【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】で味わうグルメ④~それぞれの時間に 適した食事が提供される24時間営業の【Pantry(パントリー)】は、新鮮な食材が用いられた質の高いレスト ランながら、気軽に利用できる魅力のあるグルメキッチン。【ミラージュ・ラスヴェガス・カジノ ・リポート42】

堅苦しいレストランが好きな方もいれば、気軽に利用できるレストランを好む方もいるという、双方の要望を取り入れるスタンスがカジノホテル





堅苦しいレストランも、特別な日や、雰囲気しみたい場合には良いものの、なかなかどうして気軽に利用できるレストランはさえたいものです。





そんな時に、【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】でおめしたいグルメスポットは、Pantry(パントリー)





Pantry(パントリー)は、新鮮な食材を使った料理を提供するキッチンながら、24時間営業というスタイル。





24時間営業とはいえ、その食材が新鮮に保てるタイミングや、時間帯に応じた料理を提供する気配りもあり、気軽に利用したいオールラウンドレストランで、朝食・食・夕食・夜食メニューを切り替えてゆきます。





ファストフード系の食事でも手間をかけた料理と新鮮な食材を使うという方針らしいので、ジャンクフード好きにもおめかもしれません。




スポンサーサイト

【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】で味わうグルメ⑤~オールディーズの 雰囲気と金属感が漂うバー風の【The Still(スティル)】は、アレンジバーガー等の店。【ミラージュ・ラス ヴェガス・カジノ・リポート43】

日本でいうバーガー店と、ショットバーが一緒になった様なキッチン【The Still(スティル)】は、オールディーズの雰囲気金属感が漂うバー風の店。





このThe Still(スティル)では、アレンジバーガー基本としたファスト感バリバリの食べ物がメインで、チップスや揚げ物を食べながらお酒をガバガバ飲むイメージが強く、ビールを始めとするアルコール類を手にながらブック&レースを楽しむ場所としても利用されています。





全体的にダイナミック感がある料理のファストラウンジ表現するべきキッチンだと言えるでしょう。




【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】で味わうグルメ⑥~食べたいという衝 動をそのまま店の名前にした【Cravings(クリヴィンズ)】は高品位のビュッフェ形式レストラン。【ミラージ ュ・ラスヴェガス・カジノ・リポート44】

観光といったスケジュールが決まっている場合には時間が気になるものですが、食事でその時間を短縮するのは、やはりカジノホテルから生まれたビュッフェ形式レストラン。





もちろん、カジノホテルの食事なので、高品位な食材を用いて料理は提供されるものの、コストカットする部分で大きくプライスダウンされているところが魅力。





The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】では、このビュッフェ形式レストランは【Cravings(クリヴィンズ)】があります。





Cravings(クリヴィンズ)は、欲求という意味がそのまま店の名前に用いられており、時間帯に応じて並べられてゆくメニューも変化してゆくシステムで、オールで用意されている種類もあり食べるものに困らないレストラン。





にこのビュッフェ形式レストランが人気なのは外国からの観光客で、言葉が苦手だったり、メニューを読めない方に利用されやすいものの、手軽に手早に食事を済ませられることで幅広く人気です。




【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】で味わうグルメ⑦~大人向けのグルメ バーガーを楽しむことができる【LVB Burgers and Bar(リヴ・バーガー&バー)】は緑も盛りだくさん。【ミ ラージュ・ラスヴェガス・カジノ・リポート45】

どうしてもジャンクフードというイメージが強いバーガーですが、【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】でも手軽な上に高品位ということでポーカープレイヤーに利用されやすい大人向けのバーガーキッチンがあります。





LVB Burgers and Bar(リヴ・バーガー&バー)





LVB Burgers and Bar(リヴ・バーガー&バー)】は、野菜ピクルス(漬け物)を多用したバーガーがウリりに富んでいます。





食感の良いスナックもサンドされて口の中で同時に一度にミックスされる味の癖になるがオリジナリティ





懐かしく新しいミルクセーキとの組み合わせがお勧めな様です。




【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】で味わうグルメ⑧~南国の島の様な景 色の中でクラッシックな料理を提供する【Paradise Cafe(パラダイス・カフェ)】は開放感のあるプールサイ ドキッチン。【ミラージュ・ラスヴェガス・カジノ・リポート46】

The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】のプールサイドは南国の島の様な景色を再現されていますが、その風景をそのまま開放感のある環境で食事をすることができるキッチンカフェがあります。





それはParadise Cafe(パラダイス・カフェ)





Paradise Cafe(パラダイス・カフェ)】は、木々の景色と滝の音の中でカクテル朝食・昼食を楽しむことができるキッチンカフェですが、ヤシの実をスパスパとカットしたダイレクトドリンクや、クラッシックなメキシコ料理メインながら、アメリカンタイプも楽しめるので、メキシコのリゾートに訪れたことのある方々には覚えのある料理が揃っているのではないでしょうか。





朝食はメキシコ風の鶏肉を使ったオムレツが人気です。




【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】で味わうグルメ⑨~カジノフロアを左 回りに歩いてゆくとスイーツの香りを放つ【The Roasted Bean(ロースト・ビーン)】は、果物をふんだんに使 ったスイーツの店。【ミラージュ・ラスヴェガス・カジノ・リポート47】

レストランでもデザートやスイーツのメニューはありますが、果物独特の甘い香りを放つスイーツの店が【The Roasted Bean(ロースト・ビーン)】





The Roasted Bean(ロースト・ビーン)は、【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】のカジノフロアを左回りに歩いてゆくと右側にある店で、果物をふんだんに使ったスイーツをメインにしたメニューを得意としています。





内装はカジノフロアと同調しており、その空間に重厚な感じと日本でも目にするベーカリーケースが列び、それらともに新鮮な果物も並べられています。





メニューはスイーツ以外に、コーヒー、ペストリー、サラダ、サンドイッチ等が用意されているベーカリーカフェです。




【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】のナイトクラブ①~ひとつの空間に複 数のエリアが混在する【1 OAK(ワノーク)】はアート指向のナイトクラブ。【ミラージュ・ラスヴェガス・カ ジノ・リポート48】

【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】で味わうグルメ紹介でもバーキッチンや、バーグリルといった店を紹介しましたが、今度は完全ナイトクラブ紹介です。





まず最初はひとつの空間に複数のエリアが混在する【1 OAK(ワノーク)】というナイトクラブ





1 OAK(ワノーク)は、アート指向ナイトクラブで、映画で悪役豪遊しているシーンがよく似合う空間。





ボックスエリアと境目が判りにくいポールダンスエリアに加えて、バンドエリアダンスホールらがひとつの空間に配置されており、どこに居ても重低音サウンドいてくる様な印象を受けます。





洗練された内装ながら、天井だけ普通のオフィスと同じというミスマッチが、いをうものの、全体的にアートが漂うナイトスポットです。




【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】のナイトクラブ②~まるで化粧品売り 場やラボを思わせる内装の【RHUMBAR(ランバー)】は室内とコテージ風の野外エリアでも楽しめる冷凍ダイキ リがウリのナイトエリア【ミラージュ・ラスヴェガス・カジノ・リポート49】

ナイトクラブというと、くてがしいインテリアが定番ですが、ツルリとした真っ白の内装で化粧品売り場研究室のラボを思わせるナイトクラブが【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】にあります。





店の名前はRHUMBAR(ランバー)





RHUMBAR(ランバー)】は、ラムをベースとしたカクテルを得意としており、中でも冷凍ダイキリウリにしているナイトクラブ





もちろんナイトクラブというだけあって、ライヴDJ等もありますが、ラボの様な室内だけではなく、コテージ風の野外エリアも用意されています。





ビルの高層階に店がある場合、深夜のみの営業が基本ですが、野外エリアが地上にあることから、PM1:00~AM0:00という、ナイトクラブとしては変わった営業時間の店です。




【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】のナイトクラブ③~ミラージュの中心 部に位置するバーラウンジ【Center Bar(センターバー)】は、お勧めのオリジナルカクテルが用意されていま す。【ミラージュ・ラスヴェガス・カジノ・リポート50】

ちょうど【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】の建物の中心部位置することで【Center Bar(センターバー)】と名付けられたバーラウンジ





Center Bar(センターバー)】には、グランドオープン時に考案されたオリジナルカクテルがあり、ラム酒フレッシュジュースカクテル人気バーラウンジです。





通常よりも強めのラム酒が使われながらも、口当たりの良いカクテルなので飲み過ぎには注意





また、ワイン誌にも取り上げられる程ワインが揃っていることから、ワイン好きの方にもおめのナイトエリアです。




【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】のナイトクラブ④~ミラージュの中心 部に位置する2つ目のバーラウンジ【Parlor Lounge(パーラー・ラウンジ)】は、クラッシックエレガントの 雰囲気とモダン感覚を融合させたピアノラウンジ。【ミラージュ・ラスヴェガス・カジノ・リポート51】

昨日は【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】の建物の中心部に位置することで【Center Bar(センターバー)】と名付けられたバーラウンジ紹介しましたが、本日は同様に中心部に位置する【Parlor Lounge(パーラー・ラウンジ)】です。





Parlor Lounge(パーラー・ラウンジ)は、クラッシックエレガント雰囲気モダン感覚融合させたピアノラウンジで、シマウマを思わせるソファが目を引きます。





バーカウンターの中の棚にはところ狭しと酒瓶が列び、フード&ワイン誌でも紹介された、新しい感覚のミクソロジストという話題の酒が用意さています。





グランドピアノスタインウェイで、古典的なピアノから奏でられる音色が耳を撫でゆくのを感じながらアルコールを楽しむナイトエリアです。




【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】のナイトクラブ⑤~常に利用できる 【Lobby Bar(ロビー・バー)】は様々な目的で利用しやすいバー。【ミラージュ・ラスヴェガス・カジノ ・リポート52】

The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】のナイトライフ最後はホテルの正面玄関にある【Lobby Bar(ロビー・バー)】です。





このLobby Bar(ロビー・バー)は目立つ存在ではないものの、そこがまた良いところ。





24時間利用できることから、来客との待ち合わせや、チェックアウトの処理待ちにも利用されています。





ハウスメイドの飲料水が多く揃い、カクテルまで幅広い楽しみ方ができるので、とても利用しやすい環境です。




【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】で過ごすイルカと触れ合う体験プラン ①~イルカとともに水の中に入って体験する【TRAINER FOR A DAY(トレイナー・フォア・ア・デイ)】はイル カの訓練で友好関係を築くツアー【ミラージュ・ラスヴェガス・カジノ・リポート53】

The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】ではイルカショーにも力を入れていますが、このイルカと触れ合うプランが用意されています。





これはTRAINER FOR A DAY(トレイナー・フォア・ア・デイ)と言って、実際に自分も水の中に入りながらイルカの訓練に参加するのですが、このトレーニングをともにすることで、イルカとの友好関係を築くという体験ツアーです。





専門家と連携しながら進めるツアーは5時間用意され、$495からのエントリープライスです。





軽食と体験ツアー中のフォトCDが付帯しているので、思い出として残したい方向けの体験プランではないでしょうか。





【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】で過ごすイルカと触れ合う体験プラン ②~イルカと一緒に絵を描く【PAINTING WITH THE DOLPHINS(ペインティング・ウィズ・ドルフィンズ)】で思 い出の傑作を。【ミラージュ・ラスヴェガス・カジノ・リポート54】

一期一会という瞬間はどの様なことでも当て嵌まる訳ですが、このイルカ一緒に絵を描くというユニークな発想二度と同じ絵が仕上がらないという部分に於いて良い思い出作りとなることでしょう。





PAINTING WITH THE DOLPHINS(ペインティング・ウィズ・ドルフィンズ)





これは、イルカとともに共同で絵を描き、瞬間芸術生み出そうというもの。





また、その一瞬傑作証明書とともに記念撮影で残されます。





この【PAINTING WITH THE DOLPHINS(ペインティング・ウィズ・ドルフィンズ)】の参加費用$159エントリープライスです。




【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】で過ごすイルカと触れ合う体験プラン ③~イルカとヨガ?【YOGA WITH THE DOLPHINS(ヨガ・ウィズ・ドルフィンズ)】は水中鑑賞エリアでイルカに 囲まれながらヨガレッスン。【ミラージュ・ラスヴェガス・カジノ・リポート55】

The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】のイルカと触れ合う体験プラン③では、イルカとヨガレッスンです。





YOGA WITH THE DOLPHINS(ヨガ・ウィズ・ドルフィンズ)





これは水中でヨガを試みるのではなく、水中鑑賞エリアという水槽に囲まれた環境でヨガを行うというものです。





ヨガ精神統一の心身エクササイズなので目を閉じることも多いですが、目を開けると目の前にイルカが集まっていたり、取り囲むように泳ぐ姿が飛び込んでくるでしょう。





水槽の中に差し込む光の美しさを身体に受けながら1時間程度のセッションが組まれ、スムージーが付帯してくる【YOGA WITH THE DOLPHINS(ヨガ・ウィズ・ドルフィンズ)】は、午前中のみのスケジュールです。




【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】で過ごすイルカと触れ合う体験プラン ④~ミラージュで飼育されている動物すべてに触れ合うことができる【VIP TOURS(ビップ・ツアー)】はホワ イトタイガーやライオンにも裏舞台で会うエスコートツアー。【ミラージュ・ラスヴェガス・カジノ・リポート 56】

カジノ施設ともなれば、イリュージョンといったエンターテインメント有名なので、動物も多く飼育されています。





VIP TOURS(ビップ・ツアー)では、イルカだけではなく、ホワイトタイガーライオンといった、ミラージュで飼育されている動物すべてに触れ合うことができるエスコートツアーが用意されています。





この【VIP TOURS(ビップ・ツアー)】はのグループを1時間の時間をかけてめぐります。





参加費用$200からで、参加者記念撮影の写真がもれなくついてきます。





家族旅行記念に廻りたくなるツアーですね。




【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】のプール①~VIPサービスではプライベ ートラウンジが整った【Private Oasis(プライベート・オアシス)】が利用できる。【ミラージュ・ラスヴェ ガス・カジノ・リポート57】

プールでのんびりしてみたい方でも、人混みや他人との干渉が苦手とした場合には利用しないこともあるでしょう。





その様な場合にはVIPサービスとしてプライベートラウンジが用意された【Private Oasis(プライベート・オアシス)】を利用することもできます。





Private Oasis(プライベート・オアシス)自分専用ラウンジとして長椅子とエリアを確保されていることから、プライベートな空間。





このプライベートラウンジチェア使用権購入することで、フルーツドリンクといった飲食費用が無料なのですが、VIPサービスなので料金はコンシェルジュに問い合わせて当日、もしくは翌日の価格が告げられるシステムの様です。





まあ、VIPサービスなので、費用を気になさらない方が利用するサービスと言えるでしょう。




【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】のプール②~プールサイドにテレビと 無料ドリンクが備わった【Cabanas(カバナ)】はプライベートエリア。【ミラージュ・ラスヴェガス・カジノ ・リポート58】

Cabanas(カバナ)とはテントの様な移動できる囲いを表し、状況によっては木材で豪華に造られた囲い部屋のことを表現したスペイン語ですが、【The Mirage Las Vegas casino(ミラージュ・ラスベガス・カジノ)】のプールサイドには昨日お話したVIPサービスの【Private Oasis(プライベート・オアシス)】とはなる【Cabanas(カバナ)】もあります。





このCabanas(カバナ)には32インチのフラットスクリーンテレビ完備されており、ての軽食ドリンク費用が含まれた形でレンタルすることができます。





16の【Cabanas(カバナ)】が用意されているので、空きがあればコンシェルジュに問い合わせると良いでしょう。




1968年当時は大人のみが出入りする場所として考えられていたカジノ街にいち早くファミリー向けとして登 場した【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】は老舗で古いながら も安価設定で常連客の人気を維持するカジノホテル。【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート ①】

今回から【Las Vegas(ラスベガス)】の老舗カジノホテルである【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】のリポートです。





Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)1968年誕生したカジノ施設ですが、当時宿泊施設はなく、その1972年カジノホテル進化しています。





この1968年という当時では、まだ賭博色が全面に押し出された時代だったのですが、この【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】はいち早く家族向けエンターテインメントを手懸けた先駆存在です。





運営MGMなので、様々な形をえるというえ方のカラービジネステストのひとつと言えるでしょう。





トレードマークともなっているピエロネオンサインは光の色がレトロでとても古さを感じさせるものの、子供受けの良いアドベンチャー施設として人気です。





現在の【Las Vegas(ラスベガス)】では古くて小規模カジノホテルですが、35階建ての【West Tower(ウエスト・タワー)】と、29階建ての【Skyrise Tower(スカイライズ・タワー)】と名付けられた白い宿泊施設は古いだけあってく泊まれるということもあって、大衆の子連れの家族が目立ちます。





その後しく改装された15階建ての【Casino Tower(カジノ・タワー)】も加わり、3,767室の客室が用意されています。





現代的華々しさはいものの、【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】ならではの面白さをおえしてゆきます。

ラスベガスでキャンプができる?【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジ ノ)】の敷地内に設けられた【RV Park(アールブイ・パーク)】では、野外宿泊が快適にできる設備が整って いるキャンプエリア。【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート②】

幼少の子供達を持つ家庭では、子供達の成長を促す為に様々な形で経験をさせようと努力をしますが、キャンプといった野外生活もそのひとつと言えるでしょう。





ただ、あまりにも環境であったり、大人さえも環境対応できない様ではしようもないので、子供にとってしく経験に留めたいところ。





老舗Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】は基本的現代豪華絢爛タイプではいことから、あらゆる思考を用いて客層獲得に取り組んでいると感じられるひとつが敷地内に設けられた【RV Park(アールブイ・パーク)】でしょう。





このRV Park(アールブイ・パーク)とは、【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】に設けられたキャンプ施設で、トレーラーハウス完備





屋外用家具無料Wi-Fiサービス、ホットタブ付きのプール施設、公園の大画面テレビ電気ランドリーサービスシャワートイレ等が用意されています。





電気に関してはケーブルが用意されていないことから、延長コードは予め用意しておかなければならないものの、愛犬ケア充実していますから、家族総出びにゆけます。





この愛犬ケアとは犬の公園と犬用のプールが用意されていることに加え、犬の無料洗浄サービスが付帯していることです。





こういったカジノホテルがやっていないことを提供することで【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】が今日でも利用されている理由と言えるでしょう。




ラスベガスの中でも取り分けて老舗の【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・ カジノ)】の宿泊施設は新しくないものの、カジノホテルの中では最安値級で利用できる。【サーカス・サーカ ス・ラスヴェガス・カジノ・リポート③】

ラスベガスの中でも取り分けて老舗の【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】では、35階てのWest Tower(ウエスト・タワー)999室と、29階てのSkyrise Tower(スカイライズ・タワー)1,188室の客室にしく改装された15階てのCasino Tower(カジノ・タワー)770室の客室が用意されています。





これらの部屋にはリフレッシュを繰り返されながらも高級志向ではないことから、カジノホテルの中では最安値で利用できるのでファミリーには人気





ただ、水回りの衛生面に関しての評判はあまり良くないのが残念なところ。





部屋の装備に関しては、日本のビジネスホテル以上ですから困ることはありませんが、デラックスルームなので広さは期待できません。





West Tower(ウエスト・タワー)】、【Skyrise Tower(スカイライズ・タワー)】、【Casino Tower(カジノ・タワー)】の中ではしい【Casino Tower(カジノ・タワー)】は装備調度品レベルも上がっていますので、利用するなら【Casino Tower(カジノ・タワー)】をぶのが良いでしょう。





それぞれのデラックスルームでも、ベッドはシングルキングサイズダブルクィーン選択できます。





次回は【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】の【Suites room(スイートルーム)】リポートです。




幾何学模様が多様された【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】の 【SUITE ROOM(スイートルーム)】はパーラースイートとジャグジースイートがアップグレードしやすい。【サ ーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート④】

全体的に新しさは感じられないものの、家計に余裕がないファミリー旅行人気の【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】は様々なアイデア顧客獲得を保っています。





昨日はデラックスルームの紹介をしましたが、今回はSUITE ROOM(スイートルーム)紹介もしておきます。





Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】のスイートは、改築を繰り返して現代風を意識し続けるカジノホテルの様に新しくはありませんが、パーラースイートジャグジースイート135室が用意されています。





装備に関してはデラックスルームと同様ですが、若干グレードアップしている感じはあり、全体的に幾何学模様が多様された80年代の映画に出てくる様な内装です。





家具は角張ったデザインと、丸みを帯びたデザインの融合で、その時代の流行が感じられる印象。





一般的にスイートのレベルの高さを求めるユーザーが訪れるホテルではありませんから、アップグレードもしやすい価格帯として知られています。




高さをアピールせず、利用のしやすさをアピールする【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス ・ラスベガス・カジノ)】の【Manor Motor Lodge(マナー・モーター・ロッジ)】は、セルフ駐車場が完備さ れた3階建ての宿泊施設。【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート⑤】

カジノホテルというと、高い建物が注目を浴びますが、【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】はカジノホテル同じ土俵では戦わないところが面白さを感じます。





つまり、途中から庶民が使いやすい形にシフトしているところ。





もちろん新装には35階てと29階て、15階てのタワーホテルを建設していますが、そして【Manor Motor Lodge(マナー・モーター・ロッジ)】を設けています。





このManor Motor Lodge(マナー・モーター・ロッジ)3階てと5階てのヨーロッパ建築宿泊施設で、それを【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】から半ブロックれた所に展開しています。





感覚には日本のシティホテルみたいな感じで、アメリカでいうとモーテル豪華の様な感じ。





駐車係を設けていない駐車場は日本のスーパーを思わせ、セルフ感覚余分出費を抑えたいユーザー向けです。





部屋の内装はシックな幾何学模様にカラフルな幾何学模様をアクセントにした感じで、家具は重厚なシステム機能型に加えて、紹介してる【West Tower(ウエスト・タワー)】、【Skyrise Tower(スカイライズ・タワー)】、【Casino Tower(カジノ・タワー)】の部屋と同様の装備がありますから不便な部分はありません。





810室の客室のベッドはキングダブルキング、またはダブルクイーンから選ぶことが可能です。




なんと!トップクラスのサーカスが毎日無料観覧でできるというサービスを行っている【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】は子供を持つファミリーに大人気~エンターテイ ンメント①~【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・カジノ・リポート⑥】

本来であれば、カジノホテル紹介としては客室カジノフロアなのですが、この【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】にってはエンターテインメント紹介にしなければならないでしょう。





それは、トップクラスサーカス毎日無料観覧でできるというサービスを行っているからです。





毎日カーニバルミッドウェイのセンターステージではAM11:00から空中ブランコ高速ジャグラーアクロバットなバランス技芸術的なアクロバット等様々なトップエンターテインメントを家族でしめます。





しい現代的カジノホテルには魅力で勝負し続ける【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】は家族連れが訪れやすいカジノホテルです。




四人乗りの【 El Loco(エル・ロコ)】室内コースターで垂直落下1.5Gを楽しめる【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードー ム・テーマ・パーク)①】は室内ながら、最高27mの高さで駆け巡る【サーカス・サーカス・ラスヴェガス・ カジノ・リポート⑦】

Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】は家族しめることに力を注いでいますが、子供から大人までしめるところにも目を向けており、そのひとつが【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)】の中にあるひとつの【 El Loco(エル・ロコ)】コースター。





このEl Locoエル・ロコ)コースターはイエローカラーがトレードマークで四人り。

ko1.jpg

キビキビと動き回るその小型のコースターは、最高時速72キロのスピードで最低地上高106cm最高地上高27m落差を駆け回り、垂直落下1.5Gしめるコースター。





室内なのでより速度感が高く感じられるそのコースターは72秒の道のりを滑走するのですが、【 El Loco(エル・ロコ)】は世界カ所しか設置されておらず、アメリカにはこの【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】だけということもあり、2014年にはテレビニュースにも取り上げられて存在がクローズアップされました。

ko2.jpg

そして室内に設置されてスピード感がより増した【 El Loco(エル・ロコ)】が体験できるのは世界でも今のところ【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベガス・カジノ)】だけの様なので、絶叫系の乗り物が好きな方は訪れてみると良いでしょう。




左右にロッキングしながらグルグル回転する【Circus Circus Las Vegas casino(サーカス・サーカス・ラスベ ガス・カジノ)】の【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)②】にある 【Disk'O(ディスクゼロ)】は座席の位置に関係なく楽しめるスライダー【サーカス・サーカス・ラスヴェガス ・カジノ・リポート⑧】

前回は【Adventuredome Theme Park(アドヴェンチャードーム・テーマ・パーク)】の中にある【 El Loco(エル・ロコ)】というコースター紹介しましたが、今回左右ロッキングスライドしながらグルグル回る乗り物【Disk'O(ディスクゼロ)】の紹介です。





このDisk'O(ディスクゼロ)は、どこに座ろうとも位置関係なく同じ感覚体感する事が出来る公平な乗り物で、日本には左右にロッキングする船だったり、廻りながら更に回転する乗り物の元祖コレ

SPn.jpg

Disk'O(ディスクゼロ)】に着座するには身長121cm以上を満たしていれば、子供から大人まで利用することができます。





意外に大きいスライダーよりも小さいほうがパワフルに動いて加速感があります。




★★★◆ブログ~案内~◆★★★
CASINO-6-8-(2).png 子供のんだ経験と、単純ルールながらも白熱したおもしろさ記憶があってか、【CASINO-GAME(カジノゲーム)】をにすると、ニンマリしてしまいます。
CASINO-6-8-(1).png
こどものにはトランプテレビゲームんでいましたが、インターネットオンラインカジノで知った、本物のお金を賭けてプレイする(`・_・´)ン-【Black-Jack(ブラックジャック)】や、Roulette(ルーレット)めとする、日本からでもインターネットを介して合法べるBROWSING-CASINO-GAME(ブラウジング・カジノゲーム)を見つけてしまいました。( ̄∇ ̄*)フフフ
CASINO-6-8-(3).png
私が安心してプレイできるのも、24時間体制日本語サポートがあるからですが、とても親切対応安心できる管理体制にとても信頼を寄せています。
2016-4-11(1).jpg
やはり政府発行したライセンスを持っているインターネットオンライン仮想カジノサービス安心感うと感じます。
2016-4-11(3).jpg
2016-4-11(5).jpg
諸外国ではセレブびととして知られるCASINO-GAME(カジノ・ゲーム)しさはエレガントびであるものの、とても刺激的びとして知られていますので、VIPセレブが好むびを始めることはVIPセレブへの第一歩と言えるでしょう。
2016-4-11(2).jpg
この【世界のカジノを自宅で安全に楽しむためのニュースサイト!】で紹介しているインターネットオンラインカジノやサイトは、すべて私自身が登録している安心できるインターネットオンラインカジノサイトだったり、プレイテクニックを参考にしているサイトですから、みなさんも日本に居ながらCASINO-GAME(カジノゲーム)しむだけでなく、高額賞金っちゃってください(*^∇゜)
2016-4-11(6).jpg
さんがげてせになれば、私も同じ様にしいです(/_・)
  2016-4-11(4).jpg
また、日本のカジノ誘致する情報や、世界のカジノ情報もおしますので、合わせて参考にしてください。^^
カテゴリ
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
909位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
44位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR