【BALLY’S Las Vegas(バリーズ・ラスヴェガス)で味わうグルメシリーズ⑨】およそ100年前に生まれた【Nathan's Famous(ネイサンズ・フェイマス)】はホットドッグの老舗であり、アメリカの定番ファストフード。

BALLY’S Las Vegas(バリーズ・ラスヴェガス)で味わうグルメシリーズ】としての紹介今回が最後です。





その最後を飾るのはアメリカの定番ファストフードで、アメリカと言えばホットドッグが思い浮かびやすい。





スターチャンネルドラマであっても、映画であっても、必ずと言って良いほどに露店のホットドッグ売りがシーンとして出てきますね。





BALLY’S Las Vegas(バリーズ・ラスヴェガス)】にも、アメリカンファストのホットドッグ店があります。





それがNathan's Famous(ネイサンズ・フェイマス)





Nathan's Famous(ネイサンズ・フェイマス)】は誕生してほぼ100年という歴史を持つ老舗店で、誰もが慣れ親しんでいる味故にファストグルメとして違和感が無い様子。





この手軽なホットドッグは、カジノゲーミング愛好家強調文レース&スポーツブックファンにも大人気だけあって、スポーツブックの隣に店がります。



>>>日本に居ながら合法で世界中のスポーツベッティングが行えるインターネット
     ブックメーカーのやり方や参加の仕方を説明しています
<<<





スポンサーサイト

新しく仲間入りしたビデオスロットで、早くもジャックポットプレイヤー誕生!インターネットオンラインカジノのニューリリース・ビデオスロット【Streak of Luck(ストリーク・オブ・ラック)】50ライン機種で7,782.10ドル(現在の為替レートでおよそ85万円)を獲得!



先日インターネットオンラインカジノしく仲間入りしたビデオスロットで、くもジャックポット獲得した日本人プレイヤー





機種Streak of Luck(ストリーク・オブ・ラック)50ライン機種というビデオスロットで、リリースされたばかりでもう7,782.10ドル(現在の為替レートでおよそ85万円)賞金を手に

778210.jpg

くのプレイヤープレイすれば、よりジャックポット基金が貯まるシステムジャックポットならではなのですが、しく追加されたビデオスロット全部で10種類なので、他の機種も気になるところ。

NEWBOS10.jpg

さんもこの機会無料ゲームからビデオスロットれてみては如何でしょう





もしかしたら・・・その先に一夜で人生が変わる可能性に気付くやも

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




【BALLY’S Las Vegas(バリーズ・ラスヴェガス)】のジュビリーガールズショーに魅了された方々に人気のツアー【ジュビリー・バックステージ・ツアー】ショーの舞台裏を探検し、実際のショーガール達と記念写真を撮影したり、記念品をゲット!

BALLY’S Las Vegas(バリーズ・ラスヴェガス)】の名物である30年の歴史を持ったジュビリー・ガールズ・ショー部屋のネーミングにも使用されていますが、そのショーを観た多くの観客はファン化することが多いようです。





そんなファンを喜ばすことも忘れないのがカジノ・エンターテインメント





やかなステージの裏側を【ジュビリー・バックステージ・ツアー】として、ショーの舞台裏探検をすることができます。





このジュビリー・バックステージ・ツアーに参加すると、実際のショーガール達と記念写真を撮影したり、記念品をゲットできるだけでなく、実際の出演者達によるエスコートによってショーの説明等を受けることができます。





日本のロングラン・ミュージカルもファンによる同一者観覧が多いので、こういったツアーがあるとより多くのファンが満足するのではないでしょうか。




【BALLY’S Las Vegas(バリーズ・ラスヴェガス)】施設のプールはオリンピックサイズでジェットバスやプライベートカバナ等と充実したリゾート空間が利用可能。

ラスヴェガスカジノホテルでは、大きかれ小さかれリゾート感を演出したプール施設が用意されていますが、プール自体が大きいところはそんなに多くはありません。





BALLY’S Las Vegas(バリーズ・ラスヴェガス)】では、オリンピックサイズのプールが泳ぎを誘います。





大人ともなると、プールに水着で向かっても日光浴をするだけのことが多く、水の無いところで横になっているのがニヒル故に水を用意している感が伺えます。





しかしながら、オリンピックサイズのプールを目の前にすると、誰もが飛び込んで端まで泳いでみたくなるので不思議。





もちろんジェットバスも備わり、プライベートカバナを利用することもできるので、様々な楽しみ方ができることでしょう。





BALLY’S Las Vegas(バリーズ・ラスヴェガス)】のプールは、宿泊者なら毎日AM9:00~PM6:00迄利用することができます。




【BALLY’S Las Vegas(バリーズ・ラスヴェガス)】8コートの施設を備えるテニス・コンプレックスでは、プライベートやグループも利用可能で、プライベートな利用者には相手を用意するサービスも。

カジノリゾートホテルとしては、アメリカで人気のあるテニスのコートが無い等ありえず、この【BALLY’S Las Vegas(バリーズ・ラスヴェガス)】では、トーナメントも可能な8コートの施設を備えています。





このテニスコートはテニス・コンプレックスと呼ばれ、プライベートやグループも利用可能で、1人で利用したい場合には相手を用意してくれるサービスもあります。





テニスコーチテニスプレイヤーを迎える等、レクチャーサービスも行っているので、テニスファンには頼もしいサービスではないでしょうか。




マーベルシリーズのビデオスロットをたったの5回スピンさせただけで13,352.91ドル(およそ147万円)のジャックポットをゲット!【The Incredible Hulk】50ライン機種で久々のスーパーパワークラスジャックポットが飛び出す!



今月も早々マーベルジャックポットび出すとは、やはりインターネットオンラインカジノ





しかも今回The Incredible Hulk(ザ・インクレディブル・ハルク)50ライン機種で久々のスーパーパワークラスジャックポット

1335291.jpg

賞金額は13,352.91ドル(およそ147万円)





ジャックポットランクランク設定されている内の上から番目ジャックポットランクである
スーパーパワークラスジャックポット





①【パワー】300~500ドル(平均3万円~5万円)

②【エクストラパワー】1,000ドル前後(平均10万円前後)

③【スーパーパワー】4~5万ドル(平均~400万円~500万円~)

④【アルティメットパワー】40万~70万ドル~(平均4,000万円~7,000万円~)

1593.jpg

残念ながらスーパーワークラスとはいえ、賞金額平均よりも大きく少ないですが、このプレイヤーの方はプレイ開始後たったのスピンでジャックポットを手にしているので、ラッキー中のラッキーと言えるでしょう。





に、ジャックポット専用の入金ボーナスを手にしてからのプレイなので、実質自分のプレイ資金を使用せず147万円もの賞金を手にしていることから、いは止まらない状態





しかも、このプレイヤーい所は、職業がギャンブルということで、海外カジノへも足を運びながら生計を立てている様子。 (驚)





そのプロギャンブラーんでいるインターネットカジノベラジョンカジノということであれば、私だけがオススメとしてえているだけではない後押しとして、充分な説得力のある話ではないでしょうか

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




【BALLY’S Las Vegas(バリーズ・ラスヴェガス)】滞在中のパーティやデートの前に利用しやすい【バリーズ・サロン】はブライダルが多いラスヴェガスでは必須のファッションアイテム。

カジノホテルリゾート施設なので、カジノ遊びアトラクション目的だけでなく、様々な目的で利用されることが一般的。





もちろんブライダルラスヴェガスで行うというもの一般的なこと。





それは、ラスベガスのホテルらは豪華な作りで様々な指向が凝らされているから





そんな砂漠のど真ん中のリゾートに訪れた時には、ヘアースタイルが整っていることは稀であり、大凡はヘアーサロンを必要とします。





その様なニーズに応えられるのが【BALLY’S Las Vegas(バリーズ・ラスヴェガス)】の【バリーズ・サロン】。





バリーズ・サロンは、滞在中のパーティデートの前に利用しやすく、先にも触れたブライダルにも利用されています。





BALLY’S Las Vegas(バリーズ・ラスヴェガス)】の宿泊者15%オフで利用できるので、コンシェルジュに声をかければ解決します。





メンズは40ドルレディースカット&セットは50ドル~ブライダルに関しては175ドルパーティー用レディースカット&セットはドレスに合わせて120ドルといった様に、あらゆる場面や用途に応じて選択することができるので、滞在中に利用することがあったらコンシェルジュに問い合わせてみましょう。




【BALLY’S Las Vegas(バリーズ・ラスヴェガス)】マッサージ、フェイシャルトリートメント、ボディスクラブといった総合メニューが用意された【バリーズ・スパ】で暇を癒しに変える。

どこへ旅行へ行こうと、予定時間を上手く組み立てなければ空き時間暇な時間はできてしまうもの。





限りある休暇やツアーパックの場合、その噛み合わないスケジュールに苛立ちを覚えることがありますが、そんな時は【BALLY’S Las Vegas(バリーズ・ラスヴェガス)】の【バリーズ・スパ】へ立ち寄ると良いでしょう。





このバリーズ・スパは、マッサージフェイシャルトリートメントボディスクラブといった総合メニューが用意されており、暇を癒しに変える空間。





もちろんフィットネスルームジャグジーサウナ等の設備も整っており、総合スパと呼ぶに相応しい。





バリーズ・スパ】は毎日AM6:00~PM6:00迄営業しているので、日中に時間を持てあました時にはスパの利用をすると良いでしょう。




日本国内でのカジノ運営に備え、大阪商業大学が15年度春よりカジノビジネス関わる人材育成を目的として大学院修士過程を新設する意向を発表。

何かと賛成派と反対派が水面下で動きを見せるカジノ法案ですが、各主要都市の自治体がカジノ誘致の為に活発な動きを見せています。





2020年東京オリンピック開催決定にともなって東京周辺地域でのカジノリゾート誘致が濃厚になってはいるものの、大阪も当初から名乗りを挙げていることから現在も積極的な誘致決定に向けて活動しています。





仮に日本のカジノリゾート第一号が東京周辺に決定したとしても、第2、第3の候補地が考えられるのは当然であることから、大阪の積極的なカジノ誘致活動は納得できるところ。





その大阪は東大阪の大阪商業大学が日本国内でのカジノ運営に備え、15年度春よりカジノビジネスに関わる人材育成を目的とした大学院修士課程を新設する意向を発表。





『何でカジノで大学院と思われる方も多いところでしょうが、アメリカではカジノ業界の人材育成をビジネスマーケットとして考え、各大学に技術者やマネジメント人材を育成する課程が長きに渡り存在している事実があります。
>>>カジノ施設内部の部署や組織の仕組みと役割カテゴリ参照





カジノディーラーを育成するならば大学院は必要無いものの、ある程度の社会経験や一定の英語能力を必要とするカジノ施設ならではの条件を基準として、大阪商業大学マネジメント課程の新設を決定した様子。





日本国内でIR(カジノ複合施設)を展開する場合、管理者を自国内で選任できないと雇用問題に於いて誘致する意味がないことから、日本では珍しい大阪商業大学の決断に期待したいですね。


【BALLY’S Las Vegas(バリーズ・ラスヴェガス)】の夜を楽しむ【Indigo Lounge(インディゴ・ラウンジ)】は、独特の雰囲気とスタイルで気軽に立ち寄れるラウンジ。

カジノホテル24時間、ありとあらゆる目的の人々が活動しています。





カジノゲームを楽しむだけがすべてではなく、エンターテインメントが目的の場合や、ビジネスでの利用という場合も多く、そのどの利用者にも手軽に利用できるナイトラウンジが【Indigo Lounge(インディゴ・ラウンジ)】。





このIndigo Lounge(インディゴ・ラウンジ)は【BALLY’S Las Vegas(バリーズ・ラスヴェガス)】の中でも独特の雰囲気とスタイルを持つラウンジ。





手作りカクテルもラウンジのメインメニューのひとつながら、ライヴステージも行われています。




【BALLY’S Las Vegas(バリーズ・ラスヴェガス)】でカジノプレイを観ながらアルコールを楽しむことができる【Sully’s Bar(シュリー・バー)】では、ほとんどの席でビデオポーカーが楽しめる、カジノフロアに設置されたオープン・エア・バー。

カジノでは、カップルでプレイすることも多く、友人同士でゲームを楽しむこともあるでしょう。





BALLY’S Las Vegas(バリーズ・ラスヴェガス)】では、カジノフロアに設置された【Sully’s Bar(シュリー・バー)】があります。





このSully’s Bar(シュリー・バー)は、ライブカジノプレイの模様を観ながらアルコールを楽しむことができるオープン・エア・バー





間違いなくカジノフロアであるのですが、一部のエリアに椅子やテーブルが置かれ、ビデオスクリーンに映し出されるライヴカジノプレイを観ながら寛ぐことができる様になっています。





どのテーブルが自分にとって運のあるテーブルであるか、着こうとしているテーブルのゲーム進行がどちらに傾いているかを観察するにも良さそうなので、まずは視察しながらカクテル等を飲むのも良いでしょう。





ほとんどの席でビデオポーカーのプレイも可能で、待ち合わせやチェックイン時やチェックアウト後の手続き待ちにも利用されやすいエリアです。





今回で46リポートを数えた【バリーズ・ラスベガス・リポート】もこれで最後。





次回からのリポートは、【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】です。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】はラスベガスの一画にパリのレプリカを再現した、パリの街をテーマとしたカジノホテル。目印はやはり165mの高さを誇るエッフェル塔や凱旋門としてわかりやすい。【パリス・ラスヴェガス・リポート①】

今回からは【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】のリポートです。





このパリスとはフランスのパリのことで、ラスベガスの一画にパリの街をレプリカとして再現し、パリに居るのではないかと錯覚するレベルまで追求したテーマのカジノホテル。





外装では、165mエッフェル塔を始め、有名な凱旋門ルーブル美術館オペラ座までをも再現して人々の目を楽しませます。





つまり、パリに行ったことがない方でも、ラスヴェガスに行けば擬似体験できるということなのですが、フランスはアメリカ嫌いらしいので、この再現されたパリの街を観ると、また何か毒を吐きそうですね。





このエッフェル塔ビルの高さで例えると50階に相当し、その最上階が有料の展望台として営業。





また地上から30m上空の11階では高級フレンチレストランが営業しており、第42代アメリカ合衆国大統領だったビル・クリントンも利用したことも宣伝文句となっているようです。





エッフェル塔の土台となる脚はカジノ内に刺さっている様に造られ、優美さの中にギャグ性が感じられます。





カジノスロットは室内のカジノフロアに止まらず、屋外にも用意されているので、雨の日は大丈夫なのか?と他人事ながら心配してしまうユニークな部分が見受けられます。(笑)




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】は外観だけではなく、室内もパリのテイストが満載、そして夜遊びが楽しめる工夫がなされている。【パリス・ラスヴェガス・リポート②】

前回は【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)リポート①】として外観のリポートをお届けしましたが、今回は中に入った総合的な印象をお話します。





Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】は施設内に入るととても高い天井が印象的





その高い天井にはが描かれていることから、近眼の方には外のままに見えてしまうかも知れません。(笑)





そして室内もパリのテイストが満載なので、フランス文化をアメリカで体験するにはとてもオススメな環境と言える。





床にはパリのメトロを模したサインや石畳風の仕上げがなされ、初めて訪れる者であれば、上を見ても下を見ても横を見ても目を楽しませる。





スタッフの装いも雰囲気がパリながら、フランス語で押し通す気配はないので安心してください。(笑)





また全体的に観て敷地内から出ずに長期滞在で楽しめる工夫がなされており、特に夜遊びが他のカジノホテルよりも充実している感じを受ける。





次回からは暫く客室のリポートです。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)の客室シリーズ①】専用に調度されたヨーロッパの家具や豪華なファブリックでフランスを演出する【NS K Accessible Roll In(エヌエス・ケー・アクセシブル・ロール・イン)】の利用は平日がとてもお得。【パリス・ラスヴェガス・リポート③】

Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】はフランスイメージした内外装ですが、やはり客室にもそのテイストは盛り込まれています。





まず客室紹介の第一弾は専用に調度されたヨーロッパの家具や豪華なファブリックでフランスを演出する【NS K Accessible Roll In(エヌエス・ケー・アクセシブル・ロール・イン)】。





このNS K Accessible Roll In(エヌエス・ケー・アクセシブル・ロール・イン)という客室は平日では日本円にして1万円程度で利用できる客室ですが、週末ともなると300ドル、混雑時では400ドル程度を要することがあります。





このクォリティの部屋に1万円程度ともなると、本国のフランスでは泊まることが不可能なので、そこはカジノホテルならでは。





キングサイズベッドは1台の設置で、大理石のバスルームは独立したシャワールームとバスタブを備えており、シャワールームでは車椅子でも利用可能。





部屋の利便性としてはスピーカーフォンヴォイスメールビデオ・オンデマンド室内金庫等が完備





通常ではグレードアップクラスの設備が整った部屋をおな費用で利用するならば、平日の利用がおめです。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】NS-K客室の部屋をそのままに、2台のクィーンベッドを備えた【NS 2 QN Accessible Roll In(エヌエス・2クィーン・アクセシブル・ロール・イン)】は宿泊費用は1人部屋よりもお得。【パリス・ラスヴェガス・リポート④】

前回紹介した【NS K Accessible Roll In(エヌエス・ケー・アクセシブル・ロール・イン)】はキングサイズベッドを1台備えた部屋でしたが、今回紹介する客室の【NS 2 QN Accessible Roll In(エヌエス・2クィーン・アクセシブル・ロール・イン)】は、その2人部屋





NS 2 QN Accessible Roll In(エヌエス・2クィーン・アクセシブル・ロール・イン)QNクィーンを表し、そのクィーンベッドが2台設置されている部屋





に同じ価格帯ということでこちらの2人部屋のほうがお得感満載ですが、予約が混み合わない時期では日本円にして7000円程度という東横インと同等の価格帯で宿泊できる場合もあります。





大理石のバスルームは独立したシャワールームとバスタブを備えており、部屋の利便性としてはスピーカーフォンヴォイスメールビデオ・オンデマンド室内金庫等を完備





全体的に暖かい雰囲気の室内です。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】景色の見所もカジノホテルの魅力である【S K Accessible Roll In(エス・ケー・アクセシブル・ロール・イン)】はよく似た部屋でもアトラクションを眺める場所も重要なこととして人気。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑤】

【パリス・ラスヴェガス・リポート③で紹介したNS K Accessible Roll In(エヌエス・ケー・アクセシブル・ロール・イン)】比較してどこが異なるか判らない【S K Accessible Roll In(エス・ケー・アクセシブル・ロール・イン)】ですが、基本はすべて同じで部屋の場所が異なります





カジノホテルの見所はやはり景色であったり、アトラクションをどの角度で眺めることができるか・・・というところにも価値があります。





予約が少ない日ですと日本円にして1万円程度、もしくは下回ることがありますが、実際は滅多にその様なことはなく、250ドル辺りを平均として、週末やイベント時には400ドル程度の費用が必要な部屋です。





やはり騒がしく混雑した場所で景色を眺めるよりも、リラックス空間で静かに眺めることを好むのは、どこの国の方でも同じで、その価値を買うということでしょう。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】ヨーロッパの雰囲気を専用の家具で暖かみを出した【S 2 QN Accessible Roll In(エス・ツー・クィーン・アクセシブル・ロール・イン)】はクィーンベッドが2台設置された落ち着きのある部屋。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑥】

禁煙室が選択できるシリーズとして安心感がある【Accessible Roll In(アクセシブル・ロール・イン)】シリーズの客室ですが、専用に作られたヨーロッパ家具に、白を基調にゴールドとブルーの装飾があしらわれた内装も魅力。





そして大理石の洗面所や、大理石のバスルームは浴槽とシャワールームが別になっており、シャワーは車椅子のまま使用が可能という広さも自然なデザインで美しい。





このS 2 QN Accessible Roll In(エス・ツー・クィーン・アクセシブル・ロール・イン)QNクィーンを表し、2台のクィーンベッドが設置された部屋





【S K Accessible Roll In(エス・ケー・アクセシブル・ロール・イン)】2人部屋なので、この部屋も基本は同じながらも、何故か平均宿泊費用がこの2人部屋のほうが安い。





安い時は日本円にして7000円8000円で泊まれることもあり、平均で2万円以内の予算ということが多いこの客室。





もちろん予約が集中する場合は300ドルから400ドル弱の費用を要することがあるものの、混雑する場合はどの施設も混雑しているので、観光で訪れるならばやはり空いている安い時期を狙うと満喫できることは間違いありません。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】シャワールームとバスタブが別になっているだけでなく、どちらでもシャワーが使える【NS K Accessible Tub Transfer(エヌエス・ケー・アクセシブル・タブ・トランスファー)】はキングサイズベッド一台設置の部屋。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑦】

たくさんのラインアップが用意されている【Accessible(アクセシブル)】客室シリーズの中で、今回は【NS K Accessible Tub Transfer(エヌエス・ケー・アクセシブル・タブ・トランスファー)】の紹介です。





このNS K Accessible Tub Transfer(エヌエス・ケー・アクセシブル・タブ・トランスファー)という部屋は、基本が【Accessible(アクセシブル)】シリーズと同じで、バスルームに関しても同じ。





このバスルームとは、これまでに紹介してきた様に、大理石のバスルームバスタブシャワールームになっているということ。





しかも、そのシャワールームは車椅子の方でもそのまま入れる工夫がなされている広々としたシャワールーム。





更に【NS K Accessible Tub Transfer(エヌエス・ケー・アクセシブル・タブ・トランスファー)】では、シャワーがどちらでも使える部屋であることを意味しています。





キングサイズベッド一台が設置された部屋で、予約が少ない日では日本円にして7000から8000円程度で利用できることもありますが、平均して180ドル程度混雑時では300ドル程度の費用が必要です。




インターネットオンラインカジノで2週間ぶりにマーベルジャックポットが炸裂!機種は【Iron Man2(アイアンマン2)】25ライン機種で5,704.17ドル(約61万円)のエクストラパワークラスジャックポット!



ハルク50ライン機種でのマーベルジャックポットから2週間ぶりにマーベルジャックポット炸裂!





今度はIron Man2(アイアンマン2)】25ライン機種

570417.jpg

賞金額5,704.17ドル(約61万円)エクストラパワークラスジャックポット!





アイアンマン2安定して人気がありますから、いつジャックポットが出ても不思議ではありませんが、やはり来ました





①【パワー】300~500ドル(平均3万円~5万円)

②【エクストラパワー】1,000ドル前後(平均10万円前後)

③【スーパーパワー】4~5万ドル(平均~400万円~500万円~)

④【アルティメットパワー】40万~70万ドル~(平均4,000万円~7,000万円~)

1593.jpg

エクストラパワークラスランク設定されているマーベルジャックポットから3番目で、から2番目





しかもから2番目とはいえ、平均賞金額なので非常幸運





その幸運を掴む為にスピンを続けたのはたったの1スピン0.25ドルでのプレイと言うから





ジャックポットはプレイしているにでもチャンスがあるので、とても手軽でより確率の高い宝くじなのかも知れませんね。(笑)

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




ジャックポット機能を搭載していないビデオスロットで400万円超えの賞金を日本人プレイヤーが獲得!インターネットオンラインカジノの【GREAT BLUE(グレート・ブルー)】25ライン機種のWILDシンボルによるライン当選で37,875.00ドル(日本円に換算して404万8000円)の勝ち逃げギャンブル!



またインターネットオンラインカジノエンジンをあげだしたか





今度はジャックポット抽選機能搭載していないGREAT BLUE(グレート・ブルー)25ライン機種ビデオスロットで、一発高額賞金!

GRBE-T.jpg

もちろん日本人プレイヤー相性の良いインターネットオンラインカジノ





今回の賞金37,875.00ドル(当日の為替レートで日本円に換算して404万8000円)

3787500.jpg

基本ライン当選ボーナスゲームぐビデオスロットながら、ちょっとしたジャックポットよりも上回る賞金を手にすることがあるのがこの手のビデオスロット





WILDシンボルというライン当選爆裂賞金ゲットし、ギャンブル勝者





このGREAT BLUE(グレート・ブルー)25ライン機種は、8月にもWILDシンボルが揃って300万円超えの高額賞金を日本人プレイヤーに送り届けているので、またこの高額賞金チャンスはやってくることでしょう

vera2016-4-12(1).jpg

>>>インターネットにアクセスするだけでブラウザの中で800種類以上の【CASINO-GAME(カジノゲーム)】が楽しめる【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】で無料ゲームをすぐに体験する!


>>>このブログからアカウント登録すると、入金せずとも$30が貰える上に、【Vera&John-CASINO(ベラジョンカジノ)】でプレイする上で役立つ情報から特別なプレゼントまで手に入れられる秘密のページはココ!




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】部屋に合わせた贅沢なヨーロピアン家具が特徴の【Luxury 1 King Bed(ラグジュアリー・1キングベッド)】は自然なフランス感を演出。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑧】

Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】の部屋の中ではスタンダードな部屋として扱われるグレードながらも、部屋に合わせた贅沢なヨーロピアン家具が特徴の【Luxury 1 King Bed(ラグジュアリー・1キングベッド)】。





Luxury 1 King Bed(ラグジュアリー・1キングベッド)自然なフランスを演出しており、真っ白な大理石で仕上げられたバスルームも魅力。





豪華なバスルームはバスタブとシャワールームが独立しており、シャワールームでは車椅子のままで出入りと使用が可能です。





キングサイズのベッドが1台設置され、ボイスメールスピーカーフォンビデオオンデマンド室内金庫等が装備。





空いている時では宿泊費用が日本円にして7000円程度で利用できるが、混雑していると400ドル近くまで上がることもあり、平均的な宿泊費用180ドル辺りと考えておくと良いでしょう。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】白を基調とした白い内装に2台のクィーンベッドが設置された【Luxury 2 Queen Beds(ラグジュアリー・2クィーンベッド)】は日本円にして9000円程度から利用できるお得な部屋。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑨】

今回紹介する部屋は、【Luxury 1 King Bed(ラグジュアリー・1キングベッド)】ツインベッド部屋で、【Luxury 2 Queen Beds(ラグジュアリー・2クィーンベッド)】という、クィーンベッドを2台設置した部屋





Luxury 2 Queen Beds(ラグジュアリー・2クィーンベッド)は白を基調とした内装で、内装も設備も【Luxury 1 King Bed(ラグジュアリー・1キングベッド)】と同じですが、部屋が狭く感じない工夫がなされています。





予約が多い時期では350ドル程度まで高騰する部屋ながら、平均宿泊費用180ドル程度で、混み合わない日では9000程度で利用できる客室です。



【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】ホテルのシンボルであるエッフェル塔を眺められる客室【Premier(プレミア)】は、風景室内空間共にフランス感を演出。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑩】

Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】はフランスの街並みを再現した造りになっている故に、外から見ても客室から覧てもエッフェル塔のレプリカが目に入ります。





今回紹介する客室Premier(プレミア)では、ホテルのシンボルであるエッフェル塔を眺められる客室で、フランス国旗に使われている青色をジュータンに用いて、よりフランス感を漂わせています。





基本ラグジュアリールームと同じですが、よりフランス感を満喫できる様に絶景をプラスしていることが特徴と言えるでしょう。





このPremier(プレミア)の宿泊費用は、空いている時期では日本円にして12000程度で予約が可能ですが、平均価格では160ドル程で、混雑時には400ドル近くにまで上がってしまいますから、他の上級グレードの検討しながら選びたいところです。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】スイートではない部屋ながらも最上階に用意された【Red Room Luxury(レッド・ルーム・ラグジュアリー)】は、古い中に近代的に洗練された印象を与える仕様の客室。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑪】

カジノホテルでは、どこのホテルでも豪華さを演出する為に金色や赤を用いることが多い傾向が見受けられます。





このRed Room Luxury(レッド・ルーム・ラグジュアリー)は、【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】の中のレッドシリーズではスタンダードレベルながら、スイートにありがちな高層階どころか、最上階に用意された客室。





Red Room Luxury(レッド・ルーム・ラグジュアリー)】では、各所のアクセントに赤を用いていることから、古典的な中に近代的な要素で洗練された印象を与えている客室。





部屋の装備品は、これまでに紹介してきた部屋の装備品に加えて、ipod用ステレオコーヒーメーカーが追加され、42インチハイヴィジョン・プラズマテレビ設置されています。





スイートルームではない部屋ではありながらも豪華仕様の【Red Room Luxury(レッド・ルーム・ラグジュアリー)】の気になる宿泊費用は、空いている時期では日本円にし13000程度で利用可能ですが、平均価格としては220ドル程で、混雑している時期では400ドルを少し超えてきますから、宿泊する際には上手く予約したいところです。



【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】スイート扱いされていない客室ながらも最上階に配置されている【Red Room Premier(レッド・ルーム・プレミア)】は、フランスの古典的な内装に囲まれながらプールやパリスのシンボルであるエッフェル塔を一望。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑫】

スイートルームとして扱われていないながらも最上階に配置されている【Red Room Luxury(レッド・ルーム・ラグジュアリー)】を前回の記事で紹介しましたが、今回はその【Red Room Luxury(レッド・ルーム・ラグジュアリー)】よりもハイグレードクラスとして扱われている【Red Room Premier(レッド・ルーム・プレミア)】の紹介です。





シックな幾何学模様のジュータンと、古典的なフランス調デザインの部屋は、古典的ながらも近代的な仕上げで随所に用いられているが高級感を演出。





内装にが使われていることをあまり好まない私でも抵抗感を感じるどころか、高級感を感じます。





基本的な装備品は【Red Room Luxury(レッド・ルーム・ラグジュアリー)】と同じながらも、より広くより豪華な仕様が【Red Room Premier(レッド・ルーム・プレミア)】です。





Red Room Premier(レッド・ルーム・プレミア)の宿泊料金は、日本円にして16000円程度から利用できることもありますが、平均価格は270ドルあたり、予約が多い時では500ドル程度が必要となる場合があります。


【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】豪華な部屋でペットと一緒に宿泊できる【PetStay Luxury(ペットステイ・ラグジュアリー)】は2匹までが許容内として提供されている。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑬】

ペット好きとしてはなかなか旅行もままならないが、カジノホテルでは様々な要望に応えるサービスのひとつとして定番となりつつあるのがこのペットステイ





PetStay Luxury(ペットステイ・ラグジュアリー)は、豪華な部屋でペットと一緒に宿泊できる部屋で、一匹が50ポンド(22.6796185kg)未満として、2匹までが許容内として迎え入れてくれます。





但し、ペットがやったことは飼い主の責任として、滞在中に部屋へ与えたダメージ責任や、クリーニング義務に於いては受諾することを記された用紙にサインを要求されます。





部屋は白を基調としたフランス調で、部屋に合わせたヨーロッパ家具が設置。





大理石の浴室はバスタブとシャワールームに別けられており、シャワールームは車椅子のままでも利用可能なので、広さにも定評があります。





PetStay Luxury(ペットステイ・ラグジュアリー)】の宿泊利用料金は、日本円にして15000あたりから利用可能ですが、平均金額は250ドル程度、予約が詰まってくると450ドル程度にまでなってくることがるので、予約は早めのほうが良いでしょう。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】【Paris Deluxe Suites(パリ・デラックス・スイート)】【パリス・ラスヴェガス・リポート⑭】

これまでに紹介してきた客室も基本的に豪華仕様ではありましたが、【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】のスイートルームの紹介はここから。





今回そのスイートルームの紹介第一弾





Paris Deluxe Suites(パリ・デラックス・スイート)





Paris Deluxe Suites(パリ・デラックス・スイート)】は、豪華な家具にウエットバーが完備し、独立したリビングルームにキングサイズのベッド設置が最低基準





一部の【Paris Deluxe Suites(パリ・デラックス・スイート)】には、専用ドレッシングエリア、ダブルシンク、ジェットバス等が設置され、セカンドベッドルームのアップグレードも可能。





パウダールームやバスには豪華なフランス調大理石が用いられ、更に豪華さが演出されています。





Paris Deluxe Suites(パリ・デラックス・スイート)】の宿泊利用料金は、日本円にして40000程から利用できますが、平均価格は500ドルといったところで、予約が詰まってくると700ドル程にまで上がることがありますので、早めの予約か、混雑する時期を避けることをお薦めします。





スイートでない部屋でも400ドルを超えてくることもありますので、その際にはスイートグレードの検討をしたほうがお得と言えるでしょう。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】レッドルームの上位客室である【Paris Red Room Deluxe Suites(パリ・レッド・ルーム・デラックス・スイート)】は現代的な家具と調度品でフランスの雰囲気を演出。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑮】

Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】のレッドルームシリーズはこれまでに、【Red Room Luxury(レッドルーム・ラグジュアリー)】 【Red Room Premier(レッドルーム・プレミア)】を紹介していますが、今回はこのレッドルームシリーズ客室のスイートである【Paris Red Room Deluxe Suites(パリ・レッド・ルーム・デラックス・スイート)】のリポートです。





このParis Red Room Deluxe Suites(パリ・レッド・ルーム・デラックス・スイート)では、現代的な家具と調度品で現代のフランスの雰囲気を演出しています。





ソファ椅子もそれぞれバランス良く配置され、リビングにはウエットバー完備





ベッドはキングサイズベッドが1台設置され、一部の客室にはドレッシングエリアダブルシンクの洗面所ジェットバス等が完備





スイート利用での要望に見られがちなセカンドベッドルームも、アップグレードによって可能です。





Paris Red Room Deluxe Suites(パリ・レッド・ルーム・デラックス・スイート)】の宿泊利用料金は、日本円に換算して45000程度から利用できますが、平均価格は550ドル程度、予約が増えてくると700ドルを超えてくるので、利用の際は早めの予約が良いでしょう。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】現代的に洗練されたフランスの装飾が施された【Paris Luxury Suites(パリ・ラグジュアリー・スイート)】は、ベッドルームとリビングルーム共に豪華なフランス調度品が用いられている。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑯】

スイートルームが豪華なのは当然ではあるものの、日本のスイートにしか宿泊したことがない方がこの部屋を覗くと、ちょっと驚くかも知れません。





Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】のスイートでは中間に位置するスイートではあるものの、カジノホテルならではの豪華さと言えるでしょう。





今回リポートするのはParis Luxury Suites(パリ・ラグジュアリー・スイート)





この【Paris Luxury Suites(パリ・ラグジュアリー・スイート)】は、現代的に洗練されたフランスの装飾が施された客室で、ベッドルームリビングルーム共に豪華なフランス調度品が用いられています。





リビングルームバス・パウダールームは豪華。





一部の部屋にはドレッシングエリアジェットバス完備しており、セカンドベッドルームアップグレード可能です。





Paris Luxury Suites(パリ・ラグジュアリー・スイート)】の宿泊利用料金は、日本円に換算して55000円程度から利用できますが、平均価格は650ドル程度、予約が増えてきた場合や、混雑が予想されるイベント時には800ドルを超える部屋なので、旅行の際は上手く予定を考えたいものです。




【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】田舎のコテージを思わせる様な【Paris Nice Suite(パリ・ニース・スイート)】は、豪華さとリラックスムードを両立させたスイートルーム。【パリス・ラスヴェガス・リポート⑰】

英語圏ではナイスと読んでしまうニースですが、今回は【Paris Las Vegas(パリス・ラスヴェガス)】の中で、ニースの名前が与えられたスイートルームのリポートです。





Paris Nice Suite(パリ・ニース・スイート)は田舎のコテージを思わせる様なイメージながら、豪華さを備えたスイートルーム。





キングサイズの1ベッドルームと、リビングルームは雰囲気が全く異なり、リビングにはウエットバーが完備で、市松模様のカーテンや、オーク材の家具が特徴に感じます。





一部の客室からは、噴水の景色を眺めることができるので、予約の際はその旨を訊ねるのもひとつの選択肢と言えるでしょう。





Paris Nice Suite(パリ・ニース・スイート)】の宿泊利用料金は、日本円に換算して55000円程度から利用可能ですが、平均価格は670ドル程度で、混雑時やイベント時には800ドルを超える客室です。




★★★◆ブログ~案内~◆★★★
CASINO-6-8-(2).png 子供のんだ経験と、単純ルールながらも白熱したおもしろさ記憶があってか、【CASINO-GAME(カジノゲーム)】をにすると、ニンマリしてしまいます。
CASINO-6-8-(1).png
こどものにはトランプテレビゲームんでいましたが、インターネットオンラインカジノで知った、本物のお金を賭けてプレイする(`・_・´)ン-【Black-Jack(ブラックジャック)】や、Roulette(ルーレット)めとする、日本からでもインターネットを介して合法べるBROWSING-CASINO-GAME(ブラウジング・カジノゲーム)を見つけてしまいました。( ̄∇ ̄*)フフフ
CASINO-6-8-(3).png
私が安心してプレイできるのも、24時間体制日本語サポートがあるからですが、とても親切対応安心できる管理体制にとても信頼を寄せています。
2016-4-11(1).jpg
やはり政府発行したライセンスを持っているインターネットオンライン仮想カジノサービス安心感うと感じます。
2016-4-11(3).jpg
2016-4-11(5).jpg
諸外国ではセレブびととして知られるCASINO-GAME(カジノ・ゲーム)しさはエレガントびであるものの、とても刺激的びとして知られていますので、VIPセレブが好むびを始めることはVIPセレブへの第一歩と言えるでしょう。
2016-4-11(2).jpg
この【世界のカジノを自宅で安全に楽しむためのニュースサイト!】で紹介しているインターネットオンラインカジノやサイトは、すべて私自身が登録している安心できるインターネットオンラインカジノサイトだったり、プレイテクニックを参考にしているサイトですから、みなさんも日本に居ながらCASINO-GAME(カジノゲーム)しむだけでなく、高額賞金っちゃってください(*^∇゜)
2016-4-11(6).jpg
さんがげてせになれば、私も同じ様にしいです(/_・)
  2016-4-11(4).jpg
また、日本のカジノ誘致する情報や、世界のカジノ情報もおしますので、合わせて参考にしてください。^^
カテゴリ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1704位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
85位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR