味がないけれど、賞金額が大きいから購入してみよう・・・と考えるユーザーには便利かも知れませんが、普段から熱い気持ちで海外リーグを見つめているサッカーファンにとっては、靴の上から足を掻く様なクジではないでしょうか。 (笑)





海外版の【toto】と呼ばれて話題の【ウィリアムヒル】なら、あらゆるゲーム結果に賭けることができるだけでなく、一夜にして大金持ちになれるギャンブル性めていることから、日本でもスポーツで賭けを楽しみたい愛好家が楽しんでいます。


>>>日本に居ながら合法で世界中のスポーツベッティングが行えるインターネットブックメーカーのやり方や参加の仕方を説明しています<<<




カジノ施設内の【財務部門】に属している【カジノ債権回収課】の【債権回収人】とは?カジノ遊びで与信枠借り入れをしたプレイヤーのマーカー未償還分をスマートに回収する役割を果たすポジション。

財務部門】に属している【カジノ債権回収課】には、この次にお話する【債権回収マネージャー】の他に、【債権回収人】というポジションが設けられていますが、今回はこの債権回収人のお話です。





諸外国のカジノでは、日本とは異なる金融方式が根付いていることから、このカジノでも与信枠というマーカーが設けられています。





このマーカー馴染みのプレイヤーごとに様々ですが、プレイ費用を1ヶ月程度無金利で貸し出すというサービスを行っていますので、もちろん回収をしなくてはなりません。





個人的には、借りたんだから自分で期限以内に持って来いよ。。。と考えてしまうところなのですが、お金を借りてまでプレイする人でそんな常識的な方も少ないようです。





債権回収人は、個々に貸し出されているマーカー未償還分を回収する役割ですが、直接取り立てに回る訳ではありません。





無金利で貸し出すというのがカジノのサービスですが、期限が近づいて来ると電子メールや電話での通知を行い、第二段階では書面による公式な督促を行います。





債権回収人とは言え、直接取り立てに回ることは無く、期限内返済に応じなかった顧客の対応は外部の専門業者に委託するのが一般的です。





債権回収人は、専門知識と慎重な接客能力を要求されるので、他業種の債権回収業務経験者から採用されることが多いポジションです。





次回は、【カジノ債権回収課】のトップである【債権回収マネージャー】のお話です。




カジノ利用者へのプレイ資金融資後に債権回収業務を担当している【財務部門】【カジノ債権回収課】のトップ【債権回収マネージャー】とは?マーカー与信枠を設定して貸し付けていた顧客の債権回収業務の管理監督責任者であり、債権に関する状況判断を下す役職。

カジノ施設は総合リゾートですから、とても多くの顧客を抱えていますので、この【カジノ債権回収課】はあらゆる利用者の債権を抱えていることになります。





前回は【債権回収人】のお話をしましたが、今回は【債権回収人】を統括している債権回収マネージャーのお話です。





債権回収マネージャーは、マーカー与信枠を設定して貸し付けていた顧客の債権回収業務の管理監督責任者です。





部下の【債権回収人】が行っている債権回収の進行状態や返済状況を把握し、回収計画を立てて指示を出していますが、回収見込みが望めない債権を貸倒引当金として計上するかどうかを判断する立場でもあります。





債権回収マネージャーというポストは、債権回収に関する知識や経験に加えて、会計能力と法律にも詳しくなければならないので、他の企業会計経験者から採用されることはなく、優秀な【債権回収人】から昇進することが一般的です。





次回は、カジノ施設【警備部門】のお話です。




カジノ施設全体を守る【警備部】とは?カジノフロアだけでなく、施設建物全体を外敵から守り、施設内の顧客と従業員の不正を監視しながら同時に守る監視と調査の専門部署。

カジノのでは大きなお金が動くという前に、大きなお金がプールされている場所でもありますので、施設建物全体がとても厳重に警備されています。





それが施設の中に入ると、より監視は厳しくなります。





プライベートルーム以外はすべて監視されていると言って過言ではありませんが、後ろめたさの無い方であれば、何も問題無いと考える範囲です。





警備部では日本でも目にする警備と、カジノならではの【サーベイランス課】があります。





監視は数千台のカメラを同時に作動させている訳ですが、いったいどのように監視しているのでしょうか。





次回は、問題の発生瞬間を見逃さない調査・監視を行う【警備部】の【サーベイランス課】のお話をします。




カジノ施設全体を監視する【警備部】の【サーベイランス課】とは?サーベイランスとは調査・監視という意味を表す言葉で、映画で『サベイランス』という作品もこのサーベイランスから来ているのか?間違えているのか?でもやはり映画の内容は監視がテーマ。

カジノフロアだけでなく、施設建造物全体の内外を調査・監視するのが【警備部】の
サーベイランス課です。





このサーベイランス課は、【サーベイランス・マネージャー】をトップに、【サーベイランス・オフィサー】で構成されている監視業務課です。





サーベイランス課主要業務としては、カジノ施設に設置してある数千台ものカメラ映像を元に、従業員の動きや顧客の行動を監視して、問題となる行動や不正を防ぐのが仕事です。





数千台ものカメラ映像をリアルタイムで調査監視し続けるのは困難であることから、カジノフロア等で要請があったテーブルや顧客を集中的に監視したり、問題発生後にリプレイ画像で状況証拠を見つけ出します。





また告知無しでディーラーの査定も行っており、ゲーム展開のスピードやディーリングのスピード、正確性といったゲーム進行の評価を行っているのがサーベイランス課です。





映画では『サベイランス』という作品がありました。





この作品では、衛星監視システムを使った近未来の姿を描き、ITプログラマが事件に巻き込まれるストーリーでしたが、邦画名は『サベイランス』であって【サーベイランス】ではありませんでしたが、監視という訳がなされていましたので、日本ではどちらでも良いのかも知れませんね。





次回は、カジノ施設全体を監視する【警備部】の【サーベイランス課】に属する【サーベイランス・オフィサー】のお話です。




カジノ運営施設の安全かつ円滑な運営を目的に監視している【警備部門】【サーベイランス課】に属する【サーベイランス・オフィサー】とは?職員や顧客の問題となりそうな行動や証拠を記録報告するポジション。

カジノ施設の内外を外敵から守る仕事が【警備部門】ですが、そのなかでも【サーベイランス課】の
サーベイランス・オフィサーは、職員の公正かつ円滑な行動を監視し、また改善余地のある行動や案件に関しては、情報収集の上、報告書を作成する仕事です。





また、職員の監視だけでなく、顧客の行動や不正監視も重要な仕事の内で、現場から要監視人物の来場者を報告された場合には、常に監視を続けます。





この様な監視業務も法令に基づいた調査手順が定められていることから、国や地域の法令に詳しく、不正行為に対する監視能力が要求されるポジション。





サーベイランス課】は、【サーベイランス・マネージャー】をトップに【サーベイランス・オフィサー】で構成されている監視業務課ですが、このサーベイランス・オフィサーというポジションでも高度な専門技術職であることから、カジノ業界外からの採用は難しいとされており、他のカジノ会社からの採用が一般的です。





どの業界でもベテランは優遇される訳ですが、新人がいないといずれは誰も居なくなるので、稀にサーベイランス技術プログラムの教育課程を学んだ優秀な人材を採用しているようです。





次回は、カジノ施設全体を監視する【警備部】の【サーベイランス課】を統括する【サーベイランス・マネージャー】のお話です。





カジノを監視管理している【警備部】の【サーベイランス課】を統括する【サーベイランス・マネージャー】とは?カジノ管理委員会や警察と連携して犯罪の取り締まりに協力し、監視業務に於いて全ての責任を負う役職。

カジノ全体の内外を監視管理している【警備部】の【サーベイランス課】ですが、やはり最も力を入れているのはカジノフロアです。





今回は、【サーベイランス課】を統括するサーベイランス・マネージャーのお話です。





前回は【サーベイランス・オフィサー】のお話をしましたが、この【サーベイランス・オフィサー】の上司がサーベイランス・マネージャーで、監視業務のトップです。





サーベイランス・マネージャーは、カジノゲームの公正かつ適切なゲーム展開の維持に注力に努めながら、監視業務に於いて全ての責任を負う役職であり、カジノ管理委員会や警察との連携で犯罪の取り締まり協力を行っています。





監視業務ということもあり、法令に基づいた監視方法や調査方法に熟知していなければならず、従業員の不手際や落ち度に関しては、適切な報告書とともに改善策を提示できる能力を要求されますので、カジノ業界外から採用される枠はなく、部下の【サーベイランス・オフィサー】から優秀な人材を昇進させるのが一般的です。




アメリカ・ラスヴェガスに立ち並ぶ高級リゾート型カジノホテルで意外に人気を集める職業のひとつとしてバレースタッフという仕事があり、バレースタッフという仕事はカジノフロアではなく外の仕事。

アメリカネヴァダ州という砂漠のど真ん中に現代アメリカンドリームえられるかも知れない場所があります。





それが高級リゾート型カジノホテルが集結しているラスヴェガスです。





これまで【カジノ施設内部の部署や組織の仕組みと役割】をお伝えしてきましたが、今回はこれまでに紹介していない仕事のお話をしたいと思います。





カジノに憧れを持っていたり、カジノで働きたいと思っていた方々の花形職業はやはりカジノディーラーなのですが、総合的見渡すとカジノフロア以外でとても人気のある職業があります。





それはバレースタッフと呼ばれるポジションです。





このバレースタッフとは、来場者がホテルに車を乗り付けてきた際、係員が駐車場まで回送し、帰途の際にはホテル玄関まで車を回す係員のことです。





バレースタッフ客からのチップで生計を立てていますが、高級カジノリゾートにやってくる多くの客は富裕層が多く、一度のチップで10ドル程度だったり、多ければ100ドル程度を稼げるからです。





1日に一度しか車を回さないなんてことはありませんので、チップを稼げる職業として人気がある訳なのですが、もちろんホテルの従業員として契約していながらも、給料制ではなくチップ制です。





制服も購入しなければなりませんし、教育も自費で受けなければなりませんが、その人気は絶大のようです。





昔は几帳面な客とトラブルも多かった様ですが、今はどうなのでしょう。




今、ラスヴェガスのカジノでビデオポーカーブーム到来!プロのポーカープレイヤーも驚くそのビデオポーカーマシンの正体とは?プレイヤーのブラフ(ハッタリ)に騙されて負けてくれるという、人間と対戦しているかの様な人工知能が搭載

ポーカー好きの多くは弱いハンドでブラフ(ハッタリ)をかまして、相手にゲームを降ろさせるというゲーム性を好むので、VSプレイヤーとのゲームを好みます。





対して、ビデオポーカーというマシンゲームが好きなプレイヤーというのは、ポーカーフェイスが苦手でブラフを上手く使えない方が好んだりします。





マシンゲームだとコンピュータが相手なので、コンピュータよりも強いハンドという状態でなければ勝つことはできないのですが、そんなビデオポーカーゲームに革命を起こした開発者れました。





その名はフレドリク・ダール氏。





フレドリク・ダール氏は、ノルウェー出身のエンジニア。





その彼が起こした革命とは、ビデオポーカーゲーム機に人工知能を組み込み、コンピュータ相手にブラフを使えてしまうという、まさにアメリカ人が喜びそうな機能。





しかも、この機能にはタイプの異なる人工知能を3つ備えていることが特徴で、ゲーム中にランダムでタイプが入れ替わる為に、プロのトーナメントプレイヤーでさえ夢中になってしまうと言う。





プロポーカープレイヤーいているのは、自分が今まで経験した事のない戦術をマシンが展開するで、とても勉強になることと、対プレイヤーとゲームしているかのように夢中になってしまうことにあるのだそうな。。。





慣れない間はちょっと戸惑うかも知れませんが、なかなか面白くハマッてしまいますので、ポーカー好きやポーカー入門者には試して貰いたいゲームです。^^

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




インターネットオンラインカジノのクラッシクスロット【ALCHEMIST'S LAB】で1万ドルの大当たり!ジャックポット当選による賞金ではないものの、1ライン機種3ドルBETで10000ドル(当日の為替レートで日本円に換算して101万6000円)はとても魅力的な大当たり!



インターネットオンラインカジノであっても、未だクラッシクスロットが根強くっており、今回はその中のALCHEMIST'S LAB(アルケミスト・ラブ)での大当たりニュースです。

10000TO.jpg

この大当たり賞金額1万ドル(当日の為替レートで日本円に換算して101万6000円)ですが、ジャックポット抽選による当選金額ではない大当たり賞金なんです。





つまり、この機種で設定されている最高賞金額たったからニュースなんです。





このALCHEMIST'S LAB(アルケミスト・ラブ)1ラインしか無いスロットマシーンで、
BET金額3ドルが最高賭け金なのですが、その少ない賭け金100万円賞金獲得したとなると、とても割に合う魅力的な大当たりと言えるのではないでしょうか。





ALCHEMIST'S LAB(アルケミスト・ラブ)薬品を混ぜて純度の高い金貨を精製する研究室で、本が3冊揃うとボーナスゲームが始まるのですが、金貨3枚揃う最高賞金が一発でGETできてしまうゲーム性です。





最高賞金1ドルBETプレイなら3,000ドル2ドルBETプレイでの最高賞金額は6,000ドルに設定されていますが、最高BET額でのプレイ時に大当たりとなると、一発で10,000ドルを手にすることができるというもの。





ビデオスロットの場合では20ライン、25ライン、50ラインが主流なので賭け金も×ライン数となってしまいますが、プレイ資金の少ない時にこういった1ラインクラッシクスロットでプレイすると、今回の様なラッキー遭遇するかも知れませんね。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




カジノ収益世界一を大きくマカオカジノに譲っているとはいえ、ラスヴェガスもアメリカのシェールガス及びシェールオイルによる好景気に押されて復活の兆し。

近年話題になっているシェールガスシェールオイルはご存じのことと思われますが、今アメリカはこのシェールガスの採掘ラッシュと、シェールオイルの採掘ラッシュ好景気に沸いています。





土地の持ち主現代のアメリカンドリームとも呼ばれるほどの億万長者ぶりですが、もちろん採掘する会社も、その現場作業員でも日本で会社を営む社長以上の高給優雅な生活を送っているそう。





そんな好景気に沸けば、ラスヴェガスが流行らない訳はないので、日に日にラスヴェガス活気づき急加速中だそうです。





カジノ収益世界一は大きくマカオカジノに譲って数年が経ちますが、ベガスファンなので、これを機に頑張って欲しいところです。





昔、アメリカで溶接工と言えば底辺の仕事とまで言われたらしいのですが、掘削したりする現場の工事では腕の良い溶接工が必要らしく、手が足りないとか・・・





アメリカでは、底辺=稼げないという公式が一般的だったので、溶接工になりたがる人もいないので減少する訳ですが、現在では腕の良い溶接工がどれだけ居ても足りないらしく、現在の溶接工に提示される年収14万ドル~15万ドルだとか。 (驚)





$1=100円と仮定して計算したとして、1,400万円~1,500万円というから、技術を持たない作業員でも高級車に乗っているらしい。 (笑)





いくらシェール層が豊富とはいえ、いつまでも続くとは思えませんが、長く経済の落ち込みが続いたアメリカにとって、雇用人材が足りないという悲鳴嬉しいことでしょう。





明るい話はやはり気持ちの良いものです。 ^^




カジノ収益世界一のマカオカジノがあるマカオの人口約36万人に対して、カジノ産業労働者は5万4000人以上。労働人口の15%を占める割合で雇用に貢献するも、高等教育を受けることなく高給職に就けることで未来的な問題も懸念。

マカオの収益伸び率は年々うなぎ上りで、まだ頭打ちの気配を見せない状況です。





カジノ収益世界一となってから数年が経過し、世界一のカジノ都市という称号が定着しつつありますが、マカオカジノが盛況すればするほど雇用が必要になるのは当然のこと。





マカオカジノでカジノゲームディーラーになることができるのはマカオ市民だけなので、市民の雇用が優先される恩恵がありますが、マカオ人口約36万人に対して、カジノ産業労働者は5万4000人以上を計上し、全労働人口の15%を占める割合です。





もともとカジノが誘致されるまで雇用に不安のあった香港でしたから、職の安定が良いのはとても嬉しいことなのですが、この雇用が将来の懸念に繋がっているようです。





つまり、中学卒業程度の学歴から飛び抜けた高給職にありつけるということで、高等教育を受けることなく職を求めていることにあると言うのです。





高等教育や大学を中退してまで採用試験を受ける為、近い将来には学歴や学力の無い市民ばかりになってしまう心配が懸念されています。





カジノ職で採用されると、他の仕事をして得られる給料の5割り増し以上ということもあり、小売り店員やレストランのウエイター、ウエイトレスも従事したがる人材がいないという困ったことにもなっているそう。





まだ雇用に溢れ返っているという状態よりは良いものの、表があれば、必ず裏が存在しますので、上手く情勢修正を行って貰いたいものです。




カジノ映画を観てカードテクニックに感銘を受けると、その多くがカジノゲームディーラーになりたいという気持ちが芽生ることもある中で、一方的に憧れを持つだけではなく、カジノ側が求めるカジノゲームディーラーを知ってから目指すのも遅くはない。

カジノ映画カジノゲームディーラーが格好良く見えたりすることはとても多いと言えるでしょう。





それは演出として、よりクローズアップしているからなのですが、凄いカードテクニックが演出されると尚更と言えるでしょう。





カジノゲームディーラーに憧れを持つも、日本にカジノ施設が存在しないことからなかなか実態が解らないことも多い訳ですが、一方的に想像で美化していると全く違った世界に落胆することもありますので、カジノ側が求める人材とはどういう人物なのかということを知っておくことはとても重要なことだと思われます。





ディーラーに関しての記事は以前にもお話しましたが、今回は、カジノがゲームディーラーに求めていることについてお話します。





カジノは公平公正さをアピールしなければなりませんので、作為的に勝ち負けを操作することは許されていません。





よって、疑いを持たれるような素振りや行為、また印象を与えるだけでもカジノ側にとっては大問題です。





ゲーム提供中に物を落として自分で拾うことも許されず、休憩中にカードマジックの練習をしていても解雇されることは珍しくありません。





それがお金を扱う仕事の厳しさというものでしょう。





これは非合法でも運営されていた歴史から学んだ徹底管理と言えるのではないでしょうか。





カジノゲームディーラーは、監視カメラに全てを見せる様にしながらゲームを提供しなければならず、決められた姿勢や仕草も取り決められています。





ただ、厳しい監視下でお金を扱うということもあり、8時間労働の内2時間30分以上の休憩が得られ、比較的高給な職として人気職業です。




世界最大規模のカジノ、香港マカオカジノ・ヴェネチアンマカオで700ゲームテーブル、シンガポールの同規模カジノでも500ゲームテーブルが設置されている中で、日本に登場するであろうカジノはどれほどのゲームテーブルが設置されるのか。

今、日本では私達のしらないところで机上のカジノ整備が進んでいることでしょう。





その規模が一体どの程度になるのかは誰もが興味深いところ。





これまでに香港マカオカジノシンガポールカジノといった多くの人々に知られているアジアでのカジノ事業成功を元に規模を解りやすい数字で考えて見ましょう。





マカオには世界最大規模のカジノと言われるザ・ヴェネチアン・マカオが有名ですが、このヴェネチアンマカオで700デッキのゲームテーブルが設置されています。





また、シンガポールではこの同規模と考えられるカジノ500デッキのゲームテーブルが設置されています。





ゲームデッキは意外に大きく、スペースは余裕をもって設置されていますので、途方もない広さを必要とします。





マカオカジノでは、その規模でも1時間待ちや2時間待ちという現象が起きていることは珍しくはありませんので、どれだけのニーズがあるのかは未知数と考えられている日本。





どの程度の規模になるか、こんなのも賭けになるかも知れないのがウィリアムヒルです。





カジノに興味がある方は、日本にはない考え方の賭けに関しても知っておくことがブームの先取りと言えるでしょう。



>>>日本に居ながら合法で世界中のスポーツベッティングが行えるインターネットブックメーカーのやり方や参加の仕方を説明しています<<<



日本のカジノ構想に持ち出されるマカオカジノやシンガポールカジノはゲームデッキが700デッキや500デッキが設置されているが、日本のカジノ施設にも同レベルのカジノフロアが用意された場合、どの程度のカジノディーラー人員を要するのか。

今回の記事は昨日の記事と繋がっていますので、昨日の記事をお読みでない方は、まず前回の記事をお読みになってからのほうが理解しやすいかも知れません。





カジノ施設ともなると総合リゾート施設というこもあり、規模の大きさはこれまで日本国内で計画されてきたプロジェクトの中でも最大規模となることが予想されます。





マカオカジノではルーレットブラックジャックバカラポーカー等のゲームテーブルデッキ700デッキも設置されており、シンガポールでも最大規模では500デッキものゲームデッキが設置されています。





今回は、そのゲームデッキ1台に対して、カジノディーラーと呼ばれるゲームディーラー人数のお話です。





これまでのにお伝えしてきている【カジノ施設内部の部署や組織の仕組みと役割カテゴリでも触れていますが、カジノは24時間営業ですから3交代8時間勤務が欠かせません。





3交代をこなす段階でゲームデッキ1台に付き3名は必ず必要であることが理解できますが、休憩が多い仕事でもあるので休憩交代要員として更に1名が必要となり、ゲームデッキ1台に対して4名が必要です。





これをマカオカジノ700デッキ規模として考えると、ゲームディーラーだけで2,800名必要であり、シンガポールカジノ500デッキ規模として考えた場合ではカジノディーラー2,000名必要です。





これらの数字から伺えるだけでもとてつもない雇用枠なのですが、この雇用枠を外国人が手にする様では日本のカジノ計画の一部は失敗と言えるかも知れません。





カジノフロアだけで考えても数万人規模の雇用枠が望める訳ですから、これをどうにかして日本人の雇用枠で埋めたいところですが、2020年までに人材育成にも目を向けて欲しいところです。




カジノのゲームディーラーは年齢制限が定められていないことから、定年を迎える前にカジノディーラーの勉強をして、2020年を目途に開発されるであろう日本のカジノ複合施設でのカジノディーラー職に就くことも可能と言える。

昔の50代と言えば見た目も老人でしたが、ここ10数年の50代60代を見ると、とても若々しい風体をしている方々が多く見られる様になり、そのほとんどの方が人生経験も豊かで働く意欲のある人材が多い様に見受けられます。





特に高齢化社会を危惧されている日本では、高年齢層の職探しはとても厳しいと言えるのではないでしょうか。





しかしながら、手に職を持っている者はいつの時代でも有利で、問題は活かす場を見つけることができるか、そうでないかというところや、時代が要求する技能であるかでしょう。





日本では2020年の東京オリンピック開催決定を機にカジノ誘致話が急加速で進んでいますが、この予定をただ指を咥えて見ている方は、やはりこれまで時代の波に乗れなかった時と同じ事の繰り返しを辿るだけかも知れません。





つまり、カジノで働いているカジノゲームディーラーは定年というものがありません。





もちろん、ごく一般的な健康に不安がある70歳が素人から頑張れる世界でもありませんし、知力体力もなければならないことは言うまでも無いことでしょう。





もし貴方が50代から60代の方で、この先の仕事先に投資しようとしているのであれば、カジノディーラーという勉強への投資はとても有意義な自己投資と言えるでしょう。




カジノゲームディーラーに男女差はないと言われている。むしろ7割のカジノディーラーが女性であることを考えると、女性に有利な世界なのかも知れない。技能職で定年制度もなくシフト制だから諸外国でも子育てしながらの女性も多い。

カジノへ訪れると女性ディーラーが目立つのは偶然なのでしょうか。





カジノ業界の調査で出された数字でもカジノゲームディーラー7割女性であるといいます。





カジノゲームディーラー技能職定年制度もありませんシフト制の仕事ですから、諸外国では子育てをしながらの女性にも人気のある職業です。





しかも、男女差なく稼げる職業というところも魅力





日本にカジノ施設が建設されたとしても、カジノ運営のノウハウを何も持っていない日本では、外資のノウハウやシステムが導入されることは間違いないと考えられるので、グローバル感覚の職場で働くことができるチャンスと言えるでしょう。





もちろん女性管理職も多く存在しますが、やはり諸外国でも女性管理職となる人物は男性の目から見ても人格者の様です。



>>>カジノディーラーの記事





シンガポールカジノ観光産業がGDP(国内総生産)5.3%に相当する成長を見せ、カジノ収益に関しては前年比の3.8%増しという観光収入に!

シンガポールという国は国土が狭く、資源もないことから、あらゆる国を訪れて、学べるところは学び、そして取り入れるべきものは取り入れてきた。





その1つカジノ産業





日本からでも治安問題の良策として交番(KOBAN)が取り入れられていたりと、とても友好な関係を保っている国です。





このシンガポールと言う国はカジノ誘致を行うことで、傾いていた国が潤った見本として日本でも注目していますが、シンガポールカジノ観光産業がGDP(国内総生産)5.3%に相当する成長を見せ、カジノ収益に関しては前年比の3.8%増しという数字が発表されました。





当初は1カ所だけであったカジノ施設も、指向や規模を変えて複数誕生していますが、シンガポールに2カ所のカジノ施設を運営しているアメリカの大手ラスヴェガス・サンズは、更に投資を行い、シンガポールでの施設充実を図る意向を発表。





シンガポールのGDP(国内総生産)5.3%という数字を金額にすると、日本円で約1兆6366億円なので、日本のパチンコ産業20兆円超え売り上げが、いかに国益に全く貢献していないことが伺えるというお話でした。




日本にカジノが誕生したとして、私達が認識しやすい日本企業の規模で例えるなら、どれくらいの経済が動く産業となるのかを想定すると、自動車会社の日産自動車の営業利益程度となるらしい。

昨日の記事でシンガポールカジノのGDP(国内総生産)5.3%に達したことをお話しましたが、このシンガポールカジノでの数字日本に置き換えたら、どのくらいの規模の産業となるのでしょう。





もちろん、日本にカジノが誕生したとして考える訳ですが、今回のシンガポールのカジノ産業収益を、これを日本で置き換えると、自動車会社の日産自動車の営業利益になるらしいです。





これは、ただ売り上げや営業利益を上げるだけではなく、雇用も1つのカジノ複合施設で何万人の雇用を必要とすることから、すべてに於いて期待が持てる産業です。





カジノ施設では働きたい人がすべて働ける場所ではありませんが、自分のスキルを付けることや自分を成長させる為にお金を出せる感覚の方達にとっては、魅力的で大きな雇用枠と言えるでしょう。





2020年東京オリンピック開催決定という明るいニュースによって、大きく動き出したカジノ計画に期待です。




★★★◆ブログ~案内~◆★★★
CASINO-6-8-(2).png 子供のんだ経験と、単純ルールながらも白熱したおもしろさ記憶があってか、【CASINO-GAME(カジノゲーム)】をにすると、ニンマリしてしまいます。
CASINO-6-8-(1).png
こどものにはトランプテレビゲームんでいましたが、インターネットオンラインカジノで知った、本物のお金を賭けてプレイする(`・_・´)ン-【Black-Jack(ブラックジャック)】や、Roulette(ルーレット)めとする、日本からでもインターネットを介して合法べるBROWSING-CASINO-GAME(ブラウジング・カジノゲーム)を見つけてしまいました。( ̄∇ ̄*)フフフ
CASINO-6-8-(3).png
私が安心してプレイできるのも、24時間体制日本語サポートがあるからですが、とても親切対応安心できる管理体制にとても信頼を寄せています。
2016-4-11(1).jpg
やはり政府発行したライセンスを持っているインターネットオンライン仮想カジノサービス安心感うと感じます。
2016-4-11(3).jpg
2016-4-11(5).jpg
諸外国ではセレブびととして知られるCASINO-GAME(カジノ・ゲーム)しさはエレガントびであるものの、とても刺激的びとして知られていますので、VIPセレブが好むびを始めることはVIPセレブへの第一歩と言えるでしょう。
2016-4-11(2).jpg
この【世界のカジノ情報やカジノの仕組みが解るニュースサイト!】で紹介しているインターネットオンラインカジノやサイトは、すべて私自身が登録している安心できるインターネットオンラインカジノサイトだったり、プレイテクニックを参考にしているサイトですから、みなさんも日本に居ながらCASINO-GAME(カジノゲーム)しむだけでなく、高額賞金っちゃってください(*^∇゜)
2016-4-11(6).jpg
さんがげてせになれば、私も同じ様にしいです(/_・)
  2016-4-11(4).jpg
また、日本のカジノ誘致する情報や、世界のカジノ情報もおしますので、合わせて参考にしてください。^^
カテゴリ
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
63位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR