カジノビデオスロットで日本人プレイヤーがボーナスゲーム連発で1万6000ドル(約164万円)を獲得!インターネットオンラインカジノの【IRISH LUCK(アイリッシュ・ラック)】はジャックポット搭載機種ではないものの、ギャンブルゲーム搭載の人気機種!



インターネットオンラインカジノでのプレイ経験がある方ならば、毎日どこかで誰かがパチンコやパチスロでは考えられない賞金を手にしているということは経験したプレイヤーなら頷けるはず。





今回は、ボーナスゲームを連発させて1万6,000ドル(約164万円)獲得したニュースです。

IRISH-LUCK16000W.jpg

そのビデオスロットは、IRISH LUCK(アイリッシュ・ラック)30ラインという機種





25ライン50ライン機種が多い中で、この30ラインは珍しい機種なのですが、美人のキャラクターという力もあってか、マニア的人気の機種です。





このIRISH LUCK(アイリッシュ・ラック)にはジャックポット機能は搭載されていないものの、ボーナスゲームギャンブルゲーム機能に加えて、最大賞金ラインベット10,000倍設定されていますから、相性が良いと感じているプレイヤー達に人気があります。

IRISH-LUCK-PAY-V.jpg

私もこのIRISH LUCK(アイリッシュ・ラック)個人的に相性は悪くない機種なので、たまにプレイしている機種で、15ドルベットスピンでプレイしてボーナスゲームに突入すると、一度で1,000ドル2,000ドル程度(10万~20万程度)賞金が得られるので、気になる方にはお勧めと言えるビデオスロットです。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




スポンサーサイト

まだ見ぬ日本のカジノ施設。日本にカジノが誕生するとしたら、どれくらいの規模なのだろうか?諸外国の大規模なカジノ施設であれば、一歩もカジノ施設を出ることなく一年以上もの期間を暮らすことも可能なのだから、セレブリティを気取る利用客の落とすお金は計り知れない。

日本は、かれこれ十数年以上も前からカジノ構想を模索しながらも、事実上は何も進めることができなかったに等しかった状態でした。





2020年オリンピック開催地が東京に決定したことで、これが一気にカジノリゾート施設建設を急加速させたことはこれまでにもお話してきました。





各国から観戦にやってきた選手の家族らがカジノ施設に滞在することや、世界のVIP達がお金をバラ撒く場所として、移動に便利な場所にカジノリゾート施設を利用しない手は無いからです。





日本のカジノ計画に参加している訳ではないので、どの程度の規模が考えられているのかは何とも申し上げようがありませんが、どうせ建造するならば世界的に見ても中規模以上でなければならないと考えています。





これまでに見るカジノを持つ国々を見渡すと、大規模なカジノ施設であれば1年以上もの期間、カジノ施設から一歩も出ることなく暮らすことも可能で、しかも実際にそういったセレブリティが存在するというからカジノという総合施設が存在する意義は大きいと言えるでしょう。





規模が大きければ大きい程、世界中のセレブリティが訪れる機会は多くなり、またそれらの影響で群がるセレブリティを気取る利用客の落とすお金は計り知れないのではないでしょうか。





カジノは世界中の一流を集めた集合体として考えられており、世界中で人気のある有名レストランブティックシアターイベントミュージアムプールジムスパブックストアカフェ等がすべて指向を変えて複数楽しめます。





現代に於ける、世界中の何処にいても仕事が出来るスタイルを構築したノマドなセレブリティ達をどの様に誘致するのかも考えた方が良いかも知れないですね。




カジノの収益が落ちたと言う場合、それだけ客側が勝っているという感覚を持たないのは不思議。

カジノというと、基本的に胴元であるカジノが儲かるのが当然として揺るぎがありません。





今のカジノ業界を賑わしているのは、やはり香港マカオカジノと、シンガポールカジノ





マカオカジノの場合は収益の8割以上がバカラゲームということもあり、いかにバカラで客側が勝ち越すことができないかを証明していますが、国によって客層が異なると、来場者が好むカジノゲームの種類も異なると考えるべきです。





シンガポールカジノは2013年の四半期利益で3年前の開業以来、カジノ側の収益が予想を遥かに下回ったことを報道していました。





言葉少なく済ませると、シンガポールカジノも3年で客足が鈍ったと受け取られがちですが、売り上げ自体は上昇傾向にありながらも、カジノ側の勝率がとても低く、プレイヤーへの払い戻しがとても多かったことが原因です。





収益経過報告で予想よりも少ない数字のみを見ていると、客側が勝っているという感覚を持たずに、客足が落ちていると感じてしまうことを不思議に感じたニュースでしたね。




まだまだ伸び続けるマカオカジノ産業。カジノ客を呼び込む改革を打ち立てる度に、およそ1万人規模の雇用枠を計画。

巨大なカジノ施設を運営するカジノ運営会社にとって、現場を大きくするとそれに伴うのは大幅な人材確保





人目に付く現場対応が100人増えたとしたら、交代要員を含めるだけでも500人は必要となり、管理職やマネジメントという専門知識が必要な要員を入れてゆくと、あっと言う間に数千人規模の雇用枠計画が持ち上がります。





それがカジノ産業





ただ問題は、カジノ側が欲しがる様な人材が募集で集まるか否かなので、日本のように地元採用を優先させている様では難しい経営を強いられることになるでしょう。





そこでマカオカジノのひとつであるメルコ・クラウン・エンターテインメントでは、カジノリゾートで働く8000人程度の人材採用を新たに計画し、専門分野の技術や知識を学ぶための奨学金を出し、採用後も充分な報酬を支払うという人材育成から行う雇用計画





香港マカオにとっては、巨大産業でとても雇用枠が多かったマカオカジノ区域ですが、カジノ側からすると採用枠基準に満たさない採用希望者も多い様子。





マカオカジノも、まだまだカジノ新興地域だけに慢性的な人材不足が続く状態なのかも知れないですね。




日本のカジノ解禁についての議論はまだまだこれからながらも、動き出した段階で大きな雇用枠が生まれる可能性が考えられる。

昨日の記事で、マカオカジノが未だに慢性的な人材不足であることをお話しました。





カジノ誘致計画に大きく動きだしたとはいえ、まだ日本ではカジノ解禁についての議論はこれからです。





しかしながら、どの段階から人材育成を伴った雇用枠を検討するのかが気になる所





近郊アジアでのカジノ産業の成功により、多くを学ばなければならない日本ですが、やはりオープンに際して、日本人スタッフで来場者を迎えてこそ日本の為に存在するカジノと言えるのではないでしょうか。





マカオカジノに参入しているカジノ会社では、専門分野の技術や知識を学ぶための奨学金を出し、採用後も充分な報酬を支払うという人材育成から行う雇用計画を発表しましたが、これまでにカジノ経営経験を持たない幾つかの企業が共同で日本での運営権を持ったところで、この様な気の利いた運営戦略と、潤沢な資金を持ち合わせない企業では難しいのではないでしょうか。




日本にカジノが誕生する際、運営者側が最も注力を注がなければならないことは、監視体制のサーベイランスと言える。

これまでに【カジノ施設内部の部署や組織の仕組みと役割】をお話した中で、サーベイランスという部署を紹介しました。





このサーベイランスという部署はカジノ施設内外を監視管理する目的があり外敵や職員の不正からプレイヤーの不正を監視する部署です。





アメリカやヨーロッパのカジノ施設では、このサーベイランス課という部署がとても整備されて効率良く稼働していると言われている一方で、アジア諸国のカジノではまだまだこのサーベイランスが完全では無いと言われています。





に、カジノでは現金の代わりにチップが扱われており、このチップの中には高額な1万ドルものチップ等もあります。





このチップは1枚で1万ドルであり、日本円に換算すると、およそ100万円という金額なのだから、掌に隠せる1万ドルをきちんと守らなければなりません。





考えたくはないものの、職員と客が組んでしまえば容易いことと言われている不正だけあって、日本にカジノが誕生した際には、最初からこのサーベイランス課の稼働を充実させなければならないのではないでしょうか。




インターネットオンラインカジノのマーベルジャックポットシリーズ人気ビデオスロット【IRON MAN3(アイアンマン3)】で、たった11スピンさせただけで3,652.86ドル(約38万円)のジャックポット!



1ヶ月ぶりマーベルジャックポット炸裂日本人プレイヤーの手に





インターネットオンラインカジノビデオスロットはどれも人気があり、自分に興味がない機種であってもマニアがいる訳です。^^





マーベルシリーズと言えば原作は劇画コミックですが、今回のジャックポット機種もその中の一作です。





今回のジャックポット機種IRON MAN3(アイアンマン3)

IRONMAN3RVTS.jpg

このアイアンマン人気機種で、映画が製作される度に大人気となり、ビデオスロットとして登場しています。





今回のジャックポットは、エクストラパワークラスでのジャックポット当選で、賞金額3,652.86ドル(約38万円)

3652-86.jpg

マーベルジャックポットには4つジャックポットランクがあり、今回は上から番目下から番目ジャックポットランク当選です。





①【パワー】300~500ドル(平均3万円~5万円)

②【エクストラパワー】1,000ドル前後(平均10万円前後)

③【スーパーパワー】4~5万ドル(平均~400万円~500万円~)

④【アルティメットパワー】40万~70万ドル~(平均4,000万円~7,000万円~)

1593.jpg

このジャックポットは、何の予告もなく突然ジャックポット抽選に入りますので、初めて経験すると何が起こったか判らない状態になりますが、ジャックポット抽選に入ったら、これらのランクでどれかが必ず当たる訳です。





今回のプレイヤーさんは、2.5ドルBETスピンでゲームを開始後、たったの11スピンさせただけでジャックポット抽選に入り、3,652.86ドル(約38万円)獲得していますので、とてもツイていますね。(^∇^ )

IRONMAN3-2500B.jpg

マーベル機種は、ジャックポットだけではなく、ボーナスゲームスキャッター賞金でもげるので、誰もが虜になるビデオスロットですからお勧めです。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




カジノ施設を自国に持つ国の多くは、カジノ利用を外国人に限定している傾向が強い中、ベトナムのカジノでは試験的に自国民の遊技可能を処置を考えた理由がなかなかの失笑。

自国にカジノ施設を持つ多くの国が、外国人からの外貨獲得目当てであり、自国民のプレイを禁じていることが目立つカジノ事情





これはアジア圏が多く、インフラ整備が悪く、国民の生活レベルが良くない特徴が見られます。





現在、ベトナムはとても経済成長の上昇気流にありますが、やはりベトナムのカジノも外貨を獲得する手段としてカジノ誘致を行いました。





これまでのベトナムカジノでは、外国籍を有して合法的に入国した者のみの入場を認可してカジノ運営を行って来ましたが、何処の国でも富裕層は必ず存在するもの。





この富裕層が、カンボジアシンガポールカジノ目的で旅行へ訪れ、資金流出の原因となっていると言います。 (笑)





外貨を獲得する為に自国民のカジノ遊技を禁止した訳ですが、この様な事になることは考えていなかったベトナム政府は、試験的に自国民の遊技可能を考えたらしいです。





それは、政府管理の下、本人確認によって身元収入といったチェックを満たした国民にも遊技資格を与えるというもの。





こういった先人の問題や考えはとても参考になり、日本のカジノ誘致問題でも取り入れるべきではないでしょうか。




ベトナム初の大型カジノリゾート計画の10年構想。東京ドーム35個分という途方もない広大な敷地面積を用いて、最終的には9000室の客室を持つ2つのホテルという計画の一部であるザ・グランド・ホートラム。

ベトナムにはこれまでにも小規模なカジノはありましたが、10年構想を立てられている大型カジノリゾート計画のカジノは既に運営されています。





このベトナム初の大型カジノリゾートの名はザ・グランド・ホートラム





現在、このカジノの規模は541室の客室を持つ5つ星ホテルと、90台のゲーミングテーブル614台のマシンゲームが設置されたカジノで運営されています。





このリゾートは稼働していながらも常に工事が行われ、8年から10年を要して完成する予定





その完成時には、9000室の客室を備えたホテルと、2000台のカジノゲーミングを完備する予定とか。





敷地面積164ヘクタールという広大な土地には、2014年開業のワールドチャンピオンシップ・ゴルフコースや、その他様々な計画が盛り込まれています。





敷地面積164ヘクタールと言われてもピンと来ないかも知れないので、東京ドーム何個分かでお話すると、なんと35個分です。 (笑)





この大きさを知ってしまうと、10年構想も頷ける訳ですが、現在の状態でベトナム市民2000人が雇用されていることから、10年後には軽く数万人規模の雇用が期待されています。





この雇用されているベトナム市民達は、2年に渡りMGM社のトレーニングを受けており、少なくともこの2000人は世界基準の応対能力を身につけていると考えて良いでしょう。




東京ドーム35個分という途方もない広大な敷地面積を用いてカジノ複合施設を完成させるベトナムカジノの完成は、日本で開催される東京オリンピックと同じくして2020年の予定。

2020年





東京オリンピックが開催される年として、誰もが記憶している数字。





このベトナムの話題としてはもうひとつ挙げられることがあるとすれば、人口です。





2020年には日本の人口とベトナムの人口が同じになる瞬間があるらしいです。





日本は人口が減り続けていると言われ、ベトナムでは増加傾向と言われています。





東京ドーム35個分という途方もない広大な敷地面積を用いてカジノ複合施設を完成させるベトナムカジノが完成するのは日本で開催される東京オリンピックと同じくして2020年の予定





合計9000室という、客室係で何名の従業員が必要なのかという程巨大なホテルが完成し、180台のライブゲームテーブルと、2000台のゲームマシンが揃う2つのカジノが完成する予定





現在のザ・グランド・ホートラムでは、一般向けカジノエリアには35台のゲームテーブルが用意されており、一般エリアでは5ドル~20ドルというミニマムベットとなっていることから、高額ベットで緊張感とピリピリした勝負を楽しむよりも、ゲームを楽しむエリアとしての指向性





現在の一般向けカジノでは、バカラ19デッキプログレッシヴジャックポットポーカーデッキブラックジャックデッキルーレットデッキシックボーデッキ35デッキ





現在のマシンゲーム614台の内、565台がスロットマシンで、後はビッグウィールクラップス等。





もちろん、VIPエリアは別にあるので、次回お話しましょう。




ベトナム最大のカジノ、『ザ・グランド・ホートラム』。東京ドーム35個分という想像に難しい敷地面積の中で10年計画中のカジノながら、やはりVIPエリアは稼働中。

昨日の記事で、ベトナム最大のカジノ『ザ・グランド・ホートラム』で営業している一般向けカジノエリアのお話をしましたが、今日はVIPエリアのお話です。





『ザ・グランド・ホートラム』のVIPエリアでは、専用ラウンジが用意されており、そのラウンジを囲む様に5つのゲーミングルームが用意されています。





このVIPルームのゲーミングはバカラが主流で、現在のところは5000ドルのバイインが設定されています。





このバイインとは5000ドルの持ち込み提示をしないとVIPルームへの入場が認められないというもの。





マカオのVIPルーム利用ではバイインではなく、2万ドルや3万ドルを支払って入場権利を買い、更に1ハンド500ドル以下はプレイ不可という決まりがあったりするので、このベトナムカジノの規約はVIPエリアとしては敷居が低いと感じてしまうことでしょう。





VIPルームには10人のパーソナルスタッフが常駐しており、VIPゲストのリクエストに応対。





カジノ全体としてでは、5人のスタッフが日本語に対応できる様で、少なからず日本からの客を意識していると言えるでしょう。





ベトナムカジノは、カジノ建造物に見られがちな贅を尽くした絢爛豪華な作りではないものの、緑との調和を考えられたリゾートカジノなので、静寂な空間と解放感を求めるユーザー向けと言えるでしょう。




カジノがエンターテインメントであることを実感するならば、やはり100年以上の歴史があるラスヴェガスの街で楽しむことが賢い選択と言える。

カジノと言ったらやはりラスヴェガスです。





近年はアジア新興国の盛り上がりによって影が薄くなっている様に思われていますが、ラスヴェガスラスヴェガスなりに盛り上がっています。





日本から近いと言うこともあり、カジノ遊びをするならマカオシンガポールへのカジノツアーを考えがちですが、エンターテインメントの本場はやはりラスヴェガスです。





近年はシェールオイルの採掘によってオイルマネーガスマネーが末端作業員にまで行き渡っている状況に於いて、やはりラスベガスは総合的な遊び場です。





金にモノを言わせてマナーもへったくれも無い客でひしめき合っているマカオよりも、混雑しすぎず、優雅な雰囲気で余裕を持った楽しみ方ができるというもの。





ラスヴェガスでは、高額な賭け金でプレイしない者は客ではないという考えが無いカジノが多く、庶民感覚ながらハイクラスな体験を楽しめる空間が基本。





もちろんその中で超高級なカジノホテルはあるものの、あの街全体がカジノ施設の集合体であるラスヴェガスでもその様な店は5店舗6店舗





そして、何よりもラスベガスが人気なのは、賭け事に興味の無い幼児や少年、若者が楽しめるアトラクションミュージカルといった、世界中の超一流ばかりを集めたショーを満喫できることにあります。





近郊アジア諸国のカジノが話題になっている今こそ、ラスヴェガスが最も楽しみやすいカジノ施設かも知れませんね。




エンターテインメントを求めてカジノ体験をする国を選ぶなら、6億人の来場者を記録した東京ディズニーランドと、映画アトラクションのUSJを生んだ国のラスベガスから体験するべき。

どの様な体験にもめてはあり、カジノ遊びもまた例外ではありません。





え賭け事が嫌いな方であってもしめるのがラスベガスと言えるでしょう。





誰もがという訳ではないにせよ、東京ディズニーランド訪れた経験がある方はとても多いことでしょう。





そして、そのもが感動したのではないでしょうか。





何てことのないアトラクションであっても、そこに感動がある仕掛け。





それがディズニーランドでした。





あの感動を知った多くの者がアメリカのディズニーランドへ行くことを熱望したことでしょう。





ラスベガスも同様で、カジノ=ラスヴェガス





ラスベガスアトラクションや世界中から集められた超一流のショーを楽しめるのは、やはりカジノ施設のお陰





カジノゲーム未体験の方は、何てことのないゲームの中にエンターテインメントが隠れていることを知らないことでしょう。





ただ、カジノゲームのルールも知らずにラスベガスへ言っても楽しめるものの、確実に楽しさの目減りは大きいので、日本に居ながら安全かつ合法で楽しめるインターネットオンラインカジノでゲームに慣れておくと良いでしょう。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




ラスベガスのベネチアンカジノは、水の都と表現されるイタリアのベニスをテーマに建造物や街並みを再現した高級リゾートカジノ。【ヴェネチアンカジノ・リポート①】

ラスベガスに居ながらイタリアに居る気分になるリゾートカジノ





それがラスヴェガスヴェネチアンカジノ





日本で言うところのラスベガスのベネチアンカジノです。





このベネチアンカジノは、ラスベガスの中にイタリアの一部を移植した様な演出をしている高級リゾート。





水の都ベニス(ヴェニス)と言えば、イタリアへ行ったことのない方でも頭に浮かぶのではないでしょうか。





このサンマルコ広場リアルト橋が忠実に再現されており、来場者の目を楽しませます。





このリアルト橋が再現されているということは、その下はもちろん水路が再現されており、この水路はホテル内に通じ、ショッピングモールらに繋がっています





この水路を私達が巡ることも可能で、有料でゴンドラに乗って廻るサービスがあります。





ベネチアンカジノは建物内に入る前に周囲を一周したくなる衝動に駆られるので、時間に余裕がある方は回ってみてはいかがでしょう。





ベネチアンカジノの外観を見る場合、ライトアップされたオススメです。




外観でも楽しめるベネチアンカジノホテルの客室は全室がスイートながら、ジュニアスイート等の料金は、通常のホテルと大差が無いというサービスが受けられる。【ヴェネチアンカジノ・リポート②】

ラスベガスの中にイタリア水の都ベニスを再現してあるベネチアンホテルは、外観の再現だけでなく、室内にも及びます。





ヴェネチアンカジノの建物内に入ると、よりヴェニスの雰囲気が増す造りがなされており、カジノ施設特有の高い天井にはフレスコ画が描かれています。





フレスコ画は、シックながらゴージャスさと荘厳さを兼ね揃え、高級感を感じることでしょう。




客室は全室がスイートとなっており、ホテルに安っぽさを感じさせません。





しかしながら、最低ランクとも言える設定のジュニアスイートルームの料金でも通常の一般ホテル料金と大差がないことから、異常な割安感を感じるのは、これもカジノならではの演出かも知れません。





つまり、普通の人でもセレブリティ感覚を簡単に味わえてしまう演出を体験できるというもの。





客室にミニバーを完備したカジノホテルは珍しく無くなってしまいましたが、この客室にミニバーを完備したのはベネチアンカジノが最初





フロントに出向かなくても自室でコピーやFAXが使えるのも、ビジネスマンにとっては有り難く、時代と共に改装や増築を繰り返し、常に優美で新しい部屋を利用できることも魅力のひとつと言える高級カジノホテルです。




富裕層が集まりやすい様、世界中のグルメを集めることに力を注いだベネチアンカジノ。どこのカジノホテルもレストランに力を入れているのは当然ながらも、ヴェネチアンカジノは特に食事に力を入れていると言える。【ヴェネチアンカジノ・リポート③】

イタリア・ベニスを思わる建造物と、美しいフレスコ画に加えて全室がスイートの客室となったら、やはり食べ物にはこだわらないとなりません。





どんなに豪華なホテルであっても、食事がまずくてはどの様なホテルでも経営は傾くのは当然





食とは、それほど大切なもの。





日本のホテルでも、宿泊に来なくてもレストランだけは利用されているので、理解しやすいでしょう。





それがかなり割高であってもです。





このヴェネチアンカジノホテルでは、レストランが充実しています。





フレンチイタリアンは元より、オーガニックまで、世界中のグルメが知るところの名高い高級レストランが勢揃い。





ただ、カジュアルなフードコートもかなり用意されているので、食事にお金をかけない方や、若い層の客にも気配りがなされています。





現在では、高級料理が15店カジュアルな店が23店営業しているので、滞在中は誰もが全店制覇を目指したいと考えてしまうことでしょう。 (笑)




ベネチアンカジノはラスベガスの中でも指折りの高級カジノながら、庶民から大富豪まで遊べてしまう幅の広いカジノ!【ヴェネチアンカジノ・リポート④】



ラスベガスカジノホテルというと、どこのホテルでも高級ホテルカジノという先入観が入ってしまいがちではあるものの、意外にカジュアルで若者にも入りやすい店はたくさんあります。





その中でもベネチアンカジノ指折りの高級カジノで有名な施設ながら、庶民から大富豪まで遊べてしまうという、幅の広いカジノ。





一般来場者エリアでも、ブラックジャック15ドルが最低BETして設定されていますが、誰にでも親しみやすいスロットマシンは2200台揃えられており、5セントという低レートからプレイできます。





ただ、ハイローラー達が集うVIPエリアでは、より充実したフロアに仕上げられており、特別大富豪達の為にスイートルームの個室を用意しているのもヴェネチアンカジノの特徴と言えるでしょう。





高級カジノではあるものの、幅広い客層に対応したエレガントカジノと感じることでしょう。





日本でカジノゲーム安全合法覚えながら旅行費ぐならベラジョンカジノです。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




カジノと言えば賭け事を連想するが、忘れてならないのがショービジネス。オペラやミュージカル、コンサートをはじめとする世界中エンターテインメントが勢揃い。もちろんベネチアンカジノならではの個性を魅せるエンターテインメントが楽しめる。【ヴェネチアンカジノ・リポート⑤】

一般的にカジノと言えば賭け事を連想するのですが、ラスベガスエンターテインメントの街でも有名です。





つまり、ショービジネスです。





日本でもキャッツミュージカルロングラン公演が行われたりしていますが、誰もが何度も見たくなる様なレベルの高いエンターテインメントがカジノでは特別契約公演しています。





世界中で有名なアーティストのコンサートがラスベガスのカジノ等で公演されるとなると、長期契約となるので、ラスヴェガスまで足を運ばなければ観ることが出来なくなってしまう程です。





そこもカジノ側の経営戦略でもある訳ですが、このショービジネスの開催はカジノごとにカラーがなります。





このベネチアンカジノもショービジネス公演に力をいれており、周期ごとに新しいショーを企画していますが、なかなかユニークなショーを企画しています。





現在9つエンターテインメントを行っていますので、次回から1つずつ紹介してみましょう。




ラスベガス・ベネチアンカジノで公演されているミュージカル【Rock of Ages(ロック・オブ・エイジズ)】・・・それは1980年代の恋とロックミュージシャンの物語【ヴェネチアンカジノ・リポート⑥】

ラスベガスエンターテインメント集合地です。





故に、どこのカジノ施設でもショージネスの公演が盛んに行われており、子供から大人まで老若男女が楽しめる工夫がされている、とても質の高いミュージカルアトラクションコンサート等を楽しめます。





このラスヴェガス・ヴェネチアンカジノでも、数多くのエンターテインメントを扱ってきていますが、このリポートでは、現在開催されているショーを紹介します。





まず今回紹介するベネチアンカジノエンターテインメントは、ミュージカル





Rock of Ages(ロック・オブ・エイジズ)





この【Rock of Ages(ロック・オブ・エイジズ)】は中世の岩





この作品は、1980年代の物語で、夢を追いながら恋に落ちるというミュージシャンのストーリー





癖のある大きなギターの演奏や、スカッとするラブストーリーを展開しながら声量のある歌声が魅力なミュージカル。





日曜日と火曜日から金曜日はPM8:00~の公演、土曜日にはPM7:00と10:00の公演スケジュールで、場所は【Rock of Ages Theatre(中世劇場の岩)】です。




ラスベガス・ベネチアンで公演されているアクロバット・パフォーマンス【Panda!(パンダ)】音楽に乗せて繰り広げるダンスとアクロバットに物語が加わる、目が離せないショー。【ヴェネチアンカジノ・リポート⑦】

ラスベガスベネチアンカジノが提供しているショービジネス第二弾です。





第二弾Panda!(パンダ)というパフォーマンスを物語で公演しています。





このパフォーマンス中国雑伎団アクロバットパフォーマンスを行いながら物語を進めてゆきます。





音楽に乗せて繰り広げるダンスとアクロバットは、きが多く目が離すことができない仕上がり。





大規模なLED照明を背景に、夢と救助の物語を演出





Panda!(パンダ)】は金曜日~火曜日の公演で、PM19:30~【Palazzo Theatre(パラッツオ劇場)】です。




ラスベガスのベストレビュージャーナルで選ばれたモータウンショー【Smokey Robinson presents Human Nature: The Motown Show(スモーキー・ロビンソン・プレゼンス ヒューマン・ネイチャー:ザ・モータウン・ショー)】はラスベガス・ベネチアンカジノが企画たショーだった。【ヴェネチアンカジノ・リポート⑧】

ラスベガス・ベネチアンカジノホテル主催しているショーの紹介は、今回で3つ目です。





今回はSmokey Robinson presents Human Nature: The Motown Show(スモーキー・ロビンソン・プレゼンス ヒューマン・ネイチャー:ザ・モータウン・ショー)です。





文章にすると、ちょっと長いですね。^^;





このショーは、ラスベガスのベストビュージャーナルで選ばれたモータウンショーで、カジノで上客となりやすい中高年の来訪者にとても人気のあるショーです。





ショーは、フォー・トップスシュープリームステンプテーションズスモーキー・ロビンソンスティーヴィー·ワンダーといった有名なアーティストをフューチャーし、クラッシクな名曲を現代風にアレンジして、誰もが踊り出したくなる様な演出をしています。





とてもパワフルな90分に、誰もが見逃せないショーとして絶賛しているので、観ておきたいショーのひとつと言えるでしょう。





Smokey Robinson presents Human Nature: The Motown Show(スモーキー・ロビンソン・プレゼンス ヒューマン・ネイチャー:ザ・モータウン・ショー)】のスケジュールは月曜日~金曜日で、PM19:00~開演しています。





劇場は【Sands Showroom(サンズショールーム)】です。




インターネットオンラインカジノのビデオポーカーで、ロイヤルフラッシュが揃い、日本円にして200万円を超える賞金を手に!またまた日本のプレイヤーが高額賞金を獲得!【The American Video Poker】機種で25ドルプレイ中の出来事にプレイヤーは、本当に揃ったのか信じられなかったそう。。。



インターネットオンラインカジノでは、ビデオスロット高額賞金ボーナスや、ジャックポット人気ですが、ビデオポーカー負けず劣らず人気です。





今回のビッグヒット賞金はそのビデオポーカーで、またまた日本のプレイヤーが手にしました。





機種The American Video Poker





ポーカーゲームルールハンドえるのに結構な時間と慣れを要しますが、無料ゲームで遊びながら覚えられるので、ポーカー初心者にも人気があるゲームです。

TAMRF20000-00.jpg

今回はポーカーハンド最高峰であるロイヤルフラッシュが揃って20,000.00ドル(日本円にして200万円超え)賞金です。





おめでとうございます。





1ハンド25ドルでプレイをしていたプレイヤーさんは、本当に揃ったのか信じられなかったらしく、何度も何度も確認して、30分程度ボーッとしていたそう。 (笑)





普段はジャックポット機種ビデオスロットやこのビデオポーカーシリーズをプレイしているとのことで、ビデオゲームがお気に入りの様子。





やはり、これからしいびをを始めるなら、誰もが賞金やすく、負けても一発逆転が望めるインターネットオンラインカジノです。

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




ゴールデングローブ賞を受賞したコメディアン俳優【Tim Allen(ティム・アレン)】が、ラスベガス・ベネチアンカジノで限定のスタンド・アップ・コメディを繰り広げる。【ヴェネチアンカジノ・リポート⑨】

喜劇役者として有名なTim Allen(ティム・アレン)





彼は俳優としてゴールデングローブ賞を受賞しており、少し若い頃のトム・ハンクスを思わせる人物。





そんな【Tim Allen(ティム・アレン)】が、ラスベガス・ベネチアンカジノの企画しているショーに限定案内として出演中。





優先座席VIPパッケージの方は、ティムとのコミュニケーションチャンスが待っています。





Tim Allen(ティム・アレン)】のショーは限定案内なので、事前予約でスケジュールの確認が必要ですが、ショーが行われる場合にはPM8:00~のショーと、PM10:00からのショーが予定されます。





劇場は【Sands Showroom(サンズ・ショールーム)】です。




ショービジネスの最高峰ラスヴェガスという舞台で世界戦を目指すボクシング世界王者、山中慎介選手。2014年4月23日に行われた6度目の防衛戦で5連続KO勝利!

強烈な左ストレートを持つとボクシング界で噂される山中慎介選手。





2014年4月23日に行われたWBC世界バンタム級タイトルマッチで6度目の防衛を果たしました。





相手はベルギー初の世界チャンピオンを狙うシュテファーヌ・ジャモエ選手で、同選手はバンタム級世界ランキング3位であり、ヨーロッパチャンピオンという強敵





山中選手が序盤から優勢ながらも、タフなシュテファーヌ選手も足が良く動く。





9Rにまでもつれ込んだ試合は、9ラウンド早々山中選手によるボディへの強烈な左ストレートでノックアウト





試合で放つ様なボディではなく、練習でサンドバッグを打ち込む様な鋭いボディという印象がありました。





通常ボディを受けてダウンする場合には多少の間があるものですが、あまりにも強烈だったからなのか、受けた瞬間にダウン。





山中選手は、この左を武器にラスヴェガスでの世界戦を目指している様です。





ラスベガスと言えば、ショービジネスの最高峰と言われる舞台。





プロモーターが世界中の超一流と判断した者だけがその舞台に立てる場所。





ラスヴェガス=カジノであり、カジノではボクシングの試合は賭けの対象で扱われ、スポーツブックとして有名。





スポーツブックなるブックメーカーの場合、どのパンチで勝つかだとか、勝敗ラウンド数等にも賭け幅が広げられるので楽しみ方も様々。





この賭けを日本に居ながら合法で楽しむなら、ウィリアムヒルというブックメーカーオススメ


>>>ウィリアムヒルとは





ウィリアムヒルイギリス政府ライセンス認可したブックメーカーなので、インターネットで賭けに参加しても私達が旅行先でカジノ遊びをすることと同じ行為。





まだまだ日本では馴染みがないスポーツブックではあるものの、今後日本にカジノ登場した場合に有名な遊びとなることは間違いなく、ボクシングに限らずサッカーや野球ファンも知っておきたいウィリアムヒルと言えます。



>>>日本に居ながら合法で世界中のスポーツベッティングが行えるインターネットブックメーカーのやり方や参加方法を説明しています<<<




エミー賞とゴールデングローブ賞ノミネート歴を持つ【David Spade(デヴィッド・スペード)】がラスベガスの舞台で笑わす。テレビコメディアンとして有名な彼はと映画俳優としても人気で、ユニークなパフォーマンスで愉快な夜を!【ヴェネチアンカジノ・リポート⑩】

ラスベガスを笑わせる有名なコメディアンは数多くいるが、この【David Spade(デヴィッド・スペード)】もそのひとり。





David Spade(デヴィッド・スペード)はコメディアンとして有名で、テレビや映画俳優としても人気。





テレビではエミー賞にノミネート、映画ではゴールデングローブにもノミネートされた経験を持っています。





皮肉なジョークを放つことで有名な【David Spade(デヴィッド・スペード)】のショーは限定案内なので、事前予約でスケジュールの確認が必要ですが、ショーが行われる場合にはPM8:00~のショーと、PM10:00からのショーが予定されます。





劇場は【Sands Showroom(サンズ・ショールーム)】です。



ラスベガスのエンターテインメントショーの歴史でも、最も長く活躍し、コメディアンの重鎮と評価されている【Rita Rudner(リタ・ラドナー)】のステージは、ベネチアンカジノが最もオススメしているトークショーのひとつとして、ロングランを更新中!【ヴェネチアンカジノ・リポート⑪】

Rita Rudner(リタ・ラドナー)】という女性は、ラスベガスエンターテインメントの歴史の中でも、最も長く活躍し、そして高い評価をえて業界で成功していると評価されているコメディアンのひとりです。





マルチ賞を受賞しているRita Rudner(リタ・ラドナー)は、ラスヴェガス・ベネチアンが最もオススメしているトークショーのひとつとして、ロングランを更新しています。





彼女の人気は、彼女ならではの視点で物事を観察し、そのシャープな間とテンポの良い話し方が挙げられます。





Rita Rudner(リタ・ラドナー)】をプロデュースしているヴェネチアン・ラスヴェガスは、彼女の最高のショーを見るならサンズショールーム以外に無いと自信を持っているエンターテインメントです。





Rita Rudner(リタ・ラドナー)】のショーは限定案内なので、スケジュールの確認必要ですが、ショーが行われる場合にはPM8:30が予定されます。





劇場は【Sands Showroom(サンズ・ショールーム)】です。




ベネチアン・ラスベガスが発行する高級スタイルマガジンは世界中の一流と呼ばれるものを、地球上から集めている様な情報誌で見ただけで何を伝えたいのかが何となく解る素晴らしい雑誌【Style Magazine(スタイル・マガジン)】。【ヴェネチアンカジノ・リポート⑫】

カジノが世に送り出しているエンターテインメントショーだけではありません。





ベネチアン・ラスベガスが発行している高級スタイルマガジンはなかなか面白い存在。





出版社の経営状態やスポンサーの意向で編集される雑誌ではなく、世界中で話題になっている人物や、この世で一流と呼ばれている食や物をすべて網羅しようと探索されているかの様な雑誌なのです。





このStyle Magazine(スタイル・マガジン)の面白いところは、英語が読めない方でも楽しめるところにあります。





ページを開いたら、何を伝えたいのかが何となく解るところが素晴らしく、日本で発売されているファッション誌等に掲載されている海外ブランドのインパクトだけで何を伝えたいのか理解出来ない独りよがりなところが感じられません。





もし、機会があったら開いて欲しいスタイルマガジンの一冊です。




ベネチアン・ラスベガスで【Da Vinci The Exhibition(ダ・ヴィンチ展)】とは驚かれるかも知れないが、レオナルド・ダ・ヴィンチの生涯と作品の調査を行い、65の発明やマシンをはじめとする高度な研究を年齢問わず驚きの体験をできる様に演出。【ヴェネチアンカジノ・リポート⑬】

今更レオナルド・ダ・ヴィンチ凄さ功績を語るには足らないとは思われますが、ベネチアン・ラスベガスで【Da Vinci The Exhibition(ダ・ヴィンチ展)】か開催されています。





このDa Vinci The Exhibition(ダ・ヴィンチ展)は、私達が知っている博物館や美術館の様に退屈なところではなく、年齢を問わず驚きや興味を示す様に演出されています。





Da Vinci The Exhibition(ダ・ヴィンチ展)】では、レオナルド・ダ・ヴィンチの生涯と作品の調査を行い、65の発明やマシンをはじめとする高度な研究を体験できるように工夫しているので、これまでダ・ヴィンチに興味を持っていた方だけでなく、名前しか知らない方にもオススメできるエンターテインメントと言えるでしょう。





Da Vinci The Exhibition(ダ・ヴィンチ展)】は、日曜日以外の月曜日から土曜日までAM9:00オーブンです。





ギャラリーは【Imagine Exhibitions Gallery(想像のギャラリー展覧会)】です。




とてもシンプルな建物ながら、大人が求める高級感をシックに表現したラスベガスカジノホテル【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】無意味な派手さを取り除きながらも贅を尽くした最高級ホテル【ウィン・ラスヴェガス・リポート①】

今回紹介するラスベガスカジノホテルは、【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】。





Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)2005年4月28日27億ドル当時の為替レートで日本円に換算すると、実に2859億3000万円という莫大な資金を投入されて完成された高級カジノホテルです。





この【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】のオーナーは、ラスヴェガスでは知らない者はいないという程に有名なカジノホテルキングのスティーヴ・ウィン氏。





このウィン氏は、今後紹介する予定のミラージュヴェラッジオも手掛けており、それらはどれも話題を呼び、当時の流行とさえ言われたそう。





Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】の外観は、アーチを美しく表現した反射鏡の仕上げで、50階建て156mの建造物は、2005年当時世界で最も金の掛かったホテルとして有名となり9年経過した現在でもシックでエレガントながら、高級感に溢れたホテルとして、大人達に人気のカジノホテルです。




ラスベガスのカジノホテルの中でも、高級感に加えて大人の印象を与える【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】ホテルの敷地内と豪華さは群を抜いていると誰もが感じてしまう。【ウィン・ラスヴェガス・リポート②】

前回の【ウィン・ラスヴェガス・リポート①】では、主に誕生秘話と外観について触れましたが、今回の記事ではホテルの敷地内について触れたいと思います。





まず【Wynn Las Vegas(ウィン・ラスヴェガス)】の前庭には人口の松で演出された森、40フィート(30m)もの滝や噴水を備えた湖が目を奪います。





そして何より通路が広く、その通路の周囲にはとても美しい生花に彩られ、昼と夜のどちらでも目を楽しませる工夫がエンターテインメントの街を感じさせます。





また、広大な庭にはウィン・ゴルフコースがあり、こちらは7042ヤードパー7018ホールが造られ、砂漠の真ん中のゴルフコースなのに川や滝を見ることができるので、ラスヴェガスではゴルフリゾートとしても有名であることが頷けることでしょう。




★★★◆ブログ~案内~◆★★★
CASINO-6-8-(2).png 子供のんだ経験と、単純ルールながらも白熱したおもしろさ記憶があってか、【CASINO-GAME(カジノゲーム)】をにすると、ニンマリしてしまいます。
CASINO-6-8-(1).png
こどものにはトランプテレビゲームんでいましたが、インターネットオンラインカジノで知った、本物のお金を賭けてプレイする(`・_・´)ン-【Black-Jack(ブラックジャック)】や、Roulette(ルーレット)めとする、日本からでもインターネットを介して合法べるBROWSING-CASINO-GAME(ブラウジング・カジノゲーム)を見つけてしまいました。( ̄∇ ̄*)フフフ
CASINO-6-8-(3).png
私が安心してプレイできるのも、24時間体制日本語サポートがあるからですが、とても親切対応安心できる管理体制にとても信頼を寄せています。
2016-4-11(1).jpg
やはり政府発行したライセンスを持っているインターネットオンライン仮想カジノサービス安心感うと感じます。
2016-4-11(3).jpg
2016-4-11(5).jpg
諸外国ではセレブびととして知られるCASINO-GAME(カジノ・ゲーム)しさはエレガントびであるものの、とても刺激的びとして知られていますので、VIPセレブが好むびを始めることはVIPセレブへの第一歩と言えるでしょう。
2016-4-11(2).jpg
この【世界のカジノを自宅で安全に楽しむためのニュースサイト!】で紹介しているインターネットオンラインカジノやサイトは、すべて私自身が登録している安心できるインターネットオンラインカジノサイトだったり、プレイテクニックを参考にしているサイトですから、みなさんも日本に居ながらCASINO-GAME(カジノゲーム)しむだけでなく、高額賞金っちゃってください(*^∇゜)
2016-4-11(6).jpg
さんがげてせになれば、私も同じ様にしいです(/_・)
  2016-4-11(4).jpg
また、日本のカジノ誘致する情報や、世界のカジノ情報もおしますので、合わせて参考にしてください。^^
カテゴリ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
909位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
44位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR